Sponsored Links

経理の求人探すならここ!転職サイトおすすめランキング【厳選3社】

2021年9月20日

経理 転職サイト ランキング

(経理専門の転職サイトおすすめランキング)

  • 経理に転職したい…おすすめの転職サイトは?
  • 未経験でも年収400万円はほしい…これって可能?
  • これまでの実務経験を評価してもらえる会社はどこで探す?
  • 上場大手企業の経理の求人はどこで探す?
  • IPO準備業務を経験できる会社の求人は?
  • 決算期も残業なしのワークライフバランス企業で経理として働きたい。

この記事では、経理として転職したい方におすすめの転職サイトを紹介します。

経理として転職するなら、

経理求人専門の転職サイトを使うようにしましょう。

経理の求人だけを専門で扱う転職サイトなので、

リクナビなどより質が高い求人を見つけることができますよ。

(もちろん無料で使えます)

経理として働いてる人って、

なぜか自己評価の低すぎる人が多い印象です(謙虚すぎる…)

本当はもっと良い条件で働けるのに、

自分なんてまだまだ…と謙遜して

質の低い求人に応募してしまう人が多いんですよね。

管理人

経理は一種の専門職ですから、

あなたの実務経験や、経理としてのびしろをきちんと評価してくれる転職サイトで求人を探しましょう。

↓私も使っているおすすめの転職サイトを紹介しますので、参考にしてみて下さい。

経理ならここで求人を探せ!経理専門の転職サイト厳選3社

経理 転職エージェント おすすめ

(経理経験者むけの転職エージェントおすすめランキング)

経理職専門の転職サイトで

↓おすすめのところをランキングで紹介します。

(いずれも完全無料で求人リサーチに使えるサイトです)

管理人

1. SYNCA(シンカ)

経理 転職エージェント おすすめ

>>公式サイトはこちら

SYNCA(シンカ)は、経理職専門の転職エージェント会社です。

ベンチャー企業の経理〜大手企業の経理求人まで、好条件な経理求人をたくさん見つけることができますよ。

未経験・経験者ともに、

経理求人を探すならここがベストだと思います。

↓以下のような条件の良い求人を紹介してもらえますよ。

管理人
  • 誰もが名前を知る超大手企業の経理スタッフ求人
  • 1年以内の上場を目指す中堅企業の経理リーダー求人
  • 実務経験2年以上で応募可能な中堅企業の経理スタッフ求人
  • 将来の経理管理職として入社できる経理リーダー候補求人
  • 未経験・簿記資格なしOKの経理キャリアスタート求人
synca シンカ 評判

(経理管理職候補の求人)

synca シンカ 評判

(上場大手企業の経理スタッフ求人)

また、担当エージェント自身が経理という仕事についてよく理解しているのが専門特化エージェントの強みですね。

(エージェント自身が経理職出身であることも多いです)

\ 好条件の経理求人豊富!/

SYNCAに無料登録して求人を見てみる

↓※レビューはこちらを参考にしてください。

SYNCA(シンカ)の口コミ評判:経理財務専門の転職エージェントをレビュー

この記事では、SYNCA(シンカ:経理財務職の求人が専門の転職エージェント会社)の口コミ評判レビューを紹介しています。経理の実務経験者の方で、成長期のスタートアップベンチャーや、上場を目指す中堅企業への転職を目指す方は、SYNCA(シンカ)でマッチする求人を見つけやすいと思います。

続きを見る

2. MSジャパン

経理 転職エージェント おすすめ

MSジャパンは管理部門の求人に特化した転職エージェント会社です。

未経験OKの求人〜実務経験者限定の高年収求人まで、

経理職の求人がとても充実しています。

なお、経営管理や人事などの職種も選択肢にしたい人も求人を見つけられますよ。

\ 経理求人探すならここ!/

MSジャパンに無料登録して求人を見てみる

↓※レビューはこちらを参考にしてください。

MSジャパンの評判は?会計職専門の転職エージェントを口コミレビュー

「MSジャパンには悪い評判もある?」この記事では、会計職を目指す人におすすめの転職エージェント「MSジャパン」についてレビューしています。新聞や有名メディアで紹介された際の評判から、実際にMSジャパン使って転職活動する際の求人の探し方まで解説していますので、是非参考にしてみてください。

続きを見る

3. ジャスネットキャリア

経理 転職エージェント おすすめ

 

ジャスネットキャリアは、税理士や公認会計士としてのキャリア経験がある人におすすめの転職エージェント会社です。

会計事務所(税理士事務所)から企業経理にキャリアチェンジをしたい人や、

監査法人での監査経験を生かして大手企業の経理財務管理職に転職したい人は、マッチした求人を多く見つけることができますよ。

(ただし、未経験者向けの経理求人はほぼないので注意が必要です)

↓※レビューはこちらを参考にしてください。

ジャスネットキャリア 評判
ジャスネットキャリアの評判は?

この記事ではジャスネットキャリアを実際に利用して転職活動した人の口コミ評判をまとめています。ジャスネットキャリアは会計事務所(税理士事務所)や企業経理の実務経験者に特化した転職エージェント会社といえます。実務経験が2年以上ある人は活用しましょう。

続きを見る

転職エージェント会社には大きく分けて2種類ある

転職エージェント会社には

↓大きく分けて以下の2つの種類がある

ことを知っておいてください。

管理人
  1. 大手総合型の転職エージェント会社
    リクナビやマイナビなど、テレビCMなどでよく見かけるエージェント会社がこちら。
    ありとあらゆる種類の求人を持っているのが特徴なので、まだ志望職種が決まっていない人はこちらを使っていろいろ見てみるのが良い。
    ただし、良くも悪くも「何でもあり」で個々の求人の質は高くない。
  2. 専門特化型の転職エージェント会社
    経理専門・金融業界専門など、ひとつの業種業界に特化しているエージェント会社。
    大手総合型に比べて求人数は少ないが、特化している業種業界については質の高い求人を持っているのが特徴。

↑この2つはどちらが優れているということはなく、それぞれメリットデメリットがあります。

それぞれの特徴を理解した上で、自分の職歴や志望先に合わせて使い分けることが大切です。

SYNCA(シンカ)

管理部門のキャリアアップ転職SYNCA【SYNCA(シンカ)】*3段階成果

経理職専門の転職サイト(経理経験者は優遇!)

SYNCA(シンカ)は経理専門の転職サイトです。
上場大手企業の経理〜ベンチャー経理まで、経理求人が充実しています。
未経験OKで年収400万円〜の求人や、
実務経験者むけ年収600万円〜のワークライフバランス求人、
管理職リーダー候補の求人など、好条件な経理求人がたくさん見つかりますよ。

(未経験者むけの経理求人例)

(経験者むけの経理求人例)

経理専門の転職エージェントは何が違う?

以下では、私が実際に転職活動をするときに使った

経理職専門のエージェント会社の口コミ評判を書いていきます。

管理人

経理職専門の転職エージェント会社を使うメリットしては、

↓以下の3つを挙げることができます。

  1. 担当エージェントが経理求人の「相場情報」に詳しい
  2. 応募先企業がどんな社風なのか?など詳しい情報を教えてくれる
  3. 経理職としての自己アピールに特化した職務経歴書・履歴書等の添削

1. 担当エージェントが経理求人の「相場情報」に詳しい

経理職専門の転職エージェント会社の強みは、何よりも経理という職種の「最新の求人条件の相場」にとてもくわしいことです。

エージェントとの面談では、

自分の履歴書と職務経歴書を見てもらい、

10分程の会話だけで、経歴にふさわしい求人票を出してくれます。

担当エージェント自身が経理職専門だったりするので、

本人も気づいていない人材としての価値を見つけてくれますよ。

(そして、それに見合った求人を紹介してくれます)

管理人

たとえば、転職前の私は数十名規模の企業の経理部の一人に過ぎませんでした。

そのため、経理として担当する業務は全体のごく一部です。

(ボリュームがあるだけで、全体が見えない)

入社して2年間は「伝票チェックや帳簿入力等の日次業務」「売掛金・買掛金の処理の月次業務」に追われていました。

2年目以降は、日次業務の割合が減り、月次決算・四半期決算・年次決算が増えていきましたが、主担当ではありません。

経理スタッフの一人です。

開示業務も行ってきましたが、短信作成までの一部作業です。

この様な経歴ですので、職務経歴書に「連結決算」「管理会計」「税効果会計」等の単語があっても、責任ある立場の人と知識のレベルが違います。

そこで身の丈に合った規模の小さな会社に勤めたく、経理専門のエージェントに相談しました。

すると希望と違う求人票が混じっていましたが、応募資格に該当しません。

連絡を入れると「経験がありますので応募資格はあります」と、何でもない様子でした。

本人が全体の極一部の作業と思っていても、その作業を任せられる実力があります。

それが分かるのは、経理業務の知識があるエージェントなのです。

専門でないエージェントに頼むと、希望する求人の他に前職に近い規模の求人が多く混じっていました。

応募条件に当てはまるけども、これまでの経験と少し違う「中長期の経営企画」「グループ企業のIPO準備」が主要な業務になります。

本人が自身の実力を把握していないのですから、経理専門でないエージェントや自分自身で探すのは時間の無駄です。

自分で探すのは尚更です。

「経理スタッフ」で検索しても、これまでの経験に合わないものが多く入っています。

条件を変えて「決算業務」で検索すると、どれも分不相応です。

経理の仕事に詳しい担当エージェントに自分自身の価値を見てもらい、探してもらうのをお勧めしたいですね。

>>経理職専門の転職エージェントおすすめランキングを見る

2. 応募先企業がどんな社風なのか?などの情報を教えてくれる

経理専門エージェントは求人にない事実も教えてくれて、入社後のイメージや応募がしやすいですね。

一般的なエージェントも教えてくれますが、一部業者は求めている情報量に達してなかったです。

経理に詳しくないと、途中で情報が欠けて伝わるかもしれません。

募集を掛ける前に、エージェントの法人担当者が企業の経理部の責任者に会っています。

そこで「求人内容」「求める人物像」「社風等の内部情報」等の聞き取りを行います。

持ち帰ったデータは「経理業界全体の相場」に反映されるのです。

そしてキャリアアドバイザーが求職者の代わりに求人を検索し、募集企業の内部情報を含めて適合性が合ったものを求職者に提案する事です。

この過程で分かる通り、経理の知識が重要ですね。

知識が深い程、聞き取り精度が上がり、募集企業の内部情報の把握が容易になって、求職者に伝えることができます。

つまり経理の知識が求人のミスマッチを防ぐのです。

私は給料が安くてもホワイト企業でまったりしたいタイプです。

そうした求人を探していました。

それにも関わらず経理専門ではない一部のエージェントは、「主要取引が海外の企業」「IPO準備企業」等の真逆を求人を勧めてきます。

ある求人募集で面接に行ったら、所属長が学者タイプの公認会計士でした。

到底手抜きを許してくれる雰囲気ではありません。

これでは予定外の作業が多くなり、残業が多くなることは目に見えています。

所属長がどのような人物なのか分かっていれば、私には勧めない求人です。

しかし、もし監査法人の関わり方を知らないのなら、勧めるのも当然でしょう。

一方、経理専門のエージェントは、そうした求人は少なかったです。

経理職を知っているキャリアアドバイザーでしたので、細かく伝えなくても察してくれたのでしょうね。

>>経理職専門の転職エージェントおすすめランキングを見る

3. 経理職に特化した職務経歴書・履歴書等の添削

経理を知っている人の方が、職務経歴書・履歴書等の添削が的確ですね。

何が書いてあるのか理解できないのに、相手に伝わるように添削するのは無理です。

たまたまかもしれませんが、経理専門ではないエージェントで見てもらうと指摘は僅かでした。

「誤字の修正」「経理と無関係な資格の削除」に留まっています。

しかし、経理専門のエージェントは違いますね。

職務経歴書が「瞬間的に分からない」と指摘を受けたのです。

日次業務の内訳を書き連ね、売掛や買掛の処理、短信作成等々を箇条書きしました。

したことは業務の極一部で、マネージメント職でもないので当然だと思っていました。

ところが「それでは伝わらない。自己アピールにならない」と指摘されました。

相手に伝わるのは「~業務」というのです。

「日次業務」「月次業務」「単体決算業務」「連結決算業務」「管理会計業務」「開示業務」に分けて、その中に担当した作業を箇条書きにするよう指示されました。

募集企業が求めている情報は「~業務」です。

どの様な業務の経験があり、その中でどの様な役割をしていたかで、人材価値のレベルが分かります。

経理に特化しているからこそ、自己アピールになる添削ができるのです。

【悲報】ブラック企業でいじめられてる経理多すぎ…。

(経理はブラックな職場も多いので注意やで)

まったく同じ年齢職歴スキルの経理経験者でも、

  • ホワイト企業で楽しく働いてる人と、
  • ブラック企業で搾取されている人…

↑の2種類いるのが現実です。

(あなたは心当たりがないでしょうか…?)

経理って所属する会社によって働き方がぜんぜん違う仕事です。

「なんとなくこの会社いいかも…」で勤務先を選ぶと、

ブラック企業に入社してしまうリスクがあるで注意して下さい。

どんなに年収高い経理になれても、

仕事が激務すぎてとても続けられる環境じゃない…

では意味がありません(下手したら命落とします)

ブラック企業を最初から候補に入れないことが大切です。

管理人

経理経験者として転職成功したい人は、

情報リサーチをしっかり行うようにしましょう。

経理で転職するなら、経理専門の転職サイトで求人を探すのが良いですよ。

経理の求人だけを専門で扱っているサイトなので、

↓年収や福利厚生などの条件が良いホワイト求人を

たくさん見つけることができます。

(経理経験者向けのホワイト求人例)

(経理経験者向けのホワイト求人例)

>>経理経験者むけの求人一覧(2000件以上あり)

今すぐ転職するかどうかわからない人も、

転職サイトで無料アカウントを作っておきましょう。

↓最新の求人が出るたびに情報がアップデートされるので、

ホワイト企業の経理求人を見落とすことがなくなります。

管理人

SYNCA(シンカ)

管理部門のキャリアアップ転職SYNCA【SYNCA(シンカ)】*3段階成果

経理職専門の転職サイト(経理経験者は優遇!)

SYNCA(シンカ)は経理専門の転職サイトです。
上場大手企業の経理〜ベンチャー経理まで、経理求人が充実しています。
未経験OKで年収400万円〜の求人や、
実務経験者むけ年収600万円〜のワークライフバランス求人、
管理職リーダー候補の求人など、好条件な経理求人がたくさん見つかりますよ。

(未経験者むけの経理求人例)

(経験者むけの経理求人例)

経理経験者は「経理専門の転職サイト」を使おう

(経理経験者は「経理専門の転職サイト」を使いましょう)

 

現在、ほとんどの人が転職サイトを使って求人探しをすると思います。

(さすがに今どきハローワーク使う人は少ない)

ただこの転職サイトには大きく分けて

↓以下の2種類があることを知っておいて下さい。

管理人

  1. 専門職向けの転職サイト
    経理・人事・法務など専門性の高い求人のみをあつかう転職サイト。
    求人数そのものは一般向けサイトより少ないが、
    求人の質が圧倒的に高い。
  2. 一般向けの転職サイト
    営業マンや総務など、いわば「万人向け」の転職サイト。
    求人の数は多い一方で、年収などの質では劣る。
    テレビCMとかでよく見かけるのはこちら(リクナビが代表例)

↑どちらも無料で使えるものですが、

経理の実務経験者は必ず1. 専門職向けの転職サイトを使うようにしましょう。

転職活動で一番大切なのはどうやって質の高い求人を探すか?です。

ここをまちがえてしまうと、

どんなに優秀な人でも転職失敗の可能性が高くなります。

ほとんどの人が

  • なんとなく名前を聞いたことあるから…
  • 学生時代の就活にも使ったし…

↑という感じで適当にリクナビなどで仕事を探してしまいます。

管理人

営業マン向けの求人とかならそれでもまあいいんですが、

専門職である経理はこういう探し方をしない方が良いです。

経理って、専門職向けの転職サイトで探さないと良い求人がなかなか見つかりません。

なぜかというと、求人を出す企業側もこういう専門職向けサイトを活用して

実務経験者限定の採用を行っているからです。

逆にいえば、経理専門の転職サイトをメインで使うだけで、

情報リサーチでライバルに大きな差をつけることができるわけですね。

経理専門の転職サイトでは、

↓例えば以下のような求人を見つけることができますよ。

管理人

  • 年収600万円スタートの実務経験者むけ経理求人
  • 決算前の繁忙期も残業なしなどワークライフバランス型の経理求人
  • 将来の管理職候補として入社できる経理求人
  • 誰もが名前を聞いたことがある超大手企業の経理求人
  • 会計事務所から経理へのキャリアチェンジ歓迎の経理求人
  • IPO準備業務の経験を積むことができる経理求人
  • CFO直下のポジションで働ける経理求人

(ワークライフバランス重視の経理経験者むけ求人)

(経理経験者むけの管理職候補求人)

(会計事務所から経理へキャリアチェンジ歓迎の経理求人)

(上場大手企業の経理求人例)

>>経理経験者は優遇!現在募集中の求人を見てみる

経理の求人が専門の転職サイトなので、

ホワイトな経理経験者むけ求人が大量にありますよ。

一般向けの転職サイトしか使ったことがない人は

驚かれるかもしれません。

管理人

SYNCA(シンカ)

管理部門のキャリアアップ転職SYNCA【SYNCA(シンカ)】*3段階成果

経理職専門の転職サイト(経理経験者は優遇!)

SYNCA(シンカ)は経理専門の転職サイトです。
上場大手企業の経理〜ベンチャー経理まで、経理求人が充実しています。
未経験OKで年収400万円〜の求人や、
実務経験者むけ年収600万円〜のワークライフバランス求人、
管理職リーダー候補の求人など、好条件な経理求人がたくさん見つかりますよ。

(未経験者むけの経理求人例)

(経験者むけの経理求人例)

転職サイトで無料アカウントを作るときには、

希望する年収や、企業規模・職務範囲などを

しっかり目に入力しておくのがコツです。

条件にマッチする求人が出てくるたびにメール通知してもらえます。

↑この希望条件入力をきちんとやらない人が結構多いんです。

転職で成功する人と、失敗する人で差がつくのって

こういうところなのかもしれません。

管理人

仕事のストレスや疲労が限界にまで達すると、

転職サイトに登録する気力すらなくなるものです。

あらかじめ転職サイトに希望条件をしっかり入力しておき、

日常的に最新求人をチェックするくせをつけましょう。

転職サイトを使って普段から求人リサーチをやっておくと、

どうしても今の職場がきつくなったら転職もある

という選択肢を持てて、

過労で倒れたりする前に転職という対策を打てます。

転職サイトは無料で使えていつでも利用を止めることができます。

変な電話連絡とかもないのでリスクはゼロですよ。

(今すぐは転職する気がない人も情報リサーチに使えます)

このブログを読んでくださったあなたは、

ぜひ転職を成功させて下さい。

経理職専門の転職サイトをフル活用して、

ライバルに情報戦で勝ちましょう。

管理人

最後の最後にお伝えしたいこと

転職にしても仕事にしても、

成功する人って結局はこれなんですよね。

管理人

(個人的に衝撃を受けた本です)

 

転職活動を成功させるためもっとも重要なのは情報リサーチです。

経理の仕事目指すなら経理職専門の転職サイトを活用しましょう。

転職サイトへの登録って3分でできる作業です。

無料ですしいつでも解除できるのでリスクなんて何もありません。

変な連絡が来るようなこともありませんしね。

それでも、こういうかんたんな作業ですら

↓以下の2種類の人に分かれます。

管理人

  1. とりあえず今すぐやっておく人
  2. いつまでたっても何かと理由をつけてやらない人

これは転職活動だろうが仕事だろうが同じです。

(あなたのまわりにも2. みたいな人いませんか?)

ほんのちょっとの行動の差ですが、

理想の働き方に近づける人と、

いつまでたっても職場の文句ばかり言っている人とで違いが生じるのはこういうところなんですね。

↓今から1年後に、あなたはこのどちらになっていたいでしょうか。

  • 劣悪な雇用環境で給料も安く、
    雑用ばかりさせられる職場で年齢だけを重ねていく…。
  • やりがいがあり、給料の高い仕事で人間関係も良好。
    ワークライフバランス型の職場でプライベートも充実。

↑もちろん後者を目指しましょう。

>>今すぐ行動を起こす

管理人

経理・会計事務所の経験者におすすめ!

© 2022 会計職のキャリア戦略