ジャスネットキャリア 評判

>>ジャスネットキャリア公式ページはこちら

  • ジャスネットキャリアを実際に転職活動につかった人の口コミ評判は?
  • ジャスネットキャリアは会計事務所や経理の未経験者でも使える?
  • ジャスネットキャリアを使うと本当に給料って上がるの?

今回は、こうした疑問にお答えします。

ジャスネットキャリアは、税理士事務所や経理職への転職をサポートに特化した転職エージェントです。

↓具体的には、以下のような状況の人にマッチした転職エージェントといえるでしょう。

ジャスネットキャリアはこういう人向けの転職サイト!




【公式サイトはこちら】

  • 税理士事務所の実務経験者で、別の事務所へ転職したい
  • 税理士事務所の実務経験者で、一般企業経理へ転職したい
  • 経理事務の経験者で、さらに大手の企業経理へ転職したい
  • 経理事務の経験者で、未経験から税理士事務所へ転職したい

>>ジャスネットキャリアを実際に使った人の口コミ評判はこちら

>>まだ税理士事務所の実務未経験者の方はこちらをご覧ください

転職エージェントというと、リクナビやen転職などの「大手サイト」がまっさきに思い浮かびますが、これら大手サイトは「業種にかかわらずたくさんの求人がある」のが特徴です。

リクナビなどの大手サイトで、たくさんの求人に応募できることは私たち利用者にとってメリットなのですが、一方でデメリットもあります。

それは、リクナビなどでは、実際にあなたの転職活動を担当する転職エージェントさんが、会計事務所や経理職の業界についてそれほどくわしくない可能性が高いことです。

転職活動の成功はエージェントの腕しだい

最近では転職活動がうまくいくかどうかは、「転職エージェントの腕しだい」という状況がより強まってきています。

そのため、担当してもらう転職エージェントさんは「会計事務所や経理職に関する人脈や業界知識では絶対に負けない」というレベルの人についてもらうのがベストです。

↓なので、「どの転職サイトを使うべきか?」で迷っている方は、以下のような判断基準で転職サイトを選ぶのが良いでしょう。

ジャスネットキャリアを使うべきなのはこういう人

ジャスネットキャリア 評判

「まだどういう仕事をしたいかは具体的に決まっていない」という20代の方や、「まずは業種をしぼらずに、いろんな求人情報を見てみたい」という人は、リクナビなどの大手サイトを使うのが適しています。

一方で、ジャスネットキャリアは「経理職や会計事務所への転職希望者に特化した転職エージェント」ですから、すでに会計事務所や経理職での経験が3年以上あるという方向けの転職エージェントといえます。

↓まとめると以下の通りです。

ジャスネットキャリア(会計職特化型の転職サイト)を使うべき人はこういう人


  • すでに会計事務所や経理での実務経験が3年以上ある。今の職場は辞めたいが、今後も会計関連の仕事に就きたいという人
    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
    ジャスネットキャリアなどの「会計職特化型転職エージェント」を使うのがおすすめ
  • まだ転職先の業種を決めていない、未経験から採用される求人を探しているという人
    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
    リクナビなどの大手転職サイトを使うのが適しています

税理士事務所の実務未経験者はどうしたらいい?

ちなみに、「会計事務所や経理職に特化した転職エージェント」はジャスネットキャリアだけでなく、以下のようなところもありますよ。

ジャスネットキャリアは基本的に実務経験者でないと使えない転職サイトですが、↓たとえばこちらのMS-JAPAN未経験でも応募できる経理職や会計事務所の求人が非常に多いです。



未経験者の会計事務所転職【MS-Japan】

↓会計関連のキャリアを積みたい、という希望がすでに固まっている人は、こうした転職サイト2~3社に無料登録しておくと優良求人の情報を見つけやすくなります。

会計職に特化した転職サイト(転職エージェント)



税理士試験の科目合格者ならマイナビ税理士

以下では、ジャスネットキャリアを実際に使ってみた人の口コミ評判をまとめましたので、参考にしてみてください。

ジャスネットキャリアを実際に利用した人の口コミ評判

税理士事務所 転職

↓ごくおおまかにまとめると、ジャスネットキャリアを実際につかった人の口コミ評判では、以下のような内容が多いです。

ジャスネットキャリアを実際につかった人の口コミ評判まとめ


  • とにかく担当エージェントが会計事務所業界にくわしい。税理士試験の勉強計画などの悩みにも乗ってくれたし、多くの会計事務所求人の中から転職先を選べた
  • これまでの税理士事務所での実務経験を高く評価してもらえた。税務に強い経理職として一般企業に転職できた
  • 中小企業での経理職経験があったが、さらに大手の企業の経理職を紹介してもらえた。年収も150万円ほどアップできたので、結果としてキャリアアップにつながったと思う
  • 税理士試験の科目合格があることが、意外にこの業界で評価が高いことを知った。会計事務所しか選択肢に入れてなかったが、結果として経理職というキャリアに変更した。担当エージェントのアドバイスがなかったらこういう選択はしてなかったと思うので、利用して良かった

↓実際の口コミ内容を掲載しておきますので、参考にしてみてください。

ジャスネットキャリアの評判①:現在の税理士事務所から別の事務所に転職(35歳男性)

私はすでに10年以上税理士を目指しているのですが、まだ資格を取得できていません(科目合格3科目の状態)

これまで在籍していた事務所は非常に激務で、実務の勉強はできるものの試験勉強との両立が非常に難しく、将来的に独立を目指すべきかどうかで迷っていました。

担当してもらった営業さんに「サラリーマン職員ではこの業界では年収は頭打ちになる。長期目線でのキャリアアップを目指すなら、多少年収を下げてでも勉強と両立できる事務所で試験合格を目指すべき」というアドバイスをもらって踏ん切りがついたように思います。

私の場合は10年間の実務経験があったので、かなり多くの求人情報の中から事務所を選べました。

その中から、年収は現状維持、繁忙期以外は残業なし、試験勉強の応援制度(試験直前の長期休暇など)がある会計事務所を紹介してもらいました。

結果として勉強時間の確保が依然と比べて圧倒的にできるようになり、非常に満足しています。

少しでも早く5科目合格を達成して、この業界に入った当初からの夢だった「独立して自分の事務所を持つ」という目標を達成したいと思います。

しかし、税理士事務所での長年の実務経験があったので、そこで得た経験や知識を認めてもらうことができました。

>>ジャスネットキャリア公式サイトはこちら

ジャスネットキャリアの評判②:中小企業の経理職を結婚退職。税理士を目指して税理士事務所へ転職(30代女性)

結婚退職してブランクありますが、経理職の実務経験や簿記の知識があったので、応募できる税理士事務所がかなりたくさんありました。

この職種だけをあつかってる転職エージェントということで最初は「どうかな?」という感じでしたが、大手サイトよりフォローしっかりしてると感じました。

最終的に、子供がいる自分でも働ける転職先(自宅から近い位置にある従業員5名の小さな会計事務所です)から内定をもらいました。感謝しています。

ジャスネットキャリアの評判③:個人や法人運営の税理士事務所から、一般企業での経理業務へ転職(30代男性)

税理士事務所での勤務経験があったことから、税務に強い人材を探していた一般企業へ経理職として転職することができました。

顧問先に引き抜かれていく先輩などもかなりたくさん見てきましたが、社長のコネ入社扱いで給与体系もかなりあいまい…というケースが多いようだったので、ちゃんとエージェントを通して年収交渉してよかったと思ってます。

自分の給料の交渉するのって自分ではほぼ不可能なので、エージェントさんに間に入ってもらうのがおすすめです。

なんだかんだいって給料ちゃんともらえないと仕事なんてやってられないですからね。

>>ジャスネットキャリア公式サイトはこちら

ジャスネットキャリアの評判④:2社の中小企業の経理部で勤務経験があり、さらに大手企業へ転職(20代男性)

経理部での勤務経験を買われ、大手企業へ転職することができました。

複数社での経理職としての経験や、合わせて6年間の間経理職をしていたことが大きなポイントだったようです。

ジャスネットキャリアの評判⑤:税理士事務所に勤務し、税理士試験にも1科目合格。その後、大手企業の経理職へ転職(20代女性)

税理士事務所での勤務経験と試験の合格実績があったことから、大手企業の経理職へ転職できました。

税理士事務所で培った経験や知識を活かすことができて良かったです。



【ジャスネットキャリア】

まとめ

税理士事務所,求人

ジャスネットキャリアは、税理士事務所や経理職の実務経験者におすすめの転職エージェントです。

会計事務所経験者をもっとも高く評価してくれるのは、基本的には会計事務所であることは間違いありません。

一方で、会計事務所経験者へのニーズをもっている一般企業経理セクションも多いです。

税理士事務所から経理職、経理職から税理士事務所といったキャリア転換も選択肢に入れることができるでしょう。

会計事務所や経理職への転職を目指す方は、以下のような会計特化型の転職サイトを上手に活用するようにしましょう!

(↓とりあえず2~3社に無料登録しておいて、自分に合ったところをメインで使うという使い方が内定につながりやすくおすすめです)

会計職に特化した転職サイト(転職エージェント)