税理士事務所の仕事の特徴として、繁忙期(忙しい時期)と閑散期(ひまな時期)の差が大きいということがあります。

税理士試験の勉強をしながら働く人は、仕事が落ち着いている時期にどれだけしっかり勉強できるかが合否を分けるポイントになりますから、入社前に繁忙期と閑散期の違いについてよく理解しておきましょう。

今回は、税理士事務所の繁忙期はいつか?残業時間の実態や残業代の支給はどうなるのか?といったことについて具体的に解説します。

税理士事務所の繁忙期を知っておこう!

↓まずはこちらの表をご覧ください(いかにも手作りな表ですみません…汗)

税理士事務所 繁忙期

この表の中で、赤色で塗りつぶしたところは「とても忙しい時期」、黄色で塗りつぶしたところが「やや忙しい時期」です(赤信号と黄色信号のイメージで)

おおまかにいうと毎年11月ごろからだんだんと忙しくなってきて、1月後半~3月前半に繁忙期のピーク、4月にちょっと休みがあってそのあとまた5月に少し忙しくなる、というのが、税理士事務所の年間のスケジュールになります。

逆に言うと、上の表で塗りつぶしていない「6月~10月+4月」の間はあまり忙しくない時期(閑散期)です。

税理士事務所の繁忙期と閑散期

  • 繁忙期①:11月前半~1月前半
  • 繁忙期②:1月後半~3月前半
  • 繁忙期③:5月中
  • 閑散期 :4月+6月~10月

ただし、閑散期には税理士試験と税務調査がある可能性がありますから、こうしたイベントが重なる場合には、閑散期にもやや忙しくなる可能性があるでしょう。

以下ではそれぞれの繁忙期に、税理士事務所の職員がどういう仕事をしているのか?について具体的に説明します。

>>税理士事務所職員の繁忙期の過ごし方について先に見る人はこちらをクリック

繁忙期①:11月前半~1月前半:年末調整業務

税理士事務所 繁忙期

11月前半~1月前半の時期には、年末調整業務があります。

年末調整業務というのは、ごく簡単にいうと、顧問先企業の従業員さんの税金の計算をしてあげることです。

企業に雇用されている従業員というのは、毎月のお給料から天引きという形で所得税を支払っていますよね。

この天引きの金額というのは「概算額(だいたいの金額)」ですので、年末になってその人の年間収入が確定した段階で、正確な所得税の金額と調整するというわけです(「年末」に税額を「調整」するから年末調整です)

例えば、毎月お給料から1万円だけ所得税が天引きされていて、年末に正確な所得税を計算したら10万円だったという場合には、2万円だけ天引きしすぎということになりますね(毎月1万円天引き×12か月=12万円)

この場合、年末調整を行って「2万円だけ多かったから返します」というように手続きをすることになります。

この年末調整はすべての企業で申告と納付の期限が1月末と共通ですから、担当している顧問先企業すべての従業員さんについて年末調整業務を行うことになります。

例えば、10人の従業員がいる顧問先を10件担当している税理士事務所職員なら、10人×10件=100人分の年末調整業務を行うということですね。

繁忙期②:1月後半~3月前半:確定申告業務

税理士事務所 繁忙期

1月後半~3月前半の時期は、確定申告業務を行います。

確定申告業務というのは、簡単にいえば個人事業主として活動されている経営者の方の、所得税の計算を行うことをいいます。

後で見るように、法人企業の場合は税金の申告は「決算月末から2か月以内」というように比較的自由に決まっているのですが、個人事業主の方は「毎年2月16日~3月15日が申告期間」と申告期間がバチっと決まっているのです。

必然的にこの時期には個人事業主である顧問先企業の申告業務が集中することになるので、税理士事務所の職員は超繁忙期…となるわけですね。

もっとも、所属している税理士事務所が個人事業主の顧問先をあまりお客さんとして持っていないようなケースでは、確定申告の時期と言えどもそれほど忙しくない可能性はあります。

個人事業主というのは基本的には事業を始めてまもない事業者ですから、規模の大きい税理士事務所の場合は顧問先全体に占める個人事業主の数がとても少ないということもあるでしょう。

繁忙期③:5月中:三月決算法人の税務申告

税理士事務所 繁忙期

5月には、三月決算法人の決算業務・税務申告業務(法人税や消費税の申告)があります。

決算業務とは何か?については後の項目でくわしく説明しますが、簡単にいえば顧問先企業の1年間の会計データをまとめて、そこから税金の金額を計算する作業になります。

法人企業の決算申告は、「決算月末から2か月以内」に行うというルールがありますから、例えば八月決算法人を担当しているのであれば、10月に決算業務を行うということになります。

日本の企業は三月決算法人が多いですから、必然的にあなたが担当する顧問先も三月決算法人が多いでしょう。

そのため、三月決算法人の決算業務が集中する5月は、税理士事務所の職員にとっては繁忙期ということになるのです。

>>税理士事務所への転職を未経験から成功させる方法

税理士事務所のルーティン業務とは?

↓再度こちらの表をご覧ください(上で見たものと同じです)

税理士事務所 繁忙期

1番上の緑のところをみると、「ルーティン業務」「繁忙期」「イベント的業務」の3つがありますね。

この中で「ルーティン業務」というのが、税理士事務所の職員が日常的に取り組む業務ということになります。

これらは繁忙期でも行う業務になりますので、こうしたルーティン業務をどれだけ先を見越して効率的に行っているかが、繁忙期の忙しさにかなり影響してくるでしょう。

表を見てもわかりますが、このルーティン業務は大きく分けて「巡回監査」と「決算業務」の2種類があります。

税理士事務所のルーティン業務

  • ①巡回監査
  • ②決算業務

以下、それぞれの業務の意味について簡単に説明しましょう。

①巡回監査とは?

①の巡回監査は、ごく簡単にいうと、自分が担当する顧問先企業を訪問して、その企業の会計帳簿をチェックする業務になります。

具体的には会計ソフトなどに入力されている会計データが、実際の取引資料(請求書や領収書)の内容とあっているかどうかを照合していく作業を行います(チェック作業は通常だいたい2時間~3時間ぐらいかかるので、移動時間を含めて半日作業になります)

これは自分が担当する顧問先企業すべてについて毎月行うのが一般的ですね(規模の小さい企業さんの場合は2カ月に1回のようなかたちもあります)

例えば、10件の顧問先を担当している職員であれば、毎月10件の巡回監査を行う必要があります。

巡回監査では顧問先企業の経営者と直接お会いし、前月までの会計データの報告をするとともに、さまざまな相談を受け付けます。

この相談の場でどれだけ子も先経営者の信頼を獲得できるかが、税理士事務所職員のウデの見せ所ということになるでしょう。

巡回監査を毎月行っていき、12か月分のデータが完成した状態で、次の決算業務を行うことになります。

②決算業務とは?

巡回監査を12か月分行ったら、今度はその会計データを集計し、決算書の形にまとめます。

簿記で勉強する決算整理仕訳を入れて決算書が作成できたら、その決算書から法人税の申告書や消費税の申告書を作成していきます。

巡回監査がきっちりされていて、決算業務はほとんどやることがない…というのが理想的ですが、実際にはいろいろと処理ミスがあったり、決算整理用の資料がなかなかこなかったりでスムーズにいかないことも多いです。

法人税の申告期限は決算月から2か月以内ですから、例えば三月決算法人の決算業務は5月、十二月決算法人の決算業務は2月に行うことになります。

決算月というのはそれぞれの企業が自由に決めているものですから、例えば、自分が担当している顧問先の決算月が10月に集中していれば、十二月は決算業務がかなり忙しくなります。

日本の企業というのは三月決算を選択しているところが圧倒的に多いですから、必然的に5月(三月決算法人の決算業務は5月です)は忙しくなり、この時期は繁忙期ということになりますね。

繁忙期ではない閑散期には集中的に勉強する

税理士試験の勉強を同時進行で進めていく方は、閑散期にどれだけ集中的に勉強できるかが合否を分けることになります。

私の勤務先事務所でも仕事をしながら税理士試験5科目に合格していく人はたくさんいますから、働きながら税理士に合格するのは決して不可能ではありません。

特に、試験直前期の7月いっぱいは長期休暇をとらせてくれる事務所もありますから、少しでも早く税理士試験5科目に合格したい!という方は、入社前にそのあたりの労働条件をよく確認しておくことをおすすめします。

>>こちらで無料登録すると、1167件の会計事務所の求人情報をチェックできます

繁忙期は退職者が多い?採用が増える時期はいつ?

税理士事務所 繁忙期

繁忙期のまっさい中につらすぎて辞めていく人…というのは意外に少ないですね(税理士事務所で働く人はなぜかこういったまじめな人が多いです)

どうしても仕事が合わなくて辞めていく人は一定数いますが、基本的には繁忙期については仕事を終わらせてから、閑散期に入る6月以降に辞めていく人が多いのが実際のところだと思います(繁忙期が終わるまでは頑張ってほしいという所長税理士の説得があるのかもしれません)

逆に言うと、欠員が出てしかも事務所閑散期に当たる6月~10月には税理士事務所の採用が増える傾向があります。

税理士事務所の採用が増える時期

繁忙期終了後の6月~10月

※6月中には転職サイトでエントリーだけでも済ませておくのがおすすめ

↓※こちらからも税理士事務所の求人にエントリーできます。



この時期には欠員補充が積極的に行われますから、税理士事務所への転職を狙っている人にとっては転職活動をするのに適したタイミングといえるでしょう。

ただし、8月上旬の税理士試験が終わると、就職活動に向けて動き出す受験生が大量にいますから、少し早めの6月中にはエントリーだけは済ませておくことをおすすめします。

>>すでに科目合格が1科目以上ある方はこちらの転職サイトには登録しておきましょう(無料)

繁忙期の残業の実態

税理士事務所 繁忙期

税理士事務所の繁忙期には、ある程度の残業が発生することは覚悟しておきましょう。

具体的にどのぐらいの残業時間か?は仕事のスピードや担当している顧問先の件数にもよりますが、私の場合は繁忙期は毎日夜8時~9時ぐらいまで残業することが多かったです。

税理士試験に取り組んでいる方はこの時期は勉強時間をとるのに苦労されると思いますが、そこは社会人ですから割り切りましょう。

新しい理論の勉強はこの時期はとりあえず置いておいて、すでに勉強済みの理論の暗記や、計算練習などの機械的にできる作業に集中するのが個人的にはおすすめです。

繁忙期の残業代はどうなる?

私が税理士事務所に勤めていたころには残業代を支給しないブラックなところも少なくありませんでしたが、現在はこういったところは非常に少なくなっています。

残業代についても労働法に基づいて公正に支給される税理士事務所が多くなっていますから、それほど心配をする必要はないでしょう。

ちなみに、私が働いていた税理士事務所では、確定申告時期の残業代として、1か月分のお給料と同じ金額をボーナスとして支給するという形になっていました(3月分のお給料は通常の月の2倍になるという意味)

このあたりの事情は事務所によってまちまちかと思うので、入社前に労働条件はよく確認しておきましょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 税理士事務所 転職 >>「資格なし・年収の低い残念な職員…」になりたくない方へ