会計事務所(税理士事務所)の給料が安い理由。高年収な税理士になりたい人が知っておくべきこと

2018年5月18日

会計事務所 給料 安い

(会計事務所の給料は安い?)

  • 会計事務所の給料は安い?
  • 未経験入社だと平均年収はいくら?
  • 税理士業界で年収高い人と年収低い人の違いって?
読者様

ネットの口コミ情報などをみていると、

会計事務所は給料が安いからやめとけ

という情報を見かけます。これって本当なんでしょうか?

そうですね。

残念ながら給料がとても安い事務所が存在しているのは事実です。

私自身も、年収200万円代で働いていた時期があります。

ちなみに繁忙期には毎日終電ギリギリまで残業していました。

(今から思えば完全ブラックですね)

管理人

もちろん、会計事務所はこんなブラック企業のような環境のところばかりではありません。

中には高年収を稼げるホワイトな事務所もありますよ。

重要なのはどういう事務所を自分の勤務先に選択するか?です。

会計事務所で働く人が低年収になりがちな理由

会計事務所 給料 安い

(会計事務所で働く人の給料が安くなりがちな理由は?)

 

なぜ、会計事務所で働く人は低年収になってしまいがちなのでしょうか。

いろんな原因が考えられますが、一番問題なのが

就活時に雇用条件にこだわらない人が多すぎる点ですね。

管理人

税理士を目指す人って、最終的には独立して自分の事務所を持つことを目指している人がほとんどです。

なので「いまは給料安くても実務をきちんと学べるならいい。どうせ数年後には税理士資格とって独立するし…」という感じで働く事務所を選んでしまう人が多いんですよね。

↑結論から言うと、こういう就活(転職活動)のしかたって絶対に避けた方が良いです。

独立するにしても資金はコツコツ貯めないといけませんし、資格スクールに通う費用も必要になります。

また、職員時代にまともなお給料を稼げていない人は、たとえ独立しても低年収になってしまう可能性が高いです。

(職員時代は低年収だったけど、独立していきなり稼げるようになった!なんて人は見たことがありません)

さらにいうと、ブラック事務所で働きながら税理士試験の勉強と両立なんてとても無理です。

いい加減なかたちで勤務先の事務所を選んでしまうと、

年齢だけを重ねて税理士資格も取れず、年収も低くて毎日激務…という最悪の状況になってしまいますよ。

私も最初にブラック事務所で3年働き、

さすがにここで働き続けるのはやばすぎる…

と思って別の事務所に転職しました。

管理人

税理士業界で高年収になる方法

会計事務所 給料 安い

(高年収の税理士になるには?)

 

それでは、会計事務所で高年収になるにはどうしたらいいのでしょうか。

↓ポイントは、以下の2つの条件を両方満たす事務所を勤務先として選ぶことです(両方を満たしていることが重要)

  1. きちんと利益を出している事務所
  2. どんどん組織を大きくしていくモチベーションのある事務所

↑「1.きちんと利益を出している事務所」この条件については当然ですね。

事務所そのものがもうかっていないと、そこで働く職員が高年収になれるわけがありません。

ただ、きちんと利益を出している「だけ」ではダメなんです。

所長税理士がすべての利益を独占している事務所もたくさんあるからです。

こういう事務所では人がどんどん辞めていきますが、所長税理士としては自分がもうかっていればそれでOKなので気にしません。

コアなベテラン職員を数名だけ確保しておき(この人たちだけ高年収。所長税理士の親族だったりする)、

あとは若い人をどんどん採用してはつぶれるまで搾取して…というループで仕事をまわすかたちになりがちです。

事務所の規模としては現状維持でOKなので、これでもなんとかなってしまうんですよね。

私が働いていたブラック事務所も職員20名程度の事務所でしたが、

ベテラン職員が5人いて、あとは20代の若手だけ…

というかたよった人員構成になっていました。

3年以内にベテラン以外のほぼすべてのスタッフが入れ替わる

という悲惨な状況でしたね。

管理人

重要なのは「組織を大きくしていくモチベーションのある事務所」を選ぶこと

会計事務所 給料 安い

(組織をどんどん拡大していくモチベーションを持った事務所を勤務先として選ぶことが重要です)

 

そこで重要なのが「2.どんどん組織を大きくしていくモチベーションのある事務所」の条件になります。

会計事務所ってモノを売るビジネスではなく、ヒトの技術(会計や税務の知識)を売るビジネスです。

なので、事務所を大きくしていくためには時間をかけた人材教育が必須になります。

会計事務所で一人前になるには少なくとも3年ぐらいはかかりますので、この間に辞められてしまっては事務所としては組織を大きくしていくことができません。

必然的に、こういう事務所(組織を大きくしていくモチベーションが高い事務所)では、福利厚生やお給料にも気を使い、なんとか職員の定着率を高める努力をしているものです。

事務所職員の多くは税理士試験の受験生なので、

勉強との両立をしやすいように

業務量を調整するなどしてくれます。

管理人

会計事務所で働くなら、この2つの条件(事務所そのものが利益を出していて、組織規模を大きくしていくモチベーションが高い)を満たすホワイトな事務所を選びましょう。

税理士業界で高年収になるためには、これは必須です。

これを知らずに「仕事が覚えられればOK」と適当に就活してしまい、ブラック事務所で地獄のような目にあう人がものすごく多いです。

この記事を読んでくださるあなたは、こういう悲惨な状態にならないように注意してください。

環境劣悪なブラック事務所で働きたくない人へ

(ブラックな会計事務所で働きたくない人へ)

 

いま働いている人もこれから働く人も、ブラックで過酷な環境の会計事務所で働きたくないなら情報収集はしっかり行うようにしてください。

具体的には税理士業界専門の転職サイトを使って、

いま世の中に出ている事務所の最新の求人情報をリサーチするようにしましょう。

管理人

↓転職サイトに無料登録すると、好条件な会計事務所求人の情報にアクセスできるようになります。

最速転職HUPRO(ヒュープロ)

未経験者もOKの税理士事務所求人探すならここ!

ヒュープロは税理士業界専門の転職エージェントです。
未経験資格なし年収400万円の求人や、試験勉強との両立がしやすい環境の求人が多数登録されていますよ。
これから税理士目指してキャリアスタート!という方はここを使いましょう。

(未経験者向けの求人例:クリックで拡大)

(未経験者向けの求人例:クリックで拡大)

↑こうした「税理士業界専門の転職サイト」では、

転職エージェントが実際に事務所をまわって所長税理士や現役職員にヒアリングした事務所のナマの情報を知ることができます。

求人を出している事務所について、

  • 社風や所長税理士の人格
  • 給料やボーナスの具体的な実績値
  • 月間・年間の残業時間数
  • 税理士試験の科目合格者がどのぐらいるのか
  • 試験勉強を応援してくれる事務所か否か
  • 職員の男女比率や年齢構成

などの情報が細かくわかります。

管理人

会計事務所の求人だけを専門で扱っているサイトなので、

ハローワークやリクナビ・マイナビといった一般向けの転職サイトとは情報の質がまったく違いますよ。

こうした求人情報の中から特に条件の良い事務所の求人を「非公開求人」として転職エージェントに紹介してもらうことも可能です。

ハローワークの求人などではあり得ないような好条件の事務所を選択肢にできるんです。

なお、転職エージェントにお金を払うのは採用を行う事務所側だけなので、私たち求職者側は無料で使えます。

お金が1円もかかることはないので、安心して使うことができますよ。

税理士業界専門サイトの非公開求人には、

↓以下のような求人がそろっています。

管理人

  • 未経験・資格なしでも年収400万円スタートの事務所求人
  • 税理士試験と両立できる環境(繁忙期も残業なしなど)の事務所求人
  • 資産税の実務経験を積むことができる事務所求人
  • 将来的に独立を目指すのもOKな事務所求人
  • 医業や社福法人など「もうかる分野」で活動している事務所求人
  • 社労士や司法書士など他分野の士業と提携している事務所求人

(転職サイトでは年収や科目合格の有無・勤務地などの条件を指定して求人検索できます)

(実際に登録されている求人例:未経験でも年収400万円〜500万円スタート)

 

まずはサイト内で無料アカウントを作り、求人検索をしていろんな事務所の情報を見てみてください。

(特に条件の良い非公開求人までチェックするにはアカウント作成が必要です)

入社時の条件面でゆずりたくない人は、情報収集を日頃からしっかりしておくようにしましょう。

>>税理士業界専門の転職サイトで実際の求人を見てみる

会計事務所に転職する人は「税理士業界専門の転職エージェント」を使おう

(会計事務所に転職するなら「税理士業界専門」のエージェント会社を使いましょう)

 

転職エージェント会社っていろんなところがありますよね。

この記事を書いている2021年現在で、なんと1万社以上あるそうです。

(コロナ禍で廃業になったところもあって、数はだいぶ減ったらしいですが)

リクナビやマイナビなどの転職エージェントの方が、

学生時代の就活でも使ったのでなじみがある…

という方も多いかもしれませんね。

管理人

ただ、税理士業界って採用側も応募側もかなり事情が特殊です。

必ずしも大手の事務所が環境良いわけではないですし、

仕事探す側も税理士受験生だったりキャリアスタートの年齢が高めの人が多かったりと、普通の求職者とは異なる事情が多いです。

こういった「特殊事情」をきちんと理解してくれているエージェントに担当してもらいたいなら、税理士業界専門のエージェント会社を使うべきです。

エージェント自身が税理士業界出身者だったりするので、面談を受けるとこの業界でのキャリアアップについていろいろアドバイスもしてくれますよ。

(なお、エージェント面談の利用は任意です)

ブラックな会計事務所で働きたくない人や、ちゃんと年収稼げる税理士になりたい人は、税理士業界専門の転職エージェントを使うようにしましょう。

転職エージェントって何よ?という方や、

いろいろ比較してみたい方は

↓これらの記事も参考にしてください。

管理人

まとめ

今回は、会計事務所で働く人の給料が安くなりがちな理由と、高年収なホワイト事務所で働くためのポイントを解説いたしました。

きちんと年収を稼げる税理士になるには、

どのような環境の事務所で働くか?が決定的に重要です。

ブラックな事務所を選択してしまうと、あなたの税理士としてのキャリアに致命的なダメージをこうむる可能性がありますので注意してください。

今すぐは転職活動を始められない人も、

いまどういう事務所が求人を出しているのか?

の情報収集だけは早めに始めておくことが大切です。

管理人

会計事務所専門の転職サイトに登録しておくと、

条件の良い事務所の求人が出るたびにメール等で自動通知してもらえます。

こういう情報を日常的にチェックしておくだけで「今の事務所で限界が来たら転職もある。自分には別の選択肢もある」と気づけます。

(これは今の職場で働く上でも精神的な安定をもたらします)

(未経験OKの会計事務所求人)

(経験者向けの会計事務所求人)

なお、こういう働きやすい環境のホワイトな事務所の求人って、本当にあっという間に採用が終わってしまいますから注意しておきましょう。

(日常的な情報リサーチが必須です)

劣悪な環境で働きたくないのはみんな同じです。

良い事務所の求人は早い者勝ちであることを理解しておいてください。

(自分の環境を変えたいなら、行動が必要なのは何をするしても同じです)

転職サイトで無料アカウントを作ったら、

希望する転職条件をサイト内でしっかりめに入力しておきましょう。

これをやっとくだけで、あなたにマッチする事務所求人が出た瞬間にメール等で自動通知してもらえます。

気になった事務所の求人を日常的にチェックするようにしておくと、税理士業界の年収相場などについても自然と頭に入れることができますよ。

今すぐには転職活動できない人も、いざ就活スタートとなったときにロケットスタートでライバルに差をつけられるように準備だけはしておきましょう。

↓成功するために大事なのって、結局はこれなんですよね。

(資本主義社会なので、就活も仕事も競争はあります)

管理人

 

転職サイトへの登録は3分でできる作業です。

お金もかかりませんしいつでも解除できるのでリスクなんて何もありません。

ですが、こういう作業ですら、

  • 今すぐやる人か?
  • いつまでたっても理由をつけてダラダラやらない人か?

で分かれます(これは本人の生活習慣なのでしかたないことなのかもしれません)

成功者と失敗者を分けるのってこういう「ちょっとしたこと」です。

ほんのちょっとの行動の差ですが、稼げるようになる人といつまでたっても稼げない人とで違いが生じるのはこういうところなんですよね。

  • 劣悪な雇用環境で給料も安く、税理士試験もいつまでたっても科目合格ゼロ…。貯金もゼロ…。
  • 働きながらスピーディに5科目合格達成。年収高めなので独立資金のめどもある程度ついている。あとは税理士としての実務能力を高めていくだけ!

↑今から5年後にあなたがどちらになっているかは、今この瞬間にどういう行動をする人なのか?で決まります。

もちろん後者を目指しましょう。それは誰でも可能です。

税理士業界で勝ち組になりたい人は、今すぐ行動を起こしておきましょうね。

何事もまずは情報収集からです。

>>転職サイトで実際の会計事務所求人を見てみる

© 2021 会計職のキャリア戦略