税理士事務所業界の転職は、回数を重ねれば重ねるほど年収が下がっていく…という説がありますが、要はやり方次第だと思います。

私はこれまでに10年間で4社の税理士事務所を経験していますが、すべての転職で年収アップをすることができました(最初は年収300万円なかった…

年収アップのポイントは転職エージェントを使って転職活動することです。

というか、年収アップを本気で考えるのであれば、転職エージェントを使わないという選択肢はありえないですね。

>>未経験者OKの税理士事務所求人を探すならこちら

年収アップを狙うなら求人サイトを使うのは必須

税理士事務所,求人,サイト

ときどき税理士事務所業界にいる人で「税理士志望で年収アップしたいんですが、どうしたらいいですか?転職エージェントはできれば使いたくないです」というお便りをいただくのですが、

無料で使える転職エージェントを使わない…というのは「本当に本気ですか?」といいたくなるレベルの話です。

 

↓ 転職エージェントを使うメリットや、なんで無料なのか?といったことに関してはこちらの記事で書いていますので参考にしてみてください。

[blogcard url=”http://taxwork2.com/agent-muryo”]

 

上の記事の内容をごく簡単に言えば、転職サイトを使えば「転職のプロ」といわれる人たちに「無料」でいろいろ相談できるようになるよということです。

(まっさらな気持ちでいって本当に疑問なんですが、これって使わない理由ありますか?:^^)

以下では、転職エージェントを使って転職活動することを大前提として、税理士事務所業界での転職を考えるときにおすすめのところを紹介します。

トータル5分ぐらいで読める内容かと思いますので、気軽にどうぞ。

税理士事務所求人が豊富にある転職サイトを選ぶ

転職エージェント(転職サイト)にはいろんな種類があるんですが、大きく分けると①総合型の転職サイトと、②一部の業界に特化した転職サイト、の2つがあります。

 

  • ①総合型の転職サイト(業界によらず求人を紹介してくれる)
  • ②一部の業界に特化した転職サイト(税理士事務所専門など)

 

で結論から言うと、すでに税理士事務所で3年以上は働いた経験があるというを選びましょう。

税理士事務所の仕事はまだ未経験というから選びます(②に登録してもそもそも求人を紹介してくれない可能性が高いです)

転職サイトに登録したのにぜんぜん求人紹介の連絡がこない…という話もたまに聞くんですが、それは最初からサイトの選び方が間違っている可能性が高いです。

②の専門サイトというのはその名の通り専門的な求人を中心に扱っていますから、未経験者の人が登録しても「紹介できそうな案件がない…」という状態になっている可能性が考えられます。

未経験者には未経験者向けの、経験者には経験者向けの入り口(転職サイト)があるというわけですね。

転職サイトを使って転職活動をするときには、この点はまず知っておいてください。

>>科目合格者だけが登録できる転職サイト

未経験者におすすめの転職サイト2選

ということで、税理士事務所の未経験者と経験者に分けておすすめの転職サイトを紹介していきます。

↓ 未経験者向けのおすすめ転職サイトをあげると次の2つです。


リクルートエージェント(業界最大手:圧倒的な求人数)



type転職エージェント(20代の方に特におすすめ)

リクルートエージェントは業界最大手の転職サイトです。

びっくりするほどぼう大な数の求人がありますので、未経験者を募集している税理士事務所の求人も数百件単位で登録がありますね。

一方で、タイプの転職エージェントは20代向けの求人が非常に充実しています。

未経験から税理士事務所を狙う方の多くは20代でしょうから、マッチする求人を紹介してもらえる可能性が高いです。

あと、転職サイトに無料登録するとあなた専任のエージェントさんがついてくれるのですが、普段から自分の年代の相談者とコミュニケーションをとっている人かどうか?って結構重要なんですよ。

自分専任の転職エージェントとは何かと相談しあいながらマッチする求人をしぼりこんでいくことになりますから、気軽に相談できる雰囲気の人か?は初回の面談やメールのやり理の段階で判断しておくとよいかと思います。

経験者におすすめの転職サイト3選

次に、すでに税理士事務所での実務経験がある方向けの転職サイトですが、おすすめは以下の3つです。



ジャスネットキャリア(この業界では定番サイト)



マイナビ税理士(科目合格以上の方)



MS-Japan(経理職も狙う方)

一応、「経験者=3年以上の経験者」と考えていますが、このレベルの方の場合は「入社時点でしっかりと年収交渉すること」が非常に重要です。

転職エージェントでは、年収交渉を代行してくれる(自分の代わりに採用担当者とやりあってくれる)というのは、最近ではもはや基本サービスのレベルです。

しかし、ちゃんと結果を出してくれるか?は別問題です。

年収交渉をするためには「その業界の最新の動向についてくわしく知っている」というのが最低条件となるためです。

そうなるとやはり「どこの業界でも紹介します」という大手サイト(リクルートエージェントなど)よりも、「この業界のことだけなら何でも知ってます」という専門サイトの方が有利になるんです。

税理士事務所で「入社後に年収交渉」がNGな理由

税理士事務所というのは、普段から顧問先に財務をきっちりしましょうよという指導をしている関係で、人件費についても非常にシビアな考え方をしているところが多いです。

(従業員5人未満ぐらいの事務所の場合は、所長税理士が全面的にそのあたりのことを決めているわけですが)

なので、入社後になってから年収交渉する、お給料についての相談をさせてもらうというのは非常に難しいことが多いんですよね。

そこで入社時点でしっかりと年収交渉をしてくれる転職エージェントを選びましょう、という話になるわけですが、そのためには業界の最新動向にくわしい専門サイトを使いましょうという理屈です。

税理士事務所専門の転職サイトは「アツい」

実際に使ってみるとわかる実感の部分もありますが、専門サイトのエージェントさんというのは大手サイトへの対抗意識もあるのか「アツい人」が多いです。

「求人数では大手サイトには勝てないけど、この業界だけは負けない」という意識のエージェントさんが多いですから、最初から税理士事務所で生きていくことを決めている方は専門サイトを使いましょう。

科目合格以上の人はここ一択でOK

おすすめの転職サイトにあげていますが、マイナビ税理士は「税理士試験の科目合格以上の人」に限定して求人紹介をしてくれる珍しい転職サイトです。



>>公式サイトはこちら

科目合格以上が条件ですから、必然的にここ(マイナビ税理士)を使える人はさらにしぼられてくるわけですが、その分だけ該当する人にはマッチする求人を積極的に紹介してくれます。

転職サイトも商売ですから(私たち転職希望者は完全無料で使えますが)、入り口で該当者をかなりしぼりこんでいる以上はそのしぼった相手に対してはしっかりサービスしないと利益を出せないわけです。

私も転職活動をするときにはマイナビ税理士をメインで使うようにしています。

個人的には採用が決まった後にも定期的に「最近どうですか?こういう求人出てますけど良ければ」という感じで連絡をくれるのが気に入ってますね。

安易に飛びつくのは禁物ですが、年収アップのためには選択肢は多いに越したことはありませんからこういう濃いサービスをしてくれるところはおすすめですよ。

一般企業の経理職も視野に入れている人は

税理士事務所の経験者というのは、数年間実務経験を積んでから一般企業の経理管理職として転職するというのが一つのキャリアルートのようになっています。

税理士事務所というのは会計関連の実務知識を積むうえでは最適ですから、このルートは実際に実現性が極めて高いです。

一応両方(経理と税理士事務所)の実務経験がある者の感覚で言うと、経理で3年間かけて学ぶ内容を税理士事務所では1年で学ぶという感じでしょうか。

経理では通常年1回しかない決算業務を、税理士事務所ではまさに「年がら年中やっている」わけですから、経験に差があるのは当然ですね(私は年間40件の法人決算やったことあります…繁忙期は激務で死にかけました)

前置きが長くなりましたが、こういう「税理士事務所→一般企業経理」というルートも視野に入れている人にはMS-Japan(エムエスジャパン)が超おすすめです。

経理幹部職の求人がとても充実していますから、選択肢が広がります。

↓ ※こちらで検索できます。

>>一般企業経理の求人検索結果

まとめ

まとめると、転職エージェントを使って転職活動するなら、税理士事務所未経験者は大手サイト、税理士事務所経験者は専門サイトを使いましょう、という話でした。

おすすめの転職サイトを再度あげると以下の通りです。

①未経験者におすすめの転職サイト

②経験者におすすめの転職サイト