税理士事務所の志望動機

税理士事務所の採用担当者というのは、毎日たくさんの応募書類をチェックしています。

そのため、アピールの弱い志望動機では、書類選考を突破することはできません。

ぜひ採用担当者の心にズドンと響く、ポイントを押さえた志望動機を作成するようにしましょう。

↓以下では、税理士事務所の志望動機の書き方について例文つきで解説します。

税理士事務所 志望動機 未経験

税理士事務所の志望動機

税理士事務所の志望動機:未経験者の書き方を解説!(例文あり)

2019/8/15  

この記事では、税理士事務所未経験者の方向けに、志望動機の書き方を解説しています。
未経験の人は、当然ながらこれまでの実績をアピールするということができません。
その分だけ、採用担当者の心に響く志望動機をしっかりと準備しておく必要があることを理解しておきましょう。
そのまま使える例文も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

税理士事務所,志望動機,経験者

税理士事務所の志望動機

税理士事務所の志望動機②:経験者の書き方と例文

2019/8/15  

ここではすでに税理士事務所の経験がある方が、別の税理士事務所に転職する際の志望動機の書き方について解説します。
同じ職種での転職では、採用担当者はあなたに対して「短期間で即戦力になってもらえる」という期待を抱いている一方で、なぜ転職をしたいと考えているのか?については不安を感じています。
税理士事務所は基本的にどこも同じ仕事をしていますから、現在(または過去)の職場では実現できなかったけれど、新しい職場では実現できることは何なのか?を明確にアピールすることが採用につながるポイントになります。

Copyright© 会計職のキャリア戦略 , 2019 All Rights Reserved.