会計事務所・経理に転職して働くには?

会計職のキャリア戦略

【経理の志望動機】経験ありの人(実務経験者)の書き方と例文

  • 経理事務の仕事に「経験あり」の扱いで採用されるには、志望動機はどう書いたらいい?
  • 実務経験を上手にアピールしたい。ひとりよがりな印象を与えないようにするには?
  • 実務経験者の志望動機の書き方と、未経験者の書き方はどう違う?
  • そのまま使える志望動機例文を教えて!

この記事では、経理の実務経験ありの人が、実務経験者の枠で経理の正社員採用を目指す場合の志望動機の書き方を紹介します。

書類選考での志望動機と、面接での志望動機の伝え方を、それぞれ例文つきで解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

経理経験者の志望動機作成のポイント【書類選考編】

経理 志望動機 経験あり

(経理の志望動機の書き方。「経験あり」で採用されるには?)

↓経理の実務経験がすでにある方が志望動機を作成する場合には、以下のようなポイントを押さえましょう。

志望動機作成のポイント

  1. 今回はどういう経理業務を担当してみたいのか?を書く
    実務経験者が経理転職を目指す場合は、単純に「前職と同じように経理の仕事をしたい」という内容だけでは残念ながら足りません。
    今回は具体的にどういうレベルの経理業務を経験したいのか?前職で経験した内容からどのようにステップアップしたいと考えているのか?を書きましょう。
  2. 経験のある業務内容を具体的なエピソードで書く
    インパクトのある志望動機にするためのポイントは、経験した実務内容を具体的なエピソードとして書くことです。
    経験業務を箇条書きにするのは職務経歴書で行えば良いので、志望動機では「自分の仕事人生に影響を与えたエピソード」を書いてください。
    もちろん、書類選考の紙面には制限がありますから、いろいろなエピソードを書くことはできません。書くのは「たった1つのエピソードだけ」が基本です。
    あれこれ詰め込むのではなく、1つのエピソードをを深く掘り下げて書くのがポイントになります。
  3. 書類選考用の志望動機には「面接でのつっこみどころ」を用意しておく
    書類選考のために志望動機を作成する目的は、ずばり「面接に呼んでもらうこと」たった1つだけです。
    そのためには、「この部分は実際に面接で顔を合わせて聞いてみたい」と思える内容を志望動機に含めておくのが良いでしょう。
    つまり、きちんと対策を用意した上であえてスキを見せておくことが重要なのです。

なお、志望動機や自己PRは、自分一人で作成しているとどうしても独りよがりになりがちです。

文章にあまり自信がない方や、絶対に面接まで進みたい第一志望の求人に応募する時には、

転職エージェントに志望動機の添削をしてもらうのが良いでしょう(転職エージェントは無料で使えます)

↓※転職エージェントって何?という方はこちらの記事も参考にしてください。

なお、経理の実務経験がすでにある人が経理財務職の仕事に応募する際には、会計職専門の転職エージェントを使うのがおすすめですよ。

MSジャパン

未経験OKの優良求人が多数!

MSジャパンは、会計事務所や経理の求人をメインで扱っています。
特徴は「未経験・資格なし」の人でも応募できる優良求人が多数あることですね(年収400万円〜など)
これから未経験で会計職キャリアをスタートしたい人におすすめです。

下記では、上で紹介した志望動機作成のポイントをふまえた志望動機の例文を紹介していきます。

【書類選考用】経理の実務経験者の志望動機例文①

これまで非上場企業にて、月次決算、年度決算、税金計算などを行ってきました。

非上場で、比較的規模の小さい企業における幅広い経理業務をこなしてきましたが、上場企業の経理にもチャレンジしたいと思うようになりました。

貴社の求人票を拝見しまして、上場企業での経理経験は問わないとのことでしたので、これまでの私の経験をフルに活かして、挑戦してみたいと考え志望いたしました。

【書類選考用】経理の実務経験者の志望動機例文②

現職は通信機器の卸売会社のため、主に製品を仕入れて販売をしています。

私は経理として、売上・仕入管理や全体を通した会計的問題解決などを行っておりますが、製品の原価計算などにも携わってみたいと考えるようになりました。

貴社のように、自社製品を製造から小売まで一貫して扱っている企業で、あらゆる場面で発生しうる経理的事象に数字の面から貢献していきたいと考え、志望いたしました。

経理経験者の志望動機作成のポイント【面接編】

面接において、志望動機は自分をアピールできる絶好のチャンスです。

企業研究を入念に行い、退職理由と矛盾のないように組み立てていきましょう。

その際にも、経理経験者ならではのアピールをすることが非常に重要になります。

これまで経理として何を経験してきたのか、どんなことができるのかを明確にまとめ、それらの経験が、志望した会社のどんなところに貢献できるのか、今後貢献していきたいかを伝えましょう。

また、面接では書類選考時に記載した志望動機について、詳細を聞かれる可能性が高いです。

ここで、書類に記載したことだけを話すのはうまくありません。

面接官は当然、あなたの書類を熟読しているので、書類と同じ内容であれば、わざわざ面接に呼んで話を聞く必要はありません。

面接官は、応募書類に記載できなかったであろう点について、本人の口から詳細を交えて聞きたいと考えています。

書類選考時の志望動機は、あくまで面接に呼んでもらうためのものということを心得ておきましょう。

【面接用】経理の実務経験者の志望動機例文①

私はこれまで、非上場企業において日々の仕訳から月次決算、年度決算税金計算など様々な経理業務に携わってきました。

一通り経験して、企業における会計や税務がどのように回っているのか、実際にどのような業務が必要となるのかなどを認識しております。

ただ、会計・税務というのは、非上場企業と上場企業とでは業務内容が異なってくると思います。

私は、経理職として次のステージである上場企業での経理にも挑戦してみたいと考えるようになりました。

御社では、上場企業での経理未経験でも挑戦させていただけるということなので、上場非上場の違いを理解しながら、これまでの経験をフルに活かして貢献していけたらと思い、志望いたしました。

【面接用】経理の実務経験者の志望動機例文②

現職は通信機器の卸売会社で、私は主に売上・仕入管理を担当しております。

その他、部内外で発生した経理的会計的な問題解決にも尽力しており、会社全体を通した経理業務に携わってきました。

さらに幅広い経理業務に携わってみたいと考えていたところ、自社製品について製造から顧客への販売まで幅広く扱っている御社に大変魅力を感じ、志望いたしました。

求人票の業務内容に、原価計算という項目を拝見しました。

この部分についてはまだ未経験なので、これから多くのことを学んでいかなくてはならないと考えておりますが、その他の経理業務に関しては、私のこれまでの経験を活かして貢献できるかと思います。




Sponsored Links

Copyright© 会計職のキャリア戦略 , 2020 All Rights Reserved.