経理の仕事はなくなる?AI・人工知能でより面白くなる経理の将来性

Sponsored Links
  • 人工知能(AI)の普及で経理の仕事はなくなる。
  • 会計ソフトが優秀になっているので経理の働き口は今後どんどん減っていく…。

↑こういう情報を目にして不安を感じている人は少なくないでしょう。

この記事では、税理士事務所や企業経理で10年以上働いているものとして、経理という仕事の将来性について考えてみました。

結論から言うと、

機械でもできるような簡単な経理処理しかできない人は仕事がなくなっていくけれど、経理の仕事そのものはなくならない

ということが言えると思います。

意外に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、経理という仕事には人間臭い部分(人間じゃないとできない仕事)もたくさんあるのです。

AI化は人間にとって決してネガティブなことばかりではありません。

むしろ、誰でもできるような単純作業は機械が代わりにやってくれるようになりますから、人間はもっとクリエイティブな仕事に集中できるようになるでしょう。

AIが普及すると経理の仕事はなくなる?

経理 仕事 なくなる

(AI:人工知能の普及は経理の将来にとってもポジティブに働く部分があります)

今後AIが発達する世の中になったとしても、一定範囲の経理業務は人間が行うことでは変わりません。

↓その理由は、経理には「単純作業」といえる作業と、その知識を活かした「企画的な業務」の2つがあるからです。

「経理の仕事」は2種類ある

    • 単純作業
      会計ソフト入力などの機械的な業務。こちらはAIでもできます。
    • 企画的な業務
      単純作業の結果として作成されたデータを、経営のさまざまな場面に活用する業務。これらは人間でないとできません。

数字を集計するだけの事務的な単純作業はAIにとって代わられる可能性が非常に高いでしょう。

実際、ひとむかし前では人間が電卓を叩きながらやっていた仕事は、ほとんどが会計ソフトが代わりにやるようになっています。

一方で、単純作業の結果として出てきたデータを使って、経営者に有益なデータを提供したり、金融機関との交渉を行ったりすることも経理の仕事です。

これらは人間が人間に対して行う業務ですので、AIや会計ソフトに頼ることはできません。

「AIの発達で経理の仕事はなくなる」と言われる場合の「経理の仕事」というのは、上の「1.単純作業」に限られるのです。

もちろん、今までは単純作業だけができるだけでも経理として食っていくことはできていましたが、これが難しくなってくるのも事実です。

単純作業ではない、より付加価値の高い仕事ができる経理人材が求められるようになってくるのは間違い無いでしょう。

「経理の仕事がなくなる」とよく言われる背景

近年、業界内では経理の仕事はいつかなくなってしまうのでは?と言われています。

なぜ経理の仕事がなくなってしまうと言われているかというと、会計ソフトに人工知能を導入することで飛躍的に会計ソフトの活躍の場が広がるからです。

今現在すでに会計ソフトによる自動化が進んでおり、これまでは取引の内容を人が確認して仕訳を行い、勘定科目を定めていたところを、会計ソフトでその取引を入力すると自動で仕訳して勘定科目ごとに集計し、損益計算書や貸借対照表を瞬時に作成できるようになっています。

経費精算も同様に、何をどこで買ったか、交通費をどのように使ったか等、その行動内容をソフトに入力するだけで、仕訳から個人の口座への振り込みまで自動で行うことができます。

また、銀行システムと連携することで掛け金の消込作業もある程度自動化することができるようになっています。

さらに、取引先や顧客のデータをマスタ化することで発注書・請求書等の書類も自動で作成できるので、特に経理の知識がなくてもパソコンの入力さえできれば、これまで経理が行ってきた単純作業を一般事務や派遣・パートアルバイトでもこなすことができるようになっています。

結論:経理の仕事はなくならないが、考える経理が必要になる

では本当に人工知能を導入すると経理という職種がいらなくなってしまうかというとそうではありません。

確かに、これまで経理が行ってきた単純な手作業が他の職種でも作業可能になることで、経理としての単純作業の量は減ることになるでしょう。

しかし、本当に経理の知識が必要となる仕事は減ることはなく、むしろ知識を活かした活躍ができるようになると思っています。

人の確認が必要

どれだけ優秀な人工知能を導入したとしても、必ず100%正確な答えを出せるかというとそういうわけではありません。

自動化には必ず「確認」が必要になるからです。

自動化という作業の前には必ず人の手が関わっています。

会計ソフトに取引を入力するのも人、マスタを設定するのも人、当然会計ソフトに入力する人がミスをすれば自動化される内容にも影響があるでしょう。

今回だけいつもと違う口座に入金してきたといったイレギュラーな取引も山ほど発生します。こうなると自動化しきれない部分はエラーとして残ってしまいます。

ミスやエラーを見つけ出す・訂正するのはやっぱり人の手でないとできないこと、そして知識と経験を持った「経理」だからできる仕事なのです。

経理にも「人」が感性で決めている部分がある

日々の損益を集計し、それを会社や関係者各所に報告することも経理の仕事の一つです。

なぜ今月はこれだけ利益や損失がでたのか、日常業務をこなしているからこそ気づく会社の動きを社内へ報告し、今後に繋げることで少なからず会社の経営に携わっています。

その後は経営企画としての業務になるかもしれませんが、今後の会社の経営計画の元となる指標を示すためにも「人」である経理が必要なのです。

また、経理があらゆる「交渉」をしなければならない会社もあるでしょう。

金融機関への融資交渉や各部署の予算確保など、駆け引きによって決まるようなものはやはり人でしかできないのです。

将来経理として生き残っていくためには

現在、請求書や発注書の発行、仕訳入力などの決まりきった手作業のみを行っているような経理は近々経理という肩書ではなくなるでしょう。

もっと言うとフルタイムの正社員がやるような業務ではないと個人的には思います。

経理の知識がないデータ入力を主業務とするパート・アルバイト・時短勤務者・派遣社員で十分だからです。

ではどうすれば今後も「経理」として活躍することができるのでしょうか。

AI化によって経理はもっと面白くダイナミックな仕事になっていく

AI化することによってこれまでなんとなく「経理」として括られていた業務が誰でもできるような業務は省かれ、より専門的な「経理」へと変化していきます。

これからの経理には目に見える会社の損益状態を報告する財務会計だけではなく、会社の経営を左右する意思決定のための素材を集める管理会計に携わる経理が求められるでしょう。

それこそ会社のトップに会社のこれからを進言する立場になるかもしれません。

そんな経理になるために必要なことは「分析」する力をつけることです。

なぜ今年度はこれだけ利益が出ているのか、年々損失が大きくなっていくのはなぜかなど会社の今ある状況を財務会計でまとめた数値から探り、情報を提供することが必要になります。

また、管理会計の知識を備えることももちろん、会社の進退を決めていく上でM&Aの知識や海外進出を見据え、海外の会計に関する知識が必要になる時も来るかもしれません。

数値を具体化したその先の話ができる経理が今後求められる経理の役割になるでしょう。

Sponsored Links



Sponsored Links

Copyright© 会計職のキャリア戦略 , 2020 All Rights Reserved.