経理の忙しい時期(繁忙期)は激務?転職前に知っておきたい閑散期やワークライフバランスについて

2019年9月19日

経理 忙しい 時期

(経理の忙しい時期はいつ?繁忙期の経理の仕事内容について実体験者が具体的に解説します)

 

経理として働き始めたばかりの方や、これから未経験で経理職に転職したいと考えている方の中には、

経理の忙しい時期や、ひまな時期がいつなのかあらかじめ知っておきたいという方も多いでしょう。

経理は忙しい時期(繁忙期)と、

忙しくない時期(閑散期)とがかなりはっきりしている職種といえます。

管理人

経理は年間のスケジュールが法律で決められている職種です。

なので、基本的に毎年ような時期に忙しくなり、ひまになる傾向があるのです。

ブログ管理人

1985年生まれ。未経験ニートで会計事務所入社→月給16万円で地獄のような目にあう→何度か転職して年収600万円→税理士試験に挫折…→会計事務所から中小企業の経理管理職に転職/ブログ運営6年目に突入!累計読者は34万人以上(感謝!)
>>自己紹介の記事はこちらです

経理の忙しい時期(繁忙期)はいつ?

経理 忙しい 時期

(経理職の繁忙期は、①決算時期と②年末調整時期の2つです)

 

↓経理が忙しい時期(繁忙期)とは、ずばり以下の2つの時期です。

  1. 年次決算を行う時期
  2. 年末調整業務を行う時期

以下では、この2つの時期に経理職員がどういう仕事をしているのか?について、具体的に見ていきましょう。

1.年次決算を行う時期

日本国内のすべての企業は、1年に1回は必ず「決算」という手続きをしなくてはなりません。

決算とは、簡単にいえば「1年間でどのぐらい会社がもうかったのかを計算して、国に納める税金の金額を計算する作業」のことです。

この決算は、「決算日から2ヶ月以内に完了しないといけない」というルールが法律で決まっています。

例えば、三月末決算の会社であれば、5月31日までに決算業務をして税金を計算し、税務署に申告しなくてはならないといった具合ですね。

5月31日が決算業務の期限なので、

経理では4月1日〜5月31日までの間に決算業務を行うことになります。

  • 決算月から2ヶ月以内に行うのがルール
  • 例えば、三月末決算の会社なら4月1日〜5月31日の間に決算業務を行う

上では三月決算の会社についてみましたが、

決算をいつ行うか?はそれぞれの企業が自由に決めています。

日本でもっとも数が多いのは三月決算ですが、五月決算の会社もあれば、九月決算の会社もあるといった具合ですね。

決算の期日は上でもみたように「決算月から2ヶ月以内」ですから、

↓決算月と決算業務を行う時期の関係を一覧にすると、以下のようになります。

一月決算の場合 2月1日〜3月31日が決算業務
二月決算の場合 3月1日〜4月30日が決算業務
三月決算の場合 4月1日〜5月31日が決算業務
四月決算の場合 5月1日〜6月30日が決算業務
五月決算の場合 6月1日〜7月31日が決算業務
六月決算の場合 7月1日〜8月31日が決算業務
七月決算の場合 8月1日〜9月30日が決算業務
八月決算の場合 9月1日〜10月31日が決算業務
九月決算の場合 10月1日〜11月30日が決算業務
十月決算の場合 11月1日〜12月31日が決算業務
十一月決算の場合 12月1日〜1月31日が決算業務
十二月決算の場合 1月1日〜2月28日が決算業務

↑あなたの会社の「決算月」を確認して、

いつ決算業務を行うのか?を確認してみてください。

(九月決算の会社に勤めている方は、10月1日〜11月30日が決算業務を行う時期ということになります)

この決算業務は、経理として働く人にとってもっとも重要な業務で、業務量も一番多い仕事です。

必然的に、この期間中は職場内も非常に忙しくなりますから、繁忙期ということになりますね(職場によっては「激務」といえるような状態になることもあるでしょう)

決算業務というのは、具体的にどういう仕事をやるのか?については簿記試験などでも勉強すると思いますが、

期中に会計ソフトに入れた処理が正しいか?をすべてチェックして、必要な決算仕訳を追加で入れていくというのが具体的な作業内容になります。

これらは必ずしも机の上だけでの処理というわけではなく、実地棚卸のために工場を視察したり、営業部署などからヒアリングをして帳簿の内容を再度チェックしたり…といろんなことをやらないといけません。

決算処理が完了したら決算書が完成しますが、そこからさらに法人税や消費税といった税金の計算も行います。

これらは通常は顧問の税理士さんなどと相談しながらやっていくことになりますが、会計職として高いレベルの仕事をしたい人は法人税の計算方法なども勉強していくのが望ましいでしょう。

事業年度末から2ヶ月以内に決算と税務申告の業務を完了したら、経理部はちょっと落ち着いた雰囲気になります。

(雰囲気的にはお祭りの後…みたいな感じですね)

2.年末調整業務を行う時期

経理の繁忙期2つ目は「年末調整業務」を行う時期です。

年末調整業務は、その名の通り年末(12月)ごろに行う業務のことをいいます。

この年末調整業務は「12月分の給料支払日まで」に完了しなくてはなりません。

↓例えば、毎月25日がお給料日の会社なら、12月25日までには年末調整業務を完了するといった具合ですね。

  • 年末調整業務は「12月分の給料支払日まで」に完了するのが一般的
  • 例えば、毎月25日がお給料日なら、12月25日までに年末調整を完了する

年末調整業務を行うのは、会社の決算月がいつかにかかわらず共通です。

三月決算の会社も、四月決算の会社も、八月決算の会社も、年末調整業務を行う時期は同じになります。

なお、年末調整の「法律上の期限」は1月末日ですが、普通はもう少し余裕をもって処理しますので、12月分のお給料支払日までに完了するのが一般的です。

経理が年末調整業務を行うためには、従業員さんの自宅に送られてくる必要書類などを提出してもらわないといけません。

(生命保険や地震保険の控除証明といったような書類です)

11月〜12月上旬にかけて必要書類を出してもらい、

給与支払日までに処理をする、といったように業務が進んでいきます。

給与計算業務と年末調整の意味について

以下では、年末調整とはどういう業務なのか?についてもう少し詳しく見ておきましょう。

経理は、会社で働いている従業員の「給与計算」も業務として行なっています。

この給与計算業務は、従業員の「税金の計算」も含みます。例えば、

営業のAさんは月給30万円だからこれだけの税金を納める。事務職のBさんは月給25万円だからこれだけの税金を納める…

といったような具合ですね。

こうした計算作業を、経理は本人の代わりにやってあげなくてはならないのです。

毎月の給与明細を見ると、源泉所得税とか住民税特別徴収額、健康保険料や厚生年金保険料といった項目が表示されていますよね。

これらの金額を計算するのが経理の「給与計算業務」というわけです。

こうした計算は毎月お給料を支払うたびに行なっていますが、1年に1度「年末調整」という業務で「正確な金額を計算し直す」という作業があります。

毎月の源泉所得税の金額は「概算額(だいたいの金額)」となっていますから、これを正確な金額に計算して調整する必要があるのです。

なぜ「だいたいの金額」で毎月の給与計算を行うのか?というと、正確な税金の金額は「1年間トータルのお給料受取額」が決まらないと計算できないからです。

1年間トータルのお給料受取額は、当然ながら12月末にならないとわからないですよね。

そのため、毎月の給与計算処理は「だいたいの金額」で処理しておき、年末に1年間トータルのお給料受取額がわかったタイミングで、年末調整業務を行なって正確な金額に調整し直すというわけです。

税額を正確な金額に調整した結果、通常は従業員に返還するお金が発生します。

このお金は12月分の給与支払日に、給与と一緒に還付するのが一般的です。

その他の繁忙期

経理 忙しい 時期

(一部の大手企業では中間決算や四半期決算・会計士による監査への対応を行う必要があります)

 

↓経理の繁忙期は①決算業務を行う時期と、②年末調整を行う時期、の2つと説明しました。

  1. 年次決算を行う時期
  2. 年末調整業務を行う時期

経理は、基本的にはこの2つの時期が繁忙期となります。

↓ただし、企業によっては以下のような追加業務を行うことがあり、

これらの時期も繁忙期になる可能性があります。

  1. 中間決算・四半期決算
  2. 会計監査対応
  3. 税務調査対応

以下では、それぞれの業務の内容について順番に見ていきましょう。

1.中間決算・四半期決算は導入している会社とそうでない会社がありますし、2.会計監査対応は上場企業以外は行いません。

また、3.の税務調査は毎年必ず行われるという性質のものではありません。

(税務調査は、ある日いきなり税務署から「この期間中にチェックさせてもらいたい」というように連絡が来て対応する性質のものです。つまり、イレギュラーな業務です)

ごく大まかにいうと、これらの追加業務は「規模の大きい会社」で行われる経理業務です。

一般的には規模の大きい企業(大手企業)ほど経理の繁忙期は多く、激務になりやすいと言えるでしょう。

中間決算・四半期決算

中間決算とは、半年に一回行う決算業務のことです。

四半期決算とは、3ヶ月に一回行う決算業務です。

通常は、決算業務は1年に1回行えば問題ないのですが、上場企業では投資家に情報提供するために四半期決算と中間決算が義務付けられています。

上場企業でなくても四半期決算や中間決算を導入している企業はありますが、こちらは経営者が自主的に行なっているものです。

ある程度の規模の企業であれば、あらかじめ予算を作成して事業を行なっていますから、その予算と実績との差を把握するために決算を行うという側面があるのです。

会計期間は短ければ短いほど細かい会計情報をチェックすることができますから、四半期決算や中間決算を自主的に導入している企業は内部管理体制がしっかりしているといえます。

※ただし、当然ながらその分だけ経理は忙しくなるのですが…。

会計監査対応

上場企業では、会計期間ごとに公認会計士(監査法人)の会計監査を受けなくてはなりません。

私自身も所属している企業が上場企業なので、年次決算業務が終わった直後のタイミングで監査法人の監査を受けています。

(期中にもミーティングをしたり、四半期でレビューをしたりといったことがあります)

公認会計士というのは会計に関してはもっともプロフェッショナルな人たちです。

うちの会社は上場企業といっても比較的小さい規模なので、だいたい3〜4人ぐらいの会計士さんが事業所にやってきて、部屋を一つ使って2、3日はこもりきりでチェック作業をされる感じになります。

基本的に経理がやることはありませんが、会計処理の内容について質問を受けた時には対応しないといけないので、基本的に外出ができない感じになりますね。

税務調査対応

税務調査は、税務署が「会社が税金を正しく納めているか、脱税していないか」をチェックしにくるというものです。

税務調査は毎年必ず行われるというものではなく、突発的なイレギュラー業務ですね。

こちらも公認会計士の監査と同様に過去の帳簿や会計処理について徹底的にチェックされるのが基本です。

税務署の方から質問が出たら対応しないといけないので、経理スタッフは調査中の2日間は外出できないなどの制約がでます。

税務調査で修正の指摘が出るなどの結果になってしまうと、「経理は何をやっとるんだ…」ということになってしまいますから、経理部にとっては日頃の業務の質が問われる場と言えます。

なお、税務署の方は基本的にとても腰の低い人たちですので、やりとりでストレスを感じたことは私はあまりありません。

経理がワークライフバランスを保つには

経理 忙しい 時期

(経理がワークライフバランスを保ち、楽しく働きながら人生を充実させるにはどうしたらいいか?を解説します)

最後に、経理の仕事をする人が、こころ穏やかに楽しく働くには?という点について考えてみましょう。

↓結論から言うと、経理がワークライフバランスを保つためには、以下の2つのことを知っておくことが大切と言えます。

  • 閑散期に繁忙期を見越してしっかり準備をしておく
  • ブラック企業に絶対に入らないこと【超重要!】

それぞれの項目について、私の実体験込みで解説いたします。

閑散期に繁忙期を見越してしっかり準備をしておく

上でも見てきましたが、経理という仕事は基本的に「毎年同じスケジュール」で業務が進んでいきます。

つまり、毎年決まった時期に繁忙期がやってきて、決まった時期に閑散期がやってくるという感じですね。

そのため、経理がワークライフバランスを考える上で重要なのは、

「いかに閑散期に繁忙期の準備をしっかりしておくか」という視点になります。

決算期や年末調整などの繁忙期はかなり忙しくなりますが、閑散期に繁忙期を見越して準備をしておけばかなり忙しさは緩和されます。

経理1年目の方は「いったい今は何をやっているんだ?」と職場内の雰囲気に飲まれて大変だと思いますが、2年目以降はかなり先を予測して動けるようになります。

まずは毎月の月次業務の流れを覚えて、可能な限り効率化して繁忙期に備えるようにしましょう。

ブラック企業に絶対に入らないこと【超重要!】

ひと昔前に比べるとかなり少なくなりましたが、世の中に「ブラック企業」はいまだにたくさん存在しています。

ブラック企業というと営業職のパワハラなどをイメージしがちですが、

経理職でもブラックな環境というのは確実にあります。

経理職でブラック環境になりがちなのは、年収300万円未満など「低年収のわりに異常に業務が激務」という環境のケースです。

私が経験した例では、繁忙期に日付が変わるまで仕事をしているのに、月収が20万円を切る…という状況がありました。

(時給に換算したら500円ぐらいだったと思います…)

まったく同じ仕事をしているのに、年収が激しく違うこともある(実体験)

経理 忙しい 時期

(毎日深夜まで残業しているのに、月収手取り20万円未満…なんて事態にならないために:実体験)

当時は「これが当たり前なのかな…」と思っていたのですが、仕事をし始めて2年ほど経った時に、

「さすがにこれはおかしい」と感じて別の会社で経理として働くようになりました。

結果的には、転職前とほぼ同じ仕事内容なのに、年収は1.5倍になるという衝撃的な経験をしました。

(転職後の待遇が特別に良いというわけではなくて、転職前の会社が完全ブラックだっただけです)

どの会社で働くか?によって私たち労働者の人生は180度変わる

この記事をお読みの方の中にも、「ひょっとしたらうちの会社ってブラックなのかも…」と心当たりのある方もいらっしゃるでしょう。

あるいは、「経理に転職したいと思っているけど、ブラック企業には転職したくない」と考えている方もいらっしゃるかもしれませんね。

そうした方々にぜひお伝えしたいのは、「どこの会社で働くか?」によって、

私たち労働者の人生は大きく左右されるということです。

あなたがどれだけ優秀な人であったとしても、あなたの年収やワークライフバランスは、所属する企業によってガラッと変わります。

実際、私は以前の会社の経理の仕事を辞め、今の職場で働くようになってからは人生が大きく変わりました。

(繰り返しになりますが、仕事の内容自体は基本的にあまり変わっていないのにもかかわらず、です)

ブラック企業で働いている時に比べて、年収は大幅にアップできましたし、経済的・時間的に余裕ができたおかげで付き合っていた彼女と結婚もできました。

ブラック企業は、私たち労働者を奴隷のように酷使し、搾取することになんのためらいもありません。

あなたの貴重な人生の時間を浪費せず、将来を破壊されるような事態にならないためにも、

所属する会社はしっかりと選ばなくてならないことをぜひ理解しておいてください。

(追伸)労働環境が劣悪な「ブラック経理」で絶対働きたくない人へ

(経理未経験者は「ブラック企業」にまちがえて応募しないよう注意が必要です)

これから経理として働く人は、

労働環境が悲惨なブラック企業にまちがえて入社しないよう注意してください。

経理って入社する会社によって労働環境がぜんぜん違う仕事です。

自分の勤務先として選ぶ会社をまちがえてしまうと、

ブラックでつらい働き方になってしまうことがあるので注意してください。

例えば、入社時のスキルや学歴職歴がまったく同じ人でも、

↓こんなふうにスタート地点からすでに差がついてしまうことがあるんです。

(まさに天国と地獄…)

管理人
  1. ホワイトな経理職場
    ていねいな新人研修があり、ゼロから経理としての仕事をていねいに教えてもらえる環境。
    年収は400万円からスタートと未経験者の相場からみてやや高めの給料。さらに会社の業績に合わせて決算ボーナス支給あり。
    繁忙期ふくめて残業ゼロなので、ワークライフバランスも良好な職場。
  2. ブラックな経理職場
    何もわからない状態でいきなり現場に放り出され「仕事は先輩を見ながら覚えて」と実質放置。
    しかも年収264万円でスタート…。手取り月給20万円未満…。
    残業が常態化していてプライベートの時間がまったくとれない…。

 

↓実際の求人をお見せするとこんな感じ。

どちらも未経験OKの求人なのに、

入社時の条件がまったく違いますよね。

(画像クリックで拡大できます)

(ホワイトな経理求人:未経験OK)

(年収条件の良くない経理求人の例)

>>実際の経理求人で年収を見てみる

 

↑あえて2つ目のしんどそうな求人(年収264万円〜…)を選ぶ人はまずいないと思います。

(「黒字経営の安定企業」ならもうちょっとちゃんと給料出せよって話です…)

同じ働くなら、お給料はちょっとでも高い方が良いに決まってますよね。

 

なぜ、同じ「未経験OKの経理求人」なのに年収が100万円以上違うのか?

(なぜ、同じ「未経験OK求人」なのに、年収が100万円以上も違うのか?)

 

重要なのは、経理の場合はこうした「差」が、

個人の能力スキルの違いによって生まれるわけではないことです。

 

上の2つの求人は、どちらも「未経験OKの求人」なことに注目してください。

未経験者の場合、入社時の仕事の能力なんてみんなゼロで同じのはずですよね。

(経理は実務経験で評価される職種ですから)

 

経験もスキルも同じゼロのはずなのに、

会社によって入社時のお給料の金額がまったく違うのはなぜなのか?

これは「応募先の企業がきちんと利益を出しているか?」、

そして「経営者が利益を社員に還元する意識を持っているか?」の違いです。

 

経理って営業マンみたいに個人成績で給料が決まる職種ではありません。

基本的に「固定給+夏冬ボーナス」で、

会社の業績がよければ決算賞与がプラスされるみたいな感じです。

なので、経理の給料は入社する会社の良し悪しによってほぼ決まってしまうんです。

これがどういうことか?というと、

あなたがどんなに優秀な人であったとしても、

勤務先の会社がもうかってなくて経営者がワンマンだったら、

お給料は平均と比べて低くなってしまうということです。

管理人

逆にいうと、能力や経験にあまり自信がない人であっても、

業績の上がっているホワイト企業に入ることができれば、

同じ未経験者に年収で差をつけることができるんですね。

 

経理はどういう会社を転職先に選ぶか?によって、

働き方がまったく違ってくることを知っておいてください。

 

ブラック環境で働く経理未経験者は本当に悲惨…

(ブラック企業で働く経理は本当に悲惨です…)

 

私自身も経験があるのですが、

ブラックな職場で働く経理って本当に大変です。

ろくな新人研修も受けないままいきなり現場に出されて、

「仕事は先輩のマネをしながら覚えてね」

みたいなほったらかし教育をされる危険があります。

会社がもうかっていなくて、

お給料が低い経理の職場って、雰囲気は最悪です…。

仕事がある程度きつくても、「平均より良いお給料をもらえている」という実感があれば頑張れるものですよね。

ですが、業績が悪い会社ではみんな低年収でボーナスとかも少ないですし、

人件費を抑えるために最低限の人員スタッフで現場をまわしていくことになりがちです。

必然的に残業時間は増し、みんなイライラと不満を抱えながら働くことになるんです。

新人時代の仕事で何がつらいって、

わけがわからない状態で職場で放置されてしまい、

うろうろオロオロしながら邪魔者扱いされて、

それでも毎日先輩の機嫌をうかがいながら、

仕事を教えてもらわないといけないことなんですよね。

管理人

しかも、ブラックな会社ではしょっちゅう新人が辞めていくので、

「新人なんて育ててもすぐ辞めていくし…」

みたいに考えられているケースも多いです。

つまり新人は使い捨て状態。

「それって経理の仕事じゃないよね…?」みたいな雑務ばかりやらされるので、経理としてろくな経験をつむことができません。

 

当然ながら、そんなかたちで仕事を覚えても、

身につくのは「その会社の中でだけ通用するスキル」だけです。

こういうブラックな職場に入って劣悪な環境でずっと過ごし、

5年後にどうなっているか…?って考えるとぞっとしますよね。

 

この点、業績の良いホワイト企業では、

未経験者をゼロから育てていくという意識があります。

業績が良いからこそ新人研修にも時間と労力をかけられますし、

未経験入社でも上で見た求人のように、

年収400万円(月給25〜30万円)でスタートなど相場より高いケースが多いんです。

まさに天国と地獄…みたいな感じですが、

同じ働くなら、こういう「しっかりお給料を稼げて、毎日の仕事のストレスが少ない環境」でスタートしたいですよね。

 

経理未経験者は「どこで求人を探すか?」が決定的に重要

(経理のホワイト求人はどこで見つかる?)

 

それでは、どうすれば上で見たような業績がよく、

未経験者にも優しいホワイト企業の経理求人を見つけられるのでしょうか?

このブログを見てくれる方には、こっそりコツをお教えしますね。

 

経理として転職活動がうまくいかないのは、

十中八九が「求人を探す場所をまちがえている」のが原因です。

ブラックな会社にまちがえて応募するリスクを避けたい人は、

経理求人専門の転職サイトで求人を探さなくてはいけません。

(↑無料で使えるサイトです)

 

多くの経理未経験者の方は、

リクナビやマイナビなどの「一般向けの求人サイト(いろんな職種が雑多に募集されている転職サイト)」で経理求人を探してしまいます。

こういうサイトには、

言い方は悪いですが残りカスみたいな条件の悪い求人ばっかり集まりがちなんです。

上で実際の求人をお見せしましたが、

未経験OKとはいえ年収264万円〜…なんて、

はっきりいいってひどい搾取企業ですよね。

平気でこういう悪条件で求人を出す会社があるのが現実です。

管理人

 

もちろん、最初は「一般向けサイト」で求人を探したくなる気持ちはよくわかるんです。

「転職活動そのものが学生時代以来で初めて」という人も多いでしょうし、

「自分はまだ未経験だから、経理専門の転職サイトとか使っても応募できる求人なんて1件もなさそう…」って不安になりますよね。

 

ですが、経理未経験者の方であっても、

こういう転職活動のしかたは絶対にやめた方が良いです。

求人を探す場所でまちがえてしまうと、

未経験者ほどブラック企業の求人にまちがえて応募してしまうリスクが非常に高くなります。

どういう転職サイトを使って経理求人を探すか?には徹底的にこだわってください。

経理は一種の「専門職」です。

経理求人だけを専門であつかう転職サイトでないと、

条件の良い求人はなかなか見つかりません。

管理人

 

経理としてどんなにまじめで性格の良い人であっても、

求人を探す場所をまちがえてしまうと、

ブラック企業に入ってしまう可能性が高くなります。

逆にいうと、はっきり言ってあんまりスキルが高くない人でも、

ホワイトな職場で良いお給料をもらっているケースはたくさんあるんですよね。

 

ちょっしたコツを「知っているか?知らないか?」で差がついてしまう…

(「ちょっとしたコツ」を知ってるか?知らないか?で差がついてしまう場面はたくさんあります)

 

このように、転職活動をするときのちょっとしたコツ(未経験者でも経理求人専門の転職サイトを使う)を知ってるかどうか?だけで、

同じ未経験者なのに年収や職場環境に差がついてしまう…って、

理不尽でひどい感じがしますよね。

ですが、はっきりいって世の中なんてそんなもんです。

コツや裏技を知ってるか?知らないか?で、

ものすごい差がついてしまう場面ってたくさんあります。

例えば、まったく同じ品質の新品商品とかでも、

メーカーの公式ショップで買うと定価なのでやたら高くて、配送は1週間後(しかも玄関で自分で受け取り)…とかなのに、

まったく同じ新品商品をAmazonで探せば値段は時価なので安くて、

しかも翌日夕方までに自宅に置き配してくれるとかってよくありますよね。

こういうことって社会にはいくらでもあることですから、

私たち個人が不公平だ…!なんて不満をのべても意味がないです。

(そういうのは政治家の仕事です)

世の中の理不尽をなんとかしよう!とか考えるより前に、

まずはあなた自身が経理として転職を成功させましょう。

これから経理への転職を目指す人は、

↓経理求人専門の転職サイトを使って、

年収の高い好条件求人をピンポイントで狙っていきましょう。

管理人

ヒュープロ(経理専門の無料転職サイト)

経理のホワイト求人多数あり!

ヒュープロは経理専門の無料転職サイトです。
未経験簿記なしで年収400万円〜の求人
実務経験3年で年収600万円〜の求人
在宅もOKのワークライフバランス求人
会計事務所から経理へ転職歓迎の求人
などなど、好条件人が多数ありますよ。
>>10,097件の求人を見てみる

(未経験OK求人の例:クリックで拡大)

(経験者むけ求人の例:クリックで拡大)

 

私自身が実際に使ってみた経理専門の転職サイトで、

「ここなら自信を持っておすすめできる!」

というところをランキング記事にしてみました。

↓こちらの記事もよければ参考にしてみてください。

管理人
経理の求人探すならここ!転職サイトおすすめランキング【厳選3社】

この記事では経理職として働く人におすすめの転職エージェント会社をランキング形式で紹介しています。経理は一種の専門職なので、どの転職エージェント会社を使うか?は転職活動の成功/失敗が決まってしまうぐらい重要なポイントになります。ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

 

実際の経理求人で年収を見てみよう

(実際に募集されている経理求人を紹介します)

 

上で紹介した経理求人専門の転職サイトなら、

↓例えば以下のようなホワイト経理求人を見つけることができますよ。

  • 未経験でも年収400万円〜のホワイト企業求人
  • 在宅リモートワークOKのワークライフバランス求人
  • ゼロから仕事を教えてもらえる教育環境充実の求人
  • 誰もが名前を知る業界トップ企業の経理求人
  • 年収600万円スタートの実務経験者むけ経理求人
  • 決算前の繁忙期も残業なしなどワークライフバランス型の経理求人
  • 将来の管理職候補として入社できる経理求人
  • 会計事務所から経理へのキャリアチェンジ歓迎の経理求人
  • IPO準備業務の経験を積むことができる経理求人
  • CFO直下のポジションで働ける経理求人

(未経験者むけ経理求人の例)

(未経験者むけ経理求人の例)

(未経験者むけ経理求人の例)

(未経験者むけ経理求人の例)

(ワークライフバランス重視の経理経験者むけ求人)

(経理経験者むけの管理職候補求人)

(会計事務所から経理へキャリアチェンジ歓迎の経理求人)

(上場大手企業の経理求人例)

>>未経験もOK!現在募集中の経理求人を見てみる

 

今すぐは転職活動できない人へ

(今すぐは転職するかどうかわからない…という人へ)

なんとなく今の環境に不満はあるし、

一生このままで良いなんてまったく思ってないけど

なかなか重い腰を上げられない…。

いま仕事している人もしていない人も、

↑毎日こんなふうに感じながら過ごしている人がほとんどだと思います。

転職活動なんて、はっきりいってめんどくさいですよね。

ただ、今すぐ転職する気がない人も、

転職サイトへの無料登録は早めにやっといた方が良いです。

ストレスや疲労が限界になると、

転職サイトに登録する気力すらなくなります。

管理人

特に、条件の良い経理求人は人気ですから、

日常的にこまめに情報リサーチしておくことが大切です。

経理求人専門の転職サイトで年収や勤務地などの条件を入力しておくと、

マッチする求人が出るたびに自動でメール通知してもらえるので活用しましょう。

↓こんな感じでメールが届きます。

自分が希望する条件にあった求人だけ

ピンポイントでピックアップしてくれるのでめっちゃ便利です。

(希望条件に合った求人だけが自動通知されます)

情報ってたくさんありすぎても

ごちゃごちゃしてわけからなくなりますからね。

情報があふれている時代なので、

自分の求める情報を見つけるスキルが大事です。

管理人

同じ転職サイトを使っていても、

良い求人を上手に見つけられる人と、

見つけられない人の違いはこういうところでも出ますね。

(自分の希望条件をしっかりめに入力してるだけなんですが)

>>経理求人専門の転職サイトで希望条件を入力しておく

 

つねに「逃げ道」を確保しておくのが大切

(良い意味での「逃げ道」を確保しておくのが大切です)

 

経理求人専門の転職サイトで希望条件をしっかりめに入力しておき、

「ここいいかも…!」と気になる求人を見つけたら、

情報としてこまめにストック保存しておくようにしましょう。

手元に魅力的な求人がたくさんある状態を作っておくと、

いざ転職活動を始めるときに良いスタートを切ることができます。

また、日常的に転職サイトで求人リサーチするクセをつけておくと、

どうしても今の状態がつらくなったら転職もある

↑という「選択肢」を持てるのも重要ですね。

良い意味での逃げ道を確保できる感じです。

これって精神的にもかなり安定するんですね。

過労やストレスで倒れる前に早めの手を打つことができます。

転職サイトは完全無料で使えます。

いつでも利用やめられるのでリスクはゼロですよ。

年収などの条件の良い経理求人がたくさんあるので、

情報リサーチに徹底活用しましょう。

管理人

>>経理専門の転職サイトで実際の求人を見てみる

 

最後の最後にお伝えしたいこと

(個人的に衝撃を受けた本です)

 

↑転職活動でも仕事でも、

成功する人の違いって結局はこれだと思うんですよね。

経理が転職活動を成功させるために、

もっとも重要なのは求人情報を探す場所をまちがえないことです。

経理で働くなら経理職専門の転職サイトを活用しましょう。

転職サイトへの登録って1分でできる作業です。

無料ですしいつでも解除できるのでリスクなんて何もありません。

変な連絡が来るようなこともありませんしね。

↓それでも、以下の2種類の人に分かれます。

  1. とりあえず今すぐ無料登録だけでもやっておいて求人検索を始めてみる人
  2. いつまでたっても何かと理由をつけてやらない人

これは転職活動だろうが仕事だろうが同じです。

(あなたのまわりにも2. みたいな人いませんか?)

ほんのちょっとの行動の差ですが、

理想の働き方に近づける人と、

いつまでたっても職場の文句ばかり言っている人とで違いが生じるのはこういうところです。

 

↓今から1年後に、あなたはこのどちらになっていたいでしょうか。

  • 劣悪な雇用環境で給料も安く、
    雑用ばかりさせられる職場で年齢だけを重ねていく…。
  • やりがいがあり、給料の高い仕事で人間関係も良好。
    ワークライフバランス型の職場でプライベートも充実。

↑もちろん後者を目指しましょう。

それは誰でも可能です。

>>今すぐ行動を起こす

管理人
経理の求人探すならここ!転職サイトおすすめランキング【厳選3社】

この記事では経理職として働く人におすすめの転職エージェント会社をランキング形式で紹介しています。経理は一種の専門職なので、どの転職エージェント会社を使うか?は転職活動の成功/失敗が決まってしまうぐらい重要なポイントになります。ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

© 2024 会計職のキャリア戦略