会計事務所(税理士事務所)の志望動機:未経験者の書き方を例文で解説!

2018年4月14日

  • 会計事務所の志望動機にはどんなことを書けばいい?
  • 未経験者がアピールするべきことって?
  • 人気の事務所に採用される確率を上げるにはどうしたらいい?
読者様

会計事務所の求人に応募しようと思うのですが、

志望動機の書き方がよくわかりません。

未経験者はどんなことを書けばいいのでしょうか?

会計事務所(税理士の事務所)というのは、一般的な企業とは評価のされ方がやや異なります。

書類審査に出した志望動機の内容は、面接でも質問される可能性がありますから、

書類審査の時点で、しっかりとした内容の志望動機を作成しておきましょう。

管理人

この記事では、これから初めて会計事務所への転職を目指す!という実務未経験の方向けに、志望動機の書き方を解説いたします。

そのまま使える例文も紹介していますので、参考にしてみてください。

↓※ 税理士業界で働く人にはぜひ読んでおいて欲しい記事

経理 向いてない 辞めたい
「今すぐは転職できない人」もやっておくべきたった1つのこと

このサイトを見てくださる方の中には「今の状況に不満はあるけれど、今すぐには仕事をやめられないし、転職活動も始められない…」という方も多いでしょう。ただ、そんな方も必ずやっておくべきことが1つだけあります。これをやっておくのとやらないのとでは大きな差が出てしまうので注意してください。

続きを見る

税理士事務で働く
会計事務所は「未経験・資格なし」でも転職できる?

「会計事務所は未経験・資格なしでも転職できる?」この記事では、これから税理士業界に未経験で挑戦する!という方向けに、会計事務所(税理士事務所)の採用事情について解説します。結論から言うと、実務未経験で簿記や科目合格もまだ…と言う方でも、会計事務所で正社員として採用される可能性は普通にありますよ。

続きを見る

税理士事務所 給料 安い
会計事務所(税理士事務所)の給料は安い?年収が上がらない理由は?

「会計事務所の給料は安い?平均年収はどのぐらい?どういう働き方をしたら年収は上がっていくの?」この記事では、この業界で10年以上働いた私の経験から、会計事務所(税理士事務所)の平均年収の実態について解説します。ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

会計事務所 ブラック
ブラックな会計事務所の見分け方(12個の特徴)

「会計事務所(税理士事務所)にはブラック企業が多いって本当?見分けるにはどうしたらいい?」この記事では、ブラックな会計事務所の特徴を12個紹介しています。これから税理士になるべく会計事務所への転職を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

会計事務所(税理士事務所)の志望動機にはこの3つを書こう

会計事務所 志望動機 未経験

(志望動機に書くべき3つのこととは?)

↓会計事務所の志望動機には、以下の3つのことを書きましょう。

管理人
  1. あなたがどう役立つ人間なのか?を書く
  2. 応募先の事務所が第一志望であることを書く
  3. 会計事務所の仕事のどんなところに魅力を感じているのか?を書く

それぞれの内容について、順番に解説いたします。

>>例文を先に見る人はこちらをクリックしてください

1.あなたがどう役立つ人間なのか?を書く

転職活動は「あなた」という商品を売り込むビジネスです。

採用側は、「わざわざお給料をこの人に払って、意味があるだろうか?」と考えながら採否を判断しています。

管理人

会計事務所というのは基本的に小さな組織で、しかも人材の質が売上に直結する業種です(モノを売る業種ではなく、サービスを売る業種です)

その分だけ、人材への評価は慎重に行う傾向があることを理解しておきましょう。

あなたという人材が、お給料を支払うに値する人間であることをアピールしなくてはなりません。

過去の職務経験や勉強内容が、応募先の会計事務所での仕事にどのように生かせるのか?を志望動機に書くようにしましょう。

2.応募先の事務所が第一志望であることを書く

他の事務所ではなく、この事務所だからこそ志望しましたということをアピールしましょう。

管理人

それぞれの事務所では「うちが重視しているのはこういうこと」というものがあります。

相続税申告などの「資産税業務」を重要視しているとか、税務申告だけでなく、いわゆるMAS業務(会計コンサル的な業務のこと)を中核の事業にしているといった具合ですね。

応募先事務所のホームページなどをしっかり読み込んで、事前にこうした情報をリサーチしておくことはとても大切です。

3.会計事務所の仕事のどんなところに魅力を感じているのか?を書く

税理士の仕事ってそもそもどんなものなのか?

を具体的にイメージできていることをアピールしましょう。

管理人

なんとなく「税理士になりたい」というイメージだけで応募してきている…と思われないようにしなくてはなりません。

そのためには、あなたが会計事務所の仕事内容についてきちんと理解していることをアピールしましょう。

会計事務所の仕事内容は、中小企業経営者から依頼されて経理や税務の代行を行うことですが、それだけではありません。

より広く「中小企業経営者を会計知識でサポートする」というスタンスで働くことに興味を持っていることをアピールすると良い反応が得られますよ。

会計事務所の志望動機例文(未経験者の場合)

会計事務所 志望動機 未経験

(会計事務所未経験者向けの志望動機例文)

上でみた3つの内容を、順番にうめていくかたちで志望動機を書いてみましょう。

管理人

志望動機の例文

  1. あなたがどう役立つ人間なのか?を書く前職の営業職では、建築資材のルート営業を経験しました。この仕事を通じて営業マンとしてのコミュニケーション能力をみがくことができたと考えております。
    また、私が担当していたお客様は、中小企業の経営者さんが中心だったのですが、この仕事を通して経営者の方が常に節税や資金繰りについてのアドバイスを求めていらっしゃることに気づきました。
  2. 応募先の事務所が第一志望であることを書く
    御社では顧問先企業の月次決算を推進することにより、会計データを経営に生かすコンサルティング業務に注力されているのを知り、強い共感を持ちました。
  3. 会計事務所の仕事のどんなところに魅力を感じているのか?を書く
    私は、中小企業経営者に会計や税務のアドバイザーとして貢献できる会計事務所の仕事に強い関心を持っています。
    私に不足している会計や税務の知識については自ら積極的に習得し、顧問先の企業様に貢献していきたいと考え、志望いたしました。

>>書類選考に落ちるなんてもったいない!通過率を劇的に高める方法はこちら

応募する事務所が本心では第一志望ではない場合は?

もちろん、あなたはすでに複数の応募先に応募しているかもしれませんし、必ずしも今回の応募先が第一志望ではないこともあるでしょう。

しかし、そのことを正直に書く必要はまったくありません。

採用担当者(所長税理士であることもあります)からすると「御社は第二、第三希望です」なんて書かれて、あなたに好感を持つことはありえません。

転職活動は自分という商品を売り込む場であることを理解しておきましょう。

要注意!志望動機に書いてはいけない3つのこと

税理士事務所 志望動機 未経験

(志望動機を書くときは、この3つのことに注意しておきましょう)

上の解説した2つの内容を、あなたなりにアレンジすれば、きっと採用担当者の心に響く良い志望動機が作成できるはずです。

↓その上で、未経験者の方が志望動機を書くときは、以下の3つの点も注意しておきましょう。

未経験者はこの3つに注意!

  • ①前職(現職)への不満は書かないこと
  • ②受け身の姿勢を感じさせる内容はNG
  • ③前職の退職理由を明記する

以下では、①〜③の意味について順番に解説いたします。

志望動機を書くときの参考にしてみてください。

>>書類選考の通過率を高める方法

①前職(現職)への不満は書かないこと

税理士事務所 志望動機 未経験

(どんなに不満があったとしても、前職や現職の愚痴を書くことにメリットは何もありません)

こういう書き方はNG!

「現在は~の仕事に従事しているのですが、単調な仕事に充実感を感じることができず、思い切って転職を決意しました」

↑こういった「前職への不満」を感じさせる志望動機の書き方は避けなくてはなりません。

というのも、事務所側としては、未経験者には一から仕事を覚えてもらわなくてはならないからです。

そのため、最初は理解がしにくくても、好奇心を持って意欲的に業務に取り組んでくれる人が欲しいと考えています。

税理士事務所の業務の中には、会計データの入力作業や、顧問先の経理担当者が作成した資料のチェック作業といった「地味な仕事」が少なくありません。

税理士 仕事 きつい
税理士の仕事内容はきつい?会計事務所で働くのは大変だからやめたほうがいい?

「会計事務所(税理士事務所)の仕事はきついからやめたほうが良いよ…」ネットの口コミでこういう情報を見て、不安に感じている方もいらっしゃるかもしれません。この記事では、会計事務所で働く税理士(税理士補助)の仕事内容について、リアルな実態をお伝えします。ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

志望動機の内容から、「興味のない業務はすぐに嫌になってしまう人」というイメージをいだかれてしまうと、未経験者としては致命的と言えます。

もちろん、あなたも現在の仕事になんらかの不満があるからこそ、転職という決断をしたのだと思います。

しかし、前職(現職)への不満を志望動機でアピールしても、あなたにとって利益は何もないことは理解しておきましょう。

②受け身の姿勢を感じさせる内容はNG

税理士事務所 志望動機 未経験

(未経験者は積極性をアピールすることが重要です)

こういう書き方はNG!

「御社の求人情報を拝見し、未経験でもていねいな研修をしていただけるという内容があったため、志望いたしました」

↑一見すると、謙虚で好感度が高いように感じるかもしれませんが、このような「受け身の姿勢」を感じさせる志望動機の書き方も避けましょう。

もちろん、未経験者は最初は新人研修を受けて、一から仕事を覚えていくところから始めなくてはならないのは当然です。

しかし、同じ未経験者であっても「受け身の姿勢」がうかがえる人よりも、

自ら積極的に仕事を覚えていく気持ちがある」という意欲が見える人の方が採用されやすくなります。

志望動機というものは、表現の仕方一つで採用担当者に与えるイメージはかなり違うものです。

↓上の表現は、例えばこういう書き方をしてみると良いでしょう。

積極性をアピールしよう

「私に不足している会計・税務の知識については、業務を通して自ら積極的に習得していきたいと考えています。少しでも早く御社の戦力として貢献できるよう努力してまいります」

>>書類選考の通過率を高める方法

③前職の退職理由を明記する

税理士事務所 志望動機 未経験

(前職で経験した仕事と、税理士事務所の仕事がどのようにつながっているのか?を書くのが退職理由を書くときのコツです)

志望動機ではこれまでにあなたが経験した仕事が、税理士事務所の仕事にどのようにつながっているのか?を書くのがポイントです。

退職理由についても、必ず面接で質問されますので、それに対する回答を明記しておくようにしましょう。

「なぜ前職の進路をあきらめた、辞めたのか」について、ポジティブに説明できるようにしておかなくてはなりません。

具体的には、前職の仕事(あるいは勉強など)をしていくうちに、会計や税務についての強い興味と関心を持つようになった、ということを書くのが良いでしょう。

↓例えばこういう書き方が考えられます。

※①これまでの職務経験や勉強内容を書く

前職の営業事務の仕事では、営業担当者の得意先への訪問データの入力や分析業務を経験しました。

この業務を通して、会計や財務といった知識に強い関心を持つようになり、ぜひとも税理士事務所の仕事で専門性を高めたいと考え転職を決意いたしました。

※②応募先の事務所だからこそ志望したというアピール

御社では中小企業経営者に早期の月次決算を推進することにより、会計データを経営に生かすコンサルティング業務に注力されている点に強く共感いたしました。

私に不足している会計や税務の知識については自ら積極的に習得し、顧問先のパートナーとしてぜひとも貢献していきたいと考え、志望いたしました。

書類選考で落ちるなんてもったいない!通過率を劇的に高める方法

(書類選考の通過率を上げるには?)

  • 求人に何社も応募しているけど、いつも書類選考で落とされてしまう…。
  • すでに年齢は30代で転職回数も多い…これって正直に書くべき?
  • 企業によって志望動機の内容って変えるべき?使いまわしてるのってバレてる?

↑このように、職務経歴書の内容に自信がない方や、

自分の志望動機のどこがいけないのか?がよくわからない方は、

転職エージェントに応募書類をチェックしてもらうことも検討してみてください。

転職エージェントはだれでも無料で使うことができます。

↓こんなふうに、あなたの担当エージェントが

職歴書や志望動機の添削をしてくれますよ。

管理人

会計事務所から経理 志望動機

(転職エージェントは無料で職歴書や志望動機の書き方をアドバイスしてくれます)

 

転職エージェントは採用を行う企業側が支払う広告料で運営されていますから、

私たち求職者側は最初から最後まで無料で使えます。

いつでも利用をやめられますから、リスクは何もありませんよ。

また、転職エージェントは応募先の企業の人事担当者と実際に面会し、

「こういう人材が欲しい」ということをヒアリングしています。

なので、その企業の人事採用担当者の心にひびくポイントを押さえた

志望動機や職歴書の書き方を教えてもらえるんです。

↑これはいわば、

答えをあらかじめ教えてもらった状態

でテストを受けられるようなものです。

2021年現在、転職エージェントを使わずに転職活動するのはちょっと考えにくいですよ。

管理人

逆にいうと、転職エージェントを使わない場合には、

こうした「答え」を何も知らない状態で志望動機を自力で書くことになります。

もちろん、あなたのライバルとなる他の求職者は

普通に転職エージェントを使っているでしょうから、圧倒的に不利な状況で転職活動をせざるを得なくなるでしょう。

年収が高く・面白い仕事ができる優良求人には、

ライバルが少なからずいるものです。

無料で使えるものはフル活用して、確実に書類選考通過の確率を上げていくようにしましょう。

転職活動は人生のビッグイベントです。

あなたの人生を左右するとても大切なことですので、

↓必ずプロのアドバイスを受けるようにしましょう。

管理人

会計事務所 未経験 30代

\ あなたの職歴書や志望動機を添削!/

転職エージェントに相談してみる

転職サイトに無料登録しておくと、

あなたの条件にマッチした最新の求人情報が自動配信メールで届きます。

優良企業の求人情報は「早い者勝ち」ですので、

日頃から求人情報にはアンテナを貼っておくようにしましょう。

転職サイトの登録は無料でいつでも解除できます(変な電話連絡が来ることもありません)

今すぐ転職するかどうかはわからないという人も、情報収集のために登録しておくと良いですよ。

>>最新の求人を見てみる

© 2021 会計職のキャリア戦略