【税理士事務所の仕事内容】業務ルーティンやノルマ有無を未経験の初心者向けに解説!

  • 税理士事務所の仕事内容ってどんなもの?
  • 繁忙期は激務って本当?ノルマとかあるの?
  • パート事務員と正社員で仕事内容はどう違う?
  • 巡回監査とは?決算業務とは?確定申告とは?

↑今回は、こうした疑問にお答えします。

これから未経験で税理士事務所に転職しようと考えている方や、税理士事務所に税理士補助として入社したての方は、

税理士事務所に入社したらどういう仕事をやることになるんだろう?」と期待と不安を感じていらっしゃることでしょう。

この記事では、税理士事務所で10年間ほど働いた私が、税理士事務所の仕事内容について具体的に解説します。

税理士事務所で「仕事ができる人」になるためにはどうしたらいいのか?

についても私なりのアドバイスも書いていますので、ぜひ参考にしてみてください。

>>未経験OKの税理士事務所求人を見てみる(193件あり)

税理士事務所の仕事内容

税理士事務所 仕事内容

(税理士事務所の仕事内容について解説します)

↓税理士事務所の仕事内容は、大きく分けて以下の2種類にわかれます。

ポイント

  • ①顧問先の経理・税務の代行業務
  • ②その他の相談業務(経営助言など)

それぞれの仕事内容について、順番に見ていきましょう。

①顧問先の経理・税務の代行業務

税理士事務所の1つ目の仕事内容は「顧問先の経理・税務の代行業務」です。

税理士事務所は、お客さんである中小企業経営者から「うちの経理や税金の計算を代わりにやってくれ」ということで顧問契約を結んでいます。

どんな企業であっても1年に1回は必ず税金の申告をしないといけませんが、中小企業ではこうした作業を社内で処理するのが難しいケースも少なくありません。

(社長が忙しかったり、経理スタッフがうまく確保できなかったりします)

お客さんからすると、新たに経理スタッフを雇用して毎月のお給料を払うよりも、税理士事務所と顧問契約をした方が安上がりなのです。

そこで、税理士事務所では顧問先の経営者に変わって経理や税金計算の業務を行うことになります。

これが税理士事務所のもっとも中心的な業務です。

↓それでは、「経理・税務の代行業務とは具体的にどう言うものなのか?」ですが、ものすごく単純化していうと以下のような作業をいいます。

  • 記帳作業を行う
  • 会計ソフトに入力された内容が実際のお金の出入りとあっているかチェックする(月次監査)
  • 1年に1回、決算をして税務申告を行う

それぞれの項目について、順番に見ていきましょう。

記帳作業を行う

顧問先の企業は、売上をあげたり、経費を支払ったりするたびに記帳作業を行なわなくてはなりません。

簿記では会計仕訳を勉強しますね。あれと同じです。

例えば、得意先に商品を発送したら「売掛金/売上高 100万円」といったように毎日記帳していきます。

こうした記帳作業は、顧問先企業の経理スタッフさんが行なってくれるのですが、税理士事務所側で行うこともあります。

(税理士事務所が代わりに記帳を行う場合を、記帳代行業務といいます。記帳代行業務は行なっている税理士事務所とそうでない税理士事務所があります)

なお、昔は手書きで記帳作業を行っていましたが、今はほとんどの会社が会計ソフトを使っています。

そのため、税理士事務所の仕事を早く覚えられるかどうか?は「会計ソフトを使いなれているか」どうかにかかっているといえます。

これから税理士事務所で働くことを考えている方は、入社前に実際に会計ソフトをさわっておくのが良いでしょう。

↓会計ソフトは無料で使えるものもありますから、まずはご自分の家計簿をつけるのに使ってみるのがおすすめです。



無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

記帳作業は、企業が仕事として行うのも、個人が家計簿をつけるために行うものも、原則的な部分は同じです。

あなた自身の家計を「企業活動」に見立てて、会計作業を疑似体験してみてください。とても良い勉強になると思います。

勤務先からお給料が入ってきたら「売上」、お客さんと飲みに行ったら「接待交際費」というように記録していきましょう。

1ヶ月間の入力が完了したら、実際の現預金残高が会計ソフトの残高とあっているかチェックしてください。

会計ソフトに入力した内容が実際のお金の出入りとあっているかチェックする(月次監査)

上で見た記帳作業(会計ソフトの入力)は担当するスタッフが手作業で行います。

人間の行う作業ですから、当然ながら間違いが生じることもあります。

ですので、会計ソフトの入力内容が本当に正確なものかどうか?は定期的にチェックしなくてはなりません。

そこで、税理士事務所の職員は、1ヶ月に1回程度のスパンで顧問先の事業所を訪問し、チェック作業を行います。

これを巡回監査(月次監査)と呼んでいます。

巡回監査では、実際の請求書や領収書を見ながら、会計ソフトの入力内容が事実に基づいているかをチェックしていきます。

↓巡回監査の具体的な内容についてはこちらの記事でくわしく解説していますので参考にしてみてください。

【税理士事務所の仕事内容】月次監査(巡回監査)とは?

1年に1回、決算をして税務申告を行う

月次監査を12ヶ月分行ったら、1年に1回の決算を行います。

決算とは、顧問先の会社が1年間でどのぐらいの利益を出したのか?を確定する作業です。

(損益計算書や貸借対照表といった「財務諸表」を作成します)

すべての企業は1年間で得た利益の中から税金を計算して納税しなくてはなりません。

そのため、決算業務が完了したら税金の申告業務を行います。

個人事業主として活動している顧問先企業は所得税、法人企業として活動している顧問先企業は法人税という税金を納めます。

個人事業主の決算・税務申告作業のことを「確定申告」と呼びます。

確定申告は、法律で毎年2月16日〜3月15日に行うことが義務付けられていますから、この時期は税理士事務所の繁忙期となります。

法人企業の場合は「決算日から2ヶ月以内」に税務申告を行います。

一人の職員につきだいたい20件程度の顧問先を担当していますから、税理士事務所の職員は「1年中決算業務をやっている」というのが実際のところですね。

(三月決算法人の決算業務は5月、四月決算法人の決算業務は6月、5月決算法人の決算業務は7月…というように)

↓決算業務や税務申告についてはこちらの記事でくわしく解説していますので、参考にしてください。

【税理士事務所の仕事内容】決算業務・税務申告とは?

②その他の相談業務(経営助言など)

上で見てきたように、税理士事務所の仕事は①顧問先の経理・税務の代行業務がメインとなります。

一方で、顧問先の経営者からはさまざまな相談を受けることがあります。

↓具体的には以下のような相談を受けることがあります(多くは月次監査で顧問先の事務所を訪問した際に相談を受けることになります)

  • 節税対策としてどういうことをやればいいか?
  • 決算書を会社の経営を生かすにはどうしたらいいか?
  • 税務調査が来たらどうしたらいいか?
  • 銀行からお金を借りるにはどうしたらいいか?

税理士事務所によっては、こうした業務のことを「経営指導業務(経営助言業務)」とか「MAS業務(Management Advisory Servise)」とかいったように呼ぶこともありますね。

近年では会計ソフトの発達によって単純な経理作業だけでは税理士業務の差別化が難しくなっています。

そのため、MAS業務は顧問先の経営者からの信頼を獲得するために非常に重要な仕事内容と言えます。

税理士事務所もビジネスですから、他の事務所よりも高品質なサービスを提供し、少しでも高い顧問料をいただかなくてはやっていけません。

こうした事情から、上のような経営助言業務(MAS業務)に力を入れている税理士事務所は非常に多くなっています。

※実際の求人票を見るとなんとなくイメージできると思います(こちらのリンクをクリックで求人票を見れます)

税理士事務所で「優秀な職員」となるためには、こうした助言業務にどれだけ対応できるかにかかっているといえますね。

税理士事務所の1日(業務ルーティン)はどんな感じ?

税理士事務所の1日の業務ルーティンがどのような感じで進んでいくのか?についても見ておきましょう。

↓平均的な税理士事務所スタッフ(税理士補助スタッフ)は、以下のような感じで1日のスケジュールをこなしています。

  • 朝礼やそれぞれの人の業務スケジュールの確認など
  • 顧問先を訪問し、巡回監査を行います(午前・午後で1件ずつぐらい)
  • 夕方ぐらいに事務所に戻ってきて社内業務を行います(決算業務や日報作成など)

巡回監査にはだいたい2時間〜3時間程度はかかりますから、だいたい1日に2件ぐらいの顧問先を訪問することになります。

なので、午前中〜夕方にかけては外に出かけている人が多いですね。

顧問先では請求書などの資料を見ながら、会計ソフトの入力内容が正しいかどうかを1つ1つチェックしていきます。

1ヶ月分の会計データのチェックが完了したら、訂正事項などを社長や経理スタッフさんに報告して巡回監査は終了です。

(巡回監査の場は顧問先の経営者と実際に会える貴重な機会ですので、この場で経営相談などを受けることもあります)

夕方ぐらいに巡回監査から帰ってきたら、自分が担当する顧問先の決算業務などを処理していきます。

繁忙期には深夜になることもありますが、繁忙期以外は定時(18時など)に帰宅できることが多いですね。

税理士事務所の仕事内容は大変?ノルマはある?

税理士事務所のスタッフは、顧問先の新規開拓などの営業ノルマなどは基本的にありません。

(顧問先の開拓は所長税理士自身がやるのが基本の事務所が多いです)

もちろん、既存の顧問先企業との信頼関係を築くことができれば、新規の顧問先などを紹介してもらえるケースもありますが、これらをノルマとして設定している事務所は少数派でしょう。

一方で、税理士事務所の職員の仕事は「時間との戦い」になることが多いです。

上でもみたように、顧問先の税務申告は「決算日から2ヶ月以内」に完了しなくてはなりません。

例えば、三月末決算法人の顧問先を担当しているなら、その顧問先の決算業務は絶対に5月31日までに完了しなくてはならないのです。

税理士事務所の仕事では「段取りの良さ」が求められる

もし税務申告の期限内に決算業務を完了できないようなことになれば、顧問先企業からの信頼を大きく傷つけることになってしまいます。

(最悪の場合は顧問契約を切られてしまいます)

税理士事務所の職員は常時20件程度の顧問先を担当していますから、自分の担当する顧問先の決算に間に合うように仕事をしなくてはなりません。

新規開拓の営業ノルマのような苦しさはありませんが、心理的にかなりハードな仕事になることもありますね。

税理士事務所の仕事は、自分の担当する仕事を、順序立てて段取りよく進めていく能力が求められる仕事と言えるでしょう。

税理士事務所の仕事でコミュニケーション能力は必要?

税理士事務所の仕事は、コミュニケーション能力が必要です。

なぜかというと、税理士事務所のお客さんというのは「中小企業の経営者さん」だからです。

(上で見てきたように、税理士事務所のメインの仕事は「経理や税務申告の代行」ですから、こういった仕事を依頼してくるお客さんは必然的に中小企業の経営者ということになるのです)

企業規模の大小によらず、経営者の方々は非常にエネルギッシュな人が多いですね。

バリバリの営業マン出身者や、飲食業でアルバイトから独立したような人が多いですから、体育会系のノリの人が多い印象です。

日常的にこういった性格の人たちを相手に仕事をしていくことになりますから、「人と話すのが超苦手…」という人が税理士を目指すのはやや厳しいかもしれません。

もっとも、「コミュニケーション能力」というのはただ単に空気を読んで明るく振る舞える能力のことをいうのではありません。

相手との会話の中で、「本当はこういうことに悩んでいるのかも」「実はこういうことを言いたいけど、面と向かってはいいにくいのかも」といったように、相手の心情をイメージする能力の方が重要です。

(こうした能力にとぼしいと、ある日いきなり顧問契約の解除を言い出されたり、担当者の変更を要求されたりします)

税理士事務所で働く人はおとなしい性格の人が多い

お客さんとのやりとりだけでなく、税理士事務所内での他の職員や、所長税理士とのコミュニケーションも必要です。

税理士事務所で働く人たちは基本的に内向的でおとなしい雰囲気の人が多いので、人付き合いが苦手…という人もそれほど抵抗なく馴染めるかと思います。

ただ、中には非常にパワハラ的な環境の税理士事務所も存在していますから、「どういう税理士事務所で働くか?」はきちんと吟味しなくてはなりません。

私は合計で3社の税理士事務所で働いた経験があるのですが、未経験で入社した1社目の税理士事務所がパワハラの横行するブラック事務所だったために大変な苦労をしました。

↓私が体験したブラック環境の税理士事務所の体験談はこちらで書いています。

応募してはいけないブラックな税理士事務所の特徴とは?

もちろん、税理士事務所の全てがパワハラのブラック事務所なんてことはありません。

(ネットではネガティブな口コミが多いですが、わざわざ掲示板等に悪口を書き込む人はよほどネガティブな体験をした少数派の人たちです。福利厚生のきちんとしているホワイト環境の税理士事務所もちゃんと存在していますから、入社前にきちんとチェックしておけば良い事務所に出会えますよ)

税理士事務所のパート事務員(アルバイト)と正社員の違いは?

税理士事務所で働く人には、①内勤の事務員と、お客さんと直接やり取りする②監査担当者の2種類がいます。

(監査担当者は税理士補助と呼ばれることもあります)

税理士事務所の職員はこの2種類

  • 内勤事務員:事務所内部で働く内勤職員
  • 監査担当者(税理士補助):外部の顧客と直接やり取りする仕事

事務員は基本的にパートやアルバイトとして雇用されることが多いです(派遣社員のこともあります)

電話当番や書類整理、来客対応などの事務的な仕事を担当するケースが多いでしょう。

※↓税理士事務所の事務員として働きたい方はこちらから

会計、税務、経理・財務分野の派遣・紹介予定派遣なら【ジャスネットスタッフ】

監査担当者(税理士補助)の仕事内容は資格を持った税理士とまったく同じ

一方で、監査担当者(税理士補助)は基本的に正社員で、仕事内容は税理士と全く同じです。

(税理士資格をまだ持っていなくても、やっている仕事内容は税理士と全く同じです)

毎日顧客の事業所を訪問して巡回監査を行い、決算業務と税務申告の代行を行うのが基本業務となります。

必然的に会計や税法に関する非常に高いレベルの知識が求められますので、税理士事務所で監査担当者として働く人の多くが税理士試験受験生となります。

(事務所側も税理士試験の受験生を優先的に採用しています)

将来的に税理士を目指す方は、監査担当者(税理士補助)として入試し、勉強しながら仕事を覚えていくのが一般的です。

>>税理士事務所で監査担当者(正社員)として働きたい人はこちらから

税理士事務所と経理事務で仕事内容はどう違う?

これから税理士事務所で働くことを考えている人の中には、経理(経理事務)として働くことも視野に入れている人もいらっしゃるでしょう。

税理士事務所の職員も、経理事務職も、会計にかかわる仕事ですが、業務内容はかなり違います。

ものすごくおおざっぱにいうと、税理士事務所の職員は「会計の仕事の最後の仕上げだけ」を仕事として扱うのに対して、経理事務は日常的な経理業務を担当します。

↓実際の業務の流れで言うと、以下のような感じになりますね。

  • 企業が外部とお金のやり取りをする
  • 経理職が外部への支払いや請求書の送付などの業務を行う
  • 経理職が会計ソフトの入力作業を行う
  • 税理士事務所の職員が月次監査を行う
  • 1年に1回、税理士事務所の職員が決算と税務申告を行う
  • 税金の納付は経理職が行う
  • 経理職や経営者が翌年度の予算に関する計画を立てる

このように、税理士事務所の職員と、経理職(税理士事務所職員から見ると顧問先のスタッフさんになります)とは協力して1つの企業の会計業務を回しているのです。

このように見ると税理士事務所の職員の方が「上流の仕事」のように感じますが、必ずしもそう言うわけではありません。

経理職として働く人の中には、1つの企業の中で役員として経営者の一員になる人もいます。

税理士事務所では決算や税務に関する非常に濃い経験を積むことができますから、税理士事務所で実務経験を積んだ後に一般企業の経理職に転職する人も多いです(実は私もそうです)

まとめ

この記事では、税理士事務所の仕事内容について解説いたしました。

将来的に税理士を目指し、税理士事務所で未経験から働くことを目指している方はぜひ参考にしていただければと思います。

税理士事務所は未経験・資格なしでも正社員(監査担当者)として採用されることは普通にあります。

(というか、ほとんどの人が最初は未経験の資格なしで、税理士試験の勉強をしながら税理士事務所で働き始めます)

↓税理士事務所の求人はこちらのサイトで見つけることができますので、参考にしてみてください。

>>税理士事務所の求人を探す

司法書士 税理士 ダブル

税理士事務所の仕事内容

司法書士・税理士のダブルライセンスはおすすめ?他士業との仕事フィールド比較

2019/9/23  

司法書士や税理士を目指す人の中には、これらの資格をダブルライセンスで取得することを目指している人も多いでしょう。
この記事では、司法書士と税理士資格のダブルライセンスについて、実際に税理士事務所で10年間働いた私の経験から、取得のメリットデメリットや短期合格に直結する勉強方法などについて解説します。
これから税理士や司法書士を目指す方はぜひ参考にしてみてくださいね。

税理士事務所 仕事 楽しい

税理士事務所の仕事内容

税理士事務所の仕事は楽しい?つらい?経験者が語る魅力と苦痛

2019/9/21  

この記事では、税理士事務所の仕事の楽しいところ・つらいところについて、10年間で3社の税理士事務所に転職した経験から書いています。
税理士事務所の仕事は楽しいこと・やりがいのあることがたくさんありますが、もちろんつらいこと・苦しいこともたくさんあります。
これから税理士事務所に未経験から転職しようと考えているかたはぜひ参考にしてみてください。

税理士事務所,仕事,難しい

税理士事務所の仕事内容

税理士事務所の仕事は難しい?コミュニケーション力は必要?

2019/8/15  

税理士事務所の仕事は、会計や税法に関する難しい実務知識が要求されます。
もちろん、入社時点では実務知識なんてないのが当たり前ですから、最初は事務所内部で研修を受けたり、先輩の手伝いをしたりしながら仕事を覚えていくことになります。
今回は、税理士事務所の仕事は具体的にどういった点が難しいのか?や、一般企業の経理事務の仕事とはどう違うのかについて解説させていただきます。

税理士事務所 仕事 覚え方

税理士事務所の仕事内容

税理士事務所の仕事の覚え方!入社1年目の新入社員におすすめの方法をお教えします

2019/8/15  

税理士事務所に入社したての1年目の方の中には、「先輩が仕事の覚え方を教えてくれなくて困っている」という人も少なくないでしょう。
顧問先からの質問に「新人なんてわかりません」なんていえませんよね。
「今に取り返しのつかない失敗をしてしまうかも…」と不安を感じている方もいらっしゃるでしょう。
この記事では、税理士事務所の新入社員の方向けに「とっておきの仕事の覚え方」をお教えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

税理士事務所,仕事,きつい

税理士事務所の仕事内容

税理士事務所の仕事はきつい?労働時間や業務の難易度について

2019/8/15  

税理士事務所への転職を目指して情報収集している人の中には、「税理士事務所の仕事はきつい…」という話をよく見かける方も少なくないでしょう。
実際、税理士事務所の仕事というのは決して楽なものではありません。
業界的に離職率が高いのは事実ですし、繁忙期には残業も発生します。
しかし、会計や経理の世界でキャリアアップしていこうと考えている方にとって、税理士事務所で働いた経験は宝になることは間違いないでしょう。
今回は、税理士事務所の仕事をしていて、具体的にどういう場面できついと感じるのか?この仕事の魅力はどういった点なのか?といったことについて書かせていただきますね。

税理士事務所,仕事内容,年末調整

税理士事務所の仕事内容

税理士事務所の仕事内容③:年末調整業務ってどんなもの?

2019/8/15  

今回は、税理士事務所の仕事内容のうち「年末調整」の業務について解説します。
年末調整業務は12月~翌年1月にかけて行う仕事です。
顧問先企業の従業員さんの税金を計算する重要な仕事内容ですので、まだ未経験の方は業務の意味をイメージしながら理解しておいてください。

税理士事務所,仕事内容,決算

税理士事務所の仕事内容

税理士事務所の仕事内容②:決算業務や税務申告ではどんなことをする?

2019/8/15  

今回は、税理士事務所の仕事内容のうち「決算業務」について解説させていただきます。
決算業務とは、ごく簡単に言うと顧問先企業の1年間の会計の数字を確定し、税金額を計算して税務署に報告することを言います。
この決算業務で1つの顧問先の1年間の仕事内容ルーティンが1周することになります。
通常、税理士事務所の職員は1人で20件~30件程度の顧問先を担当しますから、年間20件~30件の決算業務を行うことになります。

税理士事務所,仕事内容,月次監査,巡回監査

税理士事務所の仕事内容

税理士事務所の仕事内容①:月次監査(巡回監査)とは?

2019/8/15  

今回は、税理士事務所の仕事内容の基本である「月次監査(巡回監査)」について説明させていただきます。
月次監査は税理士事務所の仕事内容として日常のルーティンに属することですから、簡単に言えばこれは毎日やる仕事です。
月次監査とはどういうものなのか?をぜひ具体的にイメージしながら読んでみてくださいね。

税理士事務所,仕事内容,1日

税理士事務所の仕事内容

税理士事務所の仕事内容:1日のスケジュール編

2019/8/15  

この記事では、税理士事務所への転職を目指す方向けに、1日の仕事のスケジュールがどのように進んでいくのか?について説明させていただきます。
税理士事務所の1日の仕事内容は、大きく分けて「①お客さんの事務所などにでかけていってやる仕事」と、「②自分の勤務先事務所でやる仕事」の2種類があります。

Copyright© 会計職のキャリア戦略 , 2019 All Rights Reserved.