経理で働いていて「頭おかしくなる…」と感じる瞬間:現役経理部員の体験談

2023年12月6日

経理 頭おかしくなる

(経理で働いていると頭がおかしくなる?)

経理部門での日常は、数字との格闘の連続です。

細かいデータの追跡と厳密な精度が求められるので、

時には「この仕事、頭がおかしくなりそう…」と感じてしまう瞬間もあったりします。

この記事では、そんな経理部員がどのようにしてストレスと向き合っているのかを、

現役経理部員の生の声を交えてお届けします。

数字の海に潜む、予期せぬ波にどう立ち向かっているのか、

その日々にスポットを当てて解説していきます。

ブログ管理人

1985年生まれ。未経験ニートで会計事務所入社→月給16万円で地獄のような目にあう→何度か転職して年収600万円→会計事務所から経理に転職→現在は経理の管理職/2018年開始の当ブログも6年目突入!おかげさまで累計34万人以上の方に読まれています。
>>自己紹介の記事はこちらです

 

経理で働いていて「頭がおかしくなる」と感じる瞬間

経理 頭おかしくなる

(経理の仕事は忙しい)

 

実際に経理として働いていて「頭がおかしくなる…」と感じてしまう瞬間には、

↓以下のようなものが挙げられます。

 

1. 繁忙期(決算期前)の過酷さ

経理部門で働く上で特に決算期前の時期は相当ハードです。

この時期には、多くの経理担当者がストレスを感じます。

時には「頭がおかしくなる」と言われるほどなんです。

期末に向けての決算作業は、高い精度が要求されます。

それに加え、締め切りに追われるため、日々の業務は一層の緊張感が漂ってしまうんですよね。

経理の一連の業務には以下のものがあります。

  • 売上集計
  • 経費の集計
  • 税務申告の作成
  • 財務諸表の作成など

これらの業務は膨大な時間と集中力を必要とするんです。

時には深夜まで残業が続くことも珍しくありません。

特にこの時期、経理担当者は一円単位でのミスが許されません。

プレッシャーの中、細心の注意を払いながら作業を進めなければなりません。

数字の正確性を確保するために、度重なるチェックと再確認が必要です。

その繰り返しは精神的な負担を増大させ流ことが容易に想像できますよね。

また、支払期日や納期の厳守は経理の基本です。

これらのプレッシャーは「期限ノルマ」として経理担当者にのしかかってくるんです。

経理の業務は、個々の作業が評価されにくいです。

成果を直接的に見せることが難しいため、モチベーションの維持が難しいのです。

さらに、経理はAI化の影響を受けやすい職種だと言われています。

そのため、将来性への不安を抱えることも少なくありません。

キャリアパスにおいても、管理職に昇進しなければ給与の大幅なアップは期待できません。

安月給のまま長期間働くことはとてもストレスがかかりますよね。

経理として長く働くためには、以下のポイントを抑えておくと良いでしょう。

  • ストレスマネジメント
  • 資格取得による自己肯定感の向上
  • コミュニケーション能力の養成
  • 適性の見極め

経理は、数字との長時間にわたる格闘を伴う職種です。

特に決算期前の繁忙期は特にその過酷さが際立ちます。

適切な対処法を身につけることで、この時期を乗り切りましょう。

 

2. 一円単位の正確さを求められるプレッシャー

経理の仕事は細かい数字に振り回される業務です。

一円単位のミスも許されないという厳しい側面があります。

そんな中で、一円の狂いもない精度を求められるとプレッシャーに感じてしまいますよね。

多くの経理担当者が「頭がおかしくなる」と感じる時はまさにこの瞬間です。

このような状況に直面した時こそ冷静さを保ちましょう。

ミスを未然に防ぐためのチェック体制を整えることが大切です。

また、最新の会計ソフトウェアを活用すると良いでしょう。

人的ミスを減らし、精度の高い作業の実現につなげられます。

さらに、

定期的な研修や勉強会に参加して専門知識を広げることも効果的です。

経理担当者は、どのような状況でも正確な数字を提供してくれます。

そうすることで、企業の財務状況を正しく反映し、経営判断の基盤を支えているのです。

 

3. ルーティンワークの繰り返し

経理の仕事では、日々のルーティンワークが多いです。

同じ作業が繰り返されるので心が折れそうになる人も多いのではないでしょうか?

毎日行われる経理の業務には以下のようなものがあります。

  • 請求書の発行
  • 支払い処理
  • 仕訳入力など

以上の業務は、一見単純な作業でも集中力を要します。

そのため疲労が蓄積しやすいですよね。

これらの作業は組織の財務状態を正確に反映する重要な役割を担っています。

細心の注意を払いながら進める必要があると言えます。

しかし、

同じタスクの連続は精神的な負担となります。

時には「頭がおかしくなる」と感じる瞬間に直面してしまうことも珍しくありません。

そんな時は、短い休憩をとりましょう。

また、作業の手順を見直して効率化を図ることも大切です。

そうすることが心の余裕を保つ秘訣と言えるでしょう。

また、デジタルツールを活用して作業の自動化を進めると良いでしょう。

デジタルツールを活用することで、ルーティンワークの負担を軽減できます。

経理業務の効率化は、技術の進歩とともに進んでいます。

将来的にはAIによる自動化がさらに進むことが予想されている業務なんです。

そのため、今のうちから新しいツールに慣れ親しみましょう。

そうすることで、ストレスを軽減し仕事に対する新たなやりがいを見出せるでしょう。

 

4. 成果ノルマはないけど「期限ノルマ」は厳しい:支払期日や納期のプレッシャー

経理の仕事は、しばしば「頭がおかしくなる」と形容されるほどストレスフルですよね。

特に、成果ノルマはなくても期限ノルマが厳しいと感じることは多いでしょう。

支払期日や納期は経理業務における重要なマイルストーンです。

これらのプレッシャーが精神的な負担を大きくしてしまいますよね。

経理担当者は、締め切りに追われ、残業を強いられることも多く見られます。

このような状況では、細心の注意を払いながらも迅速に作業を進める必要があります。

しかし、そのバランスを取るのは難しいことは容易に想像できますよね。

さらに、遅れが発生すると会社全体のキャッシュフローに影響を及ぼしてしまいます。

経理部門の責任は会社全体で非常に重大な業務だと言えるでしょう。

経理担当者は、高いレベルの責任感を持たなければなりません。

期限に対する責任感を持ち、日々の業務をこなしましょう。

そのためには、時間管理や優先順位付けのスキルが不可欠です。

経理としてのキャリアを長く維持するための鍵となるでしょう。

 

5. 個人の成果が評価されにくい仕事内容

経理の仕事は、個々人の成果が目に見えにくいという特徴があります。

日々の業務は数字の正確性と細部への注意を要求されます。

多くの場合、チーム全体の成果として捉えられることが一般的です。

経理部門の努力は会社の財務状況を安定させます。

適切な会計処理を通じて企業の信頼性を高めることに寄与するのです。

しかし、これが直接的な表彰や昇進に結びつくことは少ないことを理解しておきましょう。

経理の業務では、個人の力よりも規則とプロトコルの厳格な遵守が重視されます。

これにより、個人が独自の成果を出す機会が限られてしまうのです。

その結果として「頭がおかしくなる」と感じる人が多くいるのでしょう。

ただし、経理業務の中でも効率化の提案を行うなど、個人の貢献をアピールする機会は存在するのです。

経理業務は、成果が直接的な利益や成長に結びつかないという点です。

このような企業文化があることも忘れてはなりません。

会社の利益に直結する営業やマーケティングとは異なります。

経理は間接的なサポート機能と見なされがちですよね。

しかし、財務の健全性は企業の長期的な成功に不可欠な業務なんです。

経理担当者はその基盤を支える重要な役割を担っているので自信を持ちましょう。

経理としてキャリアを築くには、自らの成果をどう評価してもらうかを考えましょう。

そしてどうやってモチベーションを維持するかが鍵となります。

実績を正しく報告し、適時にフィードバックを求めましょう。

さらには自己のスキルアップや資格取得に励みましょう。

そうすることで、個人としての価値を高められるでしょう。

また、AI化が進む中で、求められるスキルを身につけることも重要だと言えます。

 

6. 将来性への不安(経理は「AI化でなくなる仕事ランキング」の常連)

経理職において、将来性への不安は決して少なくありません。

特に経理は「AI化でなくなる仕事ランキング」名を連ねることは珍しくありません。

多くの経理担当者がこの点に頭を悩ませています。

AIの進化により、日常的な会計処理やデータ入力などのルーティンワークは自動化されつつあります。

それに伴い経理の仕事が脅かされているという見方が強まっているのです。

しかし、経理の専門性というのは単に数字を扱うことだけに留まりません。

分析力や戦略的思考、そして経営に対する深い理解が求められるのも事実です。

AIはあくまで道具です。

これらの高度なスキルを持つ経理担当者の需要は増え続けるでしょう。

むしろ、AIを活用することで効率的に業務を進められます。

経理が直面する不安を和らげるためには、以下のポイントがあります。

  • 変化に対応する柔軟性と学習意欲
  • AIやデータ分析に関する知識取得
  • 自己のスキルセットの拡充など

以上のポイントに取り組むと、企業にとって必要な人材だと思ってもらえ重宝されるでしょう。

経理の仕事がAIによって代替される可能性は否定できません。

しかし、これを機に自身のキャリアを見つめ直しましょう。

新たなスキルを身につける機会と捉えることが重要です。

経理職の将来性に対する不安は、成長と進化のためのきっかけとなり得るでしょう。

 

7. キャリアの壁:管理職になれないとずっと安月給

経理の仕事は数字との格闘が日常茶飯事です。

決算期前の繁忙期にはそのプレッシャーは一層増大するんです。

一円単位での正確さが求められながら、支払期日や納期の期限に追われる日々が続きます。

ルーティンワークの繰り返しに心が折れそうになることも少なくありません。

個人の成果が評価されにくいため、管理職への昇進も難しいです。

昇進できなければ安月給から抜け出すことは困難という現実もあります。

さらに、AI化の進展により将来性に不安を感じる方も多いでしょう。

そのため、ストレスマネジメントのテクニックを身につけ自己肯定感を高めましょう。

資格取得で自己肯定感を高めることも重要です。

また、経理に向いているかの適性を見極めることも大切です。

コミュニケーション能力を磨くこともキャリアアップの一つの方法だと言えるでしょう。

経理として長く働くためには、これらのコツと対処法を身につけると良いでしょう。

自分自身を信じて限界を超えていくことが求められるのです。

 

8. 売上・経費・利益…数字との長時間の格闘

経理の仕事は数字との格闘です。

売上、経費、利益を正確に計算し、長時間データと向き合うことはよくあります。

特に決算期前は繁忙期となり、一円単位での正確さが求められます。

そのプレッシャーは計り知れないと言えるでしょう。

毎日のルーティンワークに加え、支払期日や納期といった期限への厳しいノルマが存在します。

経理は個人の成果が評価されにくい仕事です。

管理職になれない限りは安月給での勤務が続くこともしばしばです。

さらに、将来性への不安を抱える人も多いです。

経理はAI化でなくなる仕事ランキングに名を連ねることも事実です。

それでも経理として長く働き続けるためには、以下のポイントに取り組むと良いでしょう。

  • ストレスマネジメントを学ぶ
  • 資格取得で自己肯定感を高める
  • 周囲とのコミュニケーション能力を磨く
  • 自分が経理に向いているかどうかを見極める

経理は管理職を目指すことでキャリアアップを目指せます。

それには日々の業務に対する姿勢やスキルアップが不可欠です。

経理の仕事は決して楽なものではありません。

しかし、それを乗り越えた先には大きな成長と達成感が待っているでしょう。

【悲報】ブラック企業で働く経理の労働環境が悲惨すぎる…

 

経理として長く働き続けるためのコツと対処法

経理 頭おかしくなる

(経理で長く働くためのコツとは?)

 

経理は「頭がおかしくなる」と感じてしまう人が多くいる業務です。

しかし、中には長年楽しく働けている人もいるんです。

ストレスをコントロールするために、ベテランの経理職が実践している方法を参考にしてみてください。

例えば、以下のような事柄です。

 

1. ストレスマネジメントのテクニック

ストレスマネジメントは経理職において欠かせません。

決算期前の繁忙期には、過酷な労働が求められ、「頭がおかしくなる」と感じることもあるでしょう。

以下のようなストレスがあります。

  • 一円単位まで求められる正確さ
  • 繰り返されるルーティンワーク
  • 厳しい期限ノルマに直面する毎日
  • 個人の成果が評価されにくい
  • AIの進展による将来への不安が大きい

そんな中、経理として長く働き続けるためには、効果的なストレスマネジメントが必要です。

自己肯定感を高めるためには資格取得が有効です。

また、コミュニケーション能力を磨くことで職場での人間関係をスムーズに保つことができるでしょう。

また、自分が経理に向いているかどうかの適性を見極めることも大切です。

管理職への昇進も視野に入れて、キャリアプランを考えることが重要だと言えるでしょう。

ストレスを上手に管理し、健康な心身を保ちながら、経理の専門性を深めていきましょう。

 

2. 資格取得による自己肯定感の向上

経理の仕事は精密さと忍耐が要求されます。

決算期前の繁忙期は、特に過酷で、一円単位での正確さが求められます。

日々のルーティンワークの中で、支払期日や納期といった期限ノルマに追われてしまいます。

時には「頭がおかしくなる」と感じる人も多いでしょう。

個々の成果が評価されにくいのも現実です。

また、AI化の影響を受けやすいため、将来性に対する不安を抱える人もいます。

安月給のままキャリアの壁にぶつかることも多く見られます。

しかし、経理として長く働くコツはあるので安心してください。

ストレスマネジメントのテクニックを身につけることが重要です。

また、コミュニケーション能力を高めることも大切なんですよ。

特に資格取得は、自己肯定感を高める効果があります。

経理に関連する資格は多くあります。

  • 日商簿記検定
  • 税理士
  • 公認会計士など

これらの資格を取得することで、専門性を深め、市場価値を高められます。

また、適性を見極め、本当に経理に向いているかを考えることも大切ですね。

経理は管理職を目指すことも可能で、キャリアアップの道も開けます。

経理職におけるこれらの対処法を実践することで、仕事の充実感を得られます。

結果、長期的に働き続けることが可能になると言えるでしょう。

 

3. コミュニケーション能力の重要性

経理の仕事は、数字との格闘や緻密な作業が求められます。

そのため「頭がおかしくなりそう」と感じる瞬間も多くあります。

特に決算期前の繁忙期は、過酷な労働が続きます。

細かい一円単位の正確さを求められるプレッシャーは、日々のストレスとなることは間違いありません。

また、ルーティンワークの繰り返す業務でもあります。

期限ノルマとしての支払期日や納期への追われ方は、精神的な負担を大きくすると言えるでしょう。

個人の成果が評価されにくい経理の仕事は、将来性への不安も抱えがちです。

AI化の波が高まる中、「経理はなくなる仕事」との声もあります。

キャリアの壁に直面することも珍しくないのです。

管理職になれない限り、安月給での勤務が長く続くことも心配の種の一つです。

ストレスマネジメントのテクニックを身につけることで経理として長く働きましょう。

また、資格取得を通じて自己肯定感を高めることも効果的です。

そして、コミュニケーション能力も重要だと言えます。

数字と向き合う時間が長い経理でも、円滑なコミュニケーションが必要とされます。

自分が経理に向いているかどうかを見極めましょう。

そうすることは長期的なキャリア構築には欠かせません。

適性を理解し、経理の仕事を深く知ることで、管理職を目指す道も開けます。

経理の仕事は、決して単調なものではなく、多くの可能性を秘めているのです。

自分自身を信じ、限界を超えて成長を続けることで、経理のプロフェッショナルとして輝けるでしょう。

 

4. あなたは本当に経理に向いてる?適性を見きわめる

経理の仕事は、数字と格闘する毎日です。

経理の仕事の懸念点には以下のものがあります。

  • 決算期前の繁忙期には、残業が増える
  • 精神的なプレッシャーが常にかかる。
  • 厳しい期限ノルマに追われることが多い
  • 個人の成果が評価されにくい
  • 仕事のやりがいを見出すことが難しい
  • AI化の進展による将来性の不安
  • 管理職への昇進が難しい
  • 給与が上がりにくい

しかし、これらの課題に対しては対処が可能です。

まず、ストレスマネジメントのテクニックを身につけましょう。

資格を取得して自己肯定感を高めたりすることでも対処が可能です。

また、コミュニケーション能力も磨きましょう。

そうすることで、職場での人間関係をスムーズにし、仕事の効率も上がります。

経理に向いているかどうかは、数字に強いことはもちろんです。

精密な作業に集中できるか、期限内にタスクを完遂できるかといった能力が求められます。

経理のキャリアパスを考えると、管理職を目指すことも一つの方法です。

経理部門の管理職には以下の能力が求められます。

  • 財務の専門知識
  • リーダーシップ
  • 意思決定能力

経理の仕事には厳しさが伴います。

適性を見極め対処法を身につけることで、長く働き続けることができるでしょう。

興味がある方は、まずは経理の基本から学び、自分に合った働き方を探してみてください。

 

5. 経理は管理職を目指せ

経理の仕事は、細かい数字を扱うため、精神的なプレッシャーが大きい職種です。

特に決算期前の繁忙期には、その過酷さにより「頭がおかしくなる」と感じる瞬間があるでしょう。

しかし、そんな時こそ、経理職の将来性やキャリアアップを考えるチャンスです。

経理は、企業の財務状態を正確に把握し、経営者に重要な情報を提供する役割を担います。

この責任の重さが、経理職が管理職に適している理由の一つです。

また、支払期日や納期などの期限ノルマに追われることもあります。

これは、時間管理能力を高めることでプレッシャーに対処できます。

経理の仕事は個人の成果が評価されにくいと感じることがあるでしょう。

しかし、管理職を目指すことで、自身の努力がより明確に評価される機会を得られるのです。

AI化が進む中で将来性に不安を感じるかもしれません。

しかし、

人間特有の分析力や判断力はAIには代替できません。

人間にしかできない能力を磨きましょう。

資格取得ストレスマネジメントのテクニックを身につけましょう。

そうすることで、自己肯定感を高め、コミュニケーション能力向上につなげられます。

また、経理に向いているかどうかの適性を見極めることも、長く働き続けるためのコツです。

経理は数字と長時間格闘する仕事です。

その経験を活かして管理職を目指せば、より高い評価を得ることができると言えます。

経理職から管理職への道は簡単ではありません。

自分を信じ、限界を超えて挑戦することで、新たなキャリアの可能性を広げられるでしょう。

労働環境が劣悪な「ブラックな経理職」に絶対なりたくない人へ

(経理はブラック企業にまちがえて応募しないよう注意が必要です)

いま経理として働いている人も、これから働く人も、

労働環境が悲惨なブラック企業にまちがえて入社しないよう注意してください。

経理って入社する会社によって労働環境がぜんぜん違う仕事です。

自分の勤務先として選ぶ会社をまちがえてしまうと、

ブラックでつらい働き方になってしまうことがあるので注意してください。

例えば、スキルや学歴がまったく同じ人でも

↓こんなふうにスタート地点からすでに差がついてしまうことがあるんです。

(まさに天国と地獄…)

管理人
  1. ゼロから仕事を教えてもらえる環境で年収400万円でスタートな人。
  2. 何もわからない状態でいきなり現場に放り出され、しかも年収264万円でスタートする人…。

↓実際の求人をお見せするとこんな感じ。

どちらも未経験OKの求人なのに、

入社時の条件がまったく違いますよね。

(ホワイトな経理求人:未経験OK)

(年収条件の良くない経理求人の例)

>>実際の経理求人で年収を見てみる

↑あえて2つ目のしんどそうな求人(年収264万円〜…)

を選ぶ人はまずいないと思います。

同じ働くなら、お給料はちょっとでも高い方が良いに決まってますよね。

重要なのは、こうした差が

個人の能力の差によって生まれるわけではないことです。

例えば上の2つの求人はどちらも未経験者向けの求人ですが、

未経験者の場合、入社時の仕事の能力なんてみんなゼロで同じですからね。

(経理は実務経験で評価される職種です)

それなのに、入社時のお給料の金額がまったく違うのはなぜなのか?

これは「応募先の企業がきちんと利益を出しているか?」の違いです。

経理って営業マンみたいに個人の成績で給料が決まる職種ではないんですね。

あなたがどんなに優秀な人であったとしても、

勤務先の会社がもうかっていなかったらお給料は低くなります。

逆にいうと、能力的にあまり自信がない人であっても、

良い環境の企業に入ることができれば、

年収で差をつけることができるんですね。

管理人

経理はどういう会社を転職先に選ぶか?が、

決定的に重要であることを知っておいてください。

 

ブラック環境で働く経理は本当に悲惨…

(ブラック企業で働く経理は本当に悲惨です…)

私自身も経験があるのですが、

ブラックな職場で働く経理って本当に大変です。

ろくな新人研修も受けないままいきなり現場に出されて、

「仕事は先輩のマネをしながら覚えてね」

みたいなほったらかし教育をされる危険があります。

当然ながら、そんなかたちで仕事を覚えても、

身につくのは「その会社の中でだけ通用するスキル」だけです。

5年後にどんな差がついているか…。

って考えるとぞっとしますよね。

こういう会社ではしょっちゅう新人が辞めていくので、

「新人なんて育ててもすぐ辞めていくし…」

みたいに考えられているケースも多いです。

新人は使い捨て状態なので、当然ながらお給料も低いです。

管理人

逆に、業績の良いホワイト企業では、

未経験者をゼロから育てていくという意識があります。

業績が良いからこそ新人研修にも時間と労力をかけられますし、

未経験でもお給料が良いケースが多いんです。

 

経理志望者は「どこで求人を探すか?」が決定的に重要

(経理求人専門の転職サイトで求人を探しましょう)

 

同じ働くなら、しっかりお給料稼げて働きやすい環境でスタートしたいですよね。

ブラックな会社にまちがえて応募するリスクを避けたい人は、

経理求人専門の転職サイトで求人を探すようにしましょう。

(↑無料で使えるサイトです)

まちがえてもハローワークとかで経理求人を探さないように注意してください。

学生の就活とは違うので、リクナビを使うのも避けましょう。

経理は一種の「専門職」です。

経理の求人を専門であつかう転職サイトでないと、

条件の良い求人がなかなか見つからないんです。

管理人

どんなに優秀でスキルが高くて性格の良い人であっても、

経理の求人を探す場所をまちがえてしまうと、

ブラック企業に入ってしまう可能性が高くなります。

逆にいうと、はっきり言ってあんまりスキルが高くない人でも、

ホワイトな職場で良いお給料をもらっているケースはたくさんあります。

転職活動をするときのちょっとしたコツ(求人を探す場所を変える

を知ってるかどうか?だけで、

こんなふうに差がついてしまうのって理不尽でひどい感じがしますよね。

ですが、はっきりいって世の中なんてそんなもんです。

単に「知ってるか/知らないか」で差をつくことがたくさんあります。

こういうことって社会人やってたらいくらでもあることですから、

不公平だ…!なんて言ってても意味ないです。

(そういうのは政治家の仕事です)

まずはあなた自身が経理として転職を成功させましょう。

私のブログをここまでしっかり読んでくださる方には、

↓ぜひ良い条件で経理への転職を成功させてください。

管理人

これから経理への転職を目指す人は、

↓経理求人専門の転職サイトを使って、

年収の高い好条件求人をピンポイントで狙っていきましょう。

ヒュープロ(経理専門の無料転職サイト)

経理のホワイト求人多数あり!

ヒュープロは経理専門の無料転職サイトです。
未経験簿記なしで年収400万円〜の求人
実務経験3年で年収600万円〜の求人
在宅もOKのワークライフバランス求人
会計事務所から経理へ転職歓迎の求人
などなど、好条件人が多数ありますよ。
>>10,097件の求人を見てみる

(未経験OK求人の例:クリックで拡大)

(経験者むけ求人の例:クリックで拡大)

↑まずは無料アカウントを作って

いろんな経理求人を見てみることからスタートしてみてください。

転職活動はしっかり情報収集することから始めるのが大切ですよ。

※↓メールアドレスはこちらで無料取得できます。

グーグルのGmailまたはYahooメール

実際の経理求人で年収を見てみよう

(実際に募集されている経理求人を紹介します)

 

上で紹介した経理求人専門の転職サイトなら、

↓例えば以下のようなホワイト経理求人を見つけることができますよ。

  • 未経験でも年収400万円〜のホワイト企業求人
  • 在宅リモートワークOKのワークライフバランス求人
  • ゼロから仕事を教えてもらえる教育環境充実の求人
  • 誰もが名前を知る業界トップ企業の経理求人
  • 年収600万円スタートの実務経験者むけ経理求人
  • 決算前の繁忙期も残業なしなどワークライフバランス型の経理求人
  • 将来の管理職候補として入社できる経理求人
  • 会計事務所から経理へのキャリアチェンジ歓迎の経理求人
  • IPO準備業務の経験を積むことができる経理求人
  • CFO直下のポジションで働ける経理求人

(未経験者むけ経理求人の例)

(未経験者むけ経理求人の例)

(未経験者むけ経理求人の例)

(未経験者むけ経理求人の例)

(ワークライフバランス重視の経理経験者むけ求人)

(経理経験者むけの管理職候補求人)

(会計事務所から経理へキャリアチェンジ歓迎の経理求人)

(上場大手企業の経理求人例)

>>未経験もOK!現在募集中の経理求人を見てみる

今すぐは転職するかどうかわからないし…という方へ

(今すぐは転職するかどうかわからない…という人へ)

なんとなく今の環境に不満はあるし、

一生このままで良いなんてまったく思ってないけど

なかなか重い腰を上げられない…。

いま仕事している人もしていない人も、

↑毎日こんなふうに感じながら過ごしている人がほとんどだと思います。

転職活動なんて、はっきりいってめんどくさいですよね。

ただ、今すぐ転職する気がない人も、

転職サイトへの無料登録は早めにやっといた方が良いです。

ストレスや疲労が限界になると、

転職サイトに登録する気力すらなくなります。

管理人

特に、条件の良い経理求人は人気ですから、

日常的にこまめに情報リサーチしておくことが大切です。

経理求人専門の転職サイトで年収や勤務地などの条件を入力しておくと、

マッチする求人が出るたびに自動でメール通知してもらえるので活用しましょう。

↓こんな感じでメールが届きます。

自分が希望する条件にあった求人だけ

ピンポイントでピックアップしてくれるのでめっちゃ便利です。

(希望条件に合った求人だけが自動通知されます)

情報ってたくさんありすぎても

ごちゃごちゃしてわけからなくなりますからね。

情報があふれている時代なので、

自分の求める情報を見つけるスキルが大事です。

管理人

同じ転職サイトを使っていても、

良い求人を上手に見つけられる人と、

見つけられない人の違いはこういうところでも出ますね。

(自分の希望条件をしっかりめに入力してるだけなんですが)

>>経理求人専門の転職サイトで希望条件を入力しておく

つねに「逃げ道」を確保しておくのが大切(精神的にも)

(良い意味での「逃げ道」を確保しておくのが大切です)

 

経理求人専門の転職サイトで希望条件をしっかりめに入力しておき、

「ここいいかも…!」と気になる求人を見つけたら、

情報としてこまめにストック保存しておくようにしましょう。

手元に魅力的な求人がたくさんある状態を作っておくと、

いざ転職活動を始めるときに良いスタートを切ることができます。

また、日常的に転職サイトで求人リサーチするクセをつけておくと、

どうしても今の状態がつらくなったら転職もある

↑という「選択肢」を持てるのも重要ですね。

良い意味での逃げ道を確保できる感じです。

これって精神的にもかなり安定するんですね。

過労やストレスで倒れる前に早めの手を打つことができます。

転職サイトは完全無料で使えます。

いつでも利用やめられるのでリスクはゼロですよ。

年収などの条件の良い経理求人がたくさんあるので、

情報リサーチに徹底活用しましょう。

管理人

>>経理専門の転職サイトで実際の求人を見てみる

 

まとめ

経理 頭おかしくなる

(経理でもコツを掴めば長く働ける)

 

経理の仕事は、決算期の忙しさや細かい数字との格闘です。

精神的なプレッシャーが大きいことは容易に想像できますよね。

しかし、長期的に働き続けるコツもあるのです。

  • ストレスマネジメント
  • 資格取得
  • 自己肯定感を高め
  • コミュニケーション能力を磨く

以上のコツを意識することで長期的に働き続けられます。

また、経理職に向いているかの適性を見極めることも大切です。

管理職を目指すこともキャリアアップにつながります。

数字に強く、正確性を求められるのが経理の特徴です。

AIの進化によっても変化する可能性がありますが、

人間特有の分析力や判断力は引き続き重要です。

経理の道を歩むうえで、これらのポイントを押さえ、

自分のペースで成長を目指すことが大切です。

最後の最後にお伝えしたいこと

転職にしても仕事にしても、

成功する人って結局はこれなんですよね。

管理人

(個人的に衝撃を受けた本です)

 

転職活動を成功させるためもっとも重要なのは情報リサーチです。

経理で働くなら経理職専門の転職サイトを活用しましょう。

転職サイトへの登録って3分でできる作業です。

無料ですしいつでも解除できるのでリスクなんて何もありません。

変な連絡が来るようなこともありませんしね。

それでも、こういうかんたんな作業ですら

↓以下の2種類の人に分かれます。

管理人

  1. とりあえず今すぐやっておく人
  2. いつまでたっても何かと理由をつけてやらない人

これは転職活動だろうが仕事だろうが同じです。

(あなたのまわりにも2. みたいな人いませんか?)

ほんのちょっとの行動の差ですが、

理想の働き方に近づける人と、

いつまでたっても職場の文句ばかり言っている人とで違いが生じるのはこういうところなんですね。

↓今から1年後に、あなたはこのどちらになっていたいでしょうか。

  • 劣悪な雇用環境で給料も安く、
    雑用ばかりさせられる職場で年齢だけを重ねていく…。
  • やりがいがあり、給料の高い仕事で人間関係も良好。
    ワークライフバランス型の職場でプライベートも充実。

↑もちろん後者を目指しましょう。

>>今すぐ行動を起こす

管理人

ブログ管理人

1985年生まれ。未経験ニートで会計事務所入社→月給16万円で地獄のような目にあう→何度か転職して年収600万円→会計事務所から経理に転職→現在は経理の管理職/2018年開始の当ブログも6年目突入!おかげさまで累計34万人以上の方に読まれています。
>>自己紹介の記事はこちらです

© 2024 会計職のキャリア戦略