税理士事務所の志望動機

「税理士事務所から経理」の志望動機例文:転職活動でアピールすべきポイントとは?

更新日:

税理士事務所から経理 志望動機

(税理士事務所から経理に転職する場合の志望動機の書き方を例文付きで解説いたします)

今回は、税理士事務所での実務経験を生かして、一般企業の経理に転職することを考えている方向けに、志望動機の書き方を解説いたします。

>>実際の志望動機例文サンプルはこちら

私自身、税理士事務所でトータル10年間ほど働いた後、一般企業の経理に転職しました。

きっかけは「税理士試験にどうしても合格できない」というネガティブなものだったのが正直なところです。

しかし、結果的には経理職という道を選んだのは正解だったと思っています。

うちの会社は海外の証券取引所に上場していたり、輸出関連で難しい税務があったりと、会計や税務に関する実務知識が重要になる場面が比較的多く、仕事内容的にも退屈するようなことは全くありません。

もちろん、経理という仕事がどういうものか?については前職の税理士事務所経験を通してイメージを持っていましたから、最初から経理の実務経験者として転職することができたのも大きかったですね。

給与面もアップできました福利厚生の面では税理士事務所よりもある程度の規模の企業の方が恵まれているのは間違いありません)

私と同じように、ネガティブな理由から税理士事務所から経理への転職を考える方はとても多いと思いと思います。

しかし、税理士事務所で身につけた実務経験は、経理でも生かすことができますので、悲観することなくキャリアアップを狙ってみてください。

決算業務を山のようにやってきている税理士事務所経験者は一般企業経理で重宝されること間違いなしです。

この記事では、志望動機の書き方を例文付きで紹介するとともに、税理士事務所経験者が経理への転職を成功せるためのアピールポイントも紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

>>未経験OKの税理士事務所求人を見てみる(193件あり)

税理士事務所から経理への志望動機を書くときのポイント

人事採用担当者というのは、毎日山のように応募者からの志望動機を読みます。

そのため、ありきたりなことを書いてしまうとまず読まれないことを理解しておきましょう。

それではどうしたら良いのか?ですが、一番の解決策は、

あなたが思っていることを「正直に、しかも生々しいエピソードとともに」書くことです。

↓具体的には、こういったことを、あなた自身の言葉で書くことが大切です。

  • 税理士事務所で職員として働きながら、毎日のどのようなことを悩んできたのか?
  • なぜ、別の税理士事務所への転職ではなく、応募先企業の経理職への転職を考えたのか?
  • 税理士試験はどうしたのか?今後はもう受験しないのか?

現在の仕事を辞めて、別の会社に転職したいと考えている以上、あなたには何らかの不満やビジョンがあるはずです。

そうしたことを、あなた自身の言葉で正直に表現すること、がもっとも採用担当者の心にヒットする文章になるのです。

※志望動機の例文をあげるとこんな感じです

人それぞれ思っていることは違いますから、とことん自分に正直に書けばそれだけでオリジナルな内容になります。

あなたは現在の仕事のどんな部分に不満を感じているでしょうか?

経理の仕事に転職することで、なぜその不満が解消できるのでしょうか?

多少荒けずりでも構いませんので、まずはこういった点をあなた自身の中で明確にしておくことが大切です。

私が税理士事務所の仕事をしていて欲求不満を感じていたこと

参考までにですが、私が税理士事務所から経理への転職を考えたのは、

「顧問先企業の経理の仕事に、もっと深く取り組みたい」と思ったことが大きな理由でした。

税理士事務所の仕事では、30件ほどの顧問先を担当していたので、毎年30回の決算業務をやっていました。

毎月の巡回監査や決算の打ち合わせなどのために顧問先を訪問しますが、経営者と話をしているなかで「もっとこの会社の仕事に深く付き合ってみたい」と思える会社がたくさんありました。

単に毎月の入力仕訳をチェックして、試算表を作成して社長に報告して終わり…ではなく、

↓こんな感じで「その会社の経理担当者として実務の最前線」で働いてみたいと思ったのです。

経理でないとできない仕事がある

  • 経理スタッフと話し合いながら会計処理のフローをより効率的に改革する
  • 財務会計だけでなく、管理会計的な知識も生かして経営に役立つ会計情報を社長に提供する。綿密な経営計画を作成して実施する
  • 経営者の気持ちを理解し、プライベートなことについても相談に乗れる経理担当者になる
  • 金融機関担当者との融資交渉を担当する
  • 税務調査で実際に税務署職員と交渉する
  • 上場企業で公認会計の監査にも耐えられるような経理の内部体制を構築する

税理士事務所の仕事ももちろんやりがいのある仕事ですが、こういったことは1つの会社の経理担当者でないとなかなかできないことです。

  • あなたの中で「税理士事務所の職員ではできないけど、経理担当者ならできる仕事」はなんでしょうか?
  • そのように思ったきっかけとなるエピソードはどんなものがあるでしょうか?

↑この2つの質問への回答を、あなたなりの言葉で正直に表現すれば、きっと採用担当者に「刺さる」よい志望動機ができあがるはずです。

「税理士事務所から経理」志望動機サンプル例文

税理士事務所から経理 志望動機

(税理士事務所から経理への転職を目指す場合の志望動機例文サンプルを紹介します。ご自分の経験や状況に合わせ、アレンジして使ってください)

上では「税理士事務所から経理に転職する場合にアピールすべきポイント」について解説しましたが、やはり何かサンプルがないと志望動機は書きにくいですよね。

↓参考までに税理士事務所経験者が一般企業経理に転職する場合の志望動機を作成してみましたので、参考にしてみてください。

(ただし、上でも書いたように志望動機は「あなたのナマの言葉」で書くことが大切ですから、そのままコピーして使うのではなく参考までにしてくださいね)

税理士事務所から経理の志望動機

前職では税理士事務所職員として、常時20件の顧問先企業を担当し、税務申告の代行をメインに経営者からの資金繰りや節税対策に関する相談を受ける仕事をしてきました。

この業務での経験を通して「会計知識を通じて、もっと経営に深く関わる仕事をしてみたい」と考えるようになったことが、経理職への転職を考えるようになった理由です。

税理士事務所の仕事では、多くの顧問先と関わることができる反面、1件ごとの顧問先との関係はどうしても希薄になります。

「もっと時間があればこういう資料を作って提案するのに…」と欲求不満のような感情を感じることが多くあり、そのことが経理担当者としての仕事を志すきっかけとなりました。

御社では「経理業務を通じて、経営に有益な情報を提供できる人材」を募集されていると知り、深く共感したことが、御社の求人に応募した理由です。

御社社長の「現在どんな状況にいても、努力すれば必ず道は開ける」というメッセージにも勇気付けられました。ぜひ、御社の経理担当者として仕事をしたいと考えています。

↓志望動機を作成する際のポイントとして、以下のようなことを過不足なく、文章で表現することが大切です。

志望動機にはこの3つを書こう

  • ①過去の実務経験から、どのようなことで貢献できるのかを明確にする。
  • ②入社後にどのような仕事をしたいと考えているのか?を明確にする
  • ③なぜ応募先の企業をあえて選択したのか?を明確にする

上の例文サンプルをもとに、それぞれ具体的にどういう表現をすればいいのか?を解説していきましょう。

①過去の実務経験から、どのようなことで貢献できるのかを明確にする

前職では税理士事務所職員として、常時20件の顧問先企業を担当し、税務申告の代行をメインに経営者からの資金繰りや節税対策に関する相談を受ける仕事をしてきました。

→経理業務については決算業務を含めて対応できることをアピールしつつ、経営者レベルの人ともコミュニケーションをしてきたことを知ってもらう意図があります。

②入社後にどのような仕事をしたいと考えているのか?を明確にする

この業務での経験を通して「会計知識を通じて、もっと経営に深く関わる仕事をしてみたい」と考えるようになったことが、経理職への転職を考えるようになった理由です。

税理士事務所の仕事では、多くの顧問先と関わることができる反面、1件ごとの顧問先との関係はどうしても希薄になります。

「もっと時間があればこういう資料を作って提案するのに…」と欲求不満のような感情を感じることが多くあり、そのことが経理担当者としての仕事を志すきっかけとなりました。

→入社後には会計知識を活かして経営の判断材料になるような情報を積極的に提供していく仕事がしたい、というビジョンを持っていることを伝えています。

また、前職ではなぜそれができなかったのか?を具体的な心理描写で表現することにより、「なぜあえて税理士事務所から経理なのか?」という採用担当者側の疑問に答えています。

③なぜ応募先の企業をあえて選択したのか?を明確にする

御社では「経理業務を通じて、経営に有益な情報を提供できる人材」を募集されていると知り、深く共感したことが、御社の求人に応募した理由です。

御社社長の「現在どんな状況にいても、努力すれば必ず道は開ける」というメッセージにも勇気付けられました。ぜひ、御社の経理担当者として仕事をしたいと考えています。

→「なぜ、あえてうちの会社に応募してきたのか?他の会社の経理ではなぜダメなのか?よその会社が内定を出したら、うちの内定は辞退してしまうのではないか?」という採用担当者側の疑問や不安に答える意図があります。

求人情報や会社ホームページから読み取れる「こういう人材が欲しい」というメッセージを読み取り、そこに共感していることをアピールしましょう。

税理士事務所の経験者ならではの特徴を生かそう

経理担当者の募集では、企業側は「日常経理〜月次決算・年次決算の業務に対応できること」を最低条件としているのが普通です。

その一方で、単に経理業務をスタッフとしてこなせるだけでは人材的な魅力として弱いことも知っておきましょう。

(経理業務を技術としてこなせる人はたくさんいますので、それだけでは差別化になりません)

ここに税理士事務所経験者の強みがあります。

税理士事務所経験者の最大の特徴は、日常的にたくさんの経営者とコミュニケーションを取ってきた経験があることです。

「経理プラスアルファ」の強みでは、税理士事務所経験者は強いメッセージを打ち出すことができますので、ぜひこの部分を自己PRとして力を入れてみてください。

※なお、どうしても自分では志望動機を書きにくい…という人は、転職エージェントに添削してもらうのも1つの方法です。

↓志望動機・職歴書の添削サービスは無料で使えます。

会計、税務、経理・財務分野の転職なら【ジャスネットキャリア】

まとめ

今回は、税理士事務所から経理への転職を検討している方向けに、志望動機の書き方を例文付きで解説致しました。

本文でもみたように、志望動機を書くときには「あなた自身の言葉」で書くことがもっとも大切です。

どこかで聞いたような、当たりさわりのない志望動機を書いても、採用担当者は「ふーん。」で終わってしまいます。

あなたの前職での仕事の仕方や、日常感じていた欲求不満がそのまま伝わってくるような文章をぜひ書いてみてくださいね。

無料で使える!会計職専門の転職エージェントを活用しよう

税理士事務所 転職エージェント

(良い環境の税理士事務所に転職するなら、無料で使える転職エージェントを活用しましょう)

転職活動というのは、やることが多くてなかなか大変ですよね。

↓こういったことを、スケジュールを調整しながら順序よくやっていかなくてはいけません。

転職活動はやることが多い

  • 最新の求人情報のチェック
  • 履歴書や職歴書の作成
  • 応募先企業との面接日程の調整
  • 面接対策

学生時代の就活はエントリーシートを書いて、説明会に参加して…と企業側が積極的に動いてくれますね。

しかし、社会人の転職活動では良くも悪くも「自分で動く」ということが必要になります。

特に、現在就業中の方は、

「仕事が終わったらもうクタクタ…。なかなか時間がとれなくて転職活動が思うように進まない…」

という方も多いのではないでしょうか。

もし、あなたがなかなか思うように転職活動が進んでいないなら、

転職エージェントを使うことも検討してみてください。

転職エージェントというのは、簡単に言えば「あなたの代わりに求人応募や採用担当者との面接日程の調整などをやってくれるサービス」のことですね。

>>会計職を目指す方におすすめの転職サービスはこちら(無料)

…と、このように書くと「有料サービスのゴリ押しか…」と思われるかもしれませんが、私たち転職希望者側は、転職サービスは無料で使うことができます。

というのも、転職エージェントにお金を払っているのは企業側だからです。

↓転職エージェントを使うと、税理士事務所専門の転職のプロから、以下のようなサービスを受けることができるようになります。

エージェントがやってくれること

  • 最新の求人情報のメール配信やあなた宛のスカウトメール
  • 履歴書や職歴書の添削
  • 入社後のあなたの年収の交渉
  • 応募する企業に合わせた面接対策

ハローワークを使っているという方もいらっしゃるかもしれませんが、ハローワーク職員は基本的に求人の紹介だけしかやってくれないのが難点です。

年収交渉などはあなたが自分でやらないといけませんし、応募書類の添削や面接対策をしてくれることもまずありません。

こうしたきめ細かいサービスは民間の転職サービスならではのものですから、転職活動は転職サービスを使う人が圧倒的に多くなっていますね。

転職サービスは上で見たように無料で使うことができますから、活用しない手はありません。

↓転職サービスにお金を払っているのは採用活動を行なっている企業側ですから、遠慮なく使いましょう。

>>会計職を目指す方におすすめの転職サービスはこちら(無料)

こんな人は無理せず転職サービスを活用しよう

↓例えば、あなたはこう言う状況ではないでしょうか。

  • 転職したいけど、毎日仕事が忙しくて夜はクタクタ…。家に帰ったらパソコンを立ち上げる元気もない。
  • そのうち応募しよう、と狙っていた求人が気づいたら募集終了になっていた…。
  • 転職を検討し始めてからもう1年以上経っている。
  • あんなにやる気があったのに最近はモチベーションも低下ぎみ…。

普段の仕事だけでも大変なのに、これにプラスして転職活動もするなんて体力的にかなりきびしいですよね。

上でも見たように、社会人の転職活動は自分で動かないとまったく進んでいきませんから、あれよあれよという間に「もう1年以上転職活動している…」なんてことになりがちです。

毎日忙しくて転職活動をする元気がない…という方も、

転職サイトにメールアドレスの登録だけでもやっておけば、あなたあてのスカウトや最新の求人情報をストックしておくことができます。

↓ヤフーメールなどの「捨てアド」でも登録できるので、「まだ転職するかどうかはわからないけど、とりあえず情報収集から」という使い方もできますよ。

※おすすめの転職サイトはこちら

なお、エージェントとは基本的にすべてメールでのやりとりになります。

そのため、在職中の方も会社に転職活動をしていることがバレることはまずありません。

あなたが面談を希望する場合にも完全個室で対応してくれますから、あなたのプライベートは完全に守られます。

転職エージェントを使うと転職成功の確率が高くなる理由

税理士事務所 転職エージェント

(転職エージェントを使うと、税理士事務所への転職活動が成功しやすくなる理由)

もう1つ重要なことがあります。

それは、転職エージェントは税理士事務所の内部情報に精通していることです。

税理士事務所側は、転職エージェントに「うちではこういう人材が欲しい」ということを具体的にくわしく伝えています。

(税理士事務所側も自社にマッチした人を採用したいと考えていますから当然ですね)

↓具体的には、あなたは転職エージェントを通じて、以下のような「ナマの情報」を知ることができるようになるのです。

エージェント経由で知れる内部情報

  • 職場の人間関係の雰囲気
  • 税理士試験勉強を支援する制度(長期休暇など)の有無
  • 実際に働いている人たちの性別や年齢構成
  • 給与や残業代といった福利厚生の情報
  • 所長税理士の性格や人がら(※重要です!)
  • 採用で重視される性格や適性(応募書類の内容や面接対策に直結します)

こうした情報について、応募前に知ることができるのは非常に大きなメリットといえるでしょう。

(逆に、こうしたことを知らずに応募してしまうと、ブラック事務所に間違えて応募してしまう可能性が非常に高くなります)

採用されてから「実は激務な上に残業代すら出ないブラック事務所だった…」なんてことがわかったら最悪ですよね。

(※そういうブラック事務所は実際に少なからず存在しています。注意しましょう)

↓念には念を入れて、転職エージェントには以下のようなことを伝えておくと良いでしょう。

避けたい求人の条件を伝えておこう

  • 残業が月20時間以上ある事務所は避けたい。
  • 年収が350万円を切る事務所は避けたい。
  • 職員数10名未満の事務所は避けたい。
  • パワハラ的な所長税理士の事務所は避けたい。
  • ブラックな事務所は絶対に避けたい。
  • 若手職員が1人もいないような事務所は避けたい。

転職エージェントは、税理士試験の勉強中の方や、これから未経験で実務経験を積んでいきたいと考えている方も親身にサポートしてくれます。

今どき、自力でハローワークを使ってちまちまと転職活動している時代遅れな人たちに、圧倒的な差をつけることができますよ。

少しでも早く転職を成功させたい!という方は、転職エージェントを活用して転職活動を進めていきましょう。

税理士事務所転職におすすめの転職エージェントはこちら

↓税理士事務所への転職を目指す方におすすめの転職エージェントは、MS-Japan(エムエスジャパン)です。

税理士事務所 転職エージェント

↓募集中の求人を見てみる!

公式サイトはこちら

※フリーメールアドレスでも登録OK!

MS-Japan(エムエスジャパン)は、税理士事務所や経理財務の求人を専門で扱っている転職エージェントです。

※「専門で」というのがポイントです。

転職エージェントというと、リクナビなどの大手転職サイトをイメージされる方も多いかもしれませんね。

しかし、税理士事務所への転職では「税理士事務所専門のエージェント」を使うのがおすすめです。

というのも、税理士業界というのは非常に特殊な業界ですから、いろんな職種を雑多に扱っている大手転職サイトだと、エージェント側が税理士業界のことをあまり知らない人である可能性があるのです。

税理士事務所への転職希望者の多くは税理士試験との両立を考えていますし、転職する事務所側に求める条件も非常にさまざまです。

(試験と両立できる残業の少ない事務所で働きたい、資産税特化型の事務所で実務経験を積みたいなど)

こうした転職希望者側のニーズをよくわかっていないエージェントにあたってしまうと、思ったように転職活動がスムーズに進んで行かない可能性があるのです。

この点で、税理士事務所や財務経理の求人を専門で扱っているMS-Japanなら、エージェントも税理士業界特有の事情や、転職希望者側のニーズをよく把握しています。

↓例えば、以下のような条件を事前にサイト経由で登録しておけば、あなたに合った求人が掲載されるたびにメールで連絡してくれますよ。

希望条件を事前登録しておこう

  • 試験勉強と両立可能な、残業の少ない事務所で働きたい。
  • 未経験でも年収400万円以上スタートの事務所で働きたい。
  • 所長税理士がパワハラ的でない事務所で働きたい。
  • 税理士試験合格者を多く輩出している事務所で働きたい。
  • 相続税申告など資産税特化の事務所で働きたい。
  • 医療法人特化の事務所で働きたい(得意分野のある税理士になりたい)
  • 個人運営の事務所ではなく、税理士法人で働きたい。
  • 職員数20名以上の中規模以上の事務所で働きたい。

転職エージェントとは、二人三脚で転職活動を進めていくことになります(実際に顔を合わせる必要は必ずしもありませんが)

税理士事務所への転職を目指すなら、税理士業界について精通している転職エージェントを活用するようにしましょう。

あなたが「今すぐ」転職活動を始めるべき理由

税理士事務所 転職エージェント

(税理士事務所への転職活動では「行動の早い人」が有利)

あなたにぜひ知っておいていただきたいことは、税理士事務所への転職では年齢的に若い人の方が有利であることです(特に未経験者の場合)

同じ未経験者であれば、できる限り他社のカラーに染まっていない若い人を欲しいと思うのが、採用側の本音だからです。

あなたが現在29歳なら28歳の人に比べると不利になりますし、あなたが現在28歳8ヶ月なら、28歳7ヶ月の人に比べると不利というわけです。

税理士事務所の採用は基本的に欠員補充(=1回の採用につき1人)で行われる

また、より現実的な話をすれば、税理士事務所というのは基本的に「欠員が出るたびにその補充」という形で採用を行っていることも知っておきましょう。

1回の採用活動では1人の採用しか行われませんから、より「早い者勝ち」となる側面が強いのです。

そのため、「昨日までは応募を受け付けていたはずの優良求人が、今日見てみたらもう募集終了になっていた…」ということが起こりがちです。

何が言いたいかというと、あなたが今何歳であったとしても、税理士事務所の転職活動では「少しでも早く行動を起こした人」が圧倒的に有利ということですね。

あなたの目の前に転がっていたチャンスを、あなたよりもほんの少しだけ早く行動した別の人がかっさらっていく…ということは絶対に避けたいですよね。

(まったく同じ条件だったはずなのに、ほんのタッチの差で税理士への道が開ける人と、そうでない人が生まれるという悲劇…)

どんなに忙しい方も、転職サイトへのメールアドレスの登録だけでも今やっておくことをおすすめします(完全無料で、1分あればできる作業です)

これだけで最新の求人情報についてアンテナを常に立てることが可能となりますから、転職サイトを使ってすらいない人たちに差をつけることができますよ。

これすらやる気がない、めんどくさい…という方はさすがに税理士事務所への転職はあきらめた方が良いかもしれません。そういう怠惰な人が税理士として成功できるとも思えませんし)

転職活動なんて何をしたらいいのかさっぱりわからない…という方も、MS-Japan(エムエスジャパン)なら、税理士業界に精通した転職エージェントが親身にメールでアドバイスしてくれますから安心です。

↓MS-Japanは、こちらの公式サイトから今すぐ無料登録できますよ。

↓募集中の求人を見てみる!

公式サイトはこちら

※フリーメールアドレスでも登録OK!

-税理士事務所の志望動機

Copyright© 会計職のキャリア戦略 , 2019 All Rights Reserved.