Sponsored Links

経理の仕事で楽しい・面白いと感じる瞬間4選!現役経理が語る業務の魅力

2022年2月15日

  • 経理の仕事で楽しい・やりがいあるって感じるのはどんなとき?
  • いま経理やってるけど仕事がつまらない…。楽しいと感じるようになる日がいつかくるの?
  • 経理の仕事に向いてる人の特徴って?

経理の仕事ってむき不向きがあると思いますが、

「楽しい」と感じる部分も多くあります。

管理人

この記事では、経理の仕事の魅力について紹介します。

これから未経験で経理への転職を目指す人や、

すでに経理として働いているけど仕事の面白さがなかなかわからない…

と感じている方は参考にしてみてくださいね。

経理が「楽しい・やりがいある」と感じる瞬間は?仕事の魅力4つ

経理 楽しい

(経理の仕事が楽しいと感じるのはどんなとき?)

 

10年以上経理をやっている私の個人的な体験談ベースですが、

↓経理の仕事の魅力ってこういうところだと思います。

1. 経理は勉強すればするほど実力がつく職業

経理は「自分で勉強したこと」がそのまま仕事の実力アップにつながるめずらしい職種です。

例えば、営業マンってビジネス書などで勉強をたくさんしても売れるようになるわけではありませんよね。

私も新卒入社した会社で営業マンでしたが、

さっぱり成果を出せませんでした。

管理人

同様に研究開発者も閃きや発想が無ければ売れる商品を作ることができません。

一方で、経理は会計や簿記税務の知識を身につければつけるほど

仕事の実力がアップしていきます。

日々の取引の仕訳力も経験によりスピードが上がっていきますね。

人の動き、物の動き、金の動きを意識できるようになります。

これらが意識できると経済という大きな流れを把握できるようになり、こうして蓄積していったノウハウを活かしてもっと大きく広く事業を展開している企業に転職するのも良いでしょう。

経理においては、勉強が好きな人はコツコツキャリアアップしていけます。

2. レベルの高い人たちと仕事ができる

経理が日常的にやりとりをする相手は、同じ課の経理スタッフたちです。

その一方で、定期的に以下のような人たちと仕事を通してやりとりをすることもあります。

  • 経営者に会計数字の報告を行ったり
  • 融資担当の銀行マンとやりとりをしたり
  • 顧問の税理士とやりとりをしたり
  • 公認会計士の監査を受けたり
  • 税務署の税務調査を受けたり

↑こういう「レベルの高い人たちとのやりとり」があるのです。

入社数年で社長と話をする…とか、普通の営業マンや事務職ではなかなか難しいですよね。

経理は「会社の決算書を作る」という仕事の性質上、

また、経理として働き始めたけど顧問の税理士などとやりとりしているうちに税理士キャリアに興味を持って転職というパターンは多いです。

(働きながら税理士や会計士を目指す事もできます)

それは税理士や会計士といった税務や会計のプロフェッショナルと仕事をすることで自分自身もプロの意識が芽生えてくるからです。

税理士試験も会計士試験も簿記会計の知識が土台となっているからです。

税理士になれば独立開業で年収1000万も夢じゃないです。

経理職は、利益を生まないという理由から他の部門から嫌われることがよくあります。

営業と違い仕事を外から持って来るのではなく、内部の管理をメインに行う部門のため嫌われるということです。

そのため、給料もある一定額に達するとそれ以上は年齢を重ねても上がらないなんてことも少なくありません。

しかし、その経理畑で培った経験を税理士試験や会計士試験のような次のキャリアに繋げられれば年収に上限など存在しません。

3. 決算業務は経理の醍醐味

経理の仕事のメイン業務は、1年に1回の年次決算業務です。

これは簡単に言えば「会社の決算書を作る作業」です。

決算書はその会社の「成績表」のようなもので、

その内容によって会社の融資が通るか決まったり、株価が動いたりします。

(上場企業の場合、株主総会を開いて決算書の内容について株主の承認を得なければなりません)

1年間を通して売上、仕入れ、

その他の経費等がいくらだったのかを決めて最終的にいくら儲けが出たのか、もしくは赤字だったのかをきちんと算出しなければなりません。

また決算時における会社にどのくらいの財産が残っているのかも算出しなければなりません。

利益が出たのであれば、その内のいくらを株主に配当という形で還元するのかも決めなければなりません。

会社が儲けた金額に対して税金をいくら納めるべきなのかも計算する必要があります。

こんなに多い仕事を1人で行うのは無理です。

なので、経理部長を中心にグループ分けをして、いつまでにどこまで処理するかを決めなければなりません。

こういった連携が必要です。

決算時期は本当に忙しいですが、経理部門が一丸となり、連携をとりながら決算を行う事でまた一つ成長したと感じることができるでしょう。

4. 会社を数値で分析するスキルがみにつく

いい会社にはいい経理マンがいるものです。

なぜなら会計は土台であり、どの企業にも存在するからです。

もし経理がなければ、今自分が働く会社が儲かってるのか、儲かってないのかすらも分からなくなります。

以前の会計事務所勤務時代に、この「今自分が働く会社が儲かってるのか儲かってないのか」と考えられる人がクライアントの中に非常に少ないと感じました。

ただ伝票や領収書をシステムに入力するだけの仕事は経理マンとは呼べません。

仕事を始めた頃は今月いつもより経費がかさんでるなとか、売り上げが少ないななどを意識する程度でもいいと思います。

管理会計に興味が強いなら、財務部(経営管理室)などの職種を選択肢に入れた方が良いかもしれません。

ただし、財務部の募集は経理の実務経験者向けであることが多いです。

なので、最終的に財務の仕事がしたい人も経理からスタートすることをオススメします。

大切なのは自ら数字を見て自分の会社がどういう状態なのかを考える事です。

自分の会社が予算に対してどのくらいの実績を残せているのかいないのか。

それをしっかり分析して、月次の報告会議で他の部門の人が納得できる説明をすることが大切です。

【危険】未経験で経理に転職するならブラック企業に気をつけろ…!

(経理に未経験で転職するなら「ブラック企業」にまちがえて応募しないよう注意)

これから未経験で経理への転職を目指す人は、

就活で応募先候補にする企業をまちがえないように注意してください。

経理って所属する会社によって働き方がぜんぜん違う仕事です。

入社する会社をまちがえてしまうと、

ブラックで激務な働き方になってしまう可能性があるんです。

特に未経験者は搾取されやすいので注意して下さい。

ブラック企業の求人を、

最初から応募先の候補に入れないことがたいせつですよ。

管理人

ブラック企業にまちがえて応募しないようにするには、

どこで経理の求人を見つけるか?

の情報リサーチがとても大切になります。

(まちがえてもハローワークとかは使わないようにしましょう)

人間関係がよく給料も高いホワイト企業に就職したい人は、

↓以下のような経理専門の転職サイトで求人を探すのが安全です。

経理の求人だけを専門であつかうサイトなので、

条件の良いホワイト企業の経理求人が大量に見つかりますよ。

SYNCA(シンカ)

管理部門のキャリアアップ転職SYNCA【SYNCA(シンカ)】*3段階成果

経理職専門の転職サイト(経理経験者は優遇!)

SYNCA(シンカ)は経理専門の転職サイトです。
上場大手企業の経理〜ベンチャー経理まで、経理求人が充実しています。
未経験OKで年収400万円〜の求人や、
実務経験者むけ年収600万円〜のワークライフバランス求人、
管理職リーダー候補の求人など、好条件な経理求人がたくさん見つかりますよ。

(未経験者むけの経理求人例)

(経験者むけの経理求人例)

↑まずは無料アカウントを作って

いろんな経理求人を見てみることからスタートしましょう。

なにごともしっかり情報収集することから始めるのが大切です。

※↓メールアドレスはこちらで無料取得できます。

グーグルのGmailまたはYahooメール

今すぐ転職する気がない人も、

転職サイトへの無料登録は早めにやっといた方が良いです。

ストレスや疲労が限界になると、

転職サイトに登録する気力すらなくなります。

管理人

転職サイトで年収や勤務地などの条件を入力しておくと、

マッチする求人が出るたびに自動でメール通知してもらえます。

気になる求人を見つけたら情報としてストックしておきましょう。

これをやっておくと、

どうしても今の状態がつらくなったら転職もあるという選択肢を持てます。

過労やストレスで倒れる前に早めの手を打つことができるんですね。

転職サイトは完全無料で使えます。

いつでも利用やめられますし、

変な電話連絡もないのでリスクはゼロですよ。

情報リサーチに活用しましょう。

管理人

>>経理専門の転職サイトで未経験OKの求人を見てみる

経理求人は「経理専門の転職サイト」で探すべき理由

(転職サイトは「未経験の経理求人に強いサイト」を使わないといけません)

 

転職サイトっていろんなところがありますが、

どのサイトを使って仕事探すか?はとても重要です。

経理や人事など、企業の管理部門求人って、

専門転職サイトの方が条件の良い求人を見つけやすいんです。

管理人

経理の仕事を探すなら、

必ず経理専門の転職サイトを使いましょう。

リクナビなどの一般的な転職サイトより

年収などの条件が良い求人がたくさん登録されています。

↓例えば、以下のようなホワイト経理求人を見つけることができますよ。

  • 誰もが名前を知る業界トップ企業の経理未経験者むけ求人
  • 初年度から年収400万円〜のホワイト企業求人
  • 在宅リモートワークOKのワークライフバランス求人
  • 東証一部上場大手企業の経理求人(未経験むけ)
  • ベンチャー企業の経理求人(年収420万円〜)

(未経験者むけ経理求人の例)

(未経験者むけ経理求人の例)

(未経験者むけ経理求人の例)

(未経験者むけ経理求人の例)

>>未経験OK!現在募集中の経理求人を見てみる

転職サイトでホワイトな求人を見つけるコツ

(転職サイトでホワイトな経理求人を見つけるのにはコツがあります)

転職サイトでホワイトな経理求人を見つけるコツは、

無料アカウント開設時に希望条件の入力をしっかりやっておくことです。

(年収や勤務地、企業規模や業種業界など)

これをやっておくと、

自分の条件にマッチする求人だけにしぼりこんで通知してもらえるんですね。

ライバルと差がつくのってこういうところだったりします。

未経験OKのホワイト経理求人って人気ですからライバルもいます。

情報収集では絶対に負けないようにしておきましょう。

経理求人専門の転職サイトを使って、

リサーチ力でライバルに差をつけてください。

管理人

最後の最後にお伝えしたいこと

転職にしても仕事にしても、

成功する人って結局はこれなんですよね。

管理人

(個人的に衝撃を受けた本です)

 

転職活動を成功させるためもっとも重要なのは情報リサーチです。

経理の仕事目指すなら経理職専門の転職サイトを活用しましょう。

転職サイトへの登録って3分でできる作業です。

無料ですしいつでも解除できるのでリスクなんて何もありません。

変な連絡が来るようなこともありませんしね。

それでも、こういうかんたんな作業ですら

↓以下の2種類の人に分かれます。

管理人

  1. とりあえず今すぐやっておく人
  2. いつまでたっても何かと理由をつけてやらない人

これは転職活動だろうが仕事だろうが同じです。

(あなたのまわりにも2. みたいな人いませんか?)

ほんのちょっとの行動の差ですが、

理想の働き方に近づける人と、

いつまでたっても職場の文句ばかり言っている人とで違いが生じるのはこういうところなんですね。

↓今から1年後に、あなたはこのどちらになっていたいでしょうか。

  • 劣悪な雇用環境で給料も安く、
    雑用ばかりさせられる職場で年齢だけを重ねていく…。
  • やりがいがあり、給料の高い仕事で人間関係も良好。
    ワークライフバランス型の職場でプライベートも充実。

↑もちろん後者を目指しましょう。

>>今すぐ行動を起こす

管理人

© 2022 会計職のキャリア戦略