税理士事務所と経理の比較:メリットとデメリット

2020年3月20日

Sponsored Links
税理士事務所 経理 比較

(税理士事務所と経理の仕事内容を比較)

税理士事務所で実務経験を積むことには、大きなメリットがあります。

それは、会計や税務に関する圧倒的に「濃い」経験を積むことができる点です。

というのも、税理士事務所では決算業務を年間で20件以上も経験することができるからです。

会計や税務の知識でもっとも差がつくのは、なんといっても決算業務をどれだけ経験しているか?によってです。

決算業務は、いわば1年間の経理業務の総仕上げです。

365日すべての仕訳処理を見直して、修正が必要であれば直していくという作業をやっていくことになります。

この決算業務をどれだけ経験しているか?によって会計や税務の知識は磨かれていくと言っても過言ではないのです。

税理士事務所職員と経理スタッフの仕事内容の比較

この点は、一般的な経理スタッフの仕事と比較して考えるとわかりやすいです。

経理の仕事では、当然ながら決算業務を「1年に1件」しか経験することができません。

それに対して、税理士事務所の職員は自分が担当している顧問先の決算をすべてやりますので、

例えば20件の担当先がある職員なら、「1年で20件」の決算業務を処理することになります。

経理では1年に1回しか経験できない決算業務を、税理士事務所の職員は20件以上やるわけですね。

まるでドラゴンボールに出てくる「精神と時の部屋」みたいですが、短期間で会計や税務についての圧倒的に多い経験値を積むことができるのです。

経理の仕事のメリット

一方で、企業経理の仕事にもメリットがあります。

それは、「1つの会社の会計や税務にとことん付き合っていけること」です。

税理士事務所に務める場合、1人で20社〜30社程度の顧問先企業を担当することになりますから、

どうしても1社あたりに使える時間や労力は少なくなります。

顧問先の企業を訪問するのも通常は1ヶ月に1回だけですから、その会社の実情についてきちんと理解できるか?というと疑問に感じることもあるでしょう。

この点、経理職の場合は自分の所属する企業1社の会計・税務に全精力を注ぐことが可能となりますから、1つのことに集中して取り組む性格の方は経理の方が向いているかもしれませんね。

大きな組織で働きたい人も経理がおすすめ

また、経理職の場合は、税理士事務所とは違って「大きな組織」で働けるということもメリットです。

税理士事務所は基本的に従業員数名〜30名未満の小さな組織がほとんどですから、大手企業のような福利厚生や給料は望めません。

この点、経理としてキャリアアップしていけば、大きな組織で安定的な環境で働ける可能性があります。

↓※未経験から会計職を目指す方にはこちらがおすすめ。

MSジャパン

未経験OKの優良求人が多数!

MSジャパンは、会計事務所や経理の求人をメインで扱っています。
特徴は「未経験・資格なし」の人でも応募できる優良求人が多数あることですね(年収400万円〜など)
これから未経験で会計職キャリアをスタートしたい人におすすめです。

税理士事務所から経理に転職するというキャリアを築く人は多い

なお、税理士事務所で実務経験を積んだあと、転職先として企業の経理職への道を進む人も多いですね。

税理士試験はどうしても合格できる人とできない人がいる試験ですから、

最初は税理士になるのを夢見て税理士事務所に転職したけど、税理士はあきらめて経理に転職する人は多いのです。

税理士事務所の職員として担当していた顧問先の経営者に引き抜かれて、顧問先の経理財務担当者になるというケースもあります。

税理士事務所で実務経験を積むことは、会計分野でのキャリアを築いていくのに非常に有利といえます。

いま現在の状況を変えるために新しい行動を起こすのって大変ですが、

今いる環境を変えられるのはあなた自身の行動だけです。

他人はいろいろアドバイスはしてくれますが、結局は他人事ですし、責任はとってくれません。

(これは家族や友人も含めてです。残念なことですが)

仕事から感じているストレスを消したいなら、転職を選択肢に入れましょう。

精神的につらい状況で現状維持していると、

↓以下のような不調が出てくることすらあり得ます。

  • 毎朝、出勤前に腹痛と吐き気が起こる
  • 日曜日の夕方になると憂鬱な気分になる
  • 劇的に太る・あるいは不健康なほどやせる
  • 何も行動したくなくなる(そして今の職場への依存が高まる)
  • 友人とも会いたくなくなる
  • 自分の人生なんてしょせんこのぐらい…と悲観的になる

↑実はこれら全部、私自身が実際に体験した状況なんですが、

この状態までいくとほんとつらいです。

管理人

忙しい中、わざわざ貴重な時間をとってこの記事を読んでくださっているあなたは、まだなんとか余裕がある状態だと思います。

今すぐ転職するのは無理…という人も、

転職サイトへの求人登録だけは今のうちにやっておきましょう。

働く気力がなくなってから新しい行動を起こすのって本当につらいので、

今のタイミングでほんの一歩前にふみだしてみてください。

転職という「いい意味での逃げ道」の準備を始めることで、

「どうしても今の仕事がつらくなったら、転職もある」という選択肢を持って働くことができます。

これでずいぶん気持ちも楽になるものですよ。

MSジャパン

未経験OKの優良求人が多数!

MSジャパンは、会計事務所や経理の求人をメインで扱っています。
特徴は「未経験・資格なし」の人でも応募できる優良求人が多数あることですね(年収400万円〜など)
これから未経験で会計職キャリアをスタートしたい人におすすめです。

ジャスネットキャリア

経験3年以上の方におすすめ!高年収の求人多数あり

ジャスネットキャリアは、会計職の「実務経験者向け求人」が充実しています。
初年度年収600万円〜など、高年収の求人がたくさん掲載されていますので、経験者のキャリアアップ転職に使えます。
なお、実務経験3年未満の人は応募できない求人が多いのでMSジャパンを使いましょう。

最速転職HUPRO(ヒュープロ)

会計事務所・税理士法人の転職支援に特化!

ヒュープロは、会計事務所・税理士法人の求人だけに特化して紹介してくれる転職エージェントです。
完全に税理士業界に特化している転職支援会社は珍しいですが、
BIG4を含む大手税理士法人の優良求人が多数登録されています。
税理士として生きていくことをすでに決めている人はマッチすると思いますのでぜひ活用しましょう。




Sponsored Links

© 2021 会計職のキャリア戦略