税理士事務所で働くには?

税理士事務所の転職活動ナビ

転職活動のノウハウ

税理士科目合格の価値は?税理士事務所や一般企業経理での評価

税理士試験は、最終的に5科目に合格することで完全合格となる国家資格です。

↓一方で、税理士試験は科目合格制度を採用していますから、以下の段階の人たちが一定数います。

  • 「すでに4科目合格したのであともう1科目」
  • 「今年で2科目合格。残り3科目は仕事をしながらじっくり取り組む」

こういう人たちを「税理士試験の科目合格者」と呼ぶことがあります(そのまんまですが)

以下では、税理士試験の科目合格者が転職市場でどのような評価を受けるものなのか?について解説いたします。

税理士試験科目合格者の転職市場での価値は?

税理士 科目合格 価値

(税理士試験の科目合格の価値は?)

税理士を目指す人の多くが税理士事務所で働き、実務経験を積んだ後に税理士として本格的に活動していくコースを歩みます(独立するかどうかはその人しだいです)

↓実際の税理士事務所の求人では、「科目合格者は優遇」や、「実務経験がない人も科目合格があれば可」といった採用条件になっていることが多いですね。

>>実際の科目合格者向けの求人はこちら(749件あり)

税理士事務所での仕事は、税理士試験の勉強が進んでいる人であればスムーズに慣れていくことができます。

そのため、採用を行う税理士事務所側としても新人研修のコストを最低限にできるというメリットがあるのです。

すでに税理士試験科目合格がある人は、税理士事務所では優遇してもらえる可能性がありますので、税理士事務所は有力な転職先の候補にする価値があります。

税理士科目合格は一般企業への転職でも評価される?

税理士 科目合格 価値

(税理士科目合格者は一般企業経理への転職でも評価される?)

税理士科目合格者の進路としては、税理士事務所以外にも「一般企業の経理職」への転職も検討する価値があります。

最初から企業経理に就職するケースもありますし、税理士事務所で実務経験を積んでから、一般企業経理に転職するというパターンも多いですね。

この場合の進路としては、結果として税理士試験5科目合格をあきらめた人も含みます。

↓税理士事務所から経理に転職する人の王道的パターンとしては以下のような形が多いです。

税理士科目合格者の王道キャリア

  1. 未経験で税理士事務所に入社する
  2. 実務経験5年目ぐらいで科目合格1科目〜3科目程度まで進む
  3. この時点で、税理士の実務は一人前にできるけど、税理士資格はない状態
  4. 一般企業の経理職に幹部候補として採用される
  5. そのまま企業の経理職やCFO職としてキャリアアップしていく

税理士試験はどうしても最終合格にまで至れる人と、そうでない人がいる試験です。

最終的に科目合格でストップした人でも、税理士事務所で3年以上働けば税理士実務はできるようになっていますから、その経験を生かして一般企業経理に転職するパターンは少なくありません。

↓こちらの体験談の方なんかもこのパターンですね。

転職体験談(34歳男性)税理士事務所から一般企業経理へのキャリアアップ転職に成功した事例

逆に言えば、税理士事務所で実務経験を積み、その間に科目合格がいくつかできれば、最終的に税理士にはなれなかったとしても、企業経理職としてのキャリアを築いていく道もあるということです。

税理士事務所での経験を積んだ人の実務経験の価値を高く評価してくれる企業は多くあります。

目安として「税理士事務所での実務経験3年以上+科目合格1科目以上」であれば、企業経理の幹部候補として採用される可能性は十分あるでしょう。

↓税理士事務所の実務経験者は、こちらの経験者限定の転職サイトを使えます。

ジャスネットキャリア

経験3年以上なら登録必須!高年収の求人多数あり

ジャスネットキャリアは、税理士事務所経験者向けの求人が充実している転職サイトです。
初年度年収600万円〜など、高年収の求人がたくさん掲載されていますので、実務経験が3年以上ある人はメインで使いましょう。
ただし、未経験者は応募できない求人が多いので注意してください。

税理士試験の科目合格は日商簿記1級合格よりも難しい

税理士 科目合格 価値

(税理士試験の科目合格は日商簿記1級よりも価値がある)

税理士試験の科目合格は、会計系ではもっともポピュラーな試験である日商簿記検定1級よりももう少し上の知識が必要です。

税理士試験の受験資格として、日商簿記1級合格が求められているわけですから、これは当然ですね。

(つまり、日商簿記1級に合格できるレベルになって初めて、税理士試験のスタートラインに立つということです)

ちなみに、法学部や経済学部の大学を卒業した人は、日商簿記を持っていなくても税理士試験を受験できます。大多数の人はこちらの受験資格(大卒)で税理士試験に挑戦することになりますね。

税理士試験の科目合格は一般的にはあまり知られていないステータスですが、会計分野で仕事をしている人ならその価値はちゃんとわかります。

企業経理職などであれば高く評価してもらえる可能性がありますので、ぜひ自信を持っていただきたいですね。

税理士事務所への転職を成功させるには?

税理士事務所 転職エージェント

(応募候補の求人を常にたくさん持っておくことが転職成功のコツです)

少しでも高い年収・働きやすい環境の税理士事務所へ転職したい方は、

税理士事務所の求人を専門で扱っている転職サイトを活用しましょう。

転職サイトに無料登録しておくと、あなたの希望条件や職歴にマッチした求人情報がニュースメールのようなかたちで来ます。

「未経験者でも年収400万円〜」など、意外に高年収の求人オファーが来てびっくりする方も多いですよ。

こうした「良さげな税理士事務所の求人情報」を日常的にストックしておきましょう。

転職活動を成功させるコツは、応募する求人の候補をたくさん手元に持っておくことです。

↓以下では、税理士事務所の求人だけを専門で扱っているおすすめの転職サイト3社を紹介します。

いずれも無料で使えるサイトですので、ぜひ登録して求人をチェックしてみてください。

税理士事務所の求人を探すならここ!おすすめ転職サイト

MSジャパン

実務未経験者向けの求人が充実!

MSジャパンは、税理士事務所や経理職の求人を専門で扱う転職サイトです。
特徴としては、未経験者向けの求人が多く登録されていることが挙げられます。
実務未経験で税理士試験もこれからな方は、MSジャパンをメインで使うと良いでしょう。
経理求人も多く登録されているので、税理士事務所→経理の転職にも使えます。

ジャスネットキャリア

経験3年以上なら登録必須!高年収の求人多数あり

ジャスネットキャリアは、税理士事務所経験者向けの求人が充実している転職サイトです。
初年度年収600万円〜など、高年収の求人がたくさん掲載されていますので、実務経験が3年以上ある人はメインで使いましょう。
ただし、未経験者は応募できない求人が多いので注意してください。

マイナビ税理士

マイナビ税理士

勉強しながら働ける求人が多数登録!

マイナビ税理士は、大手マイナビが運営する転職サイトです。
試験直前の長期休暇や、繁忙期でも残業少なめなど、税理士試験受験生が働きやすい求人が多数登録されています。
科目合格がすでに1科目以上ある方は有利な条件の求人もあります。働きながら税理士試験の合格を目指す人はぜひ活用しましょう。

-転職活動のノウハウ

Copyright© 税理士事務所の転職活動ナビ , 2020 All Rights Reserved.