税理士事務所・経理に転職して働くには?

会計職のキャリア戦略

転職エージェントを使うメリット7個・デメリット7個

Sponsored Links

この記事では、転職エージェントを使って転職活動するメリットとデメリットを解説します。

↓まず、転職エージェントを使う場合のメリットとしては、以下のようなことが挙げられます。

↓一方で、転職エージェントを使って転職活動を行うことには、以下のようなデメリットもあります。

どんなサービスでもメリットとデメリットがありますので、事前に問題点を理解した上で使いこなすことが大切です。

税理士事務所・経理への転職を目指す方におすすめの転職エージェントはこちらで紹介していますので、参考にしてみてください。

【税理士事務所・経理専門】転職エージェントおすすめランキング

この記事では、税理士事務所や経理への転職を目指す人におすすめの転職エージェントを紹介します。会計職というのはかなり特殊な職種ですので、税理士事務所・会計職に特化した転職エージェントを使うことが、転職成功の近道になります。

続きを見る

Sponsored Links

転職サイトと転職エージェントの違い

転職エージェント メリット デメリット

(転職サイトと転職エージェントは別物です)

なお、転職サイトと転職エージェントは別物です。

転職サイトを使う場合は、自分で求人で探し、自分のタイミングで応募するかたちになります。

一方で、転職エージェントを使う場合には、良くも悪くも「エージェントと相談しながら転職活動を進める」ことになります。

どちらも一長一短がありますが、

まわりからとやかくいわれるのは避けたい」という方や、

まだ転職するかどうか明確には決めていないという方」は、転職サイトを使うのが良いかもしれません。

転職サイトに希望条件などを登録しておけば、企業側からスカウトメールが来ることもありますので、「待ちの姿勢」で転職活動したい人は転職サイトを使うのが良いでしょう。

(転職サイト内で無料のWEB適職診断なども使えるので便利です)

メリット1.応募前に企業側の情報をくわしく知ることができる

転職エージェントを使った場合、応募先の企業の情報を「応募前の段階で」知ることが可能になります。

エージェントは採用活動を行っている企業の担当者と実際に会ってヒアリングをしているほか、

採用後に働くことになる職場にも実際に出向いていますので、働く環境や社風といった情報についても事前に教えてもらうことができます。

エージェントが応募前に教えてくれる情報ってどんなもの?

↓税理士事務所に応募する場合、例えば以下のような情報をあらかじめ(面接に行く前に)教えてもらえますよ。

エージェント経由で知れる情報

  • 事務所職員の年齢や男女構成
  • 科目合格者の数
  • 1人あたりの担当顧問先の数
  • 事務所の社風
  • 繁忙期の忙しさや残業の有無
  • 企業側の求めている人材像
  • そもそもなぜ求人が発生したのかの背景

ブラック事務所を見分けるポイント」の記事でも解説しましたが、こうした情報を応募前に知っておくことは、

ブラック事務所に間違えて応募してしまうリスクを避けることにつながります。

税理士事務所 ブラック
税理士事務所はブラックだらけ?転職前に要チェックの特徴と見分け方

税理士試験と同時進行で働きたいので、勉強時間を取れない激務な事務所は避けたい…。いわゆる「ブラック事務所」の特徴は?見分けるにはどうしたらいい?この記事では、税理士事務所への転職を検討している方向けに「ブラックな事務所」の特徴と見分け方を解説いたします。ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

求人を見たら良さそうだったので、面接に行ってみたけどなんか違った…」という経験をしたことはきっとあなたもあるでしょう。

これははっきりいって時間の無駄ですよね。

まして、入社が決まった後になってから「やっぱり違うかも」となると、せっかく転職したのに早期退職…という事態にもなりかねません。

こうした事態を避けて効率的に転職活動を進めたい方は、業界専門のエージェントから事前に情報をもらうようにしましょう。

エージェントってどんな人たち?面談ではどんな話をするの?

転職エージェントという人たちは、求職者の転職活動を成功させることを仕事にしている、いわば「転職活動のプロ」です。

特に、業界専門のエージェントの場合には、専門としている業界の最新の求人トレンドについてもくわしいですから、採用される可能性が高い求人にしぼりこんで紹介してくれます。

↓例えば、税理士業界専門のエージェントはこんな経歴の人たちです。

転職エージェント メリット デメリット

(実際に面談してくれるエージェントの例)

エージェント紹介のページはこちら

中には税理士業界で実際に働いてきたという人もいますから、未経験者の方はいろいろ相談してみると良いと思います。

面談ではあなたの将来のビジョンや、働く上で重要視していること(お給料や残業の有無など)をくわしくヒアリングしながら、最適な求人を紹介してくれますよ。

\ エージェントには4種類ある!/

転職エージェントを選ぶ基準は?

メリット2.非公開求人に応募できる

転職エージェントを使う場合、エージェント会社が独自に持っている「非公開求人」を選択肢に入れることが可能になります。

非公開求人というのは、そのエージェント会社を通して出ないと応募できない求人のことです。

なぜわざわざ求人を非公開にするの?公開にした方がたくさん応募が集まっていいはずでは?」と思われる方も多いでしょう。

↓しかし、採用を行う企業側としては、以下のような事情から求人を非公開にする(=エージェント経由のみに限定して募集をかける)ことがあるのです。

企業側が求人を非公開にする理由

  • 人員不足のために採用活動を行っていることをライバル企業に知られたくない会社がある。
  • 人気職種の場合、一般的な転職サイトやハローワークに求人を出してしまうと応募が殺到してしまい、企業人事部の業務がストップしてしまう。
  • エージェントとの人間関係を信頼して求人を出すケースがある。

非公開求人の中には「一般には出回らない好条件の求人」が少なくありません。

↓例えば、税理士事務所の求人の場合は、「未経験者でも年収400万円スタート・税理士試験の応援制度あり」というような求人や、

転職エージェント メリット デメリット

(未経験者向けの非公開求人の例:こちらはMSジャパンに登録後に詳細を見れます)

↓実務経験者むけの求人で、年収600万円スタート・資産税の経験を積める事務所で残業なし」といったような求人がありますね。

転職エージェント メリット デメリット

(実務経験者向けの非公開求人の例。こちらはジャスネットキャリアに登録すると詳細を見れます)

非公開求人に応募ができることは、エージェントを使う上での大きなメリットになりますので、ぜひ活用しましょう。

メリット3.採用可能性がある求人にのみしぼり込んでくれる

転職エージェントを使う場合、まずはエージェントと面談を行い、

あなたのキャリアプランについて検討するところからスタートします。

あなたのこれまでの職務経歴や、保有資格などを見ながら応募する求人をエージェントと相談しながら決めることになります。

エージェントは「どういう条件の人が、どういう求人に採用される可能性があるのか」を過去の実績などから把握していますから、

採用される可能性が高い求人のみにしぼりこんで転職活動をすることが可能になりますよ。

どんなに魅力的に見える求人でも、そもそも採用される可能性がないなら時間をかけても無駄になってしまいます。

現職の仕事が忙しくて転職活動に割く時間がなかなかとれないという方は、エージェントを使って効率的に転職活動を進めていくのが良いでしょう。

↓エージェントのサイトでは、無料のWEBキャリア診断なども利用できます。

転職エージェント メリット デメリット

MSジャパンの無料WEBキャリア診断)

メリット4.履歴書や職務経歴書の添削をしてもらえる

転職エージェントは、あなたの職歴書や履歴書の内容を添削してくれます。

自己PRや志望動機は、自分一人で作成するとどうしても独りよがりなものになってしまいがちです。

エージェントに添削してもらえば、より客観的な内容に仕上げることができますので、

書類選考に通る可能性がぐっと高くなりますよ。

また、エージェント経由で応募する場合には、WEB経由で企業側に応募することになりますから、応募書類を手書きで一枚ずつ作成する…という手間を省くことも可能です。

メリット5.面接日程の調整などスケジュールを管理してくれる

転職活動をしていて意外にストレスになるのが、

面接日程の調整採用担当者との電話でのやりとりです。

エージェント経由で転職活動する場合には、こうしたスケジュール調整はすべてエージェントが代行してくれますから、仕事が忙しい人にはおすすめですよ。

また、「次はこの日に面接を入れることができましたので、この日までに面接対策をしておきましょう」といったように、

転職活動のペースペーカーになってくれるのもエージェントの良いところです。

忙しい仕事のあいまに自分一人で転職活動をやっているとどうしてもダレてしまいがちですので、少しでも早く転職を決めたい人はエージェントにスケジュール調整を任せるのが良いでしょう。

メリット6.面接対策をしてもらえる

転職活動が初めてという人の場合、「面接は学生時代以来…」という人も多いでしょう。

転職エージェントは、応募する企業の採用ニーズに合わせて面接対策を行ってくれます。

エージェントは事前に採用側の人事担当者と「こういう人材を探している」ということについてヒアリングをしていますから、

面接でこういう質問が来ると思いますので、こう答えてください」というところまで対策を行ってくれます。

いわばカンニングしながら試験を受けるようなものですから、他の求職者に大きな差をつけることができますよ。

「この採用はぜひ決めたい」と思える企業や事務所に出会えたのなら、準備は万全にして面接に臨みましょう。

メリット7.年収交渉をしてもらえる

転職エージェントは、あなたの年収が少しでも高くなるように、企業側と交渉を行ってくれます。

「自分で自分のお給料の金額について交渉する」というのは、よほど普段から交渉ごとに慣れている人でないと難しいでしょう。

まして、ただでさえ緊張する面接の場で「これだけのお金は欲しいです」と本音で伝えるのは至難のわざです(印象もよくありません)

自力で交渉するのが面倒・心理的に抵抗があるという方は、

エージェントに年収交渉を代行してもらうのが良いでしょう。

転職エージェントが年収交渉をやってくれる理由

転職エージェントは、企業側から紹介手数料を受け取るというかたちで仕事をしています。

この紹介手数料の金額は「あなたの初年度の年収×紹介料率」というかたちで決まることを知っておきましょう。

(紹介手数料は企業側が内定を出すときに払うものですので、求職者には費用は発生しません)

↓※くわしくはこちらの記事。

税理士事務所 転職エージェント
転職エージェントは本当に無料?なぜ無料?

私たち転職希望者は、転職エージェントを完全無料で使うことができます。しかし、「ただほど高いものはない」という言葉があるぐらいですから、「本当に無料?なんだか怪しい…」と感じている方もいらっしゃるかもしれません。
この記事では、転職エージェントが無料で使える仕組みについて簡単にわかりやすく解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

そのため、エージェントも自分が受け取る紹介手数料を少しでも高くするために、

あなたの年収を1円でも高くするように交渉してくれるのです。

あなた(求職者)とエージェントとは利害が一致していますから、安心して交渉を任せることができますよ。

デメリット1.担当エージェントの質が悪いと最悪

転職エージェントを使って転職活動する場合、

自分を担当するエージェントがどんな人か?」によって転職の成否が決まるといっても過言ではありません。

業界にくわしいベテランのエージェントがついてくれれば問題はないですが、エージェント側も人員が限られているのが現実ですから、

必ずしもベテランのエージェントがあなたの担当になってくれるかどうかはわかりません。

また、エージェントとの成果的な相性はどうしてもありますので、面談や電話をしていてストレスが大きいと感じることもあるかもしれません。

さらにいえば、エージェントの中に「自分の成績しか考えていないエージェント」がいるのも事実です。

(最近はどこも口コミ情報に敏感になっていますから、こういうエージェント会社は少なくなっていますが)

もしこのようなエージェントに担当されてしまうと、あなたのキャリアは二の次で、少しでも採用が決まりやすい企業に応募させられてしまうという可能性もあります。

↓こういったエージェントが自分の担当になってしまうの避けるためには、以下の2つの対策が有効です。

【対策1】エージェントは1社だけに丸投げするのではなく2〜3社を併用しましょう

質の悪いエージェントにあたってしまうリスクを避ける対策としては、

第一には「2〜3社のエージェントを同時進行で使うこと」が挙げられます。

エージェントはいずれも無料で使うことができますので、1社だけに限定して使う必要はありません。

↓※転職エージェントが無料で使える理由についてはこちら。

税理士事務所 転職エージェント
転職エージェントは本当に無料?なぜ無料?

私たち転職希望者は、転職エージェントを完全無料で使うことができます。しかし、「ただほど高いものはない」という言葉があるぐらいですから、「本当に無料?なんだか怪しい…」と感じている方もいらっしゃるかもしれません。
この記事では、転職エージェントが無料で使える仕組みについて簡単にわかりやすく解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

エージェントとの性格的な相性というのは、実際に面談してみてみないとわからない部分もあります。

まずは2社〜3社のエージェントに面談してみて、

この人なら信頼できそう」という人がいるエージェント会社をメインで使っていくというかたちがおすすめです。

エージェントとは数ヶ月間にわたって付き合う必要がありますので、面談してみて「この人とは合わないかも…」と感じた場合には遠慮なく断りましょう。

相性が悪そうなエージェントについては、

よそのエージェントで選考に進んでいる案件があるので、ひとまずそちらに集中させてください」とメールで断れば問題ありません。

もしその応募求人で内定が出た場合には、「よそのエージェント経由で採用されました」と伝えればもうエージェントから連絡が来ることはないです。

エージェント側も求職者(あなた)が複数のエージェント会社を使っていることは百も承知ですので、気分を害するようなことはありませんよ。

【対策2】業界特化型の転職エージェントを使いましょう

エージェントの質については、「あなたが志望する業種・業界に特化したエージェント会社を使う」ことによってある程度の質を担保することが可能です。

(低レベルなエージェントにあたってしまう可能性が下げられます)

↓転職エージェントには、大きく分けて以下の4種類があります。

転職エージェントには4種類ある

  1. 業界特化型
  2. 大手総合型
  3. 少数精鋭型
  4. ヘッドハンター型

↓それぞれのエージェントの特徴や選び方についてはこちらの記事で解説していますので、参考にしてみてください。

デメリット2.企業側の採用基準が高くなる

転職エージェントは、あなたの採用が決まった時に、採用活動を行う企業側から「紹介手数料を受け取る」というかたちで活動しています。

そのため、企業側からすると、エージェント経由で採用が決まった場合には、採用にかかるコストが増えることになります。

企業側の本音としては、「エージェント経由ではなく、直接応募やハローワーク経由で採用を決めたい」ということは当然あります。

あなた自身が直接的に企業に応募したり、企業側も無料で求人を出すことができるハローワーク経由で応募してきてくれたりすれば、エージェントに紹介手数料を支払う必要がないからです。

企業側としては、「エージェントにわざわざ紹介手数料を払うのだから、ベストマッチの人材を採用したい」と考えるのが自然です。

そのため、エージェント経由での採用では、応募してくる求職者に対してのハードルがやや高くなるのはやむを得ないところです。

採用基準が明確になることはむしろメリットになることも

ただし、この点についてはむしろメリットになることも少なくありません。

採用を行う企業側(税理士事務所側)としても、あえてお金をかけて採用を行うため、

「こういう人材が欲しい」と明確にエージェント側にオファーを出してくる可能性が高いからです。

これによって採用側のニーズが明確にエージェントに伝わることになりますから、

エージェントによる求人マッチングの精度がより高くなることが考えられます。

あらかじめ「こういう人を採用したい」という基準が明確になっている求人をエージェントに紹介してもらうことができますから、面接対策などをやりやすくなるわけですね。

さらに言えば、そもそも採用可能性がない求人をエージェントから紹介されてしまうリスクを避けることにもつながるでしょう。

多くの人にとって、転職活動は限られた時間の中で行う必要があるものですから、採用可能性のない求人をあらかじめ排除してもらえることは時間短縮につながります。

デメリット3.良くも悪くも「採用可能性のある求人」だけが選択肢になる

転職エージェント経由で求人に応募する場合、

あらかじめエージェントによって「採用される可能性がある求人」だけがピックアップされることになります。

これをエージェントによる「社内選考」とか「スクリーニング」とか読んだりしますが、これによって、

良くも悪くも「採用可能性の低い求人」については排除されてしまう可能性が高くなるでしょう。

具体的に言えば、未経験者が実務経験者限定の求人に応募しても「この求人は採用可能性がないです」ということで断られてしまうことが考えられるわけですね。

採用されるかされないかは、究極的には面接で採用担当者とあってみないとわからない部分があります。

求人内容では明らかに対象外であったとしても、実際には採用担当者に面接で非常に気に入られて採用になる可能性はあるからです。

エージェントが選択肢から外す求人に採用される可能性は極めて低い

ただ、「求人内容では明らかに対象外であったとしても、実際には採用担当者に面接で非常に気に入られて採用になるケース」というのは、

現実には非常に可能性が低いことは知っておく必要があります。

まぐれ当たりのようなわずかな確率にかけて、時間をロスするのが不合理と感じる方は、あらかじめエージェントに採用可能性のある求人をピックアップしてもらうのがおすすめです。

エージェントは「採用される人の相場」がよくわかっていますから、可能性が低い求人についてあらかじめ選択肢から外してもらうことは、転職活動にかかる労力を大幅に減らすことにつながります。

Sponsored Links

デメリット4.内定辞退の手間が増える

個人差はあるものの、エージェント経由で転職活動を行う場合には、

複数の企業から内定が出る可能性が高くなります。

エージェントはあらかじめ採用可能性のある求人だけをピックアップして紹介してくれますから、必然的に内定が出るケースが多くなるためです。

また、エージェントはあなたの代わりにあなたの長所や実務経験について採用担当者にプッシュしてくれますから、

自力で面接や応募書類で自己PRをするよりも採用可能性が上がるのは間違いありません。

(このあたりは転職のプロとして力量といえます。また、エージェントと採用担当者は個人的に人間関係がある場合がありますので、この点でもアピール内容の信頼性が違います)

複数の企業から内定が出た場合、当然ながら内定受諾ができない企業が出てきます。

同じタイミングで複数者から内定が出たような場合に、どの企業を選ぶべきかは最終的にあなた自身が決めなくてはなりません。

第一志望の企業が複数あるような場合には、泣く泣く辞退をせざるを得ないケースも出てくるでしょう。

「内定が1社もない」より「内定がありすぎて困る」の方がまし!

ただし、「内定が複数出てどこを断るか迷う」というのは「幸せな悩み」であることは間違い無いでしょう。

少なくとも、「内定が出る会社が1社もなくて困っている」という人に比べれば、「どこの内定を断るべきか困る」方が良い状況なのは間違いありません。

採用の相場を知っているエージェントを使えば、自力で転職活動をするよりも内定が出る可能性が高くなります。

少しでも早く転職を決めたい人は、エージェントを活用するようにしましょう。

デメリット5.何事も自分で進めないと気が済まない人はストレスに感じることも

エージェントを使って転職活動する場合、採用企業側とのやりとりはすべてエージェントが代行してくれます。

採用担当者との面接スケジュール調整や、入社条件の交渉といったこともエージェントに任せることになります。

そのため、「あらゆることを自分で処理しないと気が済まない」というタイプの方はストレスに感じることもあるかもしれません。

そういった方は転職サイトを使うのが良いです。転職サイトはエージェントと違って、自分で求人を探して自分のタイミングで応募することができます。

ただ、エージェントは転職活動に関してはプロフェッショナルなので、知識のない人が自力でやるよりも良い結果を出してくれる可能性は高いです。

普通の人にとって、転職なんて人生でそう何度もあることではありませんよね。

「もちはもち屋」ではないですが、転職活動に関する交渉は転職エージェントに任せた方が良いでしょう。

デメリット6.担当エージェントとの面談やこまめな連絡が必要になる

転職エージェントを使う場合、まずは実際にエージェントと面談を行い、

キャリアプランの相談をした上で、求人の紹介という流れになります。

その後もエージェントとは採用企業側とのやりとりについてこまめに連絡と報告が入りますので、その都度エージェントとのやり取りが発生します。

こうしたエージェントのやり取りがわずらしいと感じる方もひょっとしたらいるかもしれませんね。

ただし、エージェントはあなたの採用が少しでも早く、少しでも良い条件で決まるように動いてくれますので、交渉ごとが苦手という方はエージェントに企業側とのやりとりを任せるのが良いかと思います。

↓なぜ、エージェントは無料で企業側とのやりとりをすべて代行してくれるのか?についてはこちらの記事で説明しています。

デメリット7.どのエージェント会社を選ぶか迷う

世の中にはたくさんの転職エージェント会社があります。

リクルートやマイナビのように「テレビCMでよく名前を聞く会社」を選ぶ人が多いかもしれませんね。

しかし、志望する業種や業界がすでに決まっている人は、業界専門の転職エージェント会社を使うのがおすすめです。

業界専門の転職エージェントの場合、エージェント自身もその業界で実務経験を持っている人であることが多いです。

必然的に、業界内での求人状況のトレンドや、採用確率を上げるためのコツのようなものについても詳しい人があなたの担当になってくれる可能性があります。

転職エージェントとは二人三脚で転職活動を進めていくことになりますから、

どの会社を使うか?」は決定的に重要です。

↓税理士事務所や経理職を目指す人向けの転職エージェントについてはこちらの記事で紹介しています。

Sponsored Links

Copyright© 会計職のキャリア戦略 , 2020 All Rights Reserved.