税理士事務所で給料が安い理由の9割はこれ。年収上がらないループからの脱出方法

2018年5月18日

税理士事務所 給料 安い

(税理士事務所でお給料稼げる人と、稼げない人の違いは?)

会計事務所(税理士事務所)は

給料が安いからやめとけ!

↑ネットの口コミでときどき見る意見がこれ。

これは確かに一理あるんですが、

税理士目指す人って税理士事務所で実務修業しないことには独立もクソもないんで、

税理士事務所で働かないという選択肢って基本的にありえないんですよね。

重要なのはどういう事務所で修行するか?です。

注意すべきはブラック事務所にまちがえて入らないことですね。

↓こんな感じで給料が激安なブラック事務所って

実際に存在していますんで。

管理人
税理士事務所 給料 安い

(年収の低い会計事務所求人の例)

 

↑こういう「◎円〜▲円」っていう書き方してる場合、

実務未経験者はたいてい低い方の金額を設定されます。

(上記の場合は250万円)

年収250万円…ってさすがに搾取しすぎだろ…

って思われると思いますが、

平気でこういう条件出してる事務所があります。

(上記は実際に転職サイトで募集されていた求人です)

私自身、最初に入社した会計事務所では

給料が激安で苦しんでました。

月給手取り16万円しかなかったんで、

おそらく年収300万円切ってたと思います。

管理人

その一方で、こちらのように

↓「未経験資格なし」でもわりと良い条件で募集されてる

税理士事務所もあるんですね。

税理士事務所 給料 安い

(比較的年収条件の良い税理士事務所求人例)

>>こちらに登録されている求人です

年収250万円と400万円(その差150万円)では、

月給ベースで12万円以上の差があります。

普通に考えて、自由に使えるお金が

毎月12万円違ったら生活水準にめっちゃ差がありますよね。

税理士事務所で働いている人の多くが税理士受験生です。

資格スクールに通うお金とかも考えたら、

お給料は少しでも高くしたいところですよね。

管理人

疑問なのは、上の2つのどちらも「未経験OKの求人」なのに、

なぜ稼げるお給料の額に差があるのか?です。

未経験者の場合、あたりまえですが

入社時点での能力に大した差はないですよね。

(どんなに優秀な人でも、入社直後から法人税申告とか自力でできないでしょう)

↓能力はほぼ同じなのに、

  • 給料が安い税理士事務所職員
  • 高年収な税理士事務所職員

↑この2種類の人がいるわけです。

この差が生じるのってなぜなんでしょうか?

これには実はちゃんと理由があるのです。

以下では、この業界で10年以上働いて、

給料が安い事務所(年収300万円未満…)と、

給料が高めの事務所(年収600万円以上)の両方で働いた経験がある私が、

税理士事務所職員の給料が決まるカラクリを赤裸々にお教えしましょう。

税理士事務所で給料が安い理由の90%以上はこれ

税理士事務所 給料 安い

(税理士事務所で給料が安い理由は90%以上がこれ)

 

もったいぶらずに結論から行きましょう。

税理士事務所で給料が安い/高いがあるのは、

単純に「もうかっている事務所」

「もうかってない事務所」の2種類があるからです。

職員の給料は事務所の売上から支払われますから、

もうかってない事務所で働いていたら、

当然ながら稼げるお給料は低くなります。

注意してほしいのは、

あなたがどれだけ優秀な人であったとしても、

もうかってないダメな事務所を職場として選んでしまうと、

いつまでたっても稼げるようにはならないという点です。

管理人

実際、仕事ができて税理士試験4科目持ってるとかの人なのに、

年収300万円台…みたいな人って普通にいます。

ちゃんとした事務所に転職すればもっと給料上げられるのに、

なんとなくその状況を受け入れてしまってる人って、

この業界にはめっちゃ多いんですよね。

なんでみんな安い給料を受け入れちゃうのか?なんですが、

↓税理士業界に入ってくる人って

「しばらくは事務所職員のサラリーマンとして修行するつもりだけど、

3年〜5年ぐらいで税理士試験に合格し、その後は独立するつもり。

どうせ独立するんだから、職員時代の給料は多少安くても気にしない」

↑こういう感じで転職活動しちゃう人が多いんですよ。

(実際、私自身も最初の事務所に入るときはそうでした)

でも、こういう事務所の選び方って絶対に避けたほうが良いです。

一時的にとはいえ、自分の人生を預ける職場ですからね。

将来的に独立を目指すにしても、

開業資金を貯めないといけません。

職員時代のお給料は高いほうが良いに決まっています。

税理士事務所で高い年収で働くには?

税理士事務所 給料 安い

(しっかりとお給料を稼げる税理士事務所で働きましょう)

 

くりかえしになりますが、

同じ働くなら給料は高い方がいいに決まっています。

(お金の専門家である税理士が、実は貧乏…とかかっこ悪すぎますし)

そのために重要なのは、

職員の給料を平均よりも高めに設定している事務所で働くことです。

将来的には独立を目指す人も、

職員時代から年収にはこだわって働きましょう。

そのほうがレベルの高い仕事を身につけられますしね。

実務レベルの低い事務所で修行しても、ろくな税理士にはなれません。

それに、年収高めに設定されている事務所って職員のモチベーションも高いんで、

労働環境も良かったりするんですね。

(みんな仕事の意欲が高いので、メリハリよく働いてて残業も少なかったりする)

上で紹介したような年収条件が平均よりも高く、

労働環境の良い税理士事務所求人は、

税理士業界専門の転職サイトでたくさん見つかります。

無料アカウントを作ると、

いろいろ条件を指定して求人検索できますよ。

管理人

ヒュープロ(税理士業界専門の無料転職サイト)

ホワイト事務所の求人多数あり!

ヒュープロは、税理士業界専門の無料転職サイトです。
↓以下のようなホワイト事務所求人がたくさん見つかりますよ。
未経験資格なしOK年収400万円の求人
経験2年以上で年収600万円の求人
BIG4など大手税理士法人の求人
税理士試験と両立しやすい残業なし求人

↓ヒュープロ掲載の事務所求人の例(画像クリックで拡大)

(実務経験者むけの求人)

(未経験者OKの求人)

↑サイト内で希望する事務所規模や年収の条件を入力しておくと、

マッチする求人が登録されるたびに自動通知してくれて便利ですよ。

今すぐは転職するかどうかわからない人も

情報リサーチに活用できますので、

無料アカウントを作って希望条件を入力しておきましょう。

年収の高い会計事務所求人の具体例

会計事務所 給料 安い

(未経験OKの会計事務所求人)

会計事務所 給料 安い

(未経験OKの会計事務所求人)

(↑※画像クリックで拡大できます)

>>未経験OKの会計事務所求人を見てみる

実務経験がまだない未経験者の場合、

会計事務所の平均年収は300万円程度です。

そんな中で、年収400万円スタートという事務所も普通にあります。

「月給25万円程度+ボーナスで月収3ヶ月分」という感じですね。

 

なお、実務経験者向けの求人では、

↓こちらのように年収600万円〜の高年収事務所も普通にあります。

会計事務所 給料 安い

(資産税特化型の事務所:実務経験者向け)

会計事務所 給料 安い

(大手税理士法人の求人)

>>実務経験者向けの会計事務所求人を見てみる

 

年収が高い分、仕事がきついのでは…と思われるかもしれませんが、

会計事務所は年収の低いところでも仕事はきついです。

(あまりにも残酷な感じがしますが)

税理士業界は、仕事は優秀だし性格もまじめなのに、

事務所選びを失敗したことで低年収になってしまっている人があまりにも多いです。

会計事務所の実務経験が1年以上ある人なら、上で見たような

資産税などの特化分野を持つ事務所や、

スタッフ100名以上の大手事務所も選択肢に入れることができます。

こうした事務所では職員の給料も高く設定されていることが多いですから、

ぜひ選択肢に入れてみてください。

高年収を稼ぎたいなら「もうかってる事務所」に所属して働くのが重要

会計事務所 給料 安い

(同じ会計事務所でも給料がぜんぜん違う理由は?)

もうかっている事務所に所属すれば、

未経験者でも良いお給料をもらえます。

その一方で、もうかっていない事務所に所属してしまうと、

どんなに優秀で頑張っている人でも安いお給料しか稼げません

未経験者は、入社時点での実務能力はみんな同じくゼロです。

(税理士試験の合格者を含めて、いきなり自力で申告書を作れる人なんていません)

これは純粋に所属先の事務所の収益力に基づく差であるのはまちがいないでしょう。

一般企業でも、大手企業で働く人と中小企業で働く人とで、

能力には大きな違いはないでしょう。

(むしろ中小企業で危機感持ってばりばり働いている人の方が能力高いことは多い)

それでも、収益力のある大手企業で働く人の方が、

たくさんお給料をもらっているのが現実です。

すでに独立している人でない限り、

税理士資格をもっていようがなかろうが私たちはサラリーマンです。

サラリーマンとして高いお給料を稼ぐためには、

所属先の企業がきちんと収益を出している必要があるのです。

もうかっている事務所と、もうかっていない事務所の違い

会計事務所 給料 安い

(もうかっている会計事務所と、そうでない事務所の違いは?)

 

会計事務所でしっかり給料を稼げるようになるためには、

もうかっている事務所に所属して働くことが大切だということを説明しました。

それでは、もうかっている会計事務所というのはどういうところなのでしょうか。

↓具体的には、以下のいずれかの特徴があります。

それぞれのポイントについて、順番に見ていきましょう。

1. 顧問料を高く設定できている

会計事務所というのは、顧問料ビジネスの仕事です。

(毎月お客さんから顧問料を払ってもらうかたちでかせぐビジネスモデル)

↓なので、収益を増やすためには、基本的には以下の2つしか方法がありません。

  1. 顧問先の数を増やす
  2. 顧問料単価をあげる

↑このうち、1.顧問先の数を増やすはかなりハードルの高い問題です。

お客さんを見つけられるか?という問題だけでなく、

そのお客さんを担当できる人材(従業員)を確保する必要があるからです。

会計や税務について顧客にアドバイスできるレベルの従業員を育成するには、

どんなに早くても3年ぐらいはかかります。

管理人

なので、もうかっている会計事務所というのは、

顧問先の数を増やすことよりも、

顧問先1件あたりの顧問料単価をあげること(上の2.)に注力しています。

もうかっている事務所は、

顧客1件あたりの顧問料を高く設定できている傾向があるのです。

(逆に、もうかっていない事務所は1件あたりの顧問料が安い傾向があります)

会計事務所が顧問料を高く設定できているか?は、

その会計事務所のホームページなどをみるとなんとなくわかります。

具体的な金額は書いていないことが多いですが、

  • 格安の顧問料をアピールしている会計事務所と、
  • 質の高いサービス(=その代わり顧問料は割高)をアピールしている会計事務所

の2種類があることに気づかれるはずです。

(現在も会計事務所の職員として働いている方も、

ご自身の所属先事務所のホームページをよく見てみてください)

>>もうかっている事務所の3つの特徴(一覧)にもどる

2. 優良顧客の開拓ができる所長税理士が運営している

このように、会計事務所が高い顧問料を設定するためには、

もうかっている優良な企業を顧問先として持たなくてはなりません。

もうかっている会計事務所は、この点をうまくやれていることが多いです。

もうかっている会計事務所は、

上場を目指しているような収益力の高い中堅企業や、

医療法人や作家や芸能人など「お金をたくさんもっている人たち」を

顧問先としてがっちり押さえていることが多いです。

管理人

こうした優良顧客を顧問先として持つことができるか?は、

会計事務所の経営者である所長税理士のビジネスセンス(営業力)にかかっています。

(職員は営業マンではないですから、

顧客開拓については所長税理士がメインでやっているケースがほとんどです)

この点、税理士として優秀であっても、

必ずしもビジネスセンスのある経営者であるとは限らないことに注意が必要です。

中には、勉強ばかりしてきてすぐ独立したので、社会人経験が実はほとんどない…。

というような税理士もいるのが実際のところですね。

ビジネスセンスのない所長税理士のもとで働くことになってしまうと、

あなたがどれだけ優秀でまじめに働いていたとしても、

お給料がいつまでたっても上がらない…

という事態になってしまう可能性があるのです。

(これがブラック事務所が生まれる理由です)

管理人

上で述べたようなことは、いずれもごく当たり前のことです。

いうまでもなく、会計事務所の職員のお給料は、

事務所の売上から払われているからですね。

しかし、意外にこの点が盲点となっている人が少なくありません。

3. 資産税など「もうかる分野」で仕事をしている

また、会計事務所は資産税業務(相続税申告など)を専門で扱っているかどうか?

で稼げる給料がかなり違ってきます。

↓例えばこちらは未経験者でも応募できる求人ですが、

給料がかなり高めに設定されていますね。

管理人
会計事務所 給料 安い

(未経験者OKの会計事務所求人)

>>資産税特化型の会計事務所求人を見てみる

 

年収480万円なら、ボーナスが月給3ヶ月分だったとすると月給30万円超えますね。

将来的に税理士として独立することを考えている方にとっても、

相続税税業務を扱えることは大きな強みになりますよ。

相続税業務に関する実務経験をゼロから積める会計事務所は、

転職先の選択肢としてかなり魅力的といえるでしょう。

(税理士試験では相続税を科目選択しておくのが良いですね)

給料上げたいなら「どうでもいいサイトのクソの役にも立たないアドバイス」をあてにするな

税理士事務所 給料 安い

(会計事務所で給料を上げるにはどうしたらいいのか?)

 

会計事務所の職員が給料を上げるためには、

具体的に何をどうしたらいいのか?

↓この問題について、多くのサイトでは以下のような

あたりさわりのないアドバイスをしているでしょう。

  • 顧問先企業への付加価値を高めましょう!
  • より多くの顧問先を担当できるように効率的に仕事をこなせるようになりましょう…!

しかし、私はこんなクソの役にも立たないようなきれいごとはいいません。

はっきりいって「まじめにがんばっているだけ」では、

会計事務所職員の給料は上がっていかないのが現実です。

(勤続1年ごとに月3000円アップ…とかはあるかもしれませんが、

それって意味あります…?)

会計事務所の職員として給料をあげたいなら、

「もうかっている事務所で働くこと」

が絶対に必要です。

すでに見たように、会計事務所の収益は、

顧問先1件あたりの顧問料設定によってほぼ決まります。

あなたの給料は所属先事務所の収益から支払われますので、

自分の事務所がもうかっているのか?は、

あなたの給料を決めるもっとも重要な要因なのです。

つまり、会計事務所職員としてのあなたの給料は、

どの事務所に入社したか?

の時点でほぼ決まっているといっても過言ではありません。

管理人

独立を目指す人も「職員時代の給料」にこだわらないといけない理由

税理士を目指す人の多くは、

  • まずは未経験で税理士事務所に入社し、
  • 実務経験を積みながら3年〜5年ぐらいかけて税理士試験に合格し、
  • その後に独立(または大手事務所や一般企業に勤務税理士として転職)

↑というキャリアを検討しているでしょう。

実際、私もこういうプランを立てていました。

確かに今の自分の給料は安い。

でも、税理士試験に合格して、

独立して自分の事務所を持てば一気に取り返せるはず…。

と思って頑張っていたんですよね。

当時の私の給料は月給で手取り16万円ぐらい。

年収だと200万円台でした。

生活していけないレベルではありませんが、

20代後半になってこの金額はかなり厳しかったです。

管理人

↓当時の私は、こういう感じで非常にしんどい思いをしながら働いていました。

  • 毎日残業しているのに残業代が出ない。
  • 繁忙期には毎日深夜まで残業する。日付が変わることもある。
  • 一人当たりの担当顧問先は常時30件超。繁忙期以外にも慢性的に残業が発生。
  • 毎日、へとへとになって午後8時ごろに仕事を終わり、そこから資格スクールに行って補講のDVDを見て勉強…(生の講義時間には間に合わない)
  • 所長税理士は「勉強させてやってるんだからこの程度の給料で当たり前」と常に横柄な態度…。

ただ、最初の会計事務所で働き始めて2年ちょっと経ち、

貯金もまったくできておらず、仕事の激務さからその年の税理士試験で全滅(2科目受けてどっちも不合格)したことから、

このままではひょっとしてダメなのかも…。

と思い始めたんです。

雇用環境が劣悪なブラック事務所で、

仕事をしながら税理士試験に合格するのはほぼ無理です。

将来的に独立するにしても開業資金は必要になります。

独立前提で会計事務所で働く人も、

職員時代にどのぐらいのお給料を稼げるのか?

はきちんと考えておく必要があるのです。

うちの事務所って、ひょっとしてブラックなのかも…と考えた私は、

別の事務所に転職することを本格的に考え始めました。

よくよく考えてみたら「よその事務所の職員ってどんな感じで働いているのか?」

についてきちんと情報収集をしたことってなかったんですよね。

税理士事務所はどこも同じような仕事をしている(転職しやすい)

私自身、3社の税理士事務所を経験して実感したことですが、

会計事務所の職員というのは、

どこでも基本的に同じ仕事をしています。

月次監査をして、決算と税務申告。

それにプラスアルファで

月次監査時に試算表を見ながら経営指導という感じですね。

(あと、単発で相続税申告や税務調査の立ち合いなど)

管理人

なので、1つの事務所で一人前に仕事ができるようになれば、

別の事務所では「即戦力扱い」で採用してもらうことができます。

1つの顧問先について一人前に税務申告まで完了できるようになるには、

3年程度の実務経験があれば十分可能でしょう。

同じ仕事をしていても、もらえる給料の金額には雲泥の差が…。

私の場合、3社の会計事務所を経験したのですが、

どこでも仕事内容はあんまり変わっていないのに、

所属する事務所によって受け取れる給料の金額には雲泥の差がありました。

これは別に私の能力がアップしたからではありません。

ただ「自分の所属する事務所がもうかっていたか、もうかっていなかったか」の違いです。

同じ仕事をしているのに、

どの事務所に所属するか?によって稼げる給与額がかなり違ってくるのですから、

転職活動は慎重に行わないとめちゃくちゃ損してしまいます。

注意してくださいね。

管理人

労働環境が劣悪なブラック事務所でぜったいに働きたくない人へ

(ブラックな会計事務所で働きたくない人へ)

いま働いている人も、これから働く人も、

ブラックで過酷な環境で働きたくないなら、

働く事務所をまちがえないことがたいせつです。

(求人探しの段階でブラック事務所を候補にいれないこと)

そのためには、転職活動の準備段階で

情報リサーチをしっかり行うようにしてください。

具体的には税理士業界専門の転職サイトを使って、

いま世の中に出ている最新の事務所求人をチェックするようにしましょう。

↓以下のような転職サイトを使うと、

会計事務所の求人情報にアクセスできるようになります。

無料アカウントを作っとくと、

いろいろ条件指定して求人検索できるようになるので便利ですよ。

管理人

ヒュープロ(税理士業界専門の無料転職サイト)

ホワイト事務所の求人多数あり!

ヒュープロは、税理士業界専門の無料転職サイトです。
↓以下のようなホワイト事務所求人がたくさん見つかりますよ。
未経験資格なしOK年収400万円の求人
経験2年以上で年収600万円の求人
BIG4など大手税理士法人の求人
税理士試験と両立しやすい残業なし求人

↓ヒュープロ掲載の事務所求人の例(画像クリックで拡大)

(実務経験者むけの求人)

(未経験者OKの求人)

マイナビ税理士

科目合格3科目以上の人へ!有資格者ための転職サイト

マイナビ税理士は、転職大手マイナビが運営する税理士専門転職サイトです。
BIG4税理士法人国内大手税理士法人など大手事務所の求人が豊富にあるのが特徴ですね。
ただし、登録時に科目合格をチェックされ3科目以上合格の人が目安となるので注意しておきましょう。

マイナビ税理士 評判

(BIG4税理士法人の求人)

マイナビ税理士 評判

(国内大手税理士法人の求人)

いろんな転職サイトを比較してみたい人は

↓こちらの記事で選び方を解説してますのでどうぞ。

管理人

↑これらのサイトのように、

税理士事務所の求人だけ

専門であつかう転職サイトを使うのが、

この業界での転職成功のコツです。

税理士業界専門のサイトなら、

ハローワークや、一般向けの転職サイト(リクナビなど)よりも

登録されている求人の質が高いんです。

管理人

正直、税理士業界に転職するなら

ハローワークは使わない方が良いと私は思ってます。

(実際、私が1社目に入社したブラック事務所はハローワーク経由で応募しました)

情報リサーチには税理士業界専門の転職サイトを使うようにしましょう。

税理士業界専門サイトなら、

↓例えば以下のような求人を見つけることができますよ。

  • 未経験・資格なしでも年収400万円スタートの事務所求人
  • リモート勤務OKな税理士事務所求人
  • 税理士試験と両立できるワークライフバランス重視の求人
  • 一般企業の経理で会計事務所経験者を積極採用している求人
  • 相続税申告の実務経験を積むことができる事務所求人
  • 将来的に独立を目指すのもOKな事務所求人
  • 医業や社福法人など「もうかる分野」で活動している事務所求人
  • 社労士や司法書士など他分野の士業と提携している事務所求人

(在宅ワークOKな会計事務所求人)

(実務経験者向けの資産税事務所求人)

(未経験・資格なしでも年収400万円〜の求人)

(科目合格者は待遇面で優遇してもらえる事務所求人)

>>現在募集中!税理士事務所求人を見てみる

(ライバルに負ける?)今すぐは転職しない人も転職サイトへの無料登録はやっとくべき理由

(今すぐは転職する気はない人も、転職サイトへの無料登録だけは早めにやっときましょう)

今すぐは転職する気はないけど、

今の環境にはなんとなく不満と不安がある…。

(なのでいろいろ調べてる)

↑私のブログを読んでくださっている方の多くは、

おそらくこういう段階だと思います。

転職活動って正直ハードルが高いですよね。

転職なんて、

人生でそう何度もあることではありませんから。

管理人

ただ、こういう段階の人も、

転職サイトへの無料登録だけは早めにやっておいた方が良いです。

(転職サイトは完全匿名で使えます)

転職って運もあって、

たまたま良いタイミングで、良い求人に出会えるか?

で決まっちゃうことも多いんです。

なので、転職サイトに登録だけはやっておいて、

常に最新の求人情報がスマホに入ってくるようにしておくのが重要ですよ。

転職サイトで無料アカウントを作って、

自分が求める年収条件などを登録しておきましょう。

これだけやっておくと、

条件にマッチする求人が出るたびに自動通知してもらえて便利です。

好条件な求人を見逃すリスクがなくなりますよ。

>>「なんで無料?電話勧誘がしつこい?」など、
転職サイトについてのよくある質問はこちら

現状への不満とストレスが限界を迎えると、行動する気力がなくなる

(いまの環境への不満とストレスが限界を迎える前に手を打っておきましょう)

 

いま現在の環境への不満とストレスが蓄積されると、

転職サイトに登録する気力すらなくなるものです。

(そうなると、さらに現状への依存度が高まって

抜けられなくなる…という無限ループにはまりがち)

転職サイトで気になった求人をブックマークしておくだけでも、

今の場所で精神的に限界が来たら転職もある。

自分には別の選択肢もある。

↑と気づけます。

ストレスでどうしようもなくなる前に転職という手を打つことができますよ。

これって、今の職場で働く上でも

精神的な安定につながります。

いい意味での逃げ道を常に準備しておくのが大事ですね。

(英語では「プランBを持っておく」的な言い方をします)

管理人

転職サイトは無料で使えて、

合わないと感じたらいつでも解除できます。

(変な連絡がくるようなこともありません)

今すぐは転職できない人も、

無料アカウント登録だけはやっておきましょう。

優良求人が集まっている

↓おすすめの転職サイトはこちらです。

(完全無料・完全匿名で使えるサイトです)

\ 未経験・資格なしOK!年収400万円〜/

無料登録して求人を見る

>>「なんで無料?電話勧誘がしつこい?」など、
転職サイトについてのよくある質問はこちら

なぜ「最大手のリクナビ」をおすすめしないのか?

(会計事務所に転職するなら「税理士業界専門」のエージェント会社を使いましょう)

 

転職サイトっていろんなところがありますよね。

この記事を書いている2022年現在で、

なんと1万社以上あるそうです。

最大手のリクナビの方が、

学生時代の就活でも使ったのでなじみがある…

という方も多いかもしれませんね。

管理人

ただ、税理士業界って採用側も応募側もかなり事情が特殊です。

必ずしも大手の事務所が環境良いわけではないですし、

仕事探す側も税理士受験生だったり、

キャリアスタートの年齢が高めの人が多かったりと、

普通の求職者とは異なる事情が多いんです。

こういった「特殊事情」をふまえて転職活動していくなら、

税理士業界専門の転職サイトを使うべきです。

見られる求人の質がまったく違いますし、

担当してくれるエージェントも

会計事務所経験者だったりするので、

税理士業界の裏事情にものすごく詳しいんですね。

  • ブラックな会計事務所で絶対に働きたくない人
  • 将来は独立を見すえ、ちゃんと年収を稼げる税理士になりたい人
  • 税理士試験との両立ができる事務所で働きたい人
  • 会計事務所での経験を生かして経理に転職したい人

↑これらに該当する人は、

税理士業界専門の転職サイトを活用しましょう。

転職サイト・転職エージェントについてのよくある質問(と回答)

転職サイトや転職エージェントについての

↓よくある質問と回答はこちらでまとめています。

管理人

まとめ

今回は、税理士事務所の給料の実態について解説しました。

税理士業界で働く人には給料の安い人と、高い人がいます。

その給料の差は、

事務所そのものがきちんと利益を出していて、もうかっているか

↑で決まるという話でした。

同じ働くなら、給料は高いほうがいいに決まっていますよね。

現在の雇用環境に不満を感じている人や、

きちんと給料を稼げる会計事務所で働きたい人は、

きちんと収益を出していて、

従業員に還元している事務所を選ぶようにしてください。

今すぐは転職活動を始められない人も、

いまどういう事務所が求人を出しているのか?

の情報収集は今すぐ始めておきましょう。

管理人

(未経験OKの会計事務所求人)

(経験者向けの会計事務所求人)

↑こういう働きやすい環境のホワイトな事務所の求人って、

本当にあっというまに募集が締め切られます。

日常的に情報リサーチして目星をつけておき、

行動するタイミングになった時に迷わないようにしておくことが必須です。

劣悪な環境で働きたくないのはみんな同じです。

他人より良い環境に行きたいなら、頭ひとつ抜けでた行動は必要ですよ。

ハードルを上げ過ぎる必要はありませんが、

上を目指すならなんとなく今の延長で日常を過ごしているだけ…

ではやはりダメです。

管理人

情報が意識しなくても自動的に入ってくるように環境を整えておくのがポイントですね。

具体的には転職サイトで無料アカウントを作り、

希望する転職条件をサイト内でしっかりめに入力しておきましょう。

↓これをやっとくだけで、あなたにマッチする事務所求人が出た瞬間にメール等で自動通知してもらえます。

ヒュープロ 評判

会計事務所求人専門の転職サイトで無料アカウントを作り、最新の情報が自動的に入ってくるようにしておきましょう)

(未経験者向けの会計事務所求人)

(実務経験者むけの会計事務所求人)

\ 優良事務所の求人多数あり!/

無料登録して求人を見てみる

↑気になった事務所の求人をこまめにチェックしておくと、

税理士業界の年収相場や、求められるスキルについても自然と頭に入ってきます。

今すぐには転職できない人も、

いざ就活スタートとなったときに

ロケットスタートでライバルに差をつけることができますよ。

>>税理士業界専門の転職サイトで求人を見られるようにしておく

管理人

最後の最後にお伝えしたいこと

↓成功するために大事なのって、結局はこれなんですよね。

(日本は資本主義社会なので、就活も仕事も競争はあります)

(個人的に衝撃を受けた本です。こちらからスマホでも今すぐ読めます

 

転職活動を成功させるためにもっとも重要なのは情報収集です。

そして、税理士業界での情報収集は「税理士業界専門の転職サイト」を活用することが必須になります。

転職サイトへの登録って、3分でできる作業です。

お金もかかりませんし、

いつでも解除できるのでリスクなんて何もありません。

管理人

↓ですが、こういうかんたんな作業ですら以下の2種類の人に分かれます。

  • とりあえず今すぐやっておく人
  • いつまでたっても理由をつけてやらない人

これは就活も普段の仕事も同じです(あなたのまわりにもいませんか?)

ほんのちょっとの行動の差ですが、

稼げるようになる人といつまでたっても稼げない人とで違いが生じるのはこういうところなんです。

↓今から5年後に、あなたはこのどちらになっていたいでしょうか。

  • 劣悪な雇用環境で給料も安く、税理士試験もいつまでたっても科目合格ゼロ…。貯金もゼロ…。
  • 働きながらスピーディに5科目合格達成。年収高めなので独立資金のめどもある程度ついている。あとは税理士としての実務能力を高めていくだけ…!

もちろん後者を目指しましょう。それは誰でも可能です。

>>今すぐ行動を起こす

管理人

税理士事務所の求人探すならここ!おすすめ転職サイトランキング【厳選5社】

この記事では、税理士業界(会計事務所)への転職を目指す人におすすめの転職エージェントを紹介しています。税理士業界はかなり特殊な業界です。年収や福利厚生が良い会計事務所求人を見つけたい人は、税理士業界(会計事務所)専門の転職エージェントを使うようにしましょう。

続きを見る

税理士事務所なんてどこもブラックばかり…という方へ。

おそらく「求人を探す場所」でミスをしている可能性が高いです。

(まちがえてもハロワとかリクナビで探さないでください)

年収などの条件が良いホワイト事務所の求人は、

税理士業界専門の転職サイトで探しましょう。

管理人

↓下記サイトは税理士事務所の求人だけを専門で扱う無料転職サイトです。

  • 在宅対応で繁忙期も残業ゼロの事務所、
  • 税理士試験と両立できる環境の事務所
  • 未経験資格なしでも年収400万円〜

↓などなど、好条件なホワイト事務所の求人が多数ありますので、

無料登録して求人検索してみてください。

(無料アカウントを作ると年収や残業時間などの詳細をチェックできます)

(ヒュープロは税理士事務所の求人専門の無料転職サイトです)

\ ホワイト事務所の求人多数あり/

無料登録して求人を見てみる

© 2022 会計職のキャリア戦略