会計事務所・経理に転職して働くには?

会計職のキャリア戦略

経理の仕事はなくなる?AI・人工知能でより面白くなる経理の将来性

  • 人工知能(AI)の普及で経理の仕事はなくなる。
  • 会計ソフトが優秀になっているので経理の働き口は今後どんどん減っていく…。

↑こういう情報を目にして不安を感じている人は少なくないでしょう。

この記事では、税理士事務所や企業経理で10年以上働いているものとして、経理という仕事の将来性について考えてみました。

結論から言うと、

機械でもできるような簡単な経理処理しかできない人は仕事がなくなっていくけれど、経理の仕事そのものはなくならない

ということが言えると思います。

意外に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、経理という仕事には人間臭い部分(人間じゃないとできない仕事)もたくさんあるのです。

AI化は人間にとって決してネガティブなことばかりではありません。

むしろ、誰でもできるような単純作業は機械が代わりにやってくれるようになりますから、人間はもっとクリエイティブな仕事に集中できるようになるでしょう。

AIが普及すると経理の仕事はなくなる?

経理 仕事 なくなる

(AI:人工知能の普及は経理の将来にとってもポジティブに働く部分があります)

今後AIが発達する世の中になったとしても、一定範囲の経理業務は人間が行うことでは変わりません。

↓その理由は、経理には「単純作業」といえる作業と、その知識を活かした「企画的な業務」の2つがあるからです。

「経理の仕事」は2種類ある

    • 単純作業
      会計ソフト入力などの機械的な業務。こちらはAIでもできます。
    • 企画的な業務
      単純作業の結果として作成されたデータを、経営のさまざまな場面に活用する業務。これらは人間でないとできません。

数字を集計するだけの事務的な単純作業はAIにとって代わられる可能性が非常に高いでしょう。

実際、ひとむかし前では人間が電卓を叩きながらやっていた仕事は、ほとんどが会計ソフトが代わりにやるようになっています。

一方で、単純作業の結果として出てきたデータを使って、経営者に有益なデータを提供したり、金融機関との交渉を行ったりすることも経理の仕事です。

これらは人間が人間に対して行う業務ですので、AIや会計ソフトに頼ることはできません。

「AIの発達で経理の仕事はなくなる」と言われる場合の「経理の仕事」というのは、上の「1.単純作業」に限られるのです。

もちろん、今までは単純作業だけができるだけでも経理として食っていくことはできていましたが、これが難しくなってくるのも事実です。

単純作業ではない、より付加価値の高い仕事ができる経理人材が求められるようになってくるのは間違い無いでしょう。

「経理の仕事がなくなる」とよく言われる背景

近年、業界内では経理の仕事はいつかなくなってしまうのでは?と言われています。

なぜ経理の仕事がなくなってしまうと言われているかというと、会計ソフトに人工知能を導入することで飛躍的に会計ソフトの活躍の場が広がるからです。

今現在すでに会計ソフトによる自動化が進んでおり、これまでは取引の内容を人が確認して仕訳を行い、勘定科目を定めていたところを、会計ソフトでその取引を入力すると自動で仕訳して勘定科目ごとに集計し、損益計算書や貸借対照表を瞬時に作成できるようになっています。

経費精算も同様に、何をどこで買ったか、交通費をどのように使ったか等、その行動内容をソフトに入力するだけで、仕訳から個人の口座への振り込みまで自動で行うことができます。

また、銀行システムと連携することで掛け金の消込作業もある程度自動化することができるようになっています。

さらに、取引先や顧客のデータをマスタ化することで発注書・請求書等の書類も自動で作成できるので、特に経理の知識がなくてもパソコンの入力さえできれば、これまで経理が行ってきた単純作業を一般事務や派遣・パートアルバイトでもこなすことができるようになっています。

結論:経理の仕事はなくならないが、考える経理が必要になる

では本当に人工知能を導入すると経理という職種がいらなくなってしまうかというとそうではありません。

確かに、これまで経理が行ってきた単純な手作業が他の職種でも作業可能になることで、経理としての単純作業の量は減ることになるでしょう。

しかし、本当に経理の知識が必要となる仕事は減ることはなく、むしろ知識を活かした活躍ができるようになると思っています。

人の確認が必要

どれだけ優秀な人工知能を導入したとしても、必ず100%正確な答えを出せるかというとそういうわけではありません。

自動化には必ず「確認」が必要になるからです。

自動化という作業の前には必ず人の手が関わっています。

会計ソフトに取引を入力するのも人、マスタを設定するのも人、当然会計ソフトに入力する人がミスをすれば自動化される内容にも影響があるでしょう。

今回だけいつもと違う口座に入金してきたといったイレギュラーな取引も山ほど発生します。こうなると自動化しきれない部分はエラーとして残ってしまいます。

ミスやエラーを見つけ出す・訂正するのはやっぱり人の手でないとできないこと、そして知識と経験を持った「経理」だからできる仕事なのです。

経理にも「人」が感性で決めている部分がある

日々の損益を集計し、それを会社や関係者各所に報告することも経理の仕事の一つです。

なぜ今月はこれだけ利益や損失がでたのか、日常業務をこなしているからこそ気づく会社の動きを社内へ報告し、今後に繋げることで少なからず会社の経営に携わっています。

その後は経営企画としての業務になるかもしれませんが、今後の会社の経営計画の元となる指標を示すためにも「人」である経理が必要なのです。

また、経理があらゆる「交渉」をしなければならない会社もあるでしょう。

金融機関への融資交渉や各部署の予算確保など、駆け引きによって決まるようなものはやはり人でしかできないのです。

将来経理として生き残っていくためには

現在、請求書や発注書の発行、仕訳入力などの決まりきった手作業のみを行っているような経理は近々経理という肩書ではなくなるでしょう。

もっと言うとフルタイムの正社員がやるような業務ではないと個人的には思います。

経理の知識がないデータ入力を主業務とするパート・アルバイト・時短勤務者・派遣社員で十分だからです。

ではどうすれば今後も「経理」として活躍することができるのでしょうか。

AI化によって経理はもっと面白くダイナミックな仕事になっていく

AI化することによってこれまでなんとなく「経理」として括られていた業務が誰でもできるような業務は省かれ、より専門的な「経理」へと変化していきます。

これからの経理には目に見える会社の損益状態を報告する財務会計だけではなく、会社の経営を左右する意思決定のための素材を集める管理会計に携わる経理が求められるでしょう。

それこそ会社のトップに会社のこれからを進言する立場になるかもしれません。

そんな経理になるために必要なことは「分析」する力をつけることです。

なぜ今年度はこれだけ利益が出ているのか、年々損失が大きくなっていくのはなぜかなど会社の今ある状況を財務会計でまとめた数値から探り、情報を提供することが必要になります。

また、管理会計の知識を備えることももちろん、会社の進退を決めていく上でM&Aの知識や海外進出を見据え、海外の会計に関する知識が必要になる時も来るかもしれません。

数値を具体化したその先の話ができる経理が今後求められる経理の役割になるでしょう。

最後に!

今すぐ転職する気はないという人も、

転職サイトへの登録はやっておきましょう。

今の仕事のストレスや疲労が限界までたまってくると、

転職サイトに登録するというかんたんな作業すらやる気がなくなるからです。

気になった求人をストックしておくだけでも、

いざとなったら転職すればいいという選択肢ができますから、

過労で倒れてしまうより前に、転職という次の手段が打てます。

管理人

転職サイトは登録無料です。

転職サイトに登録しておくと、あなたの年収条件に合う最新求人や、

採用される可能性の高いおすすめ求人がメールで届きます。

今すぐ転職はできない方も登録しておきましょう。

経理への転職におすすめの転職サイトはこちらです。

経理志望者におすすめのサイト

  • MSジャパン
    経理財務職の求人を専門で扱う転職サイトです。
    未経験・資格なしで挑戦できる求人(年収400万円〜)が豊富にあります。これから会計職を目指してキャリアスタートの方におすすめ。
  • ジャスネットキャリア
    経理実務の経験者(3年以上)向けの求人が豊富なサイト。
    上場大手企業の経理職(年収600万円〜)など、会計分野のハイキャリア向け求人が多数登録されています。
  • リクルートエージェント
    業界最大手の転職サイトです。必ずしも会計関連の求人に限らず、さまざまな業種の求人が登録されています。
    まだ希望職種が決まっていなくていろんな選択肢を検討したいという方は、ここを使いましょう。

転職サイト・転職エージェントについてのよくある質問と回答

転職サイト・転職エージェントについて、よくある質問と回答をまとめました。

参考にしてみてください。

(↓質問をクリックで回答を開きます)

▼転職サイトと転職エージェントは何が違うの?

転職サイトというのは、人材採用を行いたい企業が、

「こういう人がほしい!」というかたちで求人を出しているサイトのことです。

世の中にはどんな仕事があるのかな?という情報リサーチに使ってもいいですし、

実際に転職活動中の人は、良さげな求人があれば転職サイト内で求人に応募してもOKです。

転職サイトに登録されている求人に実際に応募すると、

転職エージェントという人たちから連絡がきます。

転職エージェントは企業側とあなたの間に入って、面接日程の調整や年収の交渉などを代わりにやってくれます。

転職エージェントにお金を払うのは企業側なので、私たち求職者側は完全無料で使うことができますよ。

>>転職サイトを見てみる

▼よく聞く「非公開求人」って何?

転職サイトでは、現在募集されている最新の求人をみることができますが、

サイト内にはだれでも見られる「公開求人」と、

無料登録しないと見られない「非公開求人」があります。

条件の良い求人のほとんどは非公開求人ですので、転職サイトを使うなら無料登録をしておきましょう(なお、登録をしても応募する義務はありません)

また、転職サイトに希望の年収や福利厚生の条件を転職サイトに登録しておくと、

条件にマッチした最新の求人情報が自動配信メールで送られてきます。

こうしたメールを見て、よさそうなものをストックしておくようにしてください。

これだけで、業界の給料相場などが自然に頭に入ってくるようになります。

必然的に、優良なホワイト求人に出会える可能性も高くなりますよ。

>>転職サイトを見てみる

▼転職エージェントって何者?怪しい人たち?

転職エージェントというのは、働きたい人と、人材を採用したい企業との間に入って、

求人紹介を行うことを仕事にしている人たちのことです。

企業側から「こういう人を探してきて欲しい」という依頼を受けて、

人材の紹介を行うのがエージェントの仕事です。

転職エージェントに対してお金を払うのは、企業側だけです。

働きたい人、仕事を探している人に対して、

エージェントがお金を請求してくるようなことはいっさいありません。

転職エージェントは転職活動のサポートをしてくれる「伴走者」のような存在ですので、

これから転職活動を始める方はぜひ活用するようにしましょう。

>>転職サイトを見てみる

▼転職活動って何から始めたらいいの?

まずは、世の中にはどんな求人があるのか?を見るところから始めると良いでしょう。

まじめな人ほど「自分を欲しがる会社なんてないよな…」なんて考えている人が多いのですが、

実際には、世の中にはありとあらゆる仕事が募集されていますよ。

具体的には、転職サイトをのぞいてみてください。

本当にありとあらゆる仕事があるので、「自分にはこういう選択肢があるんだ」と気付けるだけでも収穫があると思います。

なお、会計事務所や経理への転職を目指す人は、会計職専門の転職サイトを使うようにしましょう。

▼会計職につきたい人はどんな転職サイトを使えばいいの?

世の中にはいろんな転職サイトがありますが、転職サイトには大きく分けて以下の2種類があります。

  • 一般向けの転職サイト
    業界や業種を問わず、とにかくたくさんの求人があるサイト。
    テレビCMなどで宣伝されている転職サイトはこちら。
    求人数が多いのがメリットだが、求人ひとつひとつの条件はあまり良くないのがデメリット。
    代表例はリクルートエージェント。
  • 専門職向けの転職サイト
    薬剤師専門、介護士専門、会計職専門というように、特定の業種や業界の求人だけを扱っている転職サイト。
    一般向けの転職サイトに比べると求人数が少ないが、扱っている求人の質は非常に高い。
    会計職専門サイトの代表例はMSジャパン。

「まだどんな職種に転職するか決まっていない」という段階の人は、一般向けの転職サイトを使って幅広い選択肢を検討してみるのが良いでしょう。

一方で、「税理士になるために会計事務所に転職したい」「会計人としてのキャリアを目指して、企業経理に転職したい」というように、

すでに目指す職種や業界が明確に決まっている人は、専門職向けの転職サイトを使って条件の良い求人を探すのが良いですね。

▼転職サイトは本当に無料?なぜ無料?

転職エージェントは、最初から最後まで完全無料で使えます。

私はこれまで10社以上の転職エージェントを使ってきましたが、

料金を1円でも請求されたことは一回もありません。

なぜかというと、転職エージェントにお金を払っているのは、

採用活動を行っている企業側だからです。

企業側にとっても、人材を探してくるというのはとても大変な作業です。

説明会を開いたり、求人チラシ広告を出したり…とめんどうなことをやらないといけません。

転職エージェントは、企業から依頼を受けてこうした作業を代わりにやっている会社です。

企業側が人材の採用まで到ることができたら、

良い人を探してきてくれてありがとう」ということで、

企業側から転職エージェントに対して紹介手数料が支払われるというわけですね。

採用活動を行う企業→転職エージェント

というかたちですでにお金が払われていますので、

あなた(求職者)に対して料金が発生することは、最初から最後までないのです。

>>転職サイトを見てみる

▼転職エージェントからしつこい勧誘がきたりしない?

基本的に、あなたの側から連絡しない限り、

エージェントから直接連絡がくることはありません。

エージェントも仕事で求人紹介をやっていますので、

転職活動をまだ本腰を入れてスタートしていないタイミングの人に対して連絡をとっても、

時間的なロスが大きいというのがホンネです。

そのため、基本的には求職者(あなた)の側から「この求人に応募したい」というコンタクトを取らない限り、

エージェントの側から直接連絡がくることはないでしょう。

なお、転職サイトに無料登録して、希望の年収条件などを入力しておくと、

その条件に合った最新の求人情報が自動配信メールで送ってもらえるようになります。

こうした情報をストック(保管)しておくだけでも、

業界の平均年収や、福利厚生条件についての「相場感」のようなものがわかってくると思います。

実際に転職活動のアクションを起こす前に、こうした相場感を持っておくことが優良求人を見分けるコツになります。

>>転職サイトを見てみる

▼まだ転職するか決めてなくても転職サイトは使える?

はい。転職サイトは「まだ今の仕事を辞めるかどうか迷っている」という段階の人でも使うことができます。

むしろ、そういった人ほど情報収集は大切ですから、転職サイトに登録していろんな求人を見てみることをおすすめします。

転職サイトに登録しても、いきなりエージェントから連絡が来るようなことはありませんので、

安心して使うことができますよ。

転職サイト内で「この求人がよさそう」というものが見つかったら、

エージェントに紹介依頼を出しましょう。

エージェントとの面談→面接日程の調整→企業側との面接→内定→入社

というように、転職活動のステップが進んでいきます。

>>転職サイトを見てみる

▼転職サイトに登録すると、今の会社に知られることはない?

これはまずないです。

あったらいわゆる「顧客情報の流出」ということで新聞ニュースになってしまうやつですね。

転職エージェントがあなたの意思に反して勝手に動くことはありません。

転職活動が実際に動き出すのは、あなたがサイト内で面談希望を出した後のことです。

また、面談でもまわりから見えない個別ブースに案内されるなど、プライバシーには配慮してくれますよ。

エージェントと面談中に自分の会社の人にばったり出くわす、というようなことはまずありません。

>>転職サイトを見てみる

▼転職エージェントとの面談って何をするの?

転職サイト内で良さそうな求人が見つかったら、サイト内で応募を行いましょう。

エージェントから連絡がきて、まずはエージェントとの面談を行う流れになります。

エージェントとの面談は、15分〜30分ぐらいで終わる簡単なものです。

希望する転職の条件(年収や職種など)や、退職時期などについてのヒアリングがあります。

その上で、「それにあった求人ならこれです」という感じで具体的な候補を出してくれます。

もちろん、面談したからといって転職しないといけないわけではないです。

良さそうなのがなければ「持ち帰って検討します」と伝えればOKですよ。

エージェント側もその辺は心得ているので、しつこく勧誘してくるようなことはないです。

なお、まだ転職するかどうか迷っている段階なら、

正直に「今の会社を辞めるかどうかで迷ってます」と伝えてもいいと思います。

この場合も、「もし転職するならこういう求人がある」ということを教えてもらえます。

「今の仕事がだめになっても、別の選択肢がある」ということがわかるだけでも収穫があると思いますよ。

>>転職サイトを見てみる

▼情報収集のために、転職サイト内の求人をみるだけでもいい?

これは特に問題ないです。

転職サイトは業界の情報収集のために使うのにとても便利です。

「いざ転職に向けて具体的に動き出す」というタイミングがきたら、サイト内で求人応募を行いましょう。

エージェントから直接連絡がきて、面談→面接の流れになります。

転職サイト内で求人を見てるだけなら、エージェントから連絡が来ることはありません。

>>転職サイトを見てみる




Sponsored Links

Copyright© 会計職のキャリア戦略 , 2020 All Rights Reserved.