簿記は必要なくなる?「もういらない・将来いらなくなる」と言われる理由とは?

2021年4月2日

簿記 必要なくなる

(簿記知識は将来必要なくなるって本当?)

  • 簿記は将来的に必要なくなる?
  • AI化が進むと機械が経理をやるようになるからムダ?
  • 今から簿記の勉強スタートってどう?

資格スクールのパンフレットとかみてると、

「ビジネスマンに簿記は必須知識」

ってよく書いてますよね。

ただ、これって本当でしょうか?

AI化や会計ソフトの発展で

「経理の仕事はなくなる」とか、

「簿記なんて必要なくなる」

なんて話もちらほら聞くようになりました。

管理人

これから経理の仕事をスタートする方や、

すでに経理として働いている人にとって、

とても気になる話ではないでしょうか。

この記事では、

AI化が進んだ将来では、

本当に簿記知識が必要なくなるのか?

について、実際に経理として働いている人間

として日頃から考えていることを書きます。

私にとって「自分の仕事がなくなるかも」という死活問題ですから、

誰よりも真剣に考えている自信があります。

1つの「現場の意見」として参考にしてみてください。

ブログ管理人

1985年生まれ。未経験ニートで会計事務所入社→月給16万円で地獄のような目にあう→何度か転職して年収600万円→税理士試験に挫折…→会計事務所から中小企業の経理管理職に転職/ブログ運営6年目に突入!累計読者は34万人以上(感謝!)
>>自己紹介の記事はこちらです

この記事の目次

簿記の必要性は今後も変わらない(ただし、経理にとってだけ)

簿記 必要なくなる

(簿記知識が必要なのは「経理の仕事をやる人」だけ」です)

 

結論から先に言うと、

簿記の必要性というのは今後もなくならないと思っています。

ただし、それは経理を仕事でやる人だけの話です。

↓つまり、

会計や税務を仕事でやっている人(経理や税理士など)

にとって「簿記の知識は今後もずっと必須」ですが、

それ以外の仕事をしている人には、

簿記の知識は必要ありません。

重要なことは、

↑これって今までもずっとそうだったという点です。

AIがどうとか言われ出す以前からずっと、

会計の専門職以外の人が

簿記知識を持っていてもあんまり意味ないです。

管理人

なぜかというと、

簿記の知識は財務諸表を「作る」ためのもので、

これは経理というかなり特殊な仕事をしている人だけに必要な知識だからです。

多くの人にとって必要な知識は財務諸表を

読む・使う」技術です。

作る」技術はおそらく一生のうちに一度も必要性を感じる場面はないでしょう。

>>今すぐに勉強しておくべきことは、簿記よりもむしろこっち

例えば、プロのパン屋さんを目指す人にとって

パンの焼き方の知識は必須ですが、

一般人にはまず必要ないですよね。

美味しいパンがどこで売っているか?

さえ知っておけば問題ありません。

別の例で言えば、

電気工事の仕事をしている人の必須資格として

「第二種電気工事士」という国家資格があるそうです。

これがないとそもそも現場から

一人前として受け入れてもらえないレベルの資格みたいです。

ただ、これって電気工事の仕事をしていない一般人には

絶対いらない資格ですよね。

管理人

簿記もこれと同じです。

経理をやってる人間からしたら、

簿記知識ゼロで経理の仕事をやるっていうのは

まずありえないレベルの話なんですね。

簿記の知識ゼロだと、業界の「中の人」としてまず受け入れてもらえないレベルの話なんです。

そして、くりかえしますがこれは今も昔も同じです。

簿記知識もこれと同じ性質ものです。

特定の仕事をしているプロ向けの、

マイナーな知識であるということですね。

 

簿記=経理の共通言語

簿記の知識は、

いわば経理が仕事をする上での共通言語のようなものです。

簿記の考え方がわかってないと、

まともに経理の仕事を行うことができません。

もちろん、伝票の計上といった単純作業は、

会計ソフトやAIがどんどん行うことになるでしょう。

↓しかし、以下のようなことを判断するのは今も昔も将来も人間であり、

判断の前提知識として簿記が必要となります。

  • AIが行った作業が本当に正しいのか?
  • 会計や税務のルールにそってAIに作業してもらうにはどうしたらいいか?
  • 実際にできあがった会計データをどのように使うか?
  • もっと良い出力がされるようにするにはどこを調整すればいいか?

最近では会計ソフトがAI化で優秀になってきていますね。

銀行取引のデータを自動で会計仕訳にしてくれたり、

領収書をカメラで撮って取引内容を予測したりといったこともできるようになっています。

しかし、こうした自動化された作業の結果としてできあがってきたものを、

いかに「実務で通用するもの」にするかについては、

まだまだ人間の判断が必要なのです。

 

今すぐに勉強しておくべきことは、簿記よりもむしろこっち

簿記 必要なくなる

(最速で勉強効果を実感したい場合は?)

 

この記事を読んでくださっている方の中には、

  • なんとなく会計の仕事に興味がある
  • 職業訓練のために簿記を勉強しようと思っている
  • これから経理スタッフとして未経験で入社することになっている
  • 会社で上司から簿記の勉強をしておくように指示された

↑こういう人が多いでしょう。

すでに解説したように、

こういった「プロを目指す人」にとっては今後も簿記は必須知識です。

なので、ぜひ勉強をスタートしてみてください。

ただ、簿記って勉強にかなり時間がかります。

簿記は「日商簿記2級」までが必須知識と言われますが、

ゼロからスタートするなら2級合格レベルになるまでには、

半年〜1年ぐらいは必要になります。

↓中には以下のような感じで、

もっと早く勉強した効果を実感したい!

という方も多いと思います。

管理人
  • 就活で「きみすごいね!」って評価されたい
  • 社内で「実はあの人はすごい」といわれたい
  • 経理としての実務能力を手っ取り早く身につけたい

↑こういうニーズがある方にとって、

簿記の勉強よりもおすすめなことがあります。

それは、会計ソフトの使い方を身につけておくことです。

会計ソフトは無料で使えるので、

勉強するのにお金はかかりません。

資格スクールとかに通う必要もないですし、

自宅で今すぐできることです。

>>例えばこちらの会計ソフト

管理人

無料でお試し利用できるので、

パソコンやスマホにアプリを入れていじってみてください。

おすすめは無料会計ソフトを使って自分の家計簿をつけてみることです。

皆生機ソフトはゲームやスポーツと同じで、

説明書をたくさん読んでから実際にさわるより、

とにかくたくさんさわってみることが大事ですよ。

 

会計ソフトを最低限使えることは「簿記よりも必須」

この記事を書いている2022年現在、

経理の仕事は会計ソフトを使うのが当たり前になっています。

これはどんな小さな会社だろうが、大企業だろうが同じです。

逆に言えば、簿記知識がかなりある人であっても、

会計ソフトなんてさわったこともありません…。

みたいな状態だと、

経理の仕事ではまったく通用しないのが現実です。

なので、直近で会計関連の仕事をやる人や、

社内で手っ取り早く評価アップを狙いたい!という人は、

簿記の勉強をしつつ会計ソフトの使い方に慣れてみてください。

現時点で簿記知識がゼロな人でも、

会計ソフトは使いこなせるように作られています。

「会計の仕事ってこんな感じなんだ」

疑似体験してみる目的でも、

会計ソフトを使うメリットは大きいですよ。

無料で使えるものですしね。

管理人

>>自分の家計簿をつけてみよう!無料の会計ソフトはこちら

 

簿記は何級から転職に有利?

簿記 何級から有利

(簿記は何級から転職に有利になる?)

読者様

経理への転職を考えているのですが、

履歴書にかけそうな資格は普通自動車免許ぐらいしかありません…。

やっぱり簿記2級ぐらいはもってないと採用されないでしょうか?

結論からいうと、そんなことはありません。

簿記資格が何もなくても、

経理として働いている人はたくさんいますよ。

管理人

このあたりは実際の求人を見てみるのが早いかもしれません。

↓例えば、こちらは未経験者歓迎の経理求人の例です。

 

簿記 何級から有利

(簿記資格がなくても応募できる経理求人はたくさんあります)

>>未経験・資格なしOKの経理求人を見てみる

 

また、必須要件として「簿記2級程度の知識」という書き方をしている求人もありますが、それはタテマエであることが多いです。

正直にいって、

簿記2級ぐらいなら仕事しながらでも半年〜1年程度の勉強で合格できますから、

採用担当者としては「入社後に勉強してもらっても問題ない」と考えているケースが大半だと思いますよ。

(つまり、求人応募時点で簿記は何も持っていなくても問題ない)

自社の採用ニーズに合いそうな人が応募してきてくれたときに、

その人が「簿記を持っていないだけで不採用にする」なんてもったいないことは採用担当者は普通しません。

(企業にとって、人を集めるのって本当に大変なことなんです)

 

面接で「簿記は持っていないのですか?」と質問されたときの答え方

経理の採用面接では「簿記資格はまだ持っていませんか?」という質問が来る可能性はあります。

↓その場合は、以下のように答えておけば問題ないでしょう。

はい、現在のところ合格はまだしておりません。

ですが、すでに勉強は初めておりまして、

次回●月の検定試験の合格を目指して勉強を進めております。

未経験者の場合、採用担当者は「最低限の簿記知識があるか」と「自主的に勉強できる意欲のある人か」をチェックしています。

「最低限の簿記知識」は入門テキストをひと通り読む程度でも身につけることができますので、

必ずしも検定合格をしていなくても採用の可能性はあります。

 

実務経験者の採用では「資格より実務スキル」

読者様

経理の実務経験者として転職する場合はどうでしょうか?

簿記資格がなくても採用されますか?

実務経験者として転職する場合は、

何よりも重要視されるのは「経理の実務スキル」です。

ここでも簿記資格の有無はあまり重要ではありません。

管理人

「経理の実務スキル」というのは、

↓例えば以下のような経験があるかどうかです。

(これらは職務経歴書の内容から判断されます)

  • 決算業務を何回ぐらい経験しているか
  • 法人税や消費税の申告書作成にかかわったことがあるか
  • 従業員の給与計算をやったことがあるか

簿記資格を持っていなかったとしても、

経理として上のような仕事がきちんとできるなら問題視されることはないと思います(採用担当として問題視する理由が見つからないです)

 

ずっと経理で生きていくなら簿記の勉強はしておくのが吉

もっとも、経理財務職としてこの先ずっと仕事を仕事をしていくつもりなら、

簿記資格を持っているにこしたことはありません。

経理の仕事というのは簿記のルールにしたがって動いていますから、

簿記の勉強を進めることは、

実務スキルを効率的に高めることに役立ちます。

つまり、簿記を勉強していると経理の仕事がよく理解できるようになるのです。

管理人

「就活で有利になるために資格をとる」というよりも、

採用後に実力を発揮するために資格をとる」という感じですね。

資格というのは就活(転職活動)のためにとるのではなく、

仕事の能力を高めるためにとるものと考えましょう。

こちらの考え方の方が何かとうまくいくと思いますよ。

 

日商簿記3級でも履歴書に書いてOK

このように、未経験者・実務経験者ともに簿記資格への評価は、

「持っているにこしたことはないもの」です。

なので、たとえ現時点で簿記3級までしか合格していなかったとしても、

それは履歴書にきちんと書いておいた方が良いですね。

経理の仕事をまともにやったことがある人なら、

「3級しか持っていないから、知識も3級程度だろう」とはまず考えません。

「勉強は苦手でも仕事ができる人」

というのはどこの業界でもたくさんいますからね。

管理人

あなたを採用する企業側にとって、

「あなたが資格を持っている人かどうか?」ははっきりいって大した問題ではありません。

企業側が考えているのは「この人を採用をして、自社にとって利益があるか?」だけです。

↓例えば、以下の2種類の人が応募してきてくれたとしましょう。

  • 簿記3級しか持ってないけど、実務経験が豊富な人
  • 簿記1級を持ってはいるけど、まだ実務経験がない人

私が採用担当者だったら「簿記3級しかなくても実務経験がある人」を採用します。

(他の条件がまったく同じだったとして)

就活や転職活動は受験勉強とは違います。

あなたという商品を売り込むビジネスです。

「相手のニーズ(欲しいもの)はなんなのか?」を予想し、それに合わせた自己アピールを考えることが大切だと思います。

 

資格スクールのセールストークにまどわされないように注意

資格スクールなどは「資格を持っていると就活に有利!」というセールスをしますが、

それは彼らのビジネストークであることを理解しておく必要があります。

(彼らの商売は資格講座に入会してもらうことです)

資格に合格するのが生きがい!」という人ならいいですが、

ほとんどの人にとって重要なのは、

転職や就活を成功させて年収をあげたり、

社内での役職をあげたりすることですよね。

管理人

資格スクールは目的をきちんと明確にした上で活用しないと、

お金だけを無駄に払うことになりかねませんから注意してください。

「一生懸命まじめに勉強しているのに、年収が低い…」

なんて残念すぎますよね。

(そして、そういう人は意外に多いです)

この記事を読んでくださっているあなたはこんな残念な状態にならないよう、注意してください。

 

「簿記合格してから就活」より「採用されてから勉強」がおすすめ

これから経理職を目指すという人は、

「簿記に合格してから就活(転職活動)を始める」よりも、

「まずは経理として少しでも早く実務経験を積むことを考えて、簿記は入社してから勉強する」

と考えた方が良いです。

簿記2級の合格を目指すとして、

ゼロから勉強を始めるとしたら合格まで6ヶ月〜1年程度はかかってしまいますよね。

6ヶ月〜1年もあれば、経理スタッフとして最低限の業務を身につけることは十分に可能です。

また、簿記で勉強する内容と、経理の仕事内容は非常にリンクしています。

働きながら勉強した方が、短期間で合格レベルになれると思いますよ(お給料もかせげますしね)

「簿記に合格してからでないと経理求人への応募はできない」

なんてただの思い込みです。

簿記資格はなくても経理職として採用される可能性は普通にありますよ。

管理人

社会人になっているのに勉強ばかりしている人ってときどきいますが、

方向性としてまちがっていると思います。

社会人にとって、勉強は仕事に役立てるためにやるものです。

ここを理解しておかないと、

労力が大きいわりに報われることが少ない状態になってしまいますよ。

経理としてキャリアをスタートしたい人は、

簿記の勉強よりもまず企業に採用されることを最優先にしましょう。

経理未経験者がブラック企業に間違えて入社すると、
こんな悲惨な目にあいます…

 

実際に「簿記知識が必要となる具体的な場面」3つ

では、経理として簿記が必要だと感じる場面とは、具体的にどんな時でしょうか?

一言でいうと、「人間による説明」が必要になる場面です。

↓具体的な場面としては、以下の3つを挙げることができます。

  1. 経営者や社内他部署への会計数値の報告・資料提供
  2. 会計監査や税務調査への対応
  3. 金融機関との融資交渉

それぞれの場面について説明します。

1. 経営者や社内他部署への会計数値の報告・資料提供

経営者や社内の他部署に対して、会社の状況を説明し、利益を達成するための方法を考えるという業務も経理の重要な仕事の一つです。

会社が目標とする利益を達成していくためには、様々な人を巻き込んで、コミュニケーションをとっていかなくてはなりません。

その際、数字がどのような内容のものなのか?その数字が前年や予算と比べて、なぜ良いのか悪いのか?等を分かりやすく説明していく力が求められます。

簿記は説明をする上での「考え方の基礎」となるものであるため、人に理解してもらうときに非常に役に立ちます。

簿記の知識を生かして、人に自分の伝えたいことがうまく伝われば、仕事をスムーズに進めることができますよね。

2. 会計監査や税務調査への対応

経理というと、なんか堅い仕事だし、「ルールに定められた通りにきっちり行う仕事」というイメージがあるかもしれません。

しかし、実務上のルールには、一定の幅があり、企業側が任意に選択できる場面があります。

例えば、固定資産を費用にする方法、在庫の価値を評価する方法などはいくつかの選択肢がある中で、企業がメリット・デメリットを判断し、選ぶことができます。

したがって、会社にとってどの方法が一番得か?というのを判断する上でも、簿記の知識が必須となります。

また、会計よりもさらにきっちりしていそうな税務に関しても、法令の解釈にはグレーな部分があるため、税務調査でも調査官との交渉で進む場面があります。

身近な例として、会社の福利厚生費を挙げてみたいと思います。

福利厚生として認められるには、

  • もっぱら従業員の慰安のために行われる
  • 運動会、演芸会、旅行などのために
  • 通常要する費用

であることが必要なのですが、どれもあいまいな表現ですよね。

つまり、人によって解釈の余地を意図的に認めているルールなのです。

税務調査では、調査官はこうしたルールをきびしめに解釈して「交際費ではないですか?」として課税しようとしてきます。

一方、会社側としてはルールをゆるめに解釈して「福利厚生費です」と主張することが考えられます。

このようにルールの解釈をめぐっては交渉が必要になることもあります。

簿記や税務の知識をもった人が交渉し、結果的に処理の仕方に問題がないなれば、余計な税金を払わずに済むでしょう。

経理の知識が必要になる場面と言えますよね。

3. 金融機関との融資交渉

金融機関との融資交渉においても、人による説明が必要です。

銀行の融資担当者は、決算書を見て「この処理はどういうこと?」とつっこんできます。

これに対して、経理担当者は「その数字が何によって生じたものか?」について説明できなければなりません。

お金を借りるには、融資担当者に「この会社にお金を貸したら、たくさん稼いでくれそうだ!」と思ってもらう必要があるのです。

融資担当者にそのように思ってもらうためには、資料として渡す会計資料の説明がきちんとできなくてはいけないわけですね。

いうまでもなく、こうした説明をきちんと行うためには簿記の知識が必要になります。

簿記の知識というのは、融資担当者も含めてお金にかかわる仕事をしている人にとって「共通言語」のようなものです。

お互いに簿記の知識のある者どうしが話をすることで、スムーズに交渉が進むことがあるのです。

金融機関との交渉がうまくいけば、

より安い金利でお金を借りることができますから、

場合によっては数千万円〜数億円ものお金が節約できることがあります。

(追伸)労働環境が劣悪な「ブラック経理」で絶対働きたくない人へ

(経理未経験者は「ブラック企業」にまちがえて応募しないよう注意が必要です)

これから経理として働く人は、

労働環境が悲惨なブラック企業にまちがえて入社しないよう注意してください。

経理って入社する会社によって労働環境がぜんぜん違う仕事です。

自分の勤務先として選ぶ会社をまちがえてしまうと、

ブラックでつらい働き方になってしまうことがあるので注意してください。

例えば、入社時のスキルや学歴職歴がまったく同じ人でも、

↓こんなふうにスタート地点からすでに差がついてしまうことがあるんです。

(まさに天国と地獄…)

管理人
  1. ホワイトな経理職場
    ていねいな新人研修があり、ゼロから経理としての仕事をていねいに教えてもらえる環境。
    年収は400万円からスタートと未経験者の相場からみてやや高めの給料。さらに会社の業績に合わせて決算ボーナス支給あり。
    繁忙期ふくめて残業ゼロなので、ワークライフバランスも良好な職場。
  2. ブラックな経理職場
    何もわからない状態でいきなり現場に放り出され「仕事は先輩を見ながら覚えて」と実質放置。
    しかも年収264万円でスタート…。手取り月給20万円未満…。
    残業が常態化していてプライベートの時間がまったくとれない…。

 

↓実際の求人をお見せするとこんな感じ。

どちらも未経験OKの求人なのに、

入社時の条件がまったく違いますよね。

(画像クリックで拡大できます)

(ホワイトな経理求人:未経験OK)

(年収条件の良くない経理求人の例)

>>実際の経理求人で年収を見てみる

 

↑あえて2つ目のしんどそうな求人(年収264万円〜…)を選ぶ人はまずいないと思います。

(「黒字経営の安定企業」ならもうちょっとちゃんと給料出せよって話です…)

同じ働くなら、お給料はちょっとでも高い方が良いに決まってますよね。

 

なぜ、同じ「未経験OKの経理求人」なのに年収が100万円以上違うのか?

(なぜ、同じ「未経験OK求人」なのに、年収が100万円以上も違うのか?)

 

重要なのは、経理の場合はこうした「差」が、

個人の能力スキルの違いによって生まれるわけではないことです。

 

上の2つの求人は、どちらも「未経験OKの求人」なことに注目してください。

未経験者の場合、入社時の仕事の能力なんてみんなゼロで同じのはずですよね。

(経理は実務経験で評価される職種ですから)

 

経験もスキルも同じゼロのはずなのに、

会社によって入社時のお給料の金額がまったく違うのはなぜなのか?

これは「応募先の企業がきちんと利益を出しているか?」、

そして「経営者が利益を社員に還元する意識を持っているか?」の違いです。

 

経理って営業マンみたいに個人成績で給料が決まる職種ではありません。

基本的に「固定給+夏冬ボーナス」で、

会社の業績がよければ決算賞与がプラスされるみたいな感じです。

なので、経理の給料は入社する会社の良し悪しによってほぼ決まってしまうんです。

これがどういうことか?というと、

あなたがどんなに優秀な人であったとしても、

勤務先の会社がもうかってなくて経営者がワンマンだったら、

お給料は平均と比べて低くなってしまうということです。

管理人

逆にいうと、能力や経験にあまり自信がない人であっても、

業績の上がっているホワイト企業に入ることができれば、

同じ未経験者に年収で差をつけることができるんですね。

 

経理はどういう会社を転職先に選ぶか?によって、

働き方がまったく違ってくることを知っておいてください。

 

ブラック環境で働く経理未経験者は本当に悲惨…

(ブラック企業で働く経理は本当に悲惨です…)

 

私自身も経験があるのですが、

ブラックな職場で働く経理って本当に大変です。

ろくな新人研修も受けないままいきなり現場に出されて、

「仕事は先輩のマネをしながら覚えてね」

みたいなほったらかし教育をされる危険があります。

会社がもうかっていなくて、

お給料が低い経理の職場って、雰囲気は最悪です…。

仕事がある程度きつくても、「平均より良いお給料をもらえている」という実感があれば頑張れるものですよね。

ですが、業績が悪い会社ではみんな低年収でボーナスとかも少ないですし、

人件費を抑えるために最低限の人員スタッフで現場をまわしていくことになりがちです。

必然的に残業時間は増し、みんなイライラと不満を抱えながら働くことになるんです。

新人時代の仕事で何がつらいって、

わけがわからない状態で職場で放置されてしまい、

うろうろオロオロしながら邪魔者扱いされて、

それでも毎日先輩の機嫌をうかがいながら、

仕事を教えてもらわないといけないことなんですよね。

管理人

しかも、ブラックな会社ではしょっちゅう新人が辞めていくので、

「新人なんて育ててもすぐ辞めていくし…」

みたいに考えられているケースも多いです。

つまり新人は使い捨て状態。

「それって経理の仕事じゃないよね…?」みたいな雑務ばかりやらされるので、経理としてろくな経験をつむことができません。

 

当然ながら、そんなかたちで仕事を覚えても、

身につくのは「その会社の中でだけ通用するスキル」だけです。

こういうブラックな職場に入って劣悪な環境でずっと過ごし、

5年後にどうなっているか…?って考えるとぞっとしますよね。

 

この点、業績の良いホワイト企業では、

未経験者をゼロから育てていくという意識があります。

業績が良いからこそ新人研修にも時間と労力をかけられますし、

未経験入社でも上で見た求人のように、

年収400万円(月給25〜30万円)でスタートなど相場より高いケースが多いんです。

まさに天国と地獄…みたいな感じですが、

同じ働くなら、こういう「しっかりお給料を稼げて、毎日の仕事のストレスが少ない環境」でスタートしたいですよね。

 

経理未経験者は「どこで求人を探すか?」が決定的に重要

(経理のホワイト求人はどこで見つかる?)

 

それでは、どうすれば上で見たような業績がよく、

未経験者にも優しいホワイト企業の経理求人を見つけられるのでしょうか?

このブログを見てくれる方には、こっそりコツをお教えしますね。

 

経理として転職活動がうまくいかないのは、

十中八九が「求人を探す場所をまちがえている」のが原因です。

ブラックな会社にまちがえて応募するリスクを避けたい人は、

経理求人専門の転職サイトで求人を探さなくてはいけません。

(↑無料で使えるサイトです)

 

多くの経理未経験者の方は、

リクナビやマイナビなどの「一般向けの求人サイト(いろんな職種が雑多に募集されている転職サイト)」で経理求人を探してしまいます。

こういうサイトには、

言い方は悪いですが残りカスみたいな条件の悪い求人ばっかり集まりがちなんです。

上で実際の求人をお見せしましたが、

未経験OKとはいえ年収264万円〜…なんて、

はっきりいいってひどい搾取企業ですよね。

平気でこういう悪条件で求人を出す会社があるのが現実です。

管理人

 

もちろん、最初は「一般向けサイト」で求人を探したくなる気持ちはよくわかるんです。

「転職活動そのものが学生時代以来で初めて」という人も多いでしょうし、

「自分はまだ未経験だから、経理専門の転職サイトとか使っても応募できる求人なんて1件もなさそう…」って不安になりますよね。

 

ですが、経理未経験者の方であっても、

こういう転職活動のしかたは絶対にやめた方が良いです。

求人を探す場所でまちがえてしまうと、

未経験者ほどブラック企業の求人にまちがえて応募してしまうリスクが非常に高くなります。

どういう転職サイトを使って経理求人を探すか?には徹底的にこだわってください。

経理は一種の「専門職」です。

経理求人だけを専門であつかう転職サイトでないと、

条件の良い求人はなかなか見つかりません。

管理人

 

経理としてどんなにまじめで性格の良い人であっても、

求人を探す場所をまちがえてしまうと、

ブラック企業に入ってしまう可能性が高くなります。

逆にいうと、はっきり言ってあんまりスキルが高くない人でも、

ホワイトな職場で良いお給料をもらっているケースはたくさんあるんですよね。

 

ちょっしたコツを「知っているか?知らないか?」で差がついてしまう…

(「ちょっとしたコツ」を知ってるか?知らないか?で差がついてしまう場面はたくさんあります)

 

このように、転職活動をするときのちょっとしたコツ(未経験者でも経理求人専門の転職サイトを使う)を知ってるかどうか?だけで、

同じ未経験者なのに年収や職場環境に差がついてしまう…って、

理不尽でひどい感じがしますよね。

ですが、はっきりいって世の中なんてそんなもんです。

コツや裏技を知ってるか?知らないか?で、

ものすごい差がついてしまう場面ってたくさんあります。

例えば、まったく同じ品質の新品商品とかでも、

メーカーの公式ショップで買うと定価なのでやたら高くて、配送は1週間後(しかも玄関で自分で受け取り)…とかなのに、

まったく同じ新品商品をAmazonで探せば値段は時価なので安くて、

しかも翌日夕方までに自宅に置き配してくれるとかってよくありますよね。

こういうことって社会にはいくらでもあることですから、

私たち個人が不公平だ…!なんて不満をのべても意味がないです。

(そういうのは政治家の仕事です)

世の中の理不尽をなんとかしよう!とか考えるより前に、

まずはあなた自身が経理として転職を成功させましょう。

これから経理への転職を目指す人は、

↓経理求人専門の転職サイトを使って、

年収の高い好条件求人をピンポイントで狙っていきましょう。

管理人

ヒュープロ(経理専門の無料転職サイト)

経理のホワイト求人多数あり!

ヒュープロは経理専門の無料転職サイトです。
未経験簿記なしで年収400万円〜の求人
実務経験3年で年収600万円〜の求人
在宅もOKのワークライフバランス求人
会計事務所から経理へ転職歓迎の求人
などなど、好条件人が多数ありますよ。
>>10,097件の求人を見てみる

(未経験OK求人の例:クリックで拡大)

(経験者むけ求人の例:クリックで拡大)

 

私自身が実際に使ってみた経理専門の転職サイトで、

「ここなら自信を持っておすすめできる!」

というところをランキング記事にしてみました。

↓こちらの記事もよければ参考にしてみてください。

管理人
経理の求人探すならここ!転職サイトおすすめランキング【厳選3社】

この記事では経理職として働く人におすすめの転職エージェント会社をランキング形式で紹介しています。経理は一種の専門職なので、どの転職エージェント会社を使うか?は転職活動の成功/失敗が決まってしまうぐらい重要なポイントになります。ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

 

実際の経理求人で年収を見てみよう

(実際に募集されている経理求人を紹介します)

 

上で紹介した経理求人専門の転職サイトなら、

↓例えば以下のようなホワイト経理求人を見つけることができますよ。

  • 未経験でも年収400万円〜のホワイト企業求人
  • 在宅リモートワークOKのワークライフバランス求人
  • ゼロから仕事を教えてもらえる教育環境充実の求人
  • 誰もが名前を知る業界トップ企業の経理求人
  • 年収600万円スタートの実務経験者むけ経理求人
  • 決算前の繁忙期も残業なしなどワークライフバランス型の経理求人
  • 将来の管理職候補として入社できる経理求人
  • 会計事務所から経理へのキャリアチェンジ歓迎の経理求人
  • IPO準備業務の経験を積むことができる経理求人
  • CFO直下のポジションで働ける経理求人

(未経験者むけ経理求人の例)

(未経験者むけ経理求人の例)

(未経験者むけ経理求人の例)

(未経験者むけ経理求人の例)

(ワークライフバランス重視の経理経験者むけ求人)

(経理経験者むけの管理職候補求人)

(会計事務所から経理へキャリアチェンジ歓迎の経理求人)

(上場大手企業の経理求人例)

>>未経験もOK!現在募集中の経理求人を見てみる

 

今すぐは転職活動できない人へ

(今すぐは転職するかどうかわからない…という人へ)

なんとなく今の環境に不満はあるし、

一生このままで良いなんてまったく思ってないけど

なかなか重い腰を上げられない…。

いま仕事している人もしていない人も、

↑毎日こんなふうに感じながら過ごしている人がほとんどだと思います。

転職活動なんて、はっきりいってめんどくさいですよね。

ただ、今すぐ転職する気がない人も、

転職サイトへの無料登録は早めにやっといた方が良いです。

ストレスや疲労が限界になると、

転職サイトに登録する気力すらなくなります。

管理人

特に、条件の良い経理求人は人気ですから、

日常的にこまめに情報リサーチしておくことが大切です。

経理求人専門の転職サイトで年収や勤務地などの条件を入力しておくと、

マッチする求人が出るたびに自動でメール通知してもらえるので活用しましょう。

↓こんな感じでメールが届きます。

自分が希望する条件にあった求人だけ

ピンポイントでピックアップしてくれるのでめっちゃ便利です。

(希望条件に合った求人だけが自動通知されます)

情報ってたくさんありすぎても

ごちゃごちゃしてわけからなくなりますからね。

情報があふれている時代なので、

自分の求める情報を見つけるスキルが大事です。

管理人

同じ転職サイトを使っていても、

良い求人を上手に見つけられる人と、

見つけられない人の違いはこういうところでも出ますね。

(自分の希望条件をしっかりめに入力してるだけなんですが)

>>経理求人専門の転職サイトで希望条件を入力しておく

 

つねに「逃げ道」を確保しておくのが大切

(良い意味での「逃げ道」を確保しておくのが大切です)

 

経理求人専門の転職サイトで希望条件をしっかりめに入力しておき、

「ここいいかも…!」と気になる求人を見つけたら、

情報としてこまめにストック保存しておくようにしましょう。

手元に魅力的な求人がたくさんある状態を作っておくと、

いざ転職活動を始めるときに良いスタートを切ることができます。

また、日常的に転職サイトで求人リサーチするクセをつけておくと、

どうしても今の状態がつらくなったら転職もある

↑という「選択肢」を持てるのも重要ですね。

良い意味での逃げ道を確保できる感じです。

これって精神的にもかなり安定するんですね。

過労やストレスで倒れる前に早めの手を打つことができます。

転職サイトは完全無料で使えます。

いつでも利用やめられるのでリスクはゼロですよ。

年収などの条件の良い経理求人がたくさんあるので、

情報リサーチに徹底活用しましょう。

管理人

>>経理専門の転職サイトで実際の求人を見てみる

 

最後の最後にお伝えしたいこと

(個人的に衝撃を受けた本です)

 

↑転職活動でも仕事でも、

成功する人の違いって結局はこれだと思うんですよね。

経理が転職活動を成功させるために、

もっとも重要なのは求人情報を探す場所をまちがえないことです。

経理で働くなら経理職専門の転職サイトを活用しましょう。

転職サイトへの登録って1分でできる作業です。

無料ですしいつでも解除できるのでリスクなんて何もありません。

変な連絡が来るようなこともありませんしね。

↓それでも、以下の2種類の人に分かれます。

  1. とりあえず今すぐ無料登録だけでもやっておいて求人検索を始めてみる人
  2. いつまでたっても何かと理由をつけてやらない人

これは転職活動だろうが仕事だろうが同じです。

(あなたのまわりにも2. みたいな人いませんか?)

ほんのちょっとの行動の差ですが、

理想の働き方に近づける人と、

いつまでたっても職場の文句ばかり言っている人とで違いが生じるのはこういうところです。

 

↓今から1年後に、あなたはこのどちらになっていたいでしょうか。

  • 劣悪な雇用環境で給料も安く、
    雑用ばかりさせられる職場で年齢だけを重ねていく…。
  • やりがいがあり、給料の高い仕事で人間関係も良好。
    ワークライフバランス型の職場でプライベートも充実。

↑もちろん後者を目指しましょう。

それは誰でも可能です。

>>今すぐ行動を起こす

管理人
経理の求人探すならここ!転職サイトおすすめランキング【厳選3社】

この記事では経理職として働く人におすすめの転職エージェント会社をランキング形式で紹介しています。経理は一種の専門職なので、どの転職エージェント会社を使うか?は転職活動の成功/失敗が決まってしまうぐらい重要なポイントになります。ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

まとめ:「簿記はもういらない」は15年以上前からずっと言われている話

「簿記は必要なくなる」といったたぐいの話は、

経理という仕事をよくわからない人が言っている…という感じがしています。

そもそも「簿記はもう必要なくなる」という話は、

会計ソフトが世の中に出だした15年ぐらい前から言われ出したことです。

(ちょうど私が社会に出た頃で、当時も大騒ぎしていました)

↓15年前も今と同じように、こういうことを言っている人たちはたくさんいたんですよね。

  • 経理の仕事は終わった
  • 経理事務の仕事をしている人たちは全員リストラ
  • 会計関連の仕事は人間でなくて機械がやる時代が来る

その時点からすでに15年以上経っているわけですが、

経理という職業の重要性は高まるばかりです。

これから経理や財務の仕事を選択することを検討している方は、

無責任な世の中の声におどらされないように注意してください。

© 2024 会計職のキャリア戦略