転職エージェントの使い方

税理士事務所専門!転職エージェントおすすめ3社を比較(転職サイト)

この記事では、税理士事務所への転職を目指している方向けに、転職エージェントの選び方を紹介いたします。

税理士事務所への転職を目指すなら、「税理士事務所の求人だけを専門で扱っている転職エージェント」を活用しましょう。

すでに目指す業種が明確に決まっているのであれば、その業種の求人を専門で扱っている転職エージェントの方が良い求人を紹介してくれる可能性が高いからです。

>>税理士事務所専門の転職エージェントはこちら

また、同じ事務所であっても、転職サイト別に異なる条件で求人を出している可能性があります。

例えば、一般向けの転職サイトでは年収400万円で出しているけど、税理士事務所志望者だけが集まる転職サイトには年収500万円で求人を出す…といった具合ですね。

この場合は当然ながら、税理士事務所専門の転職サイト経由で応募した方が、採用後にあなたが受け取れる給料は多くなります。

入り口が違うだけで、採用後の年収に差が出ることがあるわけです。転職活動はかしこくやらないと損をしてしまう可能性がありますから、注意してくださいね。

↓ちなみに、税理士事務所専門の転職エージェントは、以下のどれかに該当する人であればどなたでも利用することができますよ。利用にあたって必要なのは「税理士事務所に転職する」と明確に方向性が決まっていることだけです。

転職エージェントを使える方

  1. まったく別の業界・業種から税理士事務所に転職したい方
  2. 仕事をしながら税理士試験の勉強をしたいと考えている方
  3. 現在も税理士事務所に勤めているけれど、別の税理士事務所に転職したい方
  4. 経理事務の経験を生かして税理士事務所に転職したい方
  5. 税理士試験に専念していたのでまだ社会人経験がないという方

税理士事務所専門!おすすめの転職エージェント3社

MSジャパン

実務未経験者向けの求人が充実!

MSジャパンは、税理士事務所や経理職の求人を専門で扱う転職サイトです。
特徴としては、未経験者向けの求人が多く登録されていることが挙げられます。
実務未経験で税理士試験もこれからな方は、MSジャパンをメインで使うと良いでしょう。
経理求人も多く登録されているので、税理士事務所→経理の転職にも使えます。

ジャスネットキャリア

経験3年以上なら登録必須!高年収の求人多数あり

ジャスネットキャリアは、税理士事務所経験者向けの求人が充実している転職サイトです。
初年度年収600万円〜など、高年収の求人がたくさん掲載されていますので、実務経験が3年以上ある人はメインで使いましょう。
ただし、未経験者は応募できない求人が多いので注意してください。

マイナビ税理士

マイナビ税理士

勉強しながら働ける求人が多数登録!

マイナビ税理士は、大手マイナビが運営する転職サイトです。
試験直前の長期休暇や、繁忙期でも残業少なめなど、税理士試験受験生が働きやすい求人が多数登録されています。
科目合格がすでに1科目以上ある方は有利な条件の求人もあります。働きながら税理士試験の合格を目指す人はぜひ活用しましょう。

税理士志望者は必見!失敗しない転職エージェントの選び方

税理士になるには

転職エージェントといえば「リクナビ」とか「en転職」といった大手サイトを思い浮かべる方がきっと多いでしょう。

↓しかし、転職エージェントには大きく分けて以下の2種類のところがあることをまず理解しておいてください。

転職エージェントには2種類ある

  1. 【総合型】転職エージェント
  2. 【特化型】転職エージェント

1つ目の【総合型】は、業種を限定せずとにかくたくさんの求人を持っている転職エージェントのことです。

リクナビやen転職などのテレビCMでよく見かける転職エージェントはこの【総合型】に分類できます。

【総合型】の長所は、とにかくいろんな種類の仕事を見比べることができることです。

なので、まだどんな職種・業界の仕事に転職するかちゃんと決めていない…という人は、この【総合型】の転職エージェントを使うのがおすすめです。

税理士事務所志望者は【特化型】の転職エージェントを使おう

一方で、2つ目の【特化型】の転職エージェントは、「特定の業界や業種の求人だけを扱っている転職エージェント」のことをいいます。

税理士事務所特化型・プログラマー特化型・デザイナー特化型…というように、さまざまな特化型転職エージェントがあります。

【特化型】の転職エージェントは、求人数では【総合型】には及びませんが、扱っている業種ではより好条件の求人を紹介してもらえるという長所があります。

結論からいうと、すでに「近い将来に税理士になりたいので、税理士事務所に転職することを決めている」という方は、この【特化型】の転職エージェントを使うのがおすすめです。

↓税理士事務所特化型の転職エージェントなら、以下のような「業界特有の悩み」についてよく理解しているエージェントが担当してくれますので、あなたの希望に沿った求人に出会える可能性がぐっと高くなりますよ。

税理士志望者によくある悩み

  • 「税理士試験と仕事を両立をしたいので、忙しすぎる税理士事務所は避けたい」
  • 「今の税理士事務所の給料は低すぎるので、実務経験を生かしてもう少し年収の高い税理士事務所に移りたい」
  • 「資産税や医療法人の実務経験を積める税理士事務所で働きたい」
  • 「外資系BIG4を含む大手税理士法人に挑戦してみたい」
  • 「パワハラ・ワンマンな所長税理士のいる税理士事務所だけは絶対に避けたい」
  • 「税理士事務所での実務経験を生かして、より安定した一般企業経理に転職したい」

【※結論】税理士事務所に転職することを決めている人は、税理士事務所特化型の転職エージェントを使いましょう

税理士事務所特化型の転職エージェントを活用すれば、それぞれの税理士事務所の顧問先の特徴や、繁忙期にどのぐらいの残業が発生するのか?といった細かい情報まで応募前に教えてもらうことが可能になります。

↓あなたの希望条件にかなった転職を成功させることにつながりますので、税理士志望者は以下のような税理士事務所特化型の転職エージェントを使うようにしましょう。

MSジャパン

実務未経験者向けの求人が充実!

MSジャパンは、税理士事務所や経理職の求人を専門で扱う転職サイトです。
特徴としては、未経験者向けの求人が多く登録されていることが挙げられます。
実務未経験で税理士試験もこれからな方は、MSジャパンをメインで使うと良いでしょう。
経理求人も多く登録されているので、税理士事務所→経理の転職にも使えます。

ジャスネットキャリア

経験3年以上なら登録必須!高年収の求人多数あり

ジャスネットキャリアは、税理士事務所経験者向けの求人が充実している転職サイトです。
初年度年収600万円〜など、高年収の求人がたくさん掲載されていますので、実務経験が3年以上ある人はメインで使いましょう。
ただし、未経験者は応募できない求人が多いので注意してください。

マイナビ税理士

マイナビ税理士

勉強しながら働ける求人が多数登録!

マイナビ税理士は、大手マイナビが運営する転職サイトです。
試験直前の長期休暇や、繁忙期でも残業少なめなど、税理士試験受験生が働きやすい求人が多数登録されています。
科目合格がすでに1科目以上ある方は有利な条件の求人もあります。働きながら税理士試験の合格を目指す人はぜひ活用しましょう。

税理士事務所業界は「特殊な業界」であることを知っておこう

この記事を読んでいるあなた(きっと税理士志望者ですよね?)には、絶対に知っておいてほしいことがあります。

それは、あなたが目指している税理士事務所業界というのは、非常に特殊な業界であるということです。

事務所の規模は所長税理士を含めて10名以内という小規模事務所がほとんどで、それぞれの事務所で得意とする分野もさまざまです。

必ずしも大規模事務所の求人が良い求人というわけではありませんし、年収の高い求人が絶対的にベストというわけではありません。

また、転職志望者側(つまりあなた側)のニーズも特殊です。

↓例えば、あなたは以下のようなことを基準に転職先を探しているのではないでしょうか。

これらは税理士業界の特有事情

  • 税理士試験の勉強と両立できる、残業の少ない事務所で働きたい。
  • 税理士試験の科目合格はあるけど実務は未経験。勉強の実績を評価してくれる事務所に応募したい。
  • 相続税申告など資産税分野を専門で扱う事務所で実務経験を積みたい。
  • 将来的な独立を支援してくれる事務所で働きたい。
  • 医療法人や国際税務など、特殊な分野に強みがある税理士事務所で働きたい。
  • 一般企業(事業会社)での経理実務の経験を活かせる事務所で働きたい。

↑これらはすべて、「税理士事務所業界の特有の事情」に該当します。

(普通の業界で働く人たちはちょっと考えないことがらです)

大手の転職サイトを使った場合、あなたを担当するエージェントの側が、こうした事情を理解していない可能性があるのです。

率直に言って、これは致命的なことです。

例えば、あなたの転職エージェントが「少しでも年収が高い求人の方が良いと思ったので、これらの求人を持ってきました」といってきたとしましょう。

たとえ年収が高い求人だったとしても、その分だけ仕事が忙しすぎて税理士試験の勉強時間をまったくとれない…という職場では、あなたの長期的なキャリアプランに合致しないことになります。

きっとあなたは、実務経験を積みながら少しでも早く税理士試験に合格し、税理士として活躍(勤務税理士or独立)することを目指していることでしょう。

転職エージェントがこうしたあなたの長期的なキャリアプランをよく理解していない状態で求人を紹介した場合、本来入るべきでない税理士事務所に入社をしてしまう可能性があるのです。

(あなたの予定が大幅に遅れてしまう可能性があります)

税理士事務所業界の転職活動は非常に特殊ですから、こうした特殊事情を理解している転職エージェントに転職活動を支援してもらうようにしましょう。

税理士事務所専門の転職エージェントの使い方

税理士事務所専門の転職エージェントは、転職者側のニーズと事務所側の事情を把握しています。

↓あなたに最適な求人を紹介してもらうためには、以下のような希望条件を事前にエージェントに伝えておくようにしましょう。

ポイント

  • 税理士試験の試験勉強が進めやすい環境がいい
  • 資産税など専門分野がみがける事務所が望ましい
  • 年収は少なくとも450万円はほしいなど

税理士事務所業界の事情をよく理解している専門エージェントなら、年収や企業規模だけではなく、あなたがのぞむ環境を手に入れられるかどうか?をベースに求人をしぼりこんでくれます。

また、専門エージェントは採用活動を行なっている税理士事務所の人事採用担当者とコネクションを持っています。

採用を行う事務所側のニーズに基づいて応募書類の添削や、面接対策を行ってくれますから、内定が出る可能性が高くなるのです。

税理士事務所への転職を成功させるためには、税理士事務所の求人を専門で扱っている転職エージェントを使うのがベストといえるでしょう。

今すぐ転職する気がない人も、転職サイトへの登録だけはやっておいた方が良い理由

今すぐ転職する気がない人も、
転職サイトへの登録だけはやっておくべき理由

この記事を読んでいる方の中には、「いつかは転職したいと思っているけど、今すぐは転職するつもりはない」という方も多いでしょう。

転職活動なんて、はっきりいってめんどくさいですよね。

ですが、そんな人も転職サイトへの登録だけは今の段階でやっておきましょう。

なぜなら、仕事や資格試験の勉強のストレスがピークになると、

「転職サイトに登録する」という簡単な作業ですらやる気がなくなってしまうからです(これまじです。体験談)

転職サイトへの登録だけやっておけば、毎日おすすめの求人メールが届くようになります。

その情報を何気なくながめて、気になったものを情報としてストックしておくだけでも、日常的に入ってくる情報の質がまったく違ってきますよ。

重要なことは「今の職場以外」の選択肢を常に持っておくことです。

転職サイトへの登録は無料です。

↓税理士を目指す方におすすめの転職サイトについてはこちらで紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの転職サイト3選

希望する年収や残業時間などの情報を入れておくだけで、あなたにおすすめの求人やスカウトメールが来ることもあります。

「自分の経歴や職歴って、転職市場でどういう評価をされているんだろう?」と気になる方の情報収集にも使えますよ。

↓今すぐ転職する気はない、できないという方も転職サイトには必ず登録しておきましょう。

-転職エージェントの使い方

Copyright© 社会人が税理士になるには? , 2019 All Rights Reserved.