税理士事務所の仕事内容

税理士事務所の仕事は難しい?コミュニケーション力は必要?

更新日:

税理士事務所の仕事は、会計や税法に関する難しい実務知識が要求されます。

もちろん、入社時点では実務知識なんてないのが当たり前ですから、最初は事務所内部で研修を受けたり、先輩の手伝いをしたりしながら仕事を覚えていくことになります。

今回は、税理士事務所の仕事は具体的にどういった点が難しいのか?について解説させていただきます。

税理士事務所の仕事は難しい?

税理士事務所,仕事,難しい

税理士事務所の仕事とは、一言でいうと「お客さん企業の経理の代行」です。

税理士事務所のお客さんというのは中小企業(社員数人~100人ぐらいの企業)であることがほとんどなのですが、中小企業では経理作業を自社内で完璧にはできないというのが現状です。

なので、税理士事務所と顧問契約を結んで支援を受けながら会計や税務についての処理をしている企業がほとんどなのです(会計や税務は日本国内のすべての企業がやらないといけない仕事です)

大企業であれば高額のお給料を払って税務申告まで完結できる経理スタッフを雇いますが、中小企業の場合はそれをやるより税理士事務所に外注したほうが安上がりというわけですね。

お客さんとしては、できる限り経理や税務についての処理をお任せできないとわざわざ顧問契約を結ぶ意味がありませんから、税理士事務所の仕事は経理や税務についての難しい実務知識が求められることになります。

>>実際の税理士事務所の求人を見てみる

お客さんから「先生」扱いをされる難しさ

それに加えて、お客さんの企業からすると税理士事務所の職員は「先生」としてみられます(あなたの年齢や経験年数は関係ありません)

だれでもわかるような簡単な問題について「わからないのでちょっと事務所に帰って調べてみます」といった対応をしてしまったり、単純な計算ミスなどが続いてしまったりすると信頼関係を大きく損ねてしまいます。

最悪の場合にはお客さん企業の経営者から「この人はうちの担当から変えてほしい」といったように求められるケースはあります(私も経験があります…)

最初のうちは「先生なんて呼ばれるほど実力なんてないのに…」と苦しむこともあるかと思いますが、こればかりはときどき恥をかきながらも仕事を覚えていくほかありません。

どの程度のレベルで税理士事務所に就職できる?

これから税理士事務所への転職を目指す人の中には、まだ務は未経験で資格(科目合格)もなし…という方もいらっしゃるでしょう。

上で説明させていただいたようにお客さんからは「先生」扱いされますから、こんな状況で入社しても大丈夫かな…と不安な方もおられるのではないでしょうか(私もそうでした)

ただ、結論から言うと問題はありません。

税理士事務所は未経験の資格なしの人(第二新卒の人など)も積極的に採用を行っていますし、仕事については税理士試験の勉強をしながら実務を覚えていけばすぐに慣れることができるでしょう。

※税理士試験を目指す地頭の良さがある人なら、実務上理解できないような問題は生じることはあまりないと思います。

>>実務未経験者におすすめの転職サイト

税理士事務所は基本的に同じ仕事の繰り返し

税理士事務所は基本的に毎年同じスケジュールで仕事をしていますし、会計処理の仕方は基本的に「過去と同じやり方で行う」のが会計のルールです(継続性の原則)

なので、自分が担当する顧問先について2回か3回決算を組めば(つまり働き始めて3年目ぐらいには)だいたいのことは理解できる状態になっていると思います。

責任感の強い人ほど仕事を始めて最初のうちは理想と現実のギャップに悩むものですが、ひとつひとつ確実に仕事の意味を覚えていけばちゃんと仕事はできるようになります。

コミュニケーション能力がないと難しい?

税理士事務所の職員が毎日やり取りする相手は、顧問先企業の経営者や経理スタッフさんです(自分が所属する税理士事務所の外部で仕事をすることが多いです)

会計や税務の仕事というと、オフィスにこもって電卓をたたいているイメージがあるかもしれませんが、税理士事務所職員の場合には必ずしもそうではありません。

日中は基本的に月次監査で得意先を訪問していることが多いですし、年次決算の作業も顧問先の経理スタッフさんと連携しながらやっていく必要があります(顧問先の規模が大きくなるほど、協力してもらう必要があります)

顧問先企業の経営者に対して節税対策や資金繰りのアドバイスを行うことも求められますから、ある程度のコミュニケーション能力がないと難しいというのが実際のところでしょう。

ただし、営業マンのように自分でお客さんをみつけて商品を売ってくるというようなことはする必要がありませんから、社会人として普通にコミュニケーションができる人であればそんなに問題はありません。

>>税理士事務所の年収を見てみる

税理士事務所内部の人間関係は難しい?

事務所内部の人間関係については実はそれほど悩むことはないと思います(基本的に一匹オオカミで仕事をすることになります)

もちろん、入社してすぐのころは事務所内部で研修を受けたり、先輩の手伝いをすることが多いですから、この時期には事務所内部での人間関係も大切です。

ただ、一人前に仕事ができるようになると仕事は自己完結なことが多いですし、みんな外出していて職員同士で顔を合わせるのが少ないんですよね。

税理士事務所はそもそも従業員数人~10人程度の小さな組織ですから、社内の人間関係にはそれほど悩むことはないと思います(自分のボスである所長税理士から嫌われなければなんとかなったりする)

簿記がないと税理士事務所の仕事は難しい?

これもよく質問をいただく件ですが、簿記については日商簿記2級の商業簿記程度の知識があれば税理士事務所の仕事にはとりあえず対応できます。

ただ、簿記では税務についてはほとんど勉強しないと思いますので、経理初心者向けの実務用テキストを買ってきて勉強するか、FP3級のタックスプランニングあたりから勉強してみると良いでしょう(所得税・消費税・法人税の3つが重要です)

いきなり難しい実務書などを買ってきても挫折する可能性が高いので、できるだけ内容的にやさしいものから始めてみましょう。

↓ ※通勤時間を利用して勉強するならこちらがおすすめ。

>>FP3級の通勤講座

税理士試験と仕事の両立は難しい?

税理士事務所の仕事をしながら税理士試験を目指すのは難しいですか?という質問も多いです。

これについてはお答えは1つ。

「実際に税理士試験に5科目合格している人のほとんどが、税理士事務所で仕事をしながら合格している」ということです。

「実際に達成している人がたくさんいる」という事実を前にしたとき、「じゃあ自分にもできるか?」についてどう考えるかは人それぞれだと思います。

私自身もあと法人税1科目なのですが、私のまわりには20代前半でも仕事をしながら5科目合格を達成している人はたくさんいます。

むしろ若い人ほど税理士試験は合格しやすい(暗記が重要な試験なので)ですから、始めるなら早いほうが良いですね。

また、税理士事務所の仕事は税理士試験の内容ととてもリンクしていますから、勉強した内容が実務ででてきたり、逆に実務で調べたことがそのまま試験問題になっていたりということがよくあります。

こうした点でも働きながら税理士試験の勉強を続ける方には税理士事務所勤務はおすすめです。

無料で使える!税理士事務所専門の転職エージェントを活用しよう

税理士事務所 転職エージェント

(良い環境の税理士事務所に転職するなら、無料で使える転職エージェントを活用しましょう)

転職活動というのは、やることが多くてなかなか大変です。

転職活動はやることが多い

  • 最新の求人情報のチェック
  • どんな税理士事務所に応募するか?のリサーチと検討
  • 履歴書や職歴書の作成
  • 事務所との面接日程の調整
  • 面接対策

↑こういったことを、スケジュールを調整しながら順序よくやっていかなくてはいけません。

税理士事務所というのは小さな組織が多いです。

所長税理士自身が採用活動を行なっているケースも少なくありません。

忙しい所長税理士とスケジュールを合わせながら面接などをこなしていくことになりますので、場合によってはかなりタイトなスケジュールになることもあるでしょう。

特に、在職中の方(現在別の仕事をしている人)は大変です。

普段の仕事が終わった後に転職活動をやっていかないといけませんから、クタクタでなかなか思うように進まない…という人も少なくないでしょう。

↓例えば、あなたはこう言う状況ではないでしょうか。

  • 転職したいけど、毎日仕事が忙しくて夜はクタクタ…。家に帰ったらパソコンを立ち上げる元気もない。
  • そのうち応募しよう、と狙っていた求人が気づいたら募集終了になっていた…。
  • 転職を検討し始めてからもう1年以上経っている。
  • あんなにやる気があったのに最近はモチベーションも低下ぎみ…。

普段の仕事だけでも大変なのに、これにプラスして転職活動もするなんて体力的にかなりきびしいですよね。

もし、あなたが今なかなか思うように転職活動が進んでいないなら、無料で使える転職エージェントを使うことも検討してみてください。

転職エージェントというのは、あなたの希望条件に合わせて求人情報を紹介してくれる「転職支援サービス」のことですね。

(転職エージェントにお金を払うのは企業側ですから、あなたは無料で使えます)

↓転職エージェントを使うと、税理士事務所専門の転職のプロから、以下のようなサービスを受けることができるようになります。

エージェントがやってくれること

  • あなたの希望条件による求人のしぼりこみ
  • 履歴書や職歴書の添削
  • 応募する税理士事務所のニーズに合わせた面接対策

毎日忙しくて転職活動をする元気がない…という方も、下記の転職サイトにメールアドレスを登録することだけでもやっておくことをおすすめします。

転職サイトにメールアドレスを登録しておけば、あなたあてのスカウトや最新の求人情報をストックしておくことができます。

↓とりあえず情報収集から…という使い方もできますよ。

※おすすめの転職サイトはこちら

なお、エージェントとは基本的にすべてメールでのやりとりになります。

そのため、在職中の方も会社に転職活動をしていることがバレることはありません。

あなたが面談を希望する場合にも完全個室で対応してくれますから、あなたのプライベートは完全に守られます。

転職エージェントを使うと転職成功の確率が高くなる理由

税理士事務所 転職エージェント

(転職エージェントを使うと、税理士事務所への転職活動が成功しやすくなる理由)

もう1つ重要なことがあります。

それは、転職エージェントは税理士事務所の内部情報に精通していることです。

税理士事務所側は、転職エージェントに「うちではこういう人材が欲しい」ということを具体的にくわしく伝えています。

(税理士事務所側も自社にマッチした人を採用したいと考えていますから当然ですね)

↓具体的には、あなたは転職エージェントを通じて、以下のような「ナマの情報」を知ることができるようになるのです。

エージェント経由で知れる内部情報

  • 職場の人間関係の雰囲気
  • 税理士試験勉強を支援する制度(長期休暇など)の有無
  • 実際に働いている人たちの性別や年齢構成
  • 給与や残業代といった福利厚生の情報
  • 所長税理士の性格や人がら(※重要です!)
  • 採用で重視される性格や適性(応募書類の内容や面接対策に直結します)

こうした情報について、応募前に知ることができるのは非常に大きなメリットといえるでしょう。

(逆に、こうしたことを知らずに応募してしまうと、ブラック事務所に間違えて応募してしまう可能性が非常に高くなります)

採用されてから「実は激務な上に残業代すら出ないブラック事務所だった…」なんてことがわかったら最悪ですよね。

(※そういうブラック事務所は実際に少なからず存在しています。注意しましょう)

↓念には念を入れて、転職エージェントには以下のようなことを伝えておくと良いでしょう。

避けたい求人の条件を伝えておこう

  • 残業が月20時間以上ある事務所は避けたい。
  • 年収が350万円を切る事務所は避けたい。
  • 職員数10名未満の事務所は避けたい。
  • パワハラ的な所長税理士の事務所は避けたい。
  • ブラックな事務所は絶対に避けたい。
  • 若手職員が1人もいないような事務所は避けたい。

転職エージェントは、税理士試験の勉強中の方や、これから未経験で実務経験を積んでいきたいと考えている方も親身にサポートしてくれます。

今どき、自力でハローワークを使ってちまちまと転職活動している時代遅れな人たちに、圧倒的な差をつけることができますよ。

少しでも早く転職を成功させたい!という方は、転職エージェントを活用して転職活動を進めていきましょう。

税理士事務所転職におすすめの転職エージェントはこちら

↓税理士事務所への転職を目指す方におすすめの転職エージェントは、MS-Japan(エムエスジャパン)です。

税理士事務所 転職エージェント

↓募集中の求人を見てみる!

公式サイトはこちら

※フリーメールアドレスでも登録OK!

MS-Japan(エムエスジャパン)は、税理士事務所や経理財務の求人を専門で扱っている転職エージェントです。

※「専門で」というのがポイントです。

転職エージェントというと、リクナビなどの大手転職サイトをイメージされる方も多いかもしれませんね。

しかし、税理士事務所への転職では「税理士事務所専門のエージェント」を使うのがおすすめです。

というのも、税理士業界というのは非常に特殊な業界ですから、いろんな職種を雑多に扱っている大手転職サイトだと、エージェント側が税理士業界のことをあまり知らない人である可能性があるのです。

税理士事務所への転職希望者の多くは税理士試験との両立を考えていますし、転職する事務所側に求める条件も非常にさまざまです。

(試験と両立できる残業の少ない事務所で働きたい、資産税特化型の事務所で実務経験を積みたいなど)

こうした転職希望者側のニーズをよくわかっていないエージェントにあたってしまうと、思ったように転職活動がスムーズに進んで行かない可能性があるのです。

この点で、税理士事務所や財務経理の求人を専門で扱っているMS-Japanなら、エージェントも税理士業界特有の事情や、転職希望者側のニーズをよく把握しています。

↓例えば、以下のような条件を事前にサイト経由で登録しておけば、あなたに合った求人が掲載されるたびにメールで連絡してくれますよ。

希望条件を事前登録しておこう

  • 試験勉強と両立可能な、残業の少ない事務所で働きたい。
  • 未経験でも年収400万円以上スタートの事務所で働きたい。
  • 所長税理士がパワハラ的でない事務所で働きたい。
  • 税理士試験合格者を多く輩出している事務所で働きたい。
  • 相続税申告など資産税特化の事務所で働きたい。
  • 医療法人特化の事務所で働きたい(得意分野のある税理士になりたい)
  • 個人運営の事務所ではなく、税理士法人で働きたい。
  • 職員数20名以上の中規模以上の事務所で働きたい。

転職エージェントとは、二人三脚で転職活動を進めていくことになります(実際に顔を合わせる必要は必ずしもありませんが)

税理士事務所への転職を目指すなら、税理士業界について精通している転職エージェントを活用するようにしましょう。

あなたが「今すぐ」転職活動を始めるべき理由

税理士事務所 転職エージェント

(税理士事務所への転職活動では「行動の早い人」が有利)

あなたにぜひ知っておいていただきたいことは、税理士事務所への転職では年齢的に若い人の方が有利であることです(特に未経験者の場合)

同じ未経験者であれば、できる限り他社のカラーに染まっていない若い人を欲しいと思うのが、採用側の本音だからです。

あなたが現在29歳なら28歳の人に比べると不利になりますし、あなたが現在28歳8ヶ月なら、28歳7ヶ月の人に比べると不利というわけです。

税理士事務所の採用は基本的に欠員補充(=1回の採用につき1人)で行われる

また、より現実的な話をすれば、税理士事務所というのは基本的に「欠員が出るたびにその補充」という形で採用を行っていることも知っておきましょう。

1回の採用活動では1人の採用しか行われませんから、より「早い者勝ち」となる側面が強いのです。

そのため、「昨日までは応募を受け付けていたはずの優良求人が、今日見てみたらもう募集終了になっていた…」ということが起こりがちです。

何が言いたいかというと、あなたが今何歳であったとしても、税理士事務所の転職活動では「少しでも早く行動を起こした人」が圧倒的に有利ということですね。

あなたの目の前に転がっていたチャンスを、あなたよりもほんの少しだけ早く行動した別の人がかっさらっていく…ということは絶対に避けたいですよね。

(まったく同じ条件だったはずなのに、ほんのタッチの差で税理士への道が開ける人と、そうでない人が生まれるという悲劇…)

どんなに忙しい方も、転職サイトへのメールアドレスの登録だけでも今やっておくことをおすすめします(完全無料で、1分あればできる作業です)

これだけで最新の求人情報についてアンテナを常に立てることが可能となりますから、転職サイトを使ってすらいない人たちに差をつけることができますよ。

これすらやる気がない、めんどくさい…という方はさすがに税理士事務所への転職はあきらめた方が良いかもしれません。そういう怠惰な人が税理士として成功できるとも思えませんし)

転職活動なんて何をしたらいいのかさっぱりわからない…という方も、MS-Japan(エムエスジャパン)なら、税理士業界に精通した転職エージェントが親身にメールでアドバイスしてくれますから安心です。

↓MS-Japanは、こちらの公式サイトから今すぐ無料登録できますよ。

↓募集中の求人を見てみる!

公式サイトはこちら

※フリーメールアドレスでも登録OK!

-税理士事務所の仕事内容

Copyright© 会計職のキャリア戦略 , 2019 All Rights Reserved.