会計事務所・経理に転職して働くには?

会計職のキャリア戦略

会計事務所(税理士事務所)から経理に転職できる?平均年収はいくら?

  • 会計事務所から経理への転職は可能?
  • 税理士補助の実務経験は一般企業でも評価してもらえる?
  • 経理の平均年収はいくら?会計事務所より稼げる?
  • 転職理由や退職理由はどう伝える?
読者様

これまで会計事務所で働いてきたのですが、

税理士試験をあきらめたのをきっかけに転職を検討しています。

会計事務所から経理への転職は可能ですか?

結論からいうと可能だと思います。

会計事務所での実務経験は、経理でも高く評価してもらえますよ。

私自身、会計事務所で働いた後に、管理職候補として経理に転職することができました。

(現在は経理部の管理職として働いています)

管理人

会計事務所から経理」という選択肢は、定番のキャリアアップ方法と言えます。

経理の仕事は、とてもやりがいがありますよ。

自分が所属する企業の経理〜資金繰り対策まですべて直接かかわることができますので、

会計事務所での経験を最大限に生かして働くことができると思います。

この記事では、会計事務所経験者が、経理への転職に成功するにはどうしたらいいのか?について具体的に解説いたします。

忖度(そんたく)なしでメリット・デメリットを書いていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

経理志望者におすすめのサイト

  • MSジャパン
    未経験者向けの経理求人が豊富な転職サイトです。
    「未経験・資格なし」でも挑戦できる経理求人が豊富にありますので、これからキャリアスタートの方におすすめです。
  • ジャスネットキャリア
    経理の実務経験者向けの求人が豊富なサイト(目安は3年以上)
    上場大手企業の経理職など、ハイキャリア向け求人がありますので、いま経理として働いている人がキャリアアップを目指す場合に使えます。
  • リクルートエージェント
    業界最大手の転職サイトです。
    業種問わず、ありとあらゆる職種の求人があるのが特徴です。まだ「希望職種が決まっていない・いろんな選択肢を検討したい」という方は、ここを使いましょう。

会計事務所から経理に転職した場合の年収相場

税理士事務所から転職

(税理士事務所から経理に転職した場合の年収相場)

経理の平均年収は、企業規模によってかなり違いがあります。

大手の方が年収条件はかなりいいですが、転職の難易度はかなり高くなりますね。

また、同じ経理でも大手企業と中小企業とでは働き方がかなり違うことも理解しておきましょう。

管理人
  • 大手企業の経理
    年収600万円〜が相場。
    基本的に実務経験者のみの募集になるので、ライバルが多くなる分だけ転職難易度は高くなります。本支店会計や管理会計、公認会計士監査への対応など高度な会計知識が必要になります。
    安定した福利厚生で、本格的な経理財務業務を経験したい人は大手企業を狙いましょう。
  • 中小企業の経理
    年収400万円〜が相場。
    大手企業に比べると、転職の難易度はかなり低いです。
    働き方としては「社長の右腕」的な存在として、経理や税務だけでなく資金繰り対策(融資交渉)なども担当者として経験することができます。大手に比べて年収条件は劣りますが、会社の全体をみわたしながら働きたい方には中小企業経理がおすすめです。

実際に転職サイトで検索をかけると、

以下のような求人を見つけることができました。

↓こちらは大手企業の会計事務所経験者向け求人です。

会計事務所から経理

(大手企業の会計事務所経験者向け求人例:この求人はジャスネットキャリアに登録されています)

↓こちらは中小企業の経理求人です。

会計事務所出身者も実務経験者として扱ってくれます。

会計事務所から経理

(中小企業の会計事務所経験者向け求人例:この求人はMSジャパンに登録されています)

なお、会計事務所(税理士事務所・税理士法人)から経理に転職するなら、

必ず「経理実務の経験者」として転職するようにしてください。

会計事務所での経験が1年以上ある人なら、

経理の実務経験者として扱ってもらうことは可能ですよ。

管理人

未経験者としての応募をしてしまうと、

本当にいちから経理スタッフとして働くことになってしまいます。

未経験の経理スタッフだと平均年収は300万円が相場ですし、

決算業務などの重要な仕事はなかなかやらせてもらえない…ということも考えられます。

(これではせっかくの会計事務所での経験をいかせません)

会計事務所経験者向けの経理求人はどこで探せば見つかる?

「会計事務所から経理」の求人は、会計職専門の転職サイトにたくさん登録されています。

上で紹介した2つの求人も、会計職専門の転職サイトからピックアップしたものです。

管理人

転職サイトには、

大きく分けて一般向けの転職サイトと、専門職向けの転職サイトの2種類があります。

会計事務所や経理の仕事は会計専門職に該当しますので、

↓以下のような会計職専門の転職サイトで求人を探すようにしましょう。

MSジャパン(会計職専門の転職サイト)

会計事務所 未経験 30代

\ 会計事務所経験者は優遇!/

経理の求人を見てみる!

ジャスネットキャリア(会計職専門の転職サイト)

会計事務所から経理

\ 上場大手経理!年収600万円〜/

経理の求人を見てみる!

※ 転職サイトを使う意味

転職サイトに登録しておくと、あなたの条件にマッチした最新の求人情報が自動配信メールで届きます。

優良企業の経理求人は「早い者勝ち」ですので、日頃から求人情報にはアンテナを貼っておくようにしましょう。

転職サイトの登録は無料です。

「今すぐ転職するかどうかはわからない」という人も、情報収集のために登録しておくと良いですよ。

>>最新の求人を見てみる

私が会計事務所から経理に転職した理由

会計事務所から経理

(私が会計事務所から経理に転職した理由)

私の場合は、正直にいって税理士試験をあきらめたというのがきっかけですが、

1つの会社の経理財務の仕事に徹底的に取り組んでみたい」というのも経理に転職した理由です。

管理人

私の会社は従業員300名程度の中小企業なのですが、

↓具体的には以下のような感じで仕事をしています。

  • 決算業務〜税務申告までを直属の上司(役員レベル)からほぼ全面的に任されたり、
  • 原価計算の知識(転職後にゼロから勉強し直しました)をガシガシ使って管理会計のデータを経営者に提供したり、
  • 大手の金融機関担当者と融資交渉をしたり、
  • 社債の発行など特殊な方法で資金調達をしたり、
  • 公認会計士の監査で会計士さんと会計処理の方法をめぐってやりあったり…

どうでしょう?会計事務所の職員ではなかなかできない仕事ではないでしょうか。

経理担当者としてはかなりコアな働き方をしている自覚があります。

こうした仕事を任せてもらっているのも、

会計事務所で実務経験を積んだ基礎があったからだと思っています。

税理士試験をあきらめて、事業会社の経理に転職する…というと、

敗北感を感じる人もひょっとしたらいらっしゃるかもしれません。

(正直、転職したての頃は私もそうでした)

しかし、経理の仕事が税理士の仕事よりレベルが低いなんてことはまったくありませんよ。

現在、税理士事務所で働いている方には、経理への転職をぜひ選択肢に入れて欲しいですね。

管理人

ジャスネットキャリア

経験3年以上の方におすすめ!高年収の求人多数あり

ジャスネットキャリアは、会計職の「実務経験者向け求人」が充実しています。
初年度年収600万円〜など、高年収の求人がたくさん掲載されていますので、実務経験が3年以上ある人はメインで使えます。
なお、実務未経験者は応募できない求人が多いのでMSジャパンを使いましょう。

「一生働く職場」と考えた場合、会計事務所はやはり不安

税理士事務所から転職

(小さな組織が多い税理士事務所で「一生働く」は不安)

会計事務所というのはどこも小さな組織です。

「一生働ける職場か?」というと、かなり疑問といわざるを得ません。

極端な話、所長税理士に事故や万が一があったら、

その時点で事務所は解散…ということもあり得ますね。

実際にそういう事務所を見たこともあります。

従業員数10名程度の事務所で、所長税理士が登山中に事故にあい、再起不能になったことで事務所が解散になったケースがありました。

管理人

もちろん、会計事務所で実務経験を積みながら税理士試験に合格し、

数年以内に独立する予定の方は別にいいかもしれません(私も当初はそう思っていました)

しっかりとした実力のある人なら、いろんな事務所を渡り歩く…という働き方もできるでしょう。

ただ、転職の必要が出るたびに転職活動をゼロからやる…というのはなかなかしんどいものです。

ある程度の規模の企業で経理に転職すれば、不正なことをしない限りクビになるなんてことはまず考えにくいですし、

安定した給料と福利厚生で働くことが可能になりますよ。

管理人

会計事務所から経理に転職するには具体的に何をどうしたらいい?

税理士事務所から転職

(会計事務所から転職するための具体的なステップ)

↓私の実体験ベースですが、会計事務所から経理に転職するなら、以下のようなステップを踏んでいくと良いと思います。

  • 転職サイトで「会計事務所経験者をピンポイントで募集している経理求人」を探す
  • これだと思った求人に対して徹底的に対策する(応募書類の添削や面接対策は転職エージェントがやってくれるのでフル活用する)
  • エージェントに年収交渉してもらう(リアルに年収100万円単位でアップすることがあります)
  • 現職の職場に退職意思を伝え、退職日の合意をしてからエージェント経由で入社日の日程調整をしてもらう

↑こうしてみると転職エージェントに頼りっきりな感じですが、

これだけエージェントをフル活用しても転職まで3ヶ月は最低かかります。

転職活動なんてしょせんは「自分の売り込み」です。

正直、かなり自己主張が強い人でもない限り、私たち日本人は苦手ですよね。

でも年収をあげたいならこれはしっかりやる必要があることです。

私の場合は仕事が忙しかったこともあって、

年収交渉面接日程の調整などのややこしいことはエージェントに全部任せていました。

管理人

会計事務所から経理に転職する場合の退職理由や志望動機は?

会計事務所から経理

(会計事務所から経理に転職する場合の転職理由・退職理由は?)

読者様

会計事務所から経理への転職を考えたきっかけは、

正直にいって「税理士試験をあきらめたこと」です。

これってやっぱりネガティブな印象を与えてしまうでしょうか?

そうですね。基本的にはネガティブな印象になってしまうので、

そのまま正直に伝えるのはやめた方が良いでしょう。

管理人

会計事務所から経理への転職を考えるきっかけは、

多くの場合は「税理士試験をあきらめたこと」ではないでしょうか。

また、福利厚生や給与が不満で、もっと安定した企業への転職を考えたと言う人もいらっしゃるかもしれませんね。

転職理由は正直に書くべきか?はいろんな意見があると思いますが、私はそこまで正直になる必要はないと思っています。

ネガティブな理由で転職する人を「魅力的な人材」と感じる採用担当者はまずいません。

転職理由や退職理由は必ずポジティブな印象を与えるものにしましょう。

転職活動というのは「あなたという商品を売り込む場所」です。

あえて不利な材料を正直に伝える必要はありません。

志望動機や面接では、「キャリアアップのために御社を志望するんですよ」というポジティブな転職であることが伝わるようにする必要があります。

↓会計事務所から経理へ転職する場合の退職理由・転職理由の例としては、以下のようなものが挙げられるでしょう。

退職理由・転職理由の例

  • 1つの企業の経理業務にとことん取り組んでみたいと考えた
    会計事務所では複数の企業の会計業務に「広く浅く」関わってきたが、経理として一つの企業にとことん貢献する働き方をしてみたくなった。
  • 税金の計算以外の仕事もやってみたいと考えた
    財務会計や税務だけでなく、管理会計や予算策定の仕事にも関わりたいと考えるようになった。
  • 大規模企業の会計業務に関わりたいと考えた
    上場(IPO)準備業務や内部管理体勢の構築といった仕事に関わりたいと考えるようになった。

志望動機の書き方については、こちらの記事で例文つきでくわしく解説しています。参考にしてみてください。

税理士事務所から経理 志望動機
会計事務所(税理士事務所)から経理へ転職!志望動機の書き方と例文

この記事では、会計事務所(税理士事務所)から経理への転職を目指す方向けに、志望動機の書き方のポイントを解説します。例文サンプルも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。会計事務所経験者ならではの長所を自己PRしましょう。

続きを見る

会計事務所から経理に転職して後悔していることはある?

税理士事務所から転職

(税理士事務所から経理に転職して後悔していること)

会計事務所から経理に転職して後悔していることとしては、

やはり「自分の事務所を持つことができなかった」という点ですね。

私は「一国一城の主」という姿にあこがれて税理士業界に入りましたから、この夢をかなえられなかったことはやはり残念な部分もあります。

管理人

一方で、大きな組織の一員として働くことの楽しさも最近は実感するようになりました。

会計事務所の場合、1つの事務所に入ったら何年経っても同じ顔ぶれ…という場合がほとんどですよね。

この点、ある程度の規模の企業になると毎年新卒社員が入ってきますし、

転職組としていろんなバックグラウンドを持った人たちとも出会うことができます。

また、会計事務所では経験できなかったような大きな仕事の案件に多数関わることができているのも経理の魅力です。

私の場合、独立という夢は捨てることになりましたが、今のところは現在のキャリアに大きな不満はありません。

(もちろん、この先どうなるかなんてわかりませんけどね)

経理以外の転職先の選択肢は?

税理士事務所から転職

(「税理士事務所から経理」以外の選択肢は?)

会計事務所で働いている人が、実務経験を生かして転職するなら、

↓以下のような選択肢が考えられるでしょう。

管理人

経理以外の転職先の選択肢

  1. 別の会計事務所への転職
  2. コンサル業界への転職
  3. まったく別分野の仕事への転職

会計事務所経験者にとっての、それぞれの転職先の選択肢について、メリットデメリットを解説いたします。

1.別の会計事務所への転職

もっとも難易度が低いというか、転職が成功しやすいのが「別の税理士事務所への転職」でしょう。

私自身、経理になる前は3社の会計事務所で働いてきました。

その経験から実感するのは、

結局、会計事務所職員としての経験をいちばん評価してくれるのは会計事務所」だということですね。

管理人

転職後は即戦力として扱ってくれますから、仕事にも適応しやすいと思います。

また、会計事務所は小さな組織ですから、

所長税理士の人格というか、性格によって雰囲気はがらっと違います。

「会計事務所の仕事そのものは好きだけれど、今の職場や所長にはがまんがならない」と感じている人は、別の事務所への転職も検討してみると良いと思いますよ。

なお、せっかく別の会計事務所に転職するなら、

給料面でも仕事面でもレベルアップにつながる事務所を目指すと良いですね。

資産税を扱っている事務所や、従業員数100名を超える大規模事務所などであれば、より高いレベルで仕事ができると思います。

管理人

ひとくちに会計事務所と言っても、いろんなところがありますので、選択肢は広く持っておくと良いです。

↓会計事務所の実務経験者向けの求人を探すなら、こちらの転職サイトがおすすめですよ。

ジャスネットキャリア

経験3年以上の方におすすめ!高年収の求人多数あり

ジャスネットキャリアは、会計職の「実務経験者向け求人」が充実しています。
初年度年収600万円〜など、高年収の求人がたくさん掲載されていますので、実務経験が3年以上ある人はメインで使えます。
なお、実務未経験者は応募できない求人が多いのでMSジャパンを使いましょう。

2.コンサル業界への転職

コンサル業界でも会計事務所での実務経験は生かせると思います。

私自身はコンサル業界は経験がありませんが、会計事務所時代に一緒に働いていた元同僚がコンサル業界に転職してバリバリ働いています。

管理人

彼は会計事務所の職員としても非常に優秀な人でしたが、競争の激しいコンサル業界でも活躍していますね。

もちろん、コンサルといえば高年収で有名です。

これはマジですごいです。

30代で年収1000万円なんてザラですから、「とにかく稼ぎたい!」という人はコンサル業界はいいと思いますよ。

彼の年収はさすがにはっきり聞いたことはありませんが、ひさびさに会ったらいい時計・いい車・いいスーツになっていました(笑)

コンサルは採用のされ方がかなり特殊ですので、転職活動ではエージェントの利用は必須です。

(専門エージェントからの紹介というかたちで採用を行っているコンサル会社が多い)

↓コンサル業界への転職を目指すなら、コンサル業界専門のエージェントを使いましょう。

>>コンサル業界専門の転職エージェント!アクシスコンサルティング

3.まったく別分野の仕事への転職

税理士事務所から転職

(全く別分野の職種・業界に転職する場合)

最後に、「まったく別分野の仕事への転職」ですが、

これは会計事務所の仕事が本当に嫌い、向いていないと感じている方向けの選択肢です。

人生で選択を誤ることはあるものです。

自分が仕事が向いているかどうか?なんてやってみないとわかりませんからね。

重要なことは、そこからどうやって軌道修正していくか?です。

管理人

これまでのキャリアをいったんリセットして、別分野の仕事を探すのであれば、

まずは大手の転職エージェントにキャリア相談してみるのが良いでしょう。

ゼロからキャリアを考えるときには「できるだけ多くの選択肢の中から、自分の志望先を決めること」が重要です。

大手の転職エージェント会社は、

特定の業界に特化しているエージェント会社と比べて、

圧倒的にたくさんの種類の求人を持っているのが特徴です。

エージェントとの面談では、

とにかくいちからキャリアを見直したいので、可能性がある求人をできるだけたくさん出してください

というスタンスで相談してください。

エージェントはキャリアについて考えるのが仕事ですから、プロの視点からあなたにあった選択肢を提案してくれますよ。

管理人

↓大手の転職エージェントならこの3社を使っておけばまずまちがいはありません。

「今すぐ転職するつもりはない人」も転職サイトに登録しておくべき理由

この記事を読んでくださっている方の中には、

いずれは転職を考えているけど、今すぐ転職活動するつもりはない」という段階の方もいらっしゃるでしょう。

転職活動なんて、はっきりいってめんどくさいですよね。

ですが、「今すぐ転職する気はない」という人も、転職サイトへの登録だけは早めにやっておいた方が良いです。

なぜかというと、仕事や勉強のストレスが限界に達すると、

転職サイトに登録するというアクションを起こす気力さえなくなってくるからです。

管理人

転職活動は情報が命です。

転職サイトに登録しておいて、気になる求人をストックしておくだけでも、

いざ転職となったときの選択肢の多さがまったく変わってきます。

また、「今の職場がどうしてもつらくなったら転職すればいい」という出口を用意することができますから、

今の仕事をやっていく上でも心理的に楽になりますよ。

転職サイトへの登録は無料で、5分でできる作業です。

あなたの条件にマッチした事務所の最新求人情報がメール届きますから、

今すぐ転職するかどうかはわからないという人も情報収集のために登録しておきましょう。

>>会計事務所から経理に転職する場合におすすめの転職サイトはこちら




Sponsored Links

Copyright© 会計職のキャリア戦略 , 2020 All Rights Reserved.