会計事務所(税理士事務所)の仕事は楽しい?やりがいや魅力を解説!

Sponsored Links
  • 税理士事務所の仕事って楽しい?
  • 仕事のやりがいはどんなところ?
  • つらいところはどんなところ?辞めたいと感じるときもある?
  • ブラックな税理士事務所もあるって聞くけど本当?

↑今回はこうした疑問にお答えします。

ネット情報では「税理士事務所はブラック」とか、「所長税理士がパワハラ」とかいろいろいわれていますので、不安になってしまいますよね(デマも多いので注意が必要です)

この記事では、税理士事務所の仕事内容についてくわしく紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ちなみに、私自身は、10年間で3種類の税理士事務所を経験しました。

(↓以下のように、3社とも規模や専門分野がまったく違う事務所です)

  • 従業員20名の中規模事務所
  • 資産税特化型の事務所
  • 従業員数人程度の小規模税理士事務所

いろんな税理士事務所で仕事をした経験がありますので、

税理士事務所ってどういう職場なのか?」についてはくわしい方だと思っています。

これから未経験で税理士事務所への転職を目指す方や、将来的に税理士としての独立を目指している方の参考になればと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

税理士事務所の仕事の楽しいところ・魅力を感じるところ

税理士事務所 仕事 楽しい

(税理士事務所の仕事は楽しい?)

まずは、税理士事務所の仕事の楽しいところや、魅力を感じるところから見ていきましょう。

↓私自身は、以下のような点に魅力を感じて、この仕事を長くやっています。

税理士事務所の仕事の魅力

  1. 企業の経営者と直接的にかかわる仕事ができること
  2. 会計に関する「どろっどろに濃い経験」ができること(経理事務などよりも圧倒的に成長スピードが速い)
  3. 経営を「数字で大まかに見る」という感覚が身につくこと
  4. 経理財務職としてのキャリアアップもできること

それぞれの項目について、順番に見ていきましょう。

1.企業の経営者と直接的にかかわる仕事ができること

あなたが税理士事務所に入社して、毎日「お客さん」として相手をする人たちは、中小企業の経営者の方々です。

若いうちからこうした「経営者の人たち」を相手に仕事の経験を積むことは、他の仕事ではなかなかできないことです。

中小企業の経営者というのは、彼ら自身が本当に努力していますし、人間や世の中というものをよくみています(利益を出している会社ほど)

会社の経営者というのは、自分の力で世の中のニーズを掘り出して、それに応えることでお金を払ってもらわなくてはなりません。

なので、サラリーマンとは働き方や仕事のレベルが全く違うのを感じると思います。

20歳そこそこで入社して、すぐに企業の経営者を相手にするような仕事は、税理士事務所の他にはなかなかないでしょう。

若いうちに会社経営者を直の相手として仕事ができることは、とても貴重な経験になると思いますよ。

2.会計に関する「どろっどろに濃い経験」ができること

税理士事務所で働くと、いろんな会社の会計を見ることができるのも魅力の1つです。

日本全国すべての会社が、1年に1回は税務申告という形で税務署に決算書と税務申告書を提出しないといけません。

しかし、税理士事務所のお客さんである中小企業では、こうした作業を自社内で完結できるスタッフがなかなか確保できません。

そのため、税理士に「うちの会社の決算業務を代わりにやってくれ」という形で仕事がやってくるわけですね。

この決算業務というのは、経理の仕事では「1年の総決算」となるもっとも重要な仕事です。

通常、中小企業の経理職では1年に1回しか決算業務を経験することはありません。

しかし、税理士事務所の職員はその20倍〜30倍の数の決算業務を経験することになります。

税理士事務所では、1人につきだいたい20件〜30件程度の顧問先を担当しますから、必然的に毎年20件〜30件程度の決算業務を経験することになるのです。

つまり、税理士事務所では、通常の経理業務と比べて20倍〜30倍に濃縮された「どろっどろに濃い経験」をすることができるというわけですね。

将来的に会計分野でキャリアを積んでいこうと考えている方にとって、税理士事務所の仕事で働いた経験は必ず後から生きてきますよ。

MSジャパン

未経験OKの優良求人が多数!

MSジャパンは、会計事務所や経理の求人をメインで扱っています。
特徴は「未経験・資格なし」の人でも応募できる優良求人が多数あることですね(年収400万円〜など)
これから未経験で会計職キャリアをスタートしたい人におすすめです。

3.経営を「数字で大まかに見る」という感覚が身につくこと

税理士事務所で働くと、企業経営やビジネスのさまざまな側面について「数字で大まかに見る・理解する」という力が嫌でも身につきます。

税理士事務所で働く人は、日常的に企業経営者とやりとりをし、経営のさまざまな面についてアドバイスを求められるからです。

  • 従業員を増やそうと思っているが、今がベストのタイミングかどうか?
  • 経営上のチャンスを生かすために融資を受けてでも設備投資をしようと考えているが、具体的にどういう話を金融機関の融資担当者に対してすればいいか?
  • たくさんの利益が出そうなので節税対策を考えている。具体的にどういう方法があって、いつまでに何をすればいいか?

↑顧問先の経営者から信頼されるようになると、こうした重要な件についても相談を持ちかけられるようになります。

もちろん、私たち自身は経営者ではありませんから、経営の判断そのものについて直接的なアドバイスをすることはできませんし、経営者の代わりに判断をしてあげることはできません。

いろんな考え方があると思いますが、税理士事務所の仕事は「経営者自身が、少しでも客観的に正しいデータに基づいて経営判断を行うための判断材料を提供すること」だと私は思います。

やや抽象的な話になりますが、顧問先の企業がどのような問題を抱えていて、その問題を解決するための判断材料の一つとして、会計や財務のデータを提供することが税理士事務所の仕事なのです。

税理士事務所の仕事は経理や税務の代行だけではない

こうした業務に関するスキルは、税理士事務所の基本業務である「経理や税務の代行業務」だけをしているだけではなかなか身につけられません。

顧客である経営者とさまざまな問題について一緒に考えながら、どういう情報を提供したら喜んでもらえるか?を日々考えながら仕事をしていくことで身につく能力だからです。

そして、こうしたスキルを身につけるための経験を積めることが、一般企業経理とは違った税理士事務所の仕事の魅力といえます。

税理士事務所で3年〜5年ほど働いた後は、さまざまなキャリアに進んでいくことになるでしょう。

(税理士試験に合格した人は独立もあるでしょうし、より専門特化した税理士事務所などへの転職も考えられます。また、私のように一般企業経理への転職という道もあります)

税理士事務所で積んだ経験はその後のキャリアにも確実にいきてくることは間違いありません。

4.経理財務職としてのキャリアアップもできること

上でも見たように、税理士事務所で働くと、普通の企業経理では1年に1回しか経験できない決算業務を、1年に20回〜30回程度経験することになります。

こうした経験は、会計分野でキャリアを積んでいこうと考えている人にとってはものすごく濃い経験になります。

実際、私は税理士事務所から一般企業経理の管理職に転職して現在に至りますが、

現在の仕事に就くことができたのも20代の若い頃から税理士事務所で働き、決算その他の業務についてたくさん経験をつんだことを評価してもらったからだと思っています。

税理士事務所で働く人の多くが税理士として開業することを目指していると思いますが、しっかりと経験を積んで実力を積んでおけば、

いろんなキャリアの築き方がひろがっていることをぜひ知っておいてほしいと思います。

(もちろん、ここでいうキャリアとは税理士として独立開業することも含みます)

税理士事務所の仕事でつらい・苦しいと感じるところ

上では税理士事務所の楽しいところ、やりがいを感じるところについて紹介しました。

以下では、税理士事務所の仕事でつらい・苦しいと感じるところを見ておきましょう。

↓税理士事務所の仕事の苦しいところ・つらいところとしては、以下のようなことが挙げられます。

税理士事務所の仕事でつらいこと

  1. 未経験者でもいきなり「先生」と呼ばれ、難しい仕事をしないといけない
  2. 本当の意味でのコミュニケーション能力をみがく必要がある
  3. 繁忙期がかなり忙しい
  4. ブラックな事務所に入ってしまうと地獄(ホワイトなところもありますが)

どんな仕事でもそうだと思いますが、仕事というのは楽しいことばかりではありません。

むしろ、10個の苦しいこと辛いことの中で、1個ぐらいの割合で楽しいことが見つかる…ぐらいの感覚が正しいでしょう。

上のそれぞれの項目について、順番に解説します。

1.未経験者でもいきなり「先生」と呼ばれ、難しい仕事をしないといけない

税理士事務所に入社したら、顧問先のお客さんから見たあなたは「税理士先生」です。

これはあなたがまったくの実務未経験者で、税理士試験の勉強も始めたばかりだったとしても同じことです。

(お客さんから見て、あなたが税理士資格を持っているかどうかはわかりませんし、わりとどうでも良いことです)

税理士事務所の仕事では、経理財務・税務という顧問先企業の経営の根幹にかかわる情報を扱うことになりますから、小さなミスであっても許されないという性質があります。

お医者さんや看護師さんの仕事のように、

全くの初心者であっても小さな業務ミスが相手の命(経営状態)にかかわる重大な事態を引き起こす可能性がありますから責任重大です。

税理士事務所で働く人は外部からは会計の専門家とみなされますから、安易な計算ミスをしたり、簡単な税法知識の誤りなどをしてしまうと、顧問先からの信頼を損なうことになりかねないのです。

もちろん、実務未経験者は入社後に実際に顧問先を担当するようになるまでは社内での研修を受けるのが普通です。

税理士事務所に入社したら、顧問先からの信頼を得られる職員になれるよう、できるだけ早いタイミングから実務をしっかり学ぶ姿勢で日々過ごすことが大切です。

2.本当の意味でのコミュニケーション能力をみがく必要がある

税理士事務所のお客さんは、すでに何度か見ているように中小企業の経営者さんです。

経営者というのは非常にエネルギッシュな人が多いですし、基本的に人を使う立場の人たちですから、かなり厳しい要求をしてくる人もいます。

こうした意味で、対人関係やコミュニケーション能力に難がある人は、税理士事務所の仕事はかなりつらいと感じる部分があるかもしれません。

もっとも、いわゆる「ノリがいい人」でないと税理士事務所の仕事ができないというわけではまったくありません。

重要なことは、相手が本当に求めていることは何なのか?をきっちりと見極めることができて、その期待を上回る情報を提供する能力です。

自分の仕事はなんなのか?経営者がわざわざお金を払ってまで税理士事務所と顧問契約を結んでいるのはなぜなのか?

会計や税法の実務について学びつつ、こうしたを日常的にしっかり考えながら、毎日トレーニングを積んで実力を身につけていくことが大切です。

なお、最初のうちはわからないことだらけなのにもかかわらず、難しい質問をされることに悩む時期もあると思いますが、2年目・3年目と経験を積んでいくうちに自然と慣れてくると思います。

3.繁忙期がかなり忙しい

税理士事務所は、毎年12月〜3月、5月ごろは繁忙期になります。

この時期にはある程度の残業が発生するものと覚悟しておいた方が良いでしょう。

もっとも、こうした状況で学ぶことができる税理士としての実務経験は、あなたの長期的なキャリアにとって必ずプラスになると断言できます。

良くも悪くも税理士事務所の仕事というのは「かなりのハードモード」だと覚悟しておきましょう。

「楽な仕事をして、そこそこのお給料がもらえればOK」という人には基本的には向きません。

一方で、将来的に税理士として独立したい、会計の専門家として高いお給料を得られるようになりたいと考えている意欲のある方は、挑戦する価値はあると思いますよ。

残業ゼロを達成しているホワイト事務所も最近増えている

なお、この「繁忙期が忙しい」というのは税理士業界の慢性疾患のようなもので、どの事務所も改善しようと苦労しています。

中には、繁忙期を含めて残業ゼロを達成している事務所なんかもちらほら聞きますね。

コロナ禍を通してテレワークがかなり浸透したことで、残業が大幅に減ったという事務所も増えてきています。

↓繁忙期に残業がどのぐらい発生するか?は、税理士試験との両立を考えている人などにとってはとても重要なポイントですから、福利厚生の条件などをよく確認しておくようにしましょう。

\ 未経験者OKの求人多数あり!/

税理士事務所の実際の求人を見てみる!

4.ブラックな事務所に入ってしまうと地獄

税理士事務所というのは、基本的に小さな組織であるのが普通です。

全体の8割以上の税理士事務所は、従業員は所長税理士を含めて5名〜10名程度の小規模事務所であることを理解しておきましょう。

必然的に、大手企業で得られるような高い給料や福利厚生はあまり期待できません。

未経験社の初年度の年収は300万円程度になるのが一般的ですし、経験3年目〜5年目でも年収400万円程度あれば良い方だと思います。

中には搾取としか思えないような厳しい雇用環境の税理士事務所もありますから、こうしたブラックな事務所に入社してしまわないように注意しておかなくてはなりません。

ブラックな事務所に入社するのが絶対に嫌な方は、税理士事務所専門の転職エージェントを使って転職活動するのがおすすめですよ。

税理士業界専門のエージェントが求人を厳選して紹介してくれますので、ブラックな環境の事務所はあらかじめ候補から外してもらうことができます。




Sponsored Links

© 2021 会計職のキャリア戦略