税理士事務所で働くには?

会計職のキャリア戦略

「経理は転職しやすい」は本当?活躍できる職種・就職先候補

  • 経理は転職しやすいって本当?
  • 未経験でも経理として正社員になれる?

↑経理は「つぶしのきく仕事(働く場所がたくさんある職業)」といわれることも多いですね。

この記事では、経理の実際の転職事情や、キャリアプランの考え方についてくわしく解説します。

これから経理への転職を目指す人や、現在も経理として働いている方はぜひ参考にしてみてください。

経理が「転職しやすい」といわれる3つの理由

経理 転職しやすい

(経理が別の職種と比較して「転職しやすい」といわれる3つの理由)

↓経理が「転職しやすい仕事」といわれる理由としては、以下の3つがあります。

経理が転職しやすい理由

  1. 経理は「すべての会社で必要な業務」であること
    日本全国のすべての会社は、日常的に経理処理を行い、1年に1回は税金の計算を行なって申告しなくてはなりません。経理という仕事のマーケットは極めて大きいと言えます。
  2. 経理のルールはすべての会社で共通であること
    経理のルールは、すべての会社が従う会計基準や税法のルールに従って処理されます。一つの会社で一人前に経理の仕事ができるようになれば、その経験を生かして他の会社でも即戦力として働けます。
  3. 「会社の数字」を扱う業務の種類は非常に多いこと
    経理の実務経験を積めば「会社の数字」に強くなることができます。経理としてスペシャリストになるキャリアの他、コンサルタントや企画・人事など管理系の職種にキャリアチェンジしている人も多くいます。

経理の仕事は、会計書類を作成し、会社の税金を計算することがメイン業務です。

これらは日本国内で活動しているすべての企業で必要な仕事ですから、経理の働き口は非常に多いのです。

もちろん、ひと口に「経理」といっても、さまざまなレベルで働いている人がいます。

会計ソフトの入力作業だけを行うのと、決算業務や法人税の申告書を作るのとでは、経理の仕事の難易度は大きく違います。

経理としての仕事のレベルが上がっていけば、転職市場全体で見た場合のニーズも高くなりますから、年収や待遇もアップしていけます。

経理未経験者の年収はどのぐらい?(この記事の下部へジャンプします)

経理の仕事は「会計書類の作成」だけではない

また、経理の仕事は上で見たような「会計書類の作成」だけではありません。

経理としてレベルアップしていけば、会計データを用いた経営者への助言などの業務も守備範囲になってきます。

経営者は会社が利益を出せるようにするのが仕事ですから、自社の会計に関するデータを、経営の判断材料として常に必要としています。

このように、経理は「社長の右腕」「会社の金庫番」としての役割が求められることが少なくありません。

例えば「金融機関との交渉を担当する経理」という働き方

また、金融機関との交渉を行ない、資金調達を成功させることなども経理の仕事です。

(正確には「財務」の仕事です。経理と財務は別の部署になっている会社もあります)

会計についての知識がない人が交渉を行うのと、会計知識を持った経理担当者が交渉を行うのとでは、金融機関に対する交渉力がまったく違います。

金融機関は会社のリスクがどの程度あるか?によって、会社にお金を貸した時にどれぐらいの利息をとるか(利率を設定するか)を決めます。

そのため、優秀な経理担当者が交渉を担当し、金融機関に対して「この会社は安心だ」と思わせることができれば、

融資の利率が1%下がるといったようなことも考えられます。

大手企業では数億円単位の融資を受けることも珍しくありません。

例えば、10億円の融資で利率を1%下げることができれば、それだけで会社に残るお金は毎年1000万円も増えるのです。

経理はただの「計算屋さん」ではない

このように、優秀な経理は下手な営業マンよりも会社の利益に貢献できる可能性があります。

経理として実務経験を積んだ人たちの中には、それらの知識をいかしてコンサルタントとして活躍する人も少なくないのです。

↓実際のコンサル求人。経理実務の経験者も応募可能になっています。

経理 転職しやすい

(経理経験者が応募可能なコンサル求人の例。こちらはMSジャパンに登録されている求人です)

経理という仕事は、ただの「計算屋さん」ではなく、世の中に貢献することのできる可能性があるダイナミックな仕事といえます。

実務経験が必須の経理求人の特徴とは?(この記事の下部にジャンプします)

未経験者でも経理に転職できる?

経理 転職しやすい

(実務未経験者でも経理に転職できる可能性は十分にあります)

  • 経理の採用は実務経験がないとできない。
  • 未経験から経理になるのは不可能。

↑こういう話をよく聞く、という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、少し考えてみればわかることなのですが、

すべての未経験者が経理になれないのであれば、

経理という職業はとっくにこの世の中から消え去っているはずです(ありえないですね)

キャリアについて考えるときには、こうした変な「うわさ話」にだまされることなく、

現実の情報をしっかりと集めることが大切です。

↓例えば、経理職専門の転職サイトでは、以下のように未経験者でも応募できる経理の仕事がたくさん登録されています。

経理 転職しやすい

(未経験者向けの経理求人の例。こちらはMSジャパンに登録されている求人です)

未経験から経理に転職する場合の平均年収は、一般的な事務職よりも高く設定されていることが多いです。

未経験なら年収300万円〜350万円程度からが相場になるでしょう。

上でも見たように、経理の仕事は経験を積んでレベルアップしていけば、どんどん付加価値の高い仕事ができるようになります。

そうなればお給料も自然と上がっていくのは間違いありません。

実務経験が必須な経理職の求人もある

もちろん、経理の求人の中には、実務経験者でないと応募できない仕事もあります。

↓具体的には、以下のような採用ニーズで求人を出している会社の場合には、

未経験者が採用される可能性は低いでしょう。

実務経験者だけが応募できる求人

  • 経理部門の責任者候補
    複数人の経理スタッフをまとめる役割の人を求める求人。求人条件で「管理職候補」や「経理セクションの責任者」「取りまとめ担当者」などと表記されていることが多い。年収も高く700万円〜が相場。
  • 前任者の退任にともなう求人採用
    前任者である経理担当者が退職することにともなって求人が行われる場合には、即戦力として働ける人(すでに経理の実務経験がある人)が求められます。求人条件で「事業会社での経理実務経験2年以上」「会計事務所経験者」などの表記がある求人はこれです。年収は400万円〜500万円が相場。

逆に言えば、経理の実務経験がすでにある人は、これらの求人に応募してキャリアアップしていける可能性があります。

経理として転職を考える場合は、ご自身の現在のステータス(管理職経験者?スタッフ実務の経験者?それとも未経験者?)を客観的に把握することが大切になります。

いずれコロナ不況がくる。いま転職はちょっと危険…?

読者様

新型コロナの影響で大不況になるのはまちがいないですよね…。

今は転職どころか、職があることだけでも感謝したほうが良いんでしょうか。

そうですね。さすがに「今すぐに転職!」という行動を起こすのは慎重になったほうが良いと思います。

今は将来に向けて、情報収集をしっかりと行うことに集中するのが良いでしょう。

具体的には、「経理にはどういう求人があるのか?平均年収はいくらぐらいが相場なのか?」といった情報について、求人サイトを使ってリサーチしておくのがおすすめです。

管理人

転職がきびしくなることが予想される今、業界の転職情報(年収や福利厚生・採用時期の情報)についてリサーチしておくことがとても大切です。

(景気の良いときには、こういうことをしない人でも割と簡単に転職を決められたりするのですが、景気が悪くなると、こういうリサーチをしている人だけが勝ちます)

経理・財務職の「実際の求人」をチェックするなら、会計職専門の転職サイトを活用するようにしましょう。

メールアドレス(捨てアドレスでもOK)を登録しておくことで、あなたの希望条件にあった最新の求人が毎日メールで届くようになりますので、常に最新の業界事情を知ることができますよ。

↓※経理・財務職の最新の年収情報をリサーチするならこちらのサイトがおすすめ(無料です)

MSジャパン(未経験者OKの求人が豊富!)

MSジャパンは実務未経験者におすすめの転職サイトです)

未経験者OKの優良求人が多数!

MSジャパンは、会計職の求人をメインで扱うエージェント会社です。
特徴は「実務未経験・資格なし」の人でも応募できる優良求人が多数あることです(年収400万円〜など)
これから未経験で経理職を目指すという方は、MSジャパンをメインで使いましょう。

ジャスネットキャリア(実務経験3年以上の方はここ!)

税理士事務所 給料 安い

ジャスネットキャリアは税理士事務所の実務経験が3年以上ある人におすすめの転職サイトです)

経験3年以上の方におすすめ!高年収の求人多数あり

ジャスネットキャリアは、経理実務経験者向けの求人が充実しています。
初年度年収600万円〜など、高年収の求人がたくさん掲載されていますので、実務経験が3年以上ある人はメインで使えます。
なお、実務未経験者は応募できない求人が多いのでMSジャパンを使いましょう。




Sponsored Links

Copyright© 会計職のキャリア戦略 , 2020 All Rights Reserved.