Sponsored Links

経理で「簿記資格を持ってない」はやばい?評価されない?

2020年5月10日

  • 経理なのに簿記持ってないってやばい?
  • 簿記2級ぐらいは最低でも持っているべき?
  • 経理への転職活動するなら簿記に合格してからの方がいい?

経理への転職を希望している方の中には、

簿記2級ぐらいは持ってないと経理として恥ずかしい…。

と感じている方は多いかも知れません。

確かに、経理の仕事では簿記の知識はとても大切です。

理由としては、経理の仕事そのものが簿記のルールに従って進んでいくからですね。

「簿記の知識ゼロで経理の仕事をする」

というのはあまり現実的ではありません。

管理人

その一方で、採用面接を受ける時点で簿記検定に合格しているかどうか?

は実はそれほど問題にはならないことが多いです。

実務経験者の場合は簿記資格の有無よりも実務経験を見られますし、

未経験者の場合は「簿記資格は採用後に合格してくれればいい」ぐらいのスタンスの企業がほとんどだからです。

この記事では、経理の仕事をしていく上で簿記資格がどのように評価されるのかについて解説します。

現在経理として働いているけど自分のスキルに不安があるという方や、

これから未経験で経理の仕事に転職したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

簿記を持ってない未経験者でも経理に転職できる

経理 簿記 持ってない

(簿記資格を持ってない人でも経理人材として採用されることはあります)

 

まずは、まだ経理の実務経験がない人(未経験)の方向けの内容です。

(↓※経理経験が1年以上の人はこちらからご覧ください)

>>「簿記資格のない実務経験者」はどう評価される?

結論から先に言うと、

まだ簿記を持っていない人であっても、

理担当者として正社員採用されるケースは普通にあります。

未経験者向けの求人では、簿記資格の取得は「必須条件」ではなく、

「歓迎条件(あるとなお良い」の条件となっている求人が多いですね。

例えば、会計職専門の転職サイトで「未経験者向けの求人」で検索をかけると、

↓以下のような求人がたくさん見つかります。

経理 簿記 持ってない

(簿記資格が「歓迎条件」となっている未経験者向け求人)

 

もちろん、未経験者でも簿記資格はあるに越したことはありませんが、

これから求人に応募するタイミングでの必須条件ではないということですね。

>>未経験者OKの経理求人はこちらでたくさん見つかります

もちろん、簿記資格を持っていることはアピール材料にはなる

経理 簿記 持ってない

(簿記を持っていることは採用でのアピールポイントにはなります)

 

採用の時点で簿記資格を持っていることは必須条件ではないものの、一つのアピール材料にはなります。

そもそも転職時点で経理経験のない人は、なぜこの人は経理をやりたいのか?と転職先の面接官は思う可能性が高いです。

この点で、簿記資格がすでにある人は簿記で勉強したことを生かせる仕事につきたいんだなと考えてもらうことができます。

一つの経理採用枠に実務経験がない人が2人応募してきたとして、

採用する側からすれば、簿記資格がない人よりはある人の方が良いに決まっています。

ただし、「簿記をまだ持ってない=即不採用」なんてことはまったくない

ただ、「それじゃ簿記に合格してからじゃないと応募してはダメなのか…」というとそんなことはありません。

応募時点で採用側が見ているのは、

これから勉強しながら仕事をちゃんと覚えていってくれる人か?」です。

極論をいえば、実務が未経験なら、

簿記資格がある人もない人もそれほど評価は変わらないのが実際のところだと思います。

未経験の方の場合、経理の採用では資格の有無ではなく、

簿記や経理のことについて興味があり、勉強した知識を生かして働きたいということをアピールできれば十分だと思いますよ。

「入社した後」には簿記を取得必須としている会社もある

ただし、会社によっては、採用時には簿記は必須ではないけれど、

入社した後には簿記資格の取得が必須という会社は少なからずありますね。

例えば、私が在籍していた社員200名ほどの企業では、

チームリーダー以上になるには簿記2級取得必須

というルールになっていました。

管理人

最近では、管理職になるためにはTOEIC600点以上が必須になっている企業が増えていますが、

これと同じように、経理職では簿記資格の取得が義務付けられるケースが多いです。

また、「簿記3級を取得すれば1万円、2級を取得すれば2万円がもらえる」というように、

資格取得奨励金の制度がある会社もありますね。

それぐらい、簿記の知識は経理の仕事をやっていく上で必要だということです。

経理職として働いていく以上は、簿記資格を遅かれ早かれ取得するう必要があるものだと考えておきましょう。

「簿記資格のない実務経験者」はどう評価される?

経理 簿記 持ってない

(「実務経験はあるけど、簿記は持ってない」という人の評価は?)

 

ここまでは、「実務未経験者の場合の、簿記資格の有無による扱いの違い」について解説いたしました。

一方で、簿記資格はないけれど、実務経験はあるという方は転職市場でどのように評価されるでしょうか。

結論からいうと、実務経験がすでにある人なら、

簿記資格がなかったとしても、実務経験者として高く評価してもらえる可能性は十分にあります。

経理で重要なのは何より実務経験です。

簿記3級も持っていないけれど経理として高い年収を稼いでいる人なんていくらでもいますよ。

簿記資格がない人も自信を持って自分の実務経験をPRしていけばまったく問題ありません。

会計職専門の転職サイトで実務経験者向けの求人を探すと、以

下のような条件になっていることが多いですね。

(簿記の有無よりも経験してきた実務内容で条件がかけられています)

経理 簿記 持ってない

(簿記資格がなくても応募できる実務経験者向けの経理求人)

 

経理の実務経験がしっかりあることをアピールできれば、

たとえ簿記資格がなかったとしても即戦力人材と評価されます。

↓つまり、この2人が一度に採用面接に来たとしたら、

  • 簿記資格を持っているけれど、実務経験がない人
  • 簿記資格を持っていないけど、実務経験がある人

後者(実務経験がある人)の方が採用される可能性が高いということですね。

私も経理担当として複数の会社で働き、採用選考に立ち会ったこともありますが、

どの職場でも実務経験がある人材を優先的に採用していました。

机上の勉強である簿記と実務の経理では、仕事においては実務のほうが優先されるのです。

SYNCA(シンカ)

管理部門のキャリアアップ転職SYNCA【SYNCA(シンカ)】*3段階成果

経理職専門の転職サイト(経理経験者は優遇!)

SYNCA(シンカ)は経理専門の転職サイトです。
上場大手企業の経理〜ベンチャー経理まで、経理求人が充実しています。
未経験OKで年収400万円〜の求人や、
実務経験者むけ年収600万円〜のワークライフバランス求人、
管理職リーダー候補の求人など、好条件な経理求人がたくさん見つかりますよ。

(未経験者むけの経理求人例)

(経験者むけの経理求人例)

「経理経験者」に求められる実務レベルはさまざま

しかし、一口に「経理経験者」といっても、業務のレベルや範囲はいろいろです。

担当者レベル、経理課長、経理部長など、

採用時の役職の有無によって求められるレベルも年収もまったく違います。

以下では、「自分は経理経験者です」と面接で言えるレベルとは、どのようなものなのかについてみておきましょう。

ポイントは決算業務の経験

経理経験者の実務レベルを測る基準となることが多いのは、

決算業務の経験がどのぐらいあるか?です。

ただし、これは経理としての経験年数や、そもそも転職者の年齢にもよります。

大きな会社では、未経験者から決算を担当するまでには少なくとも5年ほどはかかりますし、

中小企業でもそう簡単にはやらせてもらえません。

3年未満の経験で転職する場合、転職先の会社でもそこまで深い知識は無いものとみなし、採用を行います。

逆に、月次決算レベルができる人であれば転職先での評価も高いでしょう。

経験した企業規模も重要

大企業の経理から他者に転職する場合は、

経理としての幅広さよりも、自身がその中でどのように業務改善をしてきたか等のほうが重要です。

大企業の経理は、全体を見る人はそう多くはなく、少なくともグループリーダー以上の人でなければ業務知識は優先されません。

転職においては仕事の中での無駄を改善した、業務スピードをこのくらいでできるといったアピールが有効です。

しかし、5年以上経理経験があって担当レベルのことしかできていないと、逆に評価を落としかねません。

一方、中小企業の経理は早い段階から決算に絡む業務を任されることが多いです。

そのため、経理としての業務を一通りこなせるということが転職者の前提となってきます。

ただ、一通りの経理経験があると転職市場では役付を狙えますので、積極的に高い地位での転職を狙っていきましょう。

【危険】未経験で経理に転職するならブラック企業に気をつけろ…!

(経理に未経験で転職するなら「ブラック企業」にまちがえて応募しないよう注意)

これから未経験で経理への転職を目指す人は、

就活で応募先候補にする企業をまちがえないように注意してください。

経理って所属する会社によって働き方がぜんぜん違う仕事です。

入社する会社をまちがえてしまうと、

ブラックで激務な働き方になってしまう可能性があるんです。

特に未経験者は搾取されやすいので注意して下さい。

ブラック企業の求人を、

最初から応募先の候補に入れないことがたいせつですよ。

管理人

ブラック企業にまちがえて応募しないようにするには、

どこで経理の求人を見つけるか?

の情報リサーチがとても大切になります。

(まちがえてもハローワークとかは使わないようにしましょう)

人間関係がよく給料も高いホワイト企業に就職したい人は、

↓以下のような経理専門の転職サイトで求人を探すのが安全です。

経理の求人だけを専門であつかうサイトなので、

条件の良いホワイト企業の経理求人が大量に見つかりますよ。

SYNCA(シンカ)

管理部門のキャリアアップ転職SYNCA【SYNCA(シンカ)】*3段階成果

経理職専門の転職サイト(経理経験者は優遇!)

SYNCA(シンカ)は経理専門の転職サイトです。
上場大手企業の経理〜ベンチャー経理まで、経理求人が充実しています。
未経験OKで年収400万円〜の求人や、
実務経験者むけ年収600万円〜のワークライフバランス求人、
管理職リーダー候補の求人など、好条件な経理求人がたくさん見つかりますよ。

(未経験者むけの経理求人例)

(経験者むけの経理求人例)

↑まずは無料アカウントを作って

いろんな経理求人を見てみることからスタートしましょう。

なにごともしっかり情報収集することから始めるのが大切です。

※↓メールアドレスはこちらで無料取得できます。

グーグルのGmailまたはYahooメール

今すぐ転職する気がない人も、

転職サイトへの無料登録は早めにやっといた方が良いです。

ストレスや疲労が限界になると、

転職サイトに登録する気力すらなくなります。

管理人

転職サイトで年収や勤務地などの条件を入力しておくと、

マッチする求人が出るたびに自動でメール通知してもらえます。

気になる求人を見つけたら情報としてストックしておきましょう。

これをやっておくと、

どうしても今の状態がつらくなったら転職もあるという選択肢を持てます。

過労やストレスで倒れる前に早めの手を打つことができるんですね。

転職サイトは完全無料で使えます。

いつでも利用やめられますし、

変な電話連絡もないのでリスクはゼロですよ。

情報リサーチに活用しましょう。

管理人

>>経理専門の転職サイトで未経験OKの求人を見てみる

経理求人は「経理専門の転職サイト」で探すべき理由

(転職サイトは「未経験の経理求人に強いサイト」を使わないといけません)

 

転職サイトっていろんなところがありますが、

どのサイトを使って仕事探すか?はとても重要です。

経理や人事など、企業の管理部門求人って、

専門転職サイトの方が条件の良い求人を見つけやすいんです。

管理人

経理の仕事を探すなら、

必ず経理専門の転職サイトを使いましょう。

リクナビなどの一般的な転職サイトより

年収などの条件が良い求人がたくさん登録されています。

↓例えば、以下のようなホワイト経理求人を見つけることができますよ。

  • 誰もが名前を知る業界トップ企業の経理未経験者むけ求人
  • 初年度から年収400万円〜のホワイト企業求人
  • 在宅リモートワークOKのワークライフバランス求人
  • 東証一部上場大手企業の経理求人(未経験むけ)
  • ベンチャー企業の経理求人(年収420万円〜)

(未経験者むけ経理求人の例)

(未経験者むけ経理求人の例)

(未経験者むけ経理求人の例)

(未経験者むけ経理求人の例)

>>未経験OK!現在募集中の経理求人を見てみる

転職サイトでホワイトな求人を見つけるコツ

(転職サイトでホワイトな経理求人を見つけるのにはコツがあります)

転職サイトでホワイトな経理求人を見つけるコツは、

無料アカウント開設時に希望条件の入力をしっかりやっておくことです。

(年収や勤務地、企業規模や業種業界など)

これをやっておくと、

自分の条件にマッチする求人だけにしぼりこんで通知してもらえるんですね。

ライバルと差がつくのってこういうところだったりします。

未経験OKのホワイト経理求人って人気ですからライバルもいます。

情報収集では絶対に負けないようにしておきましょう。

経理求人専門の転職サイトを使って、

リサーチ力でライバルに差をつけてください。

管理人

まとめ:簿記資格がない人も自信を持って転職活動していい

経理は、資格を持っていなければ仕事ができないというものではありません。

そのため、転職活動においては資格の有無よりもどのような仕事を経験してきたか?の方が重要になります。

未経験者の場合は、簿記はどの程度の会計知識を持っているか?の判断材料にはされますが、

それだけですべてが決まってしまうようなことはほぼありえないでしょう。

簿記資格をまだ持っていない人も経理として働き始めることは十分に可能ですよ。

最後の最後にお伝えしたいこと

転職にしても仕事にしても、

成功する人って結局はこれなんですよね。

管理人

(個人的に衝撃を受けた本です)

 

転職活動を成功させるためもっとも重要なのは情報リサーチです。

経理の仕事目指すなら経理職専門の転職サイトを活用しましょう。

転職サイトへの登録って3分でできる作業です。

無料ですしいつでも解除できるのでリスクなんて何もありません。

変な連絡が来るようなこともありませんしね。

それでも、こういうかんたんな作業ですら

↓以下の2種類の人に分かれます。

管理人

  1. とりあえず今すぐやっておく人
  2. いつまでたっても何かと理由をつけてやらない人

これは転職活動だろうが仕事だろうが同じです。

(あなたのまわりにも2. みたいな人いませんか?)

ほんのちょっとの行動の差ですが、

理想の働き方に近づける人と、

いつまでたっても職場の文句ばかり言っている人とで違いが生じるのはこういうところなんですね。

↓今から1年後に、あなたはこのどちらになっていたいでしょうか。

  • 劣悪な雇用環境で給料も安く、
    雑用ばかりさせられる職場で年齢だけを重ねていく…。
  • やりがいがあり、給料の高い仕事で人間関係も良好。
    ワークライフバランス型の職場でプライベートも充実。

↑もちろん後者を目指しましょう。

>>今すぐ行動を起こす

管理人

© 2022 会計職のキャリア戦略