会計事務所を1年で辞めるってどう?実務経験者として転職成功するポイントを解説

2020年3月4日

  • 会計事務所を1年で辞めて転職するってどう?
  • ジョブホッパー認定される?
  • 今の事務所から別の事務所に転職できる?
  • 会計事務所から異業種に転職する場合の選択肢は?
読者様

会計事務所で働いています。

まだ働き始めて1年ぐらいなんですが退職を考えています。

これってやばいでしょうか?

1つの職場でストレスなく働けるなら

それにこしたことはないですね。

ただ、税理士業界って人の入れ替わりが激しい業界です。

1年以内で辞めた場合でも、

特別不利になることはないと思いますよ。

管理人

私は、20代の頃に1社目に入社した会計事務所が完全ブラックで短期離職しました。

その後2社の会計事務所でトータル10年ほど働き、現在は一般企業の経理をやっています。

税理士業界って1つの事務所で働き続ける人の方が珍しいぐらいなので、

どうしても今の職場環境が合わない場合に転職すること自体は大きな問題ではないと思いますよ。

(もちろん、無計画に転職しても同じ失敗をするだけなので、退職前にきちんと準備をしておくことは大切ですが)

この記事では、会計事務所から1年前後で転職したい人向けに、

実務経験者として転職活動を成功させるポイントを解説します。

今いる事務所でずっと働くことに限界を感じている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

↓※ 税理士業界で働く人にはぜひ読んでおいて欲しい記事

経理 向いてない 辞めたい
「今すぐは転職できない人」もやっておくべきたった1つのこと

このサイトを見てくださる方の中には「今の状況に不満はあるけれど、今すぐには仕事をやめられないし、転職活動も始められない…」という方も多いでしょう。ただ、そんな方も必ずやっておくべきことが1つだけあります。これをやっておくのとやらないのとでは大きな差が出てしまうので注意してください。

続きを見る

税理士事務で働く
会計事務所は「未経験・資格なし」でも転職できる?

「会計事務所は未経験・資格なしでも転職できる?」この記事では、これから税理士業界に未経験で挑戦する!という方向けに、会計事務所(税理士事務所)の採用事情について解説します。結論から言うと、実務未経験で簿記や科目合格もまだ…と言う方でも、会計事務所で正社員として採用される可能性は普通にありますよ。

続きを見る

税理士事務所 給料 安い
会計事務所(税理士事務所)の給料は安い?年収が上がらない理由は?

「会計事務所の給料は安い?平均年収はどのぐらい?どういう働き方をしたら年収は上がっていくの?」この記事では、この業界で10年以上働いた私の経験から、会計事務所(税理士事務所)の平均年収の実態について解説します。ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

会計事務所 ブラック
ブラックな会計事務所の見分け方(12個の特徴)

「会計事務所(税理士事務所)にはブラック企業が多いって本当?見分けるにはどうしたらいい?」この記事では、ブラックな会計事務所の特徴を12個紹介しています。これから税理士になるべく会計事務所への転職を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

会計事務所を1年で辞めるってどう?

会計事務所 1年 転職

(会計事務所を1年で辞めて転職ってどう?)

 

一般的には「1つの仕事についたら3年は働かないとダメ」的なことが言われることが多いですよね。

ですが、これって税理士業界(会計事務所)にはあまり当てはまりません。

みんな最初から転職や独立を前提で働いてますから、

転職回数が多いこと自体はそれほど大きなネックになることはないでしょう。

そもそも税理士業界って、

人の入れ代わりがきわめて激しい業界です。

この業界で10年以上ひとつの事務所で働いている人って

あんまり見たことがないです。

管理人

もっとも、転職先の採用担当者から「無計画に転職をくりかえしている」という評価をされないように注意しておくことは大切です。

重要なのはなぜ今の職場から退職したいのか(退職理由)をきちんと伝え、

転職先では「同じ失敗をくりかえすことはない」と思ってもらうことです。

転職活動は可能な限り「在職中」に始めること

転職活動を始めるタイミングは、

できれば在職中(つまり今の事務所で働きながら就活する)がベストです。

↓その理由としては、以下の3つがあげられます。

  1. 無計画・無責任な人という印象を与えない
    無職で転職活動する場合、必ず「次の職場を決めてから転職しようとは思わなかったのですか?」という質問が来ます。また、無職の期間が長くなるとどうしても社会人としてのセンスがにぶりますので面接では不利になりがちです。
  2. 年収交渉で足もとを見られない
    無職になってから転職活動する場合、どうしても転職先から提示される年収が低くなります。転職先としては「どうせ今は無収入でしょ?」という意識が少なからずありますから、足もとを見られがちです。
  3. 応募できる求人の選択肢が多くできる
    多くの企業や事務所では、採用候補を「現在も仕事をしている人」に限定しています。無職になってから転職活動する場合、スタートラインに立つ時点から不利な扱いになりがちです。

無職で転職活動すると、何かと不利な立場に追いやられてしまいます。

転職活動は可能な限り在職中に初めて、次の転職先から内定が出てから今の職場に退職願を出すようにしましょう。

ただし、ブラック事務所は1秒でも早く辞めるべき

会計事務所 1年 転職

(転職活動は在職中に始めるのがベストですが、ブラック事務所の場合は別です)

 

ただし、雇用環境が劣悪ないわゆる「ブラック事務所」で働いている人は、

次の転職先が決まっていようがいまいが1秒でも早く転職することをおすすめします。

私自身、1社目に入社した事務所(従業員20名ぐらいの中規模事務所)は完全ブラックでした。

↓例えば、当時は以下のような感じで働いてました。

  • 繁忙期(確定申告時期の2月〜3月や、三月決算法人の申告をする5月)は毎日深夜まで残業。
  • 残業代が出ず、手取り給与は16万円ぐらい。
  • 税理士試験との両立なんて不可能で、従業員20名いるのに有資格者は所長税理士のみ。
  • 所長税理士のパワハラがひどく、1年間で3人以上の退職者が出る状態。
  • 教えてもらっていない仕事内容でミスすると人格を攻撃するような罵声が飛んでくる。
  • 毎日、出勤前には腹痛になり休憩時間はトイレにこもって隠れているような状態。

↑あなたの職場と比較してどうでしょうか?

ブラック事務所って多かれ少なかれこんな感じだと思います。

当時はこれが税理士業界の標準だと思っていましたが、

実際に転職して別の事務所を経験してみて「あの事務所って完全ブラックだったんだ…」と気付けました。

実際に働いているときって洗脳状態になっているんで、

「これが当たり前」「悪いのは自分」

みたいに思ってしまうんですよね。

(実際はまったくそんなことないのに)

管理人

ブラック事務所で働いていると、

冗談抜きで人生を壊されてしまいますので注意してください。

(最悪の場合、社会人として働くことすら難しくされてしまいます)

結局私はうつ病寸前のところまでいってしまいましたが、

そんな状態になるまでブラック事務所で頑張る意味なんて1ミリもありません。

ブラック事務所で働いている人は、次の職場が決まっていようがいまいが、少しでも早く逃げ出してください。

多少不利な状態で転職活動せざるを得なくなったとしても、

退職理由的に考慮してもらえるんでなんとかなります。

会計職専門の転職エージェントを活用しよう

会計事務所 1年 転職

(会計事務所経験者は会計職専門の転職エージェントを使いましょう)

 

会計事務所から実務経験者として転職するなら、

会計職専門の転職エージェントを使いましょう(無料で使えます)

会計事務所や企業経理の求人を専門であつかう転職支援会社なので、

↓以下のようなことを無料でやってくれますよ。

(転職エージェント会社にお金を払うのは人を採用したい企業側だけなので、私たち求職者は完全無料で使うことができます)

  • あなたの代わりに自己PRをしてくれる
    自己PRというものは、自力でやるよりも、第三者経由でやる方が圧倒的に効果が高くなります(これは日常生活でもそうですよね)
    転職エージェントは企業の人事採用担当者と直接的にやりとりできますので、あなたの強みや職歴について、あなたの代わりに自己PRをしてもらうことができます。
  • 採用される可能性の高い求人のしぼりこみ
    転職活動をしていて意外に時間をとられてしまうのが「応募する求人のしぼりこみ」です。
    応募しても採用される可能性の低い求人に応募するのは時間の無駄ですので注意してください。
    転職エージェントは日常的に最新の求人をチェックしていますから、あなたの職歴から考えて採用される可能性の高い求人だけをピックアップして紹介してくれますよ。
  • 企業側との日程調整代行
    めんどうな面接アポイント取りや日程調整を代わりにやってくれます。
    現在も就業中の方は、仕事が終わった後の時間に面接の調整をしてもらうなど特別なアポイントの取り方をすることが必要になります。
  • 書類選考対策
    履歴書や職務経歴書の添削を無料でやってもらえます。
    年齢が高めの方や、転職回数多めの人は応募書類の書き方にちょっとしたコツがありますので、ぜひ活用しましょう。
  • 面接対策
    応募先企業の採用ニーズを事前に知った上で面接にのぞむことができます。
    必要な場合には、エージェントに面接への同席をしてもらうことも可能ですよ。
  • 入社初年度の年収交渉
    転職エージェントは、転職先企業でのあなたの入社1年目の年収金額を交渉してくれます。
    この交渉によって年収が100万円単位でアップできることもあります。

転職エージェントは、実際に企業の人事担当者と会って採用ニーズを聞き出していますから、

「この会社はこういう社風だから、こういう人材を欲しがっている」というところまで把握しています。

この会社に対してはこういうアピールの仕方が良いです。

といったように、応募書類の添削や面接対策のアドバイスをしてくれますので、

採用される可能性を大幅に高めることができますよ。

管理人

言ってしまえば、事前に解答を教えてもらってからテストを受けられる感じですね。

逆にいうと、他の人が転職エージェントを使っていて、

あなたが使っていない場合には、

圧倒的に不利な立場に置かれてしまうので注意してください。

REXアドバイザーズ

科目合格以上・実務経験者むけの優良求人が多数!

REXアドバイザーズは、税理士事務所と経理職の専門転職エージェントです。
科目合格以上の人だけが応募できる大手税理士法人(実務未経験OK)や、
実務経験者むけの資産税特化事務所、
会計事務所から経理への転職求人まで、
高年収な優良求人が豊富です。
※未経験資格なしの人はHUPRO(ヒュープロ)の方が求人を探しやすいです。

rexadvisers

(科目合格者向け求人:クリックで拡大)

rexadvisers

(実務経験者向け求人:クリックで拡大)

最速転職HUPRO(ヒュープロ)

未経験者が税理士事務所や経理の求人探すならここ!

ヒュープロは税理士事務所や企業経理の求人が専門の転職エージェントです。
未経験資格なし年収400万円の求人や、
試験勉強との両立がしやすい環境の求人が多数登録されていますよ。
これから会計職としてキャリアスタート!という方はここを使いましょう。
※4000件以上の求人から自動マッチングしてくれる無料AI診断ツールが便利。

(未経験者向けの求人例:クリックで拡大)

(未経験者向けの求人例:クリックで拡大)

SYNCA(シンカ)

現役経理の方は優遇!経理の求人探すならここ!

SYNCA(シンカ)は経理求人専門の転職エージェント会社です。
特徴はAIベンチャーやSaaSなど伸びている業界の中堅企業求人が多い点ですね。
なお、中堅企業といっても上場企業や上場準備中の企業がメインなので、給与や福利厚生もしっかりしていますよ。

synca

(求人例:ソーシャルゲーム企業の経理職)

synca

(求人例:上場企業のCFO直下ポジション)

会計事務所から転職!経験を活かせるおすすめの転職先8つ

会計事務所 1年 転職

(会計事務所の経験者が実務経験を活かせる転職先の選択肢は?)

 

会計事務所から転職するなら、これまでの実務経験を生かせる職種に転職するのがおすすめです(たとえ経験が1年間であったとしても)

会計事務所で経験した実務内容を活かせる職種は多くありますよ。

↓具体的な選択肢としては、以下のようなものを参考にしてみてください。

  1. 中小事務所から大手税理士法人へ転職
  2. 資産税など「特化分野」を持つ事務所に転職
  3. 税理士から公認会計士へのキャリアチェンジ
  4. 大手企業の経理に転職
  5. 中小企業の経理に転職
  6. 経営企画(財務)への転職
  7. コンサル業界への転職
  8. まったくの未経験業種への転職

なんとなく「また別の会計事務所へ転職…」では、

今の事務所で働くのと同じ悩みをかかえる結果になりかねません。

せっかく時間と労力をかけて転職活動するなら、

今よりもより環境(年収・仕事内容)にいきましょう。

実務経験者として転職できる場合、選択肢は多いです。

管理人

会計事務所から転職する場合の転職先の選択肢や年収については、

↓こちらの記事で詳しく解説しています。参考にしてみてください。

経理 実務経験 積むには
【会計事務所から転職】おすすめの選択肢8つ(経理だけじゃないよ)

「会計事務所から転職する場合におすすめの転職先は?実務経験を生かして働くならやっぱり一般企業経理?」この記事では、会計事務所(税理士事務所)での実務経験者向けに、おすすめのキャリアプランを8つ紹介しています。会計事務所経験者が転職で年収を上げるためのポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

>>会計事務所の経験者は優遇!現在募集中の求人を見てみる

会計事務所を短期間で辞める人に多い退職理由10個

会計事務所 1年 転職

(会計事務所から短期離職する場合に多い退職理由)

 

会計事務所を短期間(1年以内など)に辞めていく人に多い退職理由としては、

↓以下のようなものがあげられます。

  1. 年収への不満
  2. 税理士試験とのかねあい(勉強との両立ができない)
  3. 会計事務所の仕事内容そのものが向いてないと感じる
  4. 仕事が激務で残業が多すぎる
  5. 先輩が仕事を教えてくれない
  6. 所長税理士と性格が合わない・パワハラ
  7. 職員どうしの閉鎖的な人間関係
  8. 将来性が乏しく、キャリアアップできない環境
  9. 経営方針やお客さんとの付き合い方への不満
  10. 税理士として自分のやりたい仕事ができない

会計事務所を辞める理由(退職理由)の伝え方については、

↓こちらで例文つきで書きましたので参考にしてみてください。

税理士事務所から経理
会計事務所を辞める理由は?転職面接で失敗しない退職理由10個

この記事では、会計事務所(税理士事務所・税理士法人)で働く人に多い退職理由について紹介します。次の転職で失敗しないために知っておくべき注意点や、会計職としてキャリアアップしていくための転職活動のポイントも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

転職活動を成功させるためには、

退職理由をどのように伝えるか?はとても大切です。

管理人

特に同業他社への転職では、採用側は「うちでも同じようなことが起きたらやめてしまうのでは?」をとても気にしているものです。

退職理由はネガティブな内容にならないように注意が必要です。

(もちろん、せっかく入社した事務所をわざわざ辞めるのですから退職理由が基本的にネガティブなのは当然です。重要なのは「伝え方・言い換え方」です)

>>会計事務所経験者むけの求人で年収を見てみる

↓※ 税理士業界で働く人にはぜひ読んでおいて欲しい記事

税理士事務で働く
会計事務所は「未経験・資格なし」でも転職できる?

「会計事務所は未経験・資格なしでも転職できる?」この記事では、これから税理士業界に未経験で挑戦する!という方向けに、会計事務所(税理士事務所)の採用事情について解説します。結論から言うと、実務未経験で簿記や科目合格もまだ…と言う方でも、会計事務所で正社員として採用される可能性は普通にありますよ。

続きを見る

税理士事務所 給料 安い
会計事務所(税理士事務所)の給料は安い?年収が上がらない理由は?

「会計事務所の給料は安い?平均年収はどのぐらい?どういう働き方をしたら年収は上がっていくの?」この記事では、この業界で10年以上働いた私の経験から、会計事務所(税理士事務所)の平均年収の実態について解説します。ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

会計事務所 ブラック
ブラックな会計事務所の見分け方(12個の特徴)

「会計事務所(税理士事務所)にはブラック企業が多いって本当?見分けるにはどうしたらいい?」この記事では、ブラックな会計事務所の特徴を12個紹介しています。これから税理士になるべく会計事務所への転職を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

© 2021 会計職のキャリア戦略