【転職体験談】月収16万円のブラック会計事務所から年収600万円で転職できた話

(会計職でキャリアアップしていくには?)

初めまして!私のブログを読んでくださりありがとうございます。

管理人

このブログでは、会計の仕事(経理や税理士)を目指す人向けに、

転職活動を成功させるにはどうしたらいいのか?の情報を発信しています。

(年収上げるには?残業減らすには?税理士試験に働きながら合格するには?の具体的な情報です)

以下、ごく簡単に私の会計事務所時代の体験談を書いてますので、

ご自身のキャリアを考える際の参考にしてみてください。

ちなみに、私は会計事務所で実務経験を積んだ後に経理に転職し、

現在は管理職をやっています。

25歳の時に未経験・資格なしのニートで会計事務所に入社

(私は25歳のニート状態から会計事務所で働き始めました)

 

私が最初に会計関連の仕事についたのは、

会計事務所(税理士の事務所)の職員としてでした。

ちなみに、当時の私は年齢25歳のニートです。

新卒入社した会社(証券会社)の営業がつらすぎてすぐに辞めてしまい、

目標も人脈も夢も希望もお金もなく、

これからどうしようか…とさまよっている状態でした。

なお、会計事務所(税理士の事務所)に入社とはいっても、

もちろん税理士資格なんて持っていません。

管理人

会計事務所って未経験・資格なしでも普通に採用されるので、

なんとなく「会計の仕事が自分にはあってそう」と思っていた私は、

ハローワークの求人で見つけた会計事務所の求人に応募し、とりあえずはキャリアをスタートしてみることにしたのです。

(無職期間が長くなっていてかなりあせっていたので)

↓ところがこの選択が2年間の地獄の始まりでした…。

月収手取り「たったの16万円」だった会計事務所時代…

(年収200万円台=月収手取り約16万円で奴隷のように働かされていた頃の話)

 

私が最初に入社した会計事務所は、大阪で従業員20名ぐらいの個人事務所でした。

会計事務所って、どこも従業員5名〜10名ぐらいの規模でやっているので、比較的大きい方の事務所ですね。

しかし、会計事務所って「規模が大きい=年収や環境がいい」とはまったく限りません。

実際、私が最初に入社した20名規模の会計事務所は、

↓こんな地獄のような職場環境でした。

(書いているだけで当時を思い出して胸が苦しくなってきた…)

管理人
  • 年収は200万円台。月収手取りにすると16万円程度。
  • 残業代の支給なし(仕事の遅い奴が悪いという理屈。当時は今ほどブラック企業に厳しくなかった)
  • 繁忙期には深夜まで残業が当たり前で、日付が変わって終電を逃すこともある。
  • 職員1人の担当顧問先30件以上が普通。40件持ってる…なんて人もいる。
  • 所長税理士はパワハラ気質で、ミスをした職員をみんなの前に立たせて公開説教(罵声・恫喝なんて当たり前)
  • よくわからない「所長税理士の家族(嫁や娘)」が事務所内をうろうろしていて、ろくに仕事もしていないのに自分と同じぐらいの給料をもらっている。
  • 税理士試験との両立なんて不可能。職員20人もいるのに事務所内に有資格者はゼロ(所長税理士だけ)

↑ごく普通の一般企業に勤めたことのある方なら、

異常と感じる環境だと思いますが、

こんな会計事務所は世の中に普通にあります。

客観的に見ればいわゆるブラック会計事務所というやつですね。

当時の私はブラック事務所の見分け方なんて知りませんでした。

管理人

今から考えるとよくあんなところで働いてたよな…という感じなんですが、

私のまわりで一緒に働いている人たちも当たり前のように受け入れていたので、

「どこの事務所もこんなもんなのかな…」と思っていたんですよね。

不満はあるけど、現状維持の方が楽。

所長なにか文句を言おうものならクズ呼ばわりされるだけなので、口答えなんかする方が損…。

↑なんて思いながら、毎日息を殺すようにして働いていたんです。

人間、ひとつの環境に長いこといると、感覚がマヒして抵抗する気持ちがなくなってしまうのかもしれません。

1回目の転職で「年収250万円→400万円」に成功!

(年収を上げるなら転職は「必須」であることを痛感)

 

そんなこんなで2年ほどこのブラック事務所で働いていたんですが、

  • 激務に耐えかねて体調をくずし、うつ病寸前までいってしまった
  • 月収手取り16万円では、一人暮らしの生活費+資格スクール代すら払うのがぎりぎり
  • 働きながら挑戦した税理士試験に2年連続で全滅してしまった

↑このトリプルパンチをきっかけに、

「さすがにこの職場で働き続けるのはやばい」と感じるようになり、1回目の転職を経験しました。

その結果として、年収250万円から年収400万円へいっきにアップできたんです。

仕事内容はほぼ同じなのに、いきなり年収1.5倍です。本当にびっくりしました。

(まあ転職前があまりにも年収低すぎたということなんですけど…)

年収って「入社時点」でほぼテーブル(給与体系)が決まるんです。

なので、入社時点で低年収を受け入れてしまうと、

ずっとそれをベースに働かされてしまうんですよ。

私も1社目の事務所で働き続けていたら、

たとえ10年働いたとしてもここまで年収は上がらなかったと思います。

管理人

会計事務所って、基本的にどこも同じ仕事をしているのは知っていたので、

2年間の実務経験があれば、

たいていはどこでも即戦力として採用してもらえることも知っていたんですよね。

会計事務所の実務経験者は(とても)転職しやすい

会計事務所 転職 体験談

(会計事務所の経験者って本当に転職しやすいです)

 

ある程度の仕事を自力でやれる即戦力人材を欲しがっている事務所って、意外なほどたくさんあります。

即戦力といっても、

「自分で担当持って月次監査までなら自力でやれる」

ぐらいのレベルでもぜんぜんOKだと思います。

管理人

税理士業界って人の入れ替わりがかなり激しいですから、

  • 急に退職者が出て顧問先の決算がまに合わない!
  • 多少はお給料高くなってもいいから、来月からすぐにでもきて欲しい!

↑こういう状態のところがすごく多いんですよね。

こういう事務所は大急ぎで人を集めていますから、提示される年収も必然的に高めです。

例えば以下のような感じで、

↓入社初年度からけっこうな年収を提示している求人もありますね。

(実務経験者むけの会計事務所求人)

>>実務経験者向けの会計事務所求人を見てみる

2回目の転職で「年収400万円→600万円」とさらにアップ

(会計事務所業界で年収アップしたいなら転職は必須です)

 

1回目の転職で味をしめた私は、2社目の会計事務所で数年間勤務した後、

さらに別の会計事務所に転職しました。

この時点で会計事務所職員の仕事(月次監査〜税務申告まで)をほぼ自力で完結できる自信があったので、

↓担当の転職エージェントさんに以下のように依頼しました。

今回の転職では年収アップにこだわりたいので、

①年収を上げられる可能性のある求にしぼって紹介してください。

あと、できれば年収交渉を強気にお願いします。

仕事については、法人税申告まで完結できることをアピールしてもらって構いません。

少し時間をかけて転職活動をした結果、

最終的に「年収400万円→年収600万円」の転職に成功することができました。

(なお、時間をかけたといっても、基本的にエージェントさんにすべて丸投げですので自分でやることはほぼありません)

転職エージェントを使う2つのメリット

会計事務所 転職 体験談

(転職で年収あげたい人は、転職エージェントは絶対に使った方がいいです。※無料ですし)

 

上で転職成功のためにかなり大事なことをさらっと書いてしまったのですが、

  1. 年収を上げられる可能性のある求人にしぼって紹介してもらえる
  2. 年収交渉を強気にやってもらえる

↑この2つのことを代わりにやってもらえるのが、

転職エージェントを使うメリットです。

私たちしろうとが自力で転職市場をリサーチして優良求人をしぼりこむなんてほぼ無理ですし、

ただでさえ緊張する面接の場で、

自分の年収を自分で交渉する…って普通に考えて難しいですよね。

転職エージェントはこういうめんどくさいことを無料ですべて代わりにやってくれます。

なんか違うなと思ったら利用をやめればいいだけなんで、

使うことのリスクはゼロですしね。

管理人

転職活動を自力で全部やる時代なんてとっくに終わってます。

(ハローワーク使って全部自力で転職活動やっている人ほど「なかなかいい求人がなくて…」とか文句言いながら働いてたりします。

失礼ながらやり方が悪いだけでは…と思ってしまいます)

>>税理士業界専門の転職エージェントに相談してみる

転職で年収を上げるために「絶対に必要」なこと

会計事務所 転職体験談

(年収の高い会計事務所職員になるには?)

 

このブログを読んでくださっている方の中には、

すでに会計事務所で働いているけど、年収が低くて苦痛を感じている…。

という人も多いでしょう。

そんな方はぜひ、別の会計事務所に即戦力として転職することも選択肢のひとつとして検討してみてください。

未経験から今の事務所から働いている人なら、

ほぼまちがいなく年収アップは可能だと思いますよ。

(特別優秀でもなんでもない三流大学出の元ニートだった私でもできたことなので)

必ず「会計職専門の転職エージェント」を使おう

(レックスアドバイザーズは税理士事務所の求人専門の転職エージェントです)

\ 会計事務所の高年収求人!/

無料登録して求人を見てみる

ただし、1点だけ注意点があります。

それは、必ず「会計職の求人が専門の転職エージェント」を使うことです。

条件の良い求人を見つけるためには、

自分が志望する業界専門の転職エージェントを使うことは必須です。

せっかく時間と労力をかけて転職するのに、

今より条件が下がってしまってはなんの意味もありませんからね。

なお、転職エージェントにお金を払うのは採用を行う企業側なので、

私たち求職者は最初から最後まで無料で使えます。

管理人

税理士業界に特化した転職エージェント会社なら、

一般的な人材紹介会社(リクナビなど)では見つからない、好条件の求人をたくさん出してもらえますよ。

業界専門エージェントの方が、好条件の求人を見つけやすい理由

なぜ、業界特化型の転職エージェントで条件の良い求人が見つかるのか?というと、

こういう業界特化型エージェントは、求人の数ではリクナビなどの大手にまず勝てないので、

求人の「質」にこだわって勝負していることが挙げられます。

  • 年収は今より絶対にアップしたい。
  • 税理士試験の勉強と両立できる、残業の少ない事務所で働きたい。
  • 人間関係の良い事務所で働きたい。
  • 相続税申告の経験を積める事務所で働きたい。
  • 会計事務所の経験を生かして経理に転職したい。

↑など、あらかじめ希望条件をしっかりと担当エージェントに伝えておけば、

その条件にあった求人だけを求人案件として持ってきてくれます。

転職エージェントという人たちは、

実際に求人を出している企業や事務所を訪問して、採用担当者(所長税理士自身のことも)と面談し

「うちはこういう社風なので、こういう人を採用したい」というニーズを聞き出しています。

また、以下のような職場環境についての超具体的な情報も現場でチェックしています。

  • その事務所の社風はどうか?(家族的?ビジネスライク?)
  • 所長税理士の人格はどうか?
  • 職員の男女比や年齢構成はどうなっているか?
  • 税理士試験の合格者が何人ぐらいいるか?
  • 職員一人当たりの担当件数は何件か?

こういった「現場の生の情報」は、

求人サイトの募集要項を見ているだけではまず見えてきません。

こうした超具体的な情報リサーチに基づいて、

  • あなたにはこの事務所がおすすめです。
  • (逆に、あなたにはこの事務所はおすすめしません)

といったところまで、求人に応募する前のタイミングで教えてもらえるのは転職エージェントを使うメリットですよ。

応募して面接を受けた後のタイミングで

思ってたのとちょっと違うなあ…と思うことって多いですよね。

わざわざ面接に行ってから断るということをやっていると無駄が多くなってしまいます。

また、そのままの流れでなんとなく入社…なんてことになると、

入社後に「こんなはずでは…」とミスマッチになりやすいことにも注意が必要です。

管理人

転職エージェントは「業界専門」を「2社〜3社同時進行で」使う

なお、ひとくちに転職エージェントといっても、いろんな会社があります。

会計事務所や経理に転職するなら、

上で見たような会計職専門の転職エージェントを使うのがおすすめなのですが、

その際、エージェント会社は2社〜3社を同時進行で使うようにしましょう。

担当エージェントとの性格的な相性というのは必ずありますし、

たまたま自分の担当エージェントが新人でスキルが低い…という可能性もあります。

転職エージェントは無料でいつでもやめられるので、

1社に限定して使う理由は特にありません。

また、良い求人を紹介してくれないならよそを使いますよ。

というスタンスでつきあった方が、

エージェントも本腰を入れて求人紹介をしてくれるものです。

管理人

転職エージェントを使って転職活動するなら、

業界専門を、2社〜3社同時に使うは鉄則です。

↓会計事務所や企業経理の求人を専門で扱う転職エージェント会社には、以下のようなところがありますよ。

最速転職HUPRO(ヒュープロ)

未経験者が税理士事務所や経理の求人探すならここ!

ヒュープロは税理士事務所や企業経理の求人が専門の転職エージェントです。
未経験資格なし年収400万円の求人や、
試験勉強との両立がしやすい環境の求人が多数登録されていますよ。
これから会計職としてキャリアスタート!という方はここを使いましょう。
※4000件以上の求人から自動マッチングしてくれる無料AI診断ツールが便利。

(未経験者向けの求人例:クリックで拡大)

(未経験者向けの求人例:クリックで拡大)

SYNCA(シンカ)

現役経理の方は優遇!経理の求人探すならここ!

SYNCA(シンカ)は経理求人専門の転職エージェント会社です。
特徴はAIベンチャーやSaaSなど伸びている業界の中堅企業求人が多い点ですね。
なお、中堅企業といっても上場企業や上場準備中の企業がメインなので、給与や福利厚生もしっかりしていますよ。

synca

(求人例:ソーシャルゲーム企業の経理職)

synca

(求人例:上場企業のCFO直下ポジション)

私が25歳ですでに犯していた「致命的な間違い」

会計事務所 転職 体験談

(私が25歳のキャリア1年目ですでに犯していた「致命的な間違い」とは?)

 

私は会計事務所に入社して働き始めてからは

「いつかは税理士として独立する」という夢を描くようになっていたので、

いまはしんどいけど、がんばって税理士試験に合格して、

独立したら一気に取り戻せるはず。

だから職員としての給料なんてそんなに重要じゃない。

って考えていたんですよね。

(同じように考えなが働いている人、けっこう多いんじゃないですかね)

しかし、この考え方は、

税理士業界で働くなら絶対にやってはいけない致命的な間違いです。

職員として安い給料しか稼げない人は、

独立してもろくに稼げなくて廃業まっしぐらな可能性が高いです。

少なくとも、10年以上この業界で働いてきて、

「職員時代は貧乏だったけど、独立していきなり成功した」

なんて話は聞いたことがありません。

管理人

人は良くも悪くもまわりの環境に適合していくものです。

まわりが低年収なら、自分も知らず知らずのうちに低年収になっていきます。

逆にいえば、まわりがたくさん稼いでいる環境なら、

自分の年収も自然と上がっていくということですね。

重要なことは「職員時代からきちんと稼げる環境に身をおくこと」です。

私は1社目の会計事務所に入社した時、この意識があまりにも低くて失敗しました。

将来的に税理士として独立も視野を入れている人は、

会計事務所の職員として修行する時点から高年収を目指さないといけません。

この業界で転職はごく普通のこと(避けてるとめっちゃ損する)

会計事務所 転職 体験談

(税理士業界で「転職」はキャリアアップのためのごく自然な選択肢です)

 

この記事では、私の税理士業界での転職体験談をお話ししました。

私はブラック事務所・小規模事務所・資産税特化事務所といろいろ経験しましたが、

こうやって複数の事務所を渡り歩く感じで転職していくのって、

税理士業界ではごく普通だったりします。

くりかえしになりますが、

私が優秀だから転職成功できたわけではありません。

私は学歴も職歴もフツーですし、仕事の能力もそんなに高くないです。

管理人

1つの事務所で定年退職まで勤め続ける人なんて、この業界ではほぼいません。

  • すでに会計事務所で働いているけど不満がある…という方も、
  • これから税理士業界に未経験で挑戦するという人も、

理想のキャリアを実現するために具体的な行動(転職活動)をスタートしてみてください。

↓※ 税理士業界で働く人にはぜひ読んでおいて欲しい記事

税理士事務で働く
会計事務所は「未経験・資格なし」でも転職できる?

「会計事務所は未経験・資格なしでも転職できる?」この記事では、これから税理士業界に未経験で挑戦する!という方向けに、会計事務所(税理士事務所)の採用事情について解説します。結論から言うと、実務未経験で簿記や科目合格もまだ…と言う方でも、会計事務所で正社員として採用される可能性は普通にありますよ。

続きを見る

税理士事務所 給料 安い
会計事務所(税理士事務所)の給料は安い?年収が上がらない理由は?

「会計事務所の給料は安い?平均年収はどのぐらい?どういう働き方をしたら年収は上がっていくの?」この記事では、この業界で10年以上働いた私の経験から、会計事務所(税理士事務所)の平均年収の実態について解説します。ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

会計事務所 ブラック
ブラックな会計事務所の見分け方(12個の特徴)

「会計事務所(税理士事務所)にはブラック企業が多いって本当?見分けるにはどうしたらいい?」この記事では、ブラックな会計事務所の特徴を12個紹介しています。これから税理士になるべく会計事務所への転職を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

2020年4月7日

© 2021 会計職のキャリア戦略