税理士事務所の仕事内容:未経験者向けに具体的な業務内容を解説!

税理士事務所,仕事内容

この記事カテゴリでは、税理士事務所の仕事内容について具体的に解説しています。

これから初めて税理士事務所への転職を目指す未経験者の方は、入社前に仕事内容をある程度理解しておくことが大切です(志望動機の書き方や面接対策に生きてきます)

税理士事務所の仕事はどこでも基本的に同じことをやっていますので、1つの事務所で実務経験をある程度積むと別の事務所に転職しても短期間で即戦力になれるという特徴があります。

ただし、資産税(相続税)業務や国際税務、あるいは医療法人の税務など、特徴のある仕事内容を扱っている事務所もあります。

これらの仕事内容を経験できる事務所は限られていますから、将来的にこれらの業務で活躍したいと考えている方は「どの事務所に就職するか?」は慎重に選別するようにしましょう。

>>条件を指定して税理士事務所の求人を探すならこちら

税理士事務所と会計事務所の違いは?税理士法人や公認会計士事務所の意味も解説!

税理士事務所の仕事内容(未経験者向け)
税理士事務所 会計事務所 違い

税理士事務所業界の求人を探している方の中には、税理士事務所・会計事務所・税理士法人・公認会計事務所…などなど、いろんな名前で活動している税理士がいることに気づかれた方も多いでしょう。 この記事では、税理士事務所や会計事務所の業務内容の違いや、税理士がどのような経緯で事務所の名前を決めているのか?といったことについて紹介します。 これから未経験で税理士業界を目指す方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

税理士事務所の繁忙期はいつ?労働時間や残業代の実態は?

税理士事務所の仕事内容(未経験者向け)
税理士事務所 繁忙期

税理士事務所の仕事の特徴として、繁忙期(忙しい時期)と閑散期(ひまな時期)の差が大きいということがあります。 税理士試験の勉強をしながら働く人は、仕事が落ち着いている時期にどれだけしっかり勉強できるかが合否を分けるポイントになりますから、入社前に繁忙期と閑散期の違いについてよく理解しておきましょう。 今回は、税理士事務所の繁忙期はいつか?残業時間の実態や残業代の支給はどうなるのか?といったことについて具体的に解説します。

税理士事務所の仕事は難しい?コミュニケーション力は必要?

税理士事務所の仕事内容
税理士事務所,仕事,難しい

税理士事務所の仕事は、会計や税法に関する難しい実務知識が要求されます。 もちろん、入社時点では実務知識なんてないのが当たり前ですから、最初は事務所内部で研修を受けたり、先輩の手伝いをしたりしながら仕事を覚えていくことになります。 今回は、税理士事務所の仕事は具体的にどういった点が難しいのか?や、一般企業の経理事務の仕事とはどう違うのかについて解説させていただきます。

税理士事務所の仕事の覚え方は?入社1年目の新人職員におすすめの方法

税理士事務所の仕事内容
税理士事務所 仕事 覚え方

税理士事務所に新人1年目として入社した人の中には、先輩が仕事を教えてくれない・業務引継ぎが無くて何をどうしたらよいのかわからない…とお悩みの方も多いのではないでしょうか。 この記事では、税理士事務所に入社してすぐの方向けに、税理士事務所の仕事の覚え方について具体的にアドバイスしますので参考にしてみてください。

税理士事務所の仕事はきつい?労働時間や業務の難易度について

税理士事務所の仕事内容
税理士事務所,仕事,きつい

税理士事務所への転職を目指して情報収集している人の中には、「税理士事務所の仕事はきつい…」という話をよく見かける方も少なくないでしょう。 実際、税理士事務所の仕事というのは決して楽なものではありません。 業界的に離職率が高いのは事実ですし、繁忙期には残業も発生します。 しかし、会計や経理の世界でキャリアアップしていこうと考えている方にとって、税理士事務所で働いた経験は宝になることは間違いないでしょう。 今回は、税理士事務所の仕事をしていて、具体的にどういう場面できついと感じるのか?この仕事の魅力はどういった点なのか?といったことについて書かせていただきますね。

税理士事務所の仕事内容④:確定申告は激務?乗り切るコツは?

税理士事務所の仕事内容
税理士事務所,仕事内容,確定申告

税理士事務所の仕事内容についてリサーチしている人は、「税理士事務所は確定申告の時期は繁忙期でものすごく忙しい…」という情報をよく見かけると思います。 実際、その通りの側面もあるのですが、普段の仕事の進め方や勤める税理士事務所の顧客層によっては必ずしも確定申告が激務とならないケースもあります。 ここでは、税理士事務所の仕事内容として確定申告ではどのようなことをするのか?や、効率的にこの時期を乗り越えるコツについて解説させていただきます。

税理士事務所の仕事内容③:年末調整業務ってどんなもの?

税理士事務所の仕事内容
税理士事務所,仕事内容,年末調整

今回は、税理士事務所の仕事内容のうち「年末調整」の業務について解説します。 年末調整業務は12月~翌年1月にかけて行う仕事です。 顧問先企業の従業員さんの税金を計算する重要な仕事内容ですので、まだ未経験の方は業務の意味をイメージしながら理解しておいてください。

税理士事務所の仕事内容②:決算業務や税務申告ではどんなことをする?

税理士事務所の仕事内容
税理士事務所,仕事内容,決算

今回は、税理士事務所の仕事内容のうち「決算業務」について解説させていただきます。 決算業務とは、ごく簡単に言うと顧問先企業の1年間の会計の数字を確定し、税金額を計算して税務署に報告することを言います。 この決算業務で1つの顧問先の1年間の仕事内容ルーティンが1周することになります。 通常、税理士事務所の職員は1人で20件~30件程度の顧問先を担当しますから、年間20件~30件の決算業務を行うことになります。

税理士事務所の仕事内容①:月次監査(巡回監査)とは?

税理士事務所の仕事内容
税理士事務所,仕事内容,月次監査,巡回監査

今回は、税理士事務所の仕事内容の基本である「月次監査(巡回監査)」について説明させていただきます。 月次監査は税理士事務所の仕事内容として日常のルーティンに属することですから、簡単に言えばこれは毎日やる仕事です。 月次監査とはどういうものなのか?をぜひ具体的にイメージしながら読んでみてくださいね。

税理士事務所の仕事内容:1日のスケジュール編

税理士事務所の仕事内容
税理士事務所,仕事内容,1日

この記事では、税理士事務所への転職を目指す方向けに、1日の仕事のスケジュールがどのように進んでいくのか?について説明させていただきます。 税理士事務所の1日の仕事内容は、大きく分けて「①お客さんの事務所などにでかけていってやる仕事」と、「②自分の勤務先事務所でやる仕事」の2種類があります。

ページの先頭へ