Sponsored Links

経理は大変な業界に転職すると地獄。未経験者にもおすすめな業界は?

2022年4月15日

経理 大変な業界

(経理で「大変な業界」ってどこ?)

  • 経理で「大変な業界」ってどこ?
  • 業種業界によってキャリアプランは違う?
  • メーカー経理は勉強漬けで苦戦するって本当?

経理の仕事は業界によって仕事内容がかなり違います。

例えばメーカー企業では、

製品を作るのにどのぐらいのコストがかかっているのか?

がとても重要視されます。

工業簿記で勉強する原価計算の考え方を実務でも使うことになります。

転職経験者

逆に、卸売業などでは製造原価を管理するという考え方はなかったりしますね。

また、海外とのやりとりがある輸出関連企業などでは、

海外の会計基準の知識が必要になることがあります。

これから未経験で経理の仕事の仕事に転職する人は、

どの業界で経理実務をスタートするか?はとても大切ですよ。

あなたの経理としてのキャリアがどうなるか?

高年収な経理になれるか?が決まるからです。

以下では、実際に私が経験した業界ごとに、

経理にどのような特徴があるのかをご紹介します。

参考にしてみて下さいね。

この記事を書いた人

新卒で日系大企業に就職し経理部に配属。
その後経理職として日系企業2社、外資企業2社を経験しました。
現在は外資のFP&A(管理会計)マネージャーとして勤務してます。

経理で大変な業界って例えばどこ?(個人的体験談)

経理 大変な業界

(経理で大変な業界は?筆者が実際に働いた業種業界の体験談を紹介)

私が過去に実際に働いた業界について、

経理の仕事内容がどんな感じだったか?を紹介します。

転職経験者

1. 小売業(販売業)

小売業とは商品を仕入れて消費者に販売するという業種です。

スーパーやコンビニ、家電販売店などをイメージすると分かりやすいでしょう。

一般的に小売業の店は土日祝日も営業していて、平日休みというお店(会社)が多いです。

特にシステム化されていない街のスーパーや小さいお店などは、経理の仕事として毎日の売上帳簿をつけたり、現金管理をする必要があります。

実際、規模は小さくないですが衣料品の販売を行う百貨店での経理でも、土日に稼働している会社がありました。

このように土日祝日に必ず休めるとは限らず、基本的にはお店の営業日に沿って仕事をすることになります。

土日祝日に必ず休みたいという人は、小売業は避けたほうが良いでしょう。

ただ小売業の経理や会計は、仕入や売上、

在庫など一般的にイメージがしやすい処理が多く経理の基礎をしっかりと学べます。

>>小売業(販売業)の経理求人で年収を見てみる

2. 製造業(メーカー)

小売業と大別される業種に、製造業(メーカー)があります。

鉄やガラス、繊維などの素材から最終的な販売商品である機械、電化製品や食品など、さまざまなものの製造を行う業種です。

一般的には、「工場」といわれる場所での仕事が中心となります。

工場は会社規模や従業員人数にかかわらず、土日が休みで稼働時間も定時内だけであることが一般的です。

経理も同様に土日休みで残業時間も少なく、勤務について安定した環境を求める人にはおすすめの業界です。

ただし製造業の経理は、「原価計算」などの他の業界にはない仕事があります。

他の業界からの転職で製造業の経理に行くと、この原価計算に面食らう人もいます。

新たに覚えることが多いという点では、製造業の経理も大変な業界といえます。

>>製造業(メーカー)の経理求人で年収を見てみる

3. 金融業

金融業は、銀行や証券会社などの資産を取り扱ったり、その資産に関わるサービスを提供する業界です。

金融業は基本的に土日は休みであるため、経理の稼働も同様に土日は休みになります。

金融業は会社の規模によって忙しさや大変さは違いますが、地方の信用金庫などは業務量も少なめで、比較的恵まれている環境といえます。

また金融業は福利厚生の面もしっかりしており、経理への就職や転職を考えているのであれば候補のひとつになるでしょう。

反面、金融業はそのイメージのとおり数字に関するミスには非常に厳しい業界です。

ミスが起きると即信用問題につながるため、絶対にミスを発生させてはいけないという意識が大切で、その意味では経理としても大変な業界です。

>>金融業の経理求人で年収を見てみる

4. サービス業

また、上記のいずれにも分類されない業界としてサービス業があります。

旅行会社やホテル、IT企業など目に見えないサービスを提供する企業はもちろん、家具や車のレンタル業など実に幅広い企業がサービス業に含まれます。

それだけ幅広い企業を指すため、一概にサービス業だからといって経理が大変かどうかは言えませんが、目安はあります。

それは、BtoC企業のほうがBtoB企業よりも大変な業界であるということです。

BtoB企業は、販売先やサービス提供先が決まっていることも多く、経理としては精神的に楽な業界です。

一方でBtoCの企業は一般消費者向けのため、売上管理が非常に大変であったり、環境面でも土日に稼働する確率も高くなります。

経理として大変な業界を避けたいのであれば、BtoBの企業であるかどうかを一つの指標としましょう。

>>サービス業の経理求人で年収を見てみる

経理の忙しさは企業規模でも変わる

業界別に経理の大変さを見てきましたが、やはり企業規模も経理の大変さに関わってきます。

特に上場企業の経理は、通常の経理業務に加えて開示や税務申告、資金繰りなど業務範囲が広く、専門性も求められます。

単純に仕訳処理も多く、四半期決算の影響などもあり常に経理は多忙になります。

一方中小企業であれば、そこまで厳密な会計処理や業務を求められるわけではありません。

経理だけに限っていえば、業種にかかわらず決算期以外は基本的に定時で帰れるような企業を多く見てきました。

中小企業であれば決算までの業務も一通り経験できる確率も高いため、経理としては選択肢のひとつになるでしょう。

【危険】未経験で経理に転職するならブラック企業に気をつけろ…!

(経理に未経験で転職するなら「ブラック企業」にまちがえて応募しないよう注意)

これから未経験で経理への転職を目指す人は、

就活で応募先候補にする企業をまちがえないように注意してください。

経理って所属する会社によって働き方がぜんぜん違う仕事です。

入社する会社をまちがえてしまうと、

ブラックで激務な働き方になってしまう可能性があるんです。

特に未経験者は搾取されやすいので注意して下さい。

ブラック企業の求人を、

最初から応募先の候補に入れないことがたいせつですよ。

管理人

ブラック企業にまちがえて応募しないようにするには、

どこで経理の求人を見つけるか?

の情報リサーチがとても大切になります。

(まちがえてもハローワークとかは使わないようにしましょう)

人間関係がよく給料も高いホワイト企業に就職したい人は、

↓以下のような経理専門の転職サイトで求人を探すのが安全です。

経理の求人だけを専門であつかうサイトなので、

条件の良いホワイト企業の経理求人が大量に見つかりますよ。

SYNCA(シンカ)

管理部門のキャリアアップ転職SYNCA【SYNCA(シンカ)】*3段階成果

経理職専門の転職サイト(経理経験者は優遇!)

SYNCA(シンカ)は経理専門の転職サイトです。
上場大手企業の経理〜ベンチャー経理まで、経理求人が充実しています。
未経験OKで年収400万円〜の求人や、
実務経験者むけ年収600万円〜のワークライフバランス求人、
管理職リーダー候補の求人など、好条件な経理求人がたくさん見つかりますよ。

(未経験者むけの経理求人例)

(経験者むけの経理求人例)

↑まずは無料アカウントを作って

いろんな経理求人を見てみることからスタートしましょう。

なにごともしっかり情報収集することから始めるのが大切です。

※↓メールアドレスはこちらで無料取得できます。

グーグルのGmailまたはYahooメール

今すぐ転職する気がない人も、

転職サイトへの無料登録は早めにやっといた方が良いです。

ストレスや疲労が限界になると、

転職サイトに登録する気力すらなくなります。

管理人

転職サイトで年収や勤務地などの条件を入力しておくと、

マッチする求人が出るたびに自動でメール通知してもらえます。

気になる求人を見つけたら情報としてストックしておきましょう。

これをやっておくと、

どうしても今の状態がつらくなったら転職もあるという選択肢を持てます。

過労やストレスで倒れる前に早めの手を打つことができるんですね。

転職サイトは完全無料で使えます。

いつでも利用やめられますし、

変な電話連絡もないのでリスクはゼロですよ。

情報リサーチに活用しましょう。

管理人

>>経理専門の転職サイトで未経験OKの求人を見てみる

経理求人は「経理専門の転職サイト」で探すべき理由

(転職サイトは「未経験の経理求人に強いサイト」を使わないといけません)

 

転職サイトっていろんなところがありますが、

どのサイトを使って仕事探すか?はとても重要です。

経理や人事など、企業の管理部門求人って、

専門転職サイトの方が条件の良い求人を見つけやすいんです。

管理人

経理の仕事を探すなら、

必ず経理専門の転職サイトを使いましょう。

リクナビなどの一般的な転職サイトより

年収などの条件が良い求人がたくさん登録されています。

↓例えば、以下のようなホワイト経理求人を見つけることができますよ。

  • 誰もが名前を知る業界トップ企業の経理未経験者むけ求人
  • 初年度から年収400万円〜のホワイト企業求人
  • 在宅リモートワークOKのワークライフバランス求人
  • 東証一部上場大手企業の経理求人(未経験むけ)
  • ベンチャー企業の経理求人(年収420万円〜)

(未経験者むけ経理求人の例)

(未経験者むけ経理求人の例)

(未経験者むけ経理求人の例)

(未経験者むけ経理求人の例)

>>未経験OK!現在募集中の経理求人を見てみる

転職サイトでホワイトな求人を見つけるコツ

(転職サイトでホワイトな経理求人を見つけるのにはコツがあります)

転職サイトでホワイトな経理求人を見つけるコツは、

無料アカウント開設時に希望条件の入力をしっかりやっておくことです。

(年収や勤務地、企業規模や業種業界など)

これをやっておくと、

自分の条件にマッチする求人だけにしぼりこんで通知してもらえるんですね。

ライバルと差がつくのってこういうところだったりします。

未経験OKのホワイト経理求人って人気ですからライバルもいます。

情報収集では絶対に負けないようにしておきましょう。

経理求人専門の転職サイトを使って、

リサーチ力でライバルに差をつけてください。

管理人

最後の最後にお伝えしたいこと

転職にしても仕事にしても、

成功する人って結局はこれなんですよね。

管理人

(個人的に衝撃を受けた本です)

 

転職活動を成功させるためもっとも重要なのは情報リサーチです。

経理の仕事目指すなら経理職専門の転職サイトを活用しましょう。

転職サイトへの登録って3分でできる作業です。

無料ですしいつでも解除できるのでリスクなんて何もありません。

変な連絡が来るようなこともありませんしね。

それでも、こういうかんたんな作業ですら

↓以下の2種類の人に分かれます。

管理人

  1. とりあえず今すぐやっておく人
  2. いつまでたっても何かと理由をつけてやらない人

これは転職活動だろうが仕事だろうが同じです。

(あなたのまわりにも2. みたいな人いませんか?)

ほんのちょっとの行動の差ですが、

理想の働き方に近づける人と、

いつまでたっても職場の文句ばかり言っている人とで違いが生じるのはこういうところなんですね。

↓今から1年後に、あなたはこのどちらになっていたいでしょうか。

  • 劣悪な雇用環境で給料も安く、
    雑用ばかりさせられる職場で年齢だけを重ねていく…。
  • やりがいがあり、給料の高い仕事で人間関係も良好。
    ワークライフバランス型の職場でプライベートも充実。

↑もちろん後者を目指しましょう。

>>今すぐ行動を起こす

管理人

© 2022 会計職のキャリア戦略