会計事務所・経理に転職して働くには?

会計職のキャリア戦略

税理士事務所の仕事に向いている人はどんな人?

税理士事務所 未経験 資格なし

(税理士事務所の仕事に向いている人とは?)

税理士事務所の仕事に向いている人とは、どんな性格の人でしょうか。

会計や税務の仕事というと、「計算が得意で、細かい作業が得意なタイプ」というイメージをもたれるかもしれませんね。

もちろん、そういう側面は確実にあります。

会計や税務の仕事は非常に緻密(ちみつ)な仕事ですから、計算が得意で一つ一つの仕事をきっちりやっていくタイプの人は仕事を早く覚えられると思います。

勉強が苦にならないタイプの人に向いている仕事

また、会計や税法のルールはほぼ毎年変わっていきますので、日常的な勉強がとても重要な仕事でもあります。

すでに税理士資格を持っている有資格者であっても、毎年変わる税法のルールに対応するために勉強しながら仕事をしているというのが、この業界で働く人の普通の姿です。

税理士事務所で働くなら、細かい計算が苦にならないこと、勉強が苦にならない人であることは必須の適性と言えるでしょう。

↓※あなたは税理士事務所向き?こちらのWEBテストはぜひ受けておきましょう(無料で受けられます)

>>リクナビNEXTの無料適職診断

税理士事務所の仕事はコミュニケーション能力も必要

一方で、税理士事務所の仕事はコミュニケーション能力もかなり重要です。

というのも、税理士事務所の仕事は、顧問先の経営者に対していろいろとアドバイスをする仕事だからです。

ほぼ毎日外部の取引先を訪問して、その会社の経営者と経理スタッフさんとやりとりをするのが業務内容になります。

仕事の雰囲気的には「ルート営業」のような感じと思っておくと良いかもしれません(もちろん、新規開拓はやる必要はありませんが)

なので、人とのコミュニケーションが苦手…というタイプの人は税理士事務所の仕事はつらくなってくるかもしれませんね。

もちろん、社会人として普通のコミュニケーションができる人なら問題はありません。

税理士事務所の採用では営業マンの経験のある人などは好まれるのですが、それにはこのような背景があるのです。




Sponsored Links

Copyright© 会計職のキャリア戦略 , 2020 All Rights Reserved.