税理士事務所の転職活動

税理士事務所の面接対策:未経験者の自己PRとよくある質問内容

更新日:

税理士事務所 面接

(【税理士事務所の面接対策】質問される内容や逆質問への対処法は?)

  • 税理士事務所に転職面接で質問されることの多い内容は?
  • 何か質問がありますか?」と逆質問されたときに答えるべきことは?
  • 未経験者だから自己PRといわれてもどう答えたらよいかわからない…。

今回は税理士事務所の転職面接の対策について解説します。

(私は税理士法人に勤め、実際に面接官として採用担当をしたことがあります)

税理士事務所という職場は、他の職種とは重要視される適性がかなり違いますから、面接でのアピールの仕方を事前に理解しておくことが大切です。

しっかりと対策をして、あなたの望む転職をかなえましょう!

税理士事務所の面接対策:未経験者がアピールすべき内容はこの2つ!

税理士事務所の面接対策では、次の2点をアピールポイントとして準備しておきましょう。

税理士事務所の面接対策で、未経験者がアピールすべきこと

  • ①税理士事務所の仕事内容がどのようなものかを理解していること
  • ②あなたが「勉強が苦にならない人間」であること

以下ではそれぞれの項目について、順番に説明します。

なお、規模の小さな税理士事務所だと、いきなり所長面接から入る場合もあります。

大手の税理士事務所だとしても、中途採用の面接は多くても2、3回で最終面接となることが多いでしょう。

1度の面接が採用の可否に大きく影響するため、最初からしっかり準備しておくことが大切です。

アピール①:税理士事務所の仕事内容がどのようなものかを理解していること

採用を行う税理士事務所側が最も避けたいのが、仕事内容のミスマッチによる退職です。

せっかく入社してもらっても「思っていた仕事内容と違った」ということになると、事務所側としてもフォローのやりようがないからです。

そのため、面接官(所長税理士)は、あなたが税理士事務所の仕事内容をどのぐらい理解しているのか?をはかる質問をしてきます。

税理士事務所の仕事とは、ひと言でいえば「中小企業の社長さんを、会計や税務のアドバイスによってサポートする仕事」です。

単に「税務申告を代わりにやる仕事」という部分にとどまらず、もう一歩踏み込んで「お客さんである社長さんたちを親身になってサポートする・経営に直接かかわる仕事ができる」というところに魅力を感じていることをアピールしましょう。

税理士事務所の仕事内容とは?

「中小企業の社長さんを会計や税務のアドバイスでサポートすること」

税理士の仕事は「数字をもとにお客様の経営を支える」仕事で、日常的にやりとりするお客さんは中小企業経営者です。

このことをよく理解していることをアピールできれば、面接を行う側も「仕事内容のミスマッチで辞めてしまうことはないだろうし、意欲も高そうだ」と安心できます。

アピール②:あなたが「勉強が苦にならない人間」であることをアピールする

税理士事務所の職員として仕事をしていくうえでは、さまざまな場面で「勉強」が欠かせません。

これは税理士試験の勉強という意味ではなく、実務に対応するための勉強です。

税法は毎年改正されるだけでなく、お客さんからの質問に対応するために、条文レベルまでさかのぼってルールを理解しておかなくてはなりません。

このように、税理士事務所で働くうえで勉強は欠かせませんから、「勉強そのものが嫌い」という人は、仕事を続けるのが難しいのが実際のところなのです。

そのため、勉強に関する質問は税理士事務所の面接で必ずといっていいほど出てきます。

もっとも、この記事を読んでいるあなたは税理士を目指して勉強をするタイプの人ですから、勉強そのものは苦にならない性格の方でしょう。

「自ら進んで必要な実務知識を勉強できる」「勉強したことを活かして貢献したい」という謙虚な姿勢をアピールすることが重要です。

税理士事務所の面接で質問されることが多い内容

税理士事務所の面接で、実際に質問されることが多い内容としては次のようなことがあります。

税理士事務所の転職面接で質問されることが多い内容

  • ①なぜ今の仕事を辞めて転職しようと思ったのですか?
  • ②志望動機を聞かせてください
  • ③税理士試験の状況を教えてください
  • ④転職活動の状況を教えてください(別の事務所も受けていますか?)

それぞれの質問に対してどのように回答するべきか?について順番に説明していきます。

①なぜ今の仕事を辞めて転職しようと思ったのですか?

転職理由を話すとき、マイナスの理由を述べてはいけません。

待遇への不満や人間関係のストレスは、面接では伏せておきましょう。

そうでないと、「この人はうちでもやっていけないのではないか」という印象を与えてしまいます。

転職理由は、税理士事務所の仕事に魅力を感じたことを中心に話しましょう。

所長や面接官にとっても、仕事に魅力を感じてもらえるのは嬉しいことです。

少し大げさでもいいので、夢を語ることが大切です。

>>会計事務所への転職ならマイナビ税理士

②志望動機を聞かせてください

転職理由では「税理士事務所の仕事をしたい理由」を話すのに対し、志望動機では「なぜこの税理士事務所を志望したか」を話すのがポイントです。

ホームページなどでできるだけ事前に情報を調べておき、その事務所の得意分野や多いお客さんの種類などを理解しておきましょう。

(お医者さんや社会福祉法人の顧問先が多い・相続税対策など資産税に強い・売上高10億円を超える大きなお客さんも多い…などなど)

こうした事務所それぞれの強みを事前に理解して置いたうえで、「採用されたらどんな仕事をしたいか」を具体的に伝えるようにすると、あなたの熱意が伝わりやすくなります。

③税理士試験の状況を教えてください

税理士試験の状況は面接では必ず確認されます。

取得した科目、勉強中の科目について端的に答えられるようにしておきましょう。

未取得の科目についても「昨年も受験しているため、今年は必ず合格します」といった意欲を見せることも大切です。

④転職活動の状況を教えてください(別の事務所も受けていますか?)

転職活動の状況は、聞かれた場合は正直に答えましょう。

他の事務所を全く受けていないというのも不自然です(逆に「無計画な人」という評価をされかねません)

ただし、あまり具体的に答える必要はありません。

面接を受けている以上は、面接を受けている税理士事務所を第一希望としていますという姿勢を見せましょう。

志望する税理士事務所の面接で逆質問すべき内容

これは税理士事務所に限らずですが、面接の最後では「何か質問はありませんか?」と聞かれることがよくありますよね。

(いわゆる「逆質問」というやつです)

とっさに聞かれるとあたふたしてしまうものですが、くれぐれも「特にありません」とだけ答えるのだけはやめておきましょう。

逆質問への解答は、あなたの熱意を伝えるチャンスですから、次のような項目を質問内容として準備しておいてください。

税理士事務所の転職面接で「逆質問」すべき内容

  • ①給与や残業に関するルールについて
  • ②面接官が所長税理士の場合、会社を興したきっかけについて質問する
  • ③実際に働いている人たちの働き方について質問する

しっかりと準備をしておいて、あなた以外の転職希望者に差をつけましょう!

①給与や残業に関するルール(ただし、聞きにくい場合あり)

給与や残業はとても重要なので面接で必ず聞くべき内容です。

税理士事務所は繁忙期(1月~3月ごろ)に一定量の残業が発生しますので、その期間中の残業代の扱いなどについては入社前にきちんと確認しておきましょう。

私自身、1社目の税理士事務所ではこの点をきちんと確認していなかったため、繁忙期には毎日深夜11時~12時ぐらいまで残業し、しかも残業代が出ない…という地獄のような目にありました。

(最近ではこういうブラック事務所は減ってきているようですが)

ただ、自分のお給料の金額について、面と向かって相手に聞くのはなかなか難しい…という方もいらっしゃるでしょう。

そんな方は、転職エージェントに代わりに伝えてもらうのも1つの手です。

※↓転職エージェントにお金を払っているのは採用側の企業(税理士事務所)ですので、転職希望者は無料で使えます。


>>税理士法人への転職ならマイナビ税理士

転職エージェントは、あなたと採用担当者(所長税理士)との間に入って、あなたの希望する年収を伝えてくれますので、ストレスなくあなたの希望する年収に近づけることができますよ。

年収や残業について聞きにくい場合は、転職エージェントに代わりに伝えてもらおう!

↓税理士事務所への転職を目指す場合は、会計職を専門としている転職エージェントを使うようにしましょう。

>>税理士事務所専門の転職エージェントはこちら(無料)

②面接官が所長税理士の場合、会社を興したきっかけについて質問する

面接相手が所長の場合は、起業にまつわるストーリーを逆質問するのも好印象です。

経営者は自分の事業に強い思い入れを持っていることがほとんどです。

また、入社後はなかなか所長にそんな質問をすることはできません。

今だけのチャンスだと思って聞いておけば、あなたにとってもためになる情報が得られるでしょう。

③実際に働いている人たちの働き方について質問する

逆質問で、実際にあなたの先輩となる人たちがどういう風に仕事をしているのか?を聞いておくのも効果的です。

面接官に対しては、仕事に対して真剣に取り組みたいという姿勢をアピールできます。

また、実際に働きながら税理士試験に合格している人がいるか?といったことを確認しておくことは、あなたのキャリアプランを考える上でも重要な判断指標となるでしょう。

-税理士事務所の転職活動

Copyright© 会計職のキャリア戦略 , 2019 All Rights Reserved.