税理士事務所の志望動機

税理士事務所の志望動機:未経験者の書き方を解説!(例文あり)

更新日:

税理士事務所 志望動機 未経験

(税理士事務所の未経験者向けに、志望動機の書き方を例文付きで解説します)

この記事では、これから初めて税理士事務所への転職を目指す!という未経験者向けに、志望動機の書き方を解説いたします。

そのまま使える例文も紹介していますので、参考にしてみてください。

情報収集に活用すべき転職サイト

税理士事務所転職の情報収集に使えるサイトとして、以下の3つがあります。

↑いずれも無料で使えますので、メールアドレスを登録しておきましょう。

(転職サイトに登録すると、あなたのメールアドレスに最新の税理士事務所求人が届くようになります。転職活動用に1つヤフーメールを作っておくと情報をひとまとめにできて便利ですよ)

税理士事務所の志望動機にはこの2つのことを書く

税理士事務所 志望動機 未経験

(税理士事務所の志望動機では、この2つのことを内容に含めましょう)

志望動機にはこの2つを書く

  • ①これまでの職務経験や勉強内容を書く
  • ②応募先の事務所だからこそ志望したというアピール

↑税理士事務所の志望動機では、この2つのことを簡潔にわかりやすく書きましょう。

①については「前職での経験が、税理士事務所の仕事にどうつながっているのか?」を意識して書くのがポイントです。

②は、簡単に言えば「御社が第一志望です!」とアピールしましょうということですね。

※志望動機の例文を見る(クリックでこの記事の下部にジャンプします)

応募する事務所が本心では第一志望ではない場合は?

もちろん、あなたはすでに複数の応募先に応募しているかもしれませんし、必ずしも今回の応募先が第一志望ではないこともあるでしょう。

しかし、そのことを正直に書く必要はまったくありません。

採用担当者(所長税理士であることもあります)からすると「御社は第二、第三希望です」なんて書かれて、あなたに好感を持つことはありえません。

転職活動は自分という商品を売り込む場であることを理解しておきましょう。

税理士事務所未経験者の志望動機例文

税理士事務所 志望動機 未経験

(税理士事務所未経験者向けの志望動機例文を紹介します)

↓上の①・②を踏まえて、税理士事務所未経験者の志望動機例文を示すと以下のようなものが考えられます。

未経験者の志望動機例文

※①これまでの職務経験や勉強内容を書く

前職の営業職では、建築資材のルート営業を経験しました。

私が担当していたお客様は、中小企業の経営者さんが中心だったのですが、この仕事を通して経営者の方が常に節税や資金繰りについてのアドバイスを求めていらっしゃることに気づきました。

※②応募先の事務所だからこそ志望したというアピール

御社では中小企業経営者に早期の月次決算を推進することにより、会計データを経営に生かすコンサルティング業務に注力されているのを知り、強い共感を持ちました。

私に不足している会計や税務の知識については自ら積極的に習得し、顧問先のパートナーとしてぜひとも貢献していきたいと考え、志望いたしました。

未経験者が税理士事務所の志望動機を書くときの3つの注意点

税理士事務所 志望動機 未経験

(志望動機を書くときは、この3つのことに注意しておきましょう)

上の解説した2つの内容を、あなたなりにアレンジすれば、きっと採用担当者の心に響く良い志望動機が作成できるはずです。

↓その上で、未経験者の方が志望動機を書くときは、以下の3つの点も注意しておきましょう。

未経験者はこの3つに注意!

  • ①前職(現職)への不満は書かないこと
  • ②受け身の姿勢を感じさせる内容はNG
  • ③前職の退職理由を明記する

以下では、①〜③の意味について順番に解説いたします。

志望動機を書くときの参考にしてみてください。

①前職(現職)への不満は書かないこと

税理士事務所 志望動機 未経験

(どんなに不満があったとしても、前職や現職の愚痴を書くことにメリットは何もありません)

こういう書き方はNG!

「現在は~の仕事に従事しているのですが、単調な仕事に充実感を感じることができず、思い切って転職を決意しました」

↑こういった「前職への不満」を感じさせる志望動機の書き方は避けなくてはなりません。

というのも、事務所側としては、未経験者には一から仕事を覚えてもらわなくてはならないからです。

そのため、最初は理解がしにくくても、好奇心を持って意欲的に業務に取り組んでくれる人が欲しいと考えています。

税理士事務所の業務の中には、会計データの入力作業や、顧問先の経理担当者が作成した資料のチェック作業といった「地味な仕事」が少なくありません。

【※参考】税理士事務所の仕事内容についてはこちら

志望動機の内容から、「興味のない業務はすぐに嫌になってしまう人」というイメージをいだかれてしまうと、未経験者としては致命的と言えます。

もちろん、あなたも現在の仕事になんらかの不満があるからこそ、転職という決断をしたのだと思います。

しかし、前職(現職)への不満を志望動機でアピールしても、あなたにとって利益は何もないことは理解しておきましょう。

②受け身の姿勢を感じさせる内容はNG

税理士事務所 志望動機 未経験

(未経験者は積極性をアピールすることが重要です)

こういう書き方はNG!

「御社の求人情報を拝見し、未経験でもていねいな研修をしていただけるという内容があったため、志望いたしました」

↑一見すると、謙虚で好感度が高いように感じるかもしれませんが、このような「受け身の姿勢」を感じさせる志望動機の書き方も避けましょう。

もちろん、未経験者は最初は新人研修を受けて、一から仕事を覚えていくところから始めなくてはならないのは当然です。

しかし、同じ未経験者であっても「受け身の姿勢」がうかがえる人よりも、「自ら積極的に仕事を覚えていく気持ちがある」という意欲が見える人の方が採用されやすくなります。

志望動機というものは、表現の仕方一つで採用担当者に与えるイメージはかなり違うものです。

↓上の表現は、例えばこういう書き方をしてみると良いでしょう。

積極性をアピールしよう

「私に不足している会計・税務の知識については、業務を通して自ら積極的に習得していきたいと考えています。少しでも早く御社の戦力として貢献できるよう努力してまいります」

③前職の退職理由を明記する

税理士事務所 志望動機 未経験

(前職で経験した仕事と、税理士事務所の仕事がどのようにつながっているのか?を書くのが退職理由を書くときのコツです)

志望動機ではこれまでにあなたが経験した仕事が、税理士事務所の仕事にどのようにつながっているのか?を書くのがポイントです。

退職理由についても、必ず面接で質問されますので、それに対する回答を明記しておくようにしましょう。

「なぜ前職の進路をあきらめた、辞めたのか」について、ポジティブに説明できるようにしておかなくてはなりません。

具体的には、前職の仕事(あるいは勉強など)をしていくうちに、会計や税務についての強い興味と関心を持つようになった、ということを書くのが良いでしょう。

↓例えばこういう書き方が考えられます。

前職の退職理由を明記する

※①これまでの職務経験や勉強内容を書く

前職の営業事務の仕事では、営業担当者の得意先への訪問データの入力や分析業務を経験しました。

この業務を通して、会計や財務といった知識に強い関心を持つようになり、ぜひとも税理士事務所の仕事で専門性を高めたいと考え転職を決意いたしました。

※②応募先の事務所だからこそ志望したというアピール

御社では中小企業経営者に早期の月次決算を推進することにより、会計データを経営に生かすコンサルティング業務に注力されている点に強く共感いたしました。

私に不足している会計や税務の知識については自ら積極的に習得し、顧問先のパートナーとしてぜひとも貢献していきたいと考え、志望いたしました。

無料で使える!税理士事務所専門の転職エージェントを活用しよう

税理士事務所 転職エージェント

(良い環境の税理士事務所に転職するなら、無料で使える転職エージェントを活用しましょう)

転職活動というのは、やることが多くてなかなか大変です。

転職活動はやることが多い

  • 最新の求人情報のチェック
  • どんな税理士事務所に応募するか?のリサーチと検討
  • 履歴書や職歴書の作成
  • 事務所との面接日程の調整
  • 面接対策

↑こういったことを、スケジュールを調整しながら順序よくやっていかなくてはいけません。

税理士事務所というのは小さな組織が多いです。

所長税理士自身が採用活動を行なっているケースも少なくありません。

忙しい所長税理士とスケジュールを合わせながら面接などをこなしていくことになりますので、場合によってはかなりタイトなスケジュールになることもあるでしょう。

特に、在職中の方(現在別の仕事をしている人)は大変です。

普段の仕事が終わった後に転職活動をやっていかないといけませんから、クタクタでなかなか思うように進まない…という人も少なくないでしょう。

↓例えば、あなたはこう言う状況ではないでしょうか。

  • 転職したいけど、毎日仕事が忙しくて夜はクタクタ…。家に帰ったらパソコンを立ち上げる元気もない。
  • そのうち応募しよう、と狙っていた求人が気づいたら募集終了になっていた…。
  • 転職を検討し始めてからもう1年以上経っている。
  • あんなにやる気があったのに最近はモチベーションも低下ぎみ…。

普段の仕事だけでも大変なのに、これにプラスして転職活動もするなんて体力的にかなりきびしいですよね。

もし、あなたが今なかなか思うように転職活動が進んでいないなら、無料で使える転職エージェントを使うことも検討してみてください。

転職エージェントというのは、あなたの希望条件に合わせて求人情報を紹介してくれる「転職支援サービス」のことですね。

(転職エージェントにお金を払うのは企業側ですから、あなたは無料で使えます)

↓転職エージェントを使うと、税理士事務所専門の転職のプロから、以下のようなサービスを受けることができるようになります。

エージェントがやってくれること

  • あなたの希望条件による求人のしぼりこみ
  • 履歴書や職歴書の添削
  • 応募する税理士事務所のニーズに合わせた面接対策

毎日忙しくて転職活動をする元気がない…という方も、下記の転職サイトにメールアドレスを登録することだけでもやっておくことをおすすめします。

転職サイトにメールアドレスを登録しておけば、あなたあてのスカウトや最新の求人情報をストックしておくことができます。

↓とりあえず情報収集から…という使い方もできますよ。

※おすすめの転職サイトはこちら

なお、エージェントとは基本的にすべてメールでのやりとりになります。

そのため、在職中の方も会社に転職活動をしていることがバレることはありません。

あなたが面談を希望する場合にも完全個室で対応してくれますから、あなたのプライベートは完全に守られます。

転職エージェントを使うと転職成功の確率が高くなる理由

税理士事務所 転職エージェント

(転職エージェントを使うと、税理士事務所への転職活動が成功しやすくなる理由)

もう1つ重要なことがあります。

それは、転職エージェントは税理士事務所の内部情報に精通していることです。

税理士事務所側は、転職エージェントに「うちではこういう人材が欲しい」ということを具体的にくわしく伝えています。

(税理士事務所側も自社にマッチした人を採用したいと考えていますから当然ですね)

↓具体的には、あなたは転職エージェントを通じて、以下のような「ナマの情報」を知ることができるようになるのです。

エージェント経由で知れる内部情報

  • 職場の人間関係の雰囲気
  • 税理士試験勉強を支援する制度(長期休暇など)の有無
  • 実際に働いている人たちの性別や年齢構成
  • 給与や残業代といった福利厚生の情報
  • 所長税理士の性格や人がら(※重要です!)
  • 採用で重視される性格や適性(応募書類の内容や面接対策に直結します)

こうした情報について、応募前に知ることができるのは非常に大きなメリットといえるでしょう。

(逆に、こうしたことを知らずに応募してしまうと、ブラック事務所に間違えて応募してしまう可能性が非常に高くなります)

採用されてから「実は激務な上に残業代すら出ないブラック事務所だった…」なんてことがわかったら最悪ですよね。

(※そういうブラック事務所は実際に少なからず存在しています。注意しましょう)

↓念には念を入れて、転職エージェントには以下のようなことを伝えておくと良いでしょう。

避けたい求人の条件を伝えておこう

  • 残業が月20時間以上ある事務所は避けたい。
  • 年収が350万円を切る事務所は避けたい。
  • 職員数10名未満の事務所は避けたい。
  • パワハラ的な所長税理士の事務所は避けたい。
  • ブラックな事務所は絶対に避けたい。
  • 若手職員が1人もいないような事務所は避けたい。

転職エージェントは、税理士試験の勉強中の方や、これから未経験で実務経験を積んでいきたいと考えている方も親身にサポートしてくれます。

今どき、自力でハローワークを使ってちまちまと転職活動している時代遅れな人たちに、圧倒的な差をつけることができますよ。

少しでも早く転職を成功させたい!という方は、転職エージェントを活用して転職活動を進めていきましょう。

税理士事務所転職におすすめの転職エージェントはこちら

↓税理士事務所への転職を目指す方におすすめの転職エージェントは、MS-Japan(エムエスジャパン)です。

税理士事務所 転職エージェント

↓募集中の求人を見てみる!

公式サイトはこちら

※フリーメールアドレスでも登録OK!

MS-Japan(エムエスジャパン)は、税理士事務所や経理財務の求人を専門で扱っている転職エージェントです。

※「専門で」というのがポイントです。

転職エージェントというと、リクナビなどの大手転職サイトをイメージされる方も多いかもしれませんね。

しかし、税理士事務所への転職では「税理士事務所専門のエージェント」を使うのがおすすめです。

というのも、税理士業界というのは非常に特殊な業界ですから、いろんな職種を雑多に扱っている大手転職サイトだと、エージェント側が税理士業界のことをあまり知らない人である可能性があるのです。

税理士事務所への転職希望者の多くは税理士試験との両立を考えていますし、転職する事務所側に求める条件も非常にさまざまです。

(試験と両立できる残業の少ない事務所で働きたい、資産税特化型の事務所で実務経験を積みたいなど)

こうした転職希望者側のニーズをよくわかっていないエージェントにあたってしまうと、思ったように転職活動がスムーズに進んで行かない可能性があるのです。

この点で、税理士事務所や財務経理の求人を専門で扱っているMS-Japanなら、エージェントも税理士業界特有の事情や、転職希望者側のニーズをよく把握しています。

↓例えば、以下のような条件を事前にサイト経由で登録しておけば、あなたに合った求人が掲載されるたびにメールで連絡してくれますよ。

希望条件を事前登録しておこう

  • 試験勉強と両立可能な、残業の少ない事務所で働きたい。
  • 未経験でも年収400万円以上スタートの事務所で働きたい。
  • 所長税理士がパワハラ的でない事務所で働きたい。
  • 税理士試験合格者を多く輩出している事務所で働きたい。
  • 相続税申告など資産税特化の事務所で働きたい。
  • 医療法人特化の事務所で働きたい(得意分野のある税理士になりたい)
  • 個人運営の事務所ではなく、税理士法人で働きたい。
  • 職員数20名以上の中規模以上の事務所で働きたい。

転職エージェントとは、二人三脚で転職活動を進めていくことになります(実際に顔を合わせる必要は必ずしもありませんが)

税理士事務所への転職を目指すなら、税理士業界について精通している転職エージェントを活用するようにしましょう。

あなたが「今すぐ」転職活動を始めるべき理由

税理士事務所 転職エージェント

(税理士事務所への転職活動では「行動の早い人」が有利)

あなたにぜひ知っておいていただきたいことは、税理士事務所への転職では年齢的に若い人の方が有利であることです(特に未経験者の場合)

同じ未経験者であれば、できる限り他社のカラーに染まっていない若い人を欲しいと思うのが、採用側の本音だからです。

あなたが現在29歳なら28歳の人に比べると不利になりますし、あなたが現在28歳8ヶ月なら、28歳7ヶ月の人に比べると不利というわけです。

税理士事務所の採用は基本的に欠員補充(=1回の採用につき1人)で行われる

また、より現実的な話をすれば、税理士事務所というのは基本的に「欠員が出るたびにその補充」という形で採用を行っていることも知っておきましょう。

1回の採用活動では1人の採用しか行われませんから、より「早い者勝ち」となる側面が強いのです。

そのため、「昨日までは応募を受け付けていたはずの優良求人が、今日見てみたらもう募集終了になっていた…」ということが起こりがちです。

何が言いたいかというと、あなたが今何歳であったとしても、税理士事務所の転職活動では「少しでも早く行動を起こした人」が圧倒的に有利ということですね。

あなたの目の前に転がっていたチャンスを、あなたよりもほんの少しだけ早く行動した別の人がかっさらっていく…ということは絶対に避けたいですよね。

(まったく同じ条件だったはずなのに、ほんのタッチの差で税理士への道が開ける人と、そうでない人が生まれるという悲劇…)

どんなに忙しい方も、転職サイトへのメールアドレスの登録だけでも今やっておくことをおすすめします(完全無料で、1分あればできる作業です)

これだけで最新の求人情報についてアンテナを常に立てることが可能となりますから、転職サイトを使ってすらいない人たちに差をつけることができますよ。

これすらやる気がない、めんどくさい…という方はさすがに税理士事務所への転職はあきらめた方が良いかもしれません。そういう怠惰な人が税理士として成功できるとも思えませんし)

転職活動なんて何をしたらいいのかさっぱりわからない…という方も、MS-Japan(エムエスジャパン)なら、税理士業界に精通した転職エージェントが親身にメールでアドバイスしてくれますから安心です。

↓MS-Japanは、こちらの公式サイトから今すぐ無料登録できますよ。

↓募集中の求人を見てみる!

公式サイトはこちら

※フリーメールアドレスでも登録OK!

-税理士事務所の志望動機

Copyright© 会計職のキャリア戦略 , 2019 All Rights Reserved.