経理で「簿記資格を持ってない」はやばい?評価されない?

2020年5月10日

  • 経理なのに簿記持ってないってやばい?
  • 簿記2級ぐらいは最低でも持っているべき?
  • 経理への転職活動するなら簿記に合格してからの方がいい?

経理への転職を希望している方の中には、

簿記2級ぐらいは持ってないと経理として恥ずかしい…。

と感じている方は多いかも知れません。

確かに、経理の仕事では簿記の知識はとても大切です。

理由としては、経理の仕事そのものが簿記のルールに従って進んでいくからですね。

「簿記の知識ゼロで経理の仕事をする」

というのはあまり現実的ではありません。

管理人

その一方で、採用面接を受ける時点で簿記検定に合格しているかどうか?

は実はそれほど問題にはならないことが多いです。

実務経験者の場合は簿記資格の有無よりも実務経験を見られますし、

未経験者の場合は「簿記資格は採用後に合格してくれればいい」ぐらいのスタンスの企業がほとんどだからです。

この記事では、経理の仕事をしていく上で簿記資格がどのように評価されるのかについて解説します。

現在経理として働いているけど自分のスキルに不安があるという方や、

これから未経験で経理の仕事に転職したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

簿記を持ってない未経験者でも経理に転職できる

経理 簿記 持ってない

(簿記資格を持ってない人でも経理人材として採用されることはあります)

 

まずは、まだ経理の実務経験がない人(未経験)の方向けの内容です。

(↓※経理経験が1年以上の人はこちらからご覧ください)

>>「簿記資格のない実務経験者」はどう評価される?

結論から先に言うと、

まだ簿記を持っていない人であっても、

理担当者として正社員採用されるケースは普通にあります。

未経験者向けの求人では、簿記資格の取得は「必須条件」ではなく、

「歓迎条件(あるとなお良い」の条件となっている求人が多いですね。

例えば、会計職専門の転職サイトで「未経験者向けの求人」で検索をかけると、

↓以下のような求人がたくさん見つかります。

経理 簿記 持ってない

(簿記資格が「歓迎条件」となっている未経験者向け求人)

 

もちろん、未経験者でも簿記資格はあるに越したことはありませんが、

これから求人に応募するタイミングでの必須条件ではないということですね。

>>未経験者OKの経理求人はこちらでたくさん見つかります

もちろん、簿記資格を持っていることはアピール材料にはなる

経理 簿記 持ってない

(簿記を持っていることは採用でのアピールポイントにはなります)

 

採用の時点で簿記資格を持っていることは必須条件ではないものの、一つのアピール材料にはなります。

そもそも転職時点で経理経験のない人は、なぜこの人は経理をやりたいのか?と転職先の面接官は思う可能性が高いです。

この点で、簿記資格がすでにある人は簿記で勉強したことを生かせる仕事につきたいんだなと考えてもらうことができます。

一つの経理採用枠に実務経験がない人が2人応募してきたとして、

採用する側からすれば、簿記資格がない人よりはある人の方が良いに決まっています。

ただし、「簿記をまだ持ってない=即不採用」なんてことはまったくない

ただ、「それじゃ簿記に合格してからじゃないと応募してはダメなのか…」というとそんなことはありません。

応募時点で採用側が見ているのは、

これから勉強しながら仕事をちゃんと覚えていってくれる人か?」です。

極論をいえば、実務が未経験なら、

簿記資格がある人もない人もそれほど評価は変わらないのが実際のところだと思います。

未経験の方の場合、経理の採用では資格の有無ではなく、

簿記や経理のことについて興味があり、勉強した知識を生かして働きたいということをアピールできれば十分だと思いますよ。

「入社した後」には簿記を取得必須としている会社もある

ただし、会社によっては、採用時には簿記は必須ではないけれど、

入社した後には簿記資格の取得が必須という会社は少なからずありますね。

例えば、私が在籍していた社員200名ほどの企業では、

チームリーダー以上になるには簿記2級取得必須

というルールになっていました。

管理人

最近では、管理職になるためにはTOEIC600点以上が必須になっている企業が増えていますが、

これと同じように、経理職では簿記資格の取得が義務付けられるケースが多いです。

また、「簿記3級を取得すれば1万円、2級を取得すれば2万円がもらえる」というように、

資格取得奨励金の制度がある会社もありますね。

それぐらい、簿記の知識は経理の仕事をやっていく上で必要だということです。

経理職として働いていく以上は、簿記資格を遅かれ早かれ取得するう必要があるものだと考えておきましょう。

「簿記資格のない実務経験者」はどう評価される?

経理 簿記 持ってない

(「実務経験はあるけど、簿記は持ってない」という人の評価は?)

 

ここまでは、「実務未経験者の場合の、簿記資格の有無による扱いの違い」について解説いたしました。

一方で、簿記資格はないけれど、実務経験はあるという方は転職市場でどのように評価されるでしょうか。

結論からいうと、実務経験がすでにある人なら、

簿記資格がなかったとしても、実務経験者として高く評価してもらえる可能性は十分にあります。

経理で重要なのは何より実務経験です。

簿記3級も持っていないけれど経理として高い年収を稼いでいる人なんていくらでもいますよ。

簿記資格がない人も自信を持って自分の実務経験をPRしていけばまったく問題ありません。

会計職専門の転職サイトで実務経験者向けの求人を探すと、以

下のような条件になっていることが多いですね。

(簿記の有無よりも経験してきた実務内容で条件がかけられています)

経理 簿記 持ってない

(簿記資格がなくても応募できる実務経験者向けの経理求人)

 

経理の実務経験がしっかりあることをアピールできれば、

たとえ簿記資格がなかったとしても即戦力人材と評価されます。

↓つまり、この2人が一度に採用面接に来たとしたら、

  • 簿記資格を持っているけれど、実務経験がない人
  • 簿記資格を持っていないけど、実務経験がある人

後者(実務経験がある人)の方が採用される可能性が高いということですね。

私も経理担当として複数の会社で働き、採用選考に立ち会ったこともありますが、

どの職場でも実務経験がある人材を優先的に採用していました。

机上の勉強である簿記と実務の経理では、仕事においては実務のほうが優先されるのです。

SYNCA(シンカ)

現役経理の方は優遇!経理の求人探すならここ!

SYNCA(シンカ)は経理求人専門の転職エージェント会社です。
ベンチャー企業から中堅企業・上場大手企業まで、さまざまな企業規模の経理求人を見つけることができますよ。
経理経験者で年収600万円スタートなど、高年収の求人を探している方はぜひ登録しておきましょう。

synca

(求人例:ソーシャルゲーム企業の経理職)

synca

(求人例:上場企業のCFO直下ポジション)

「経理経験者」に求められる実務レベルはさまざま

しかし、一口に「経理経験者」といっても、業務のレベルや範囲はいろいろです。

担当者レベル、経理課長、経理部長など、

採用時の役職の有無によって求められるレベルも年収もまったく違います。

以下では、「自分は経理経験者です」と面接で言えるレベルとは、どのようなものなのかについてみておきましょう。

ポイントは決算業務の経験

経理経験者の実務レベルを測る基準となることが多いのは、

決算業務の経験がどのぐらいあるか?です。

ただし、これは経理としての経験年数や、そもそも転職者の年齢にもよります。

大きな会社では、未経験者から決算を担当するまでには少なくとも5年ほどはかかりますし、

中小企業でもそう簡単にはやらせてもらえません。

3年未満の経験で転職する場合、転職先の会社でもそこまで深い知識は無いものとみなし、採用を行います。

逆に、月次決算レベルができる人であれば転職先での評価も高いでしょう。

経験した企業規模も重要

大企業の経理から他者に転職する場合は、

経理としての幅広さよりも、自身がその中でどのように業務改善をしてきたか等のほうが重要です。

大企業の経理は、全体を見る人はそう多くはなく、少なくともグループリーダー以上の人でなければ業務知識は優先されません。

転職においては仕事の中での無駄を改善した、業務スピードをこのくらいでできるといったアピールが有効です。

しかし、5年以上経理経験があって担当レベルのことしかできていないと、逆に評価を落としかねません。

一方、中小企業の経理は早い段階から決算に絡む業務を任されることが多いです。

そのため、経理としての業務を一通りこなせるということが転職者の前提となってきます。

ただ、一通りの経理経験があると転職市場では役付を狙えますので、積極的に高い地位での転職を狙っていきましょう。

まとめ:簿記資格がない人も自信を持って転職活動していい

経理は、資格を持っていなければ仕事ができないというものではありません。

そのため、転職活動においては資格の有無よりもどのような仕事を経験してきたか?の方が重要になります。

未経験者の場合は、簿記はどの程度の会計知識を持っているか?の判断材料にはされますが、

それだけですべてが決まってしまうようなことはほぼありえないでしょう。

簿記資格をまだ持っていない人も経理として働き始めることは十分に可能ですよ。

ブラック環境な経理としてぜったいに働きたくない人へ

ブラックで過酷な環境で働く経理になりたくない人は、

経理職専門の転職エージェントを使って情報収集しましょう。

↓こちらの転職サイトに無料登録して希望条件を入力しておくと、条件の良い経理求人の情報にアクセスできるようになります。

SYNCA(シンカ)

現役経理の方は優遇!経理の求人探すならここ!

SYNCA(シンカ)は経理求人専門の転職エージェント会社です。
ベンチャー企業から中堅企業・上場大手企業まで、さまざまな企業規模の経理求人を見つけることができますよ。
経理経験者で年収600万円スタートなど、高年収の求人を探している方はぜひ登録しておきましょう。

synca

(求人例:ソーシャルゲーム企業の経理職)

synca

(求人例:上場企業のCFO直下ポジション)

転職エージェントは実際に事務所をまわって企業の採用担当者にヒアリングし、

その企業の社風や経理部の組織体制(男女比率や年齢構成など)、給料や雇用環境がどうなっているのか?を現場でリサーチしています。

転職エージェントは、こうして集めた求人情報の中から特に条件の良い企業の経理求人を「非公開求人」として紹介してくれます。

なので、ハローワークの求人などではあり得ないような好条件の企業を選択肢にできるんです。

なお、転職エージェントにお金を払うのは採用を行う事務所側だけなので、私たち求職者側は無料で使えます。

何件求人を紹介してもらってもお金が1円もかかることはないので、安心して使うことができますよ。

転職エージェントが持っている非公開求人には、

↓以下のような特に条件の良い求人がそろっています。

管理人

  • 未経験・簿記資格なしでも年収400万円スタートの経理求人
  • 経理の実務経験者スタッフとして年収600万円稼げる求人
  • 繁忙期も残業が存在しないワークライフバランス型の経理求人
  • 会計事務所から経理へのキャリアチェンジ歓迎の経理求人
  • 誰もが名前を聞いたことがある超大手企業の経理求人
  • 最初から管理職候補として入社できる経理求人
  • SaaSやDX対応など話題の業種企業で働ける経理求人
  • IPO準備や国際会計などハイレベルな実務経験が積める経理求人

(経理の実務経験者向け求人:上場企業の将来の管理職候補)

(未経験者もOKの経理求人の例)

入社時の条件面でゆずれない条件がある人は、経理専門の転職サイトに登録して非公開求人の情報が入るようにしておくようにしましょう。

>>経理職専門の転職サイトで実際の求人を見てみる

経理に転職する人は「経理専門の転職エージェント」を使わないとダメな理由

転職エージェント会社っていろんなところがありますよね。

リクナビとかマイナビとかの方が学生時代の就活でも使ったのでなじみがある…という方も多いかもしれません。

ただ、経理として働くことを目指している人は、経理職専門の転職サイトを使った方が良いです。

リクナビ・マイナビは求人の「数」が多いのが強みですが、

求人の「質」で見ると経理専門の転職サイトの方が条件の良い求人を見つけやすいですよ。

また、経理職専門の転職エージェント会社の場合、

いざ本格的に転職活動を始める際に支援してくれるエージェントも経理職出身だったりします。

経理という職業の強みや弱みについてとてもよく理解してくれているので、志望動機や職歴書の作成から面接対策まで、良いアドバイスをしてくれますよ。

転職サイトに登録されている求人を検索しても、リクナビ・マイナビと経理職専門サイトとでは求人の質がまったく違うのに気づかれると思います。

ブラック企業で働きたくない人や、ちゃんと年収稼げる経理になりたい人は、経理職専門の転職エージェントを使うようにしましょう。

(※転職サイトに登録しておくと求人をいろいろみられるようになります。今は情報リサーチの段階の人も早めに登録しておきましょう)

>>経理職専門の転職サイトを見る

© 2021 会計職のキャリア戦略