税理士事務所から経理への転職

経理の忙しい時期(繁忙期)は激務?転職前に知っておきたい閑散期やワークライフバランスについて

経理 忙しい 時期

(経理の忙しい時期はいつ?繁忙期の経理の仕事内容について実体験者が具体的に解説します)

経理として働き始めたばかりの方や、これから未経験で経理職に転職したいと考えている方の中には、

「経理の忙しい時期や、比較的ひまな時期がいつなのか知っておきたい」という方も多いでしょう。

経理は忙しい時期(繁忙期)と、忙しくない時期(閑散期)とがかなりはっきりしている職種といえます。

というのも、経理は年間のスケジュールが法律で決められていますから、業務も法律に従って動いていく必要があるからです。

この記事では、経理財務の仕事を10年以上やっている私が経理の年間業務スケジュールについて説明します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

経理の忙しい時期(繁忙期)はいつ?

経理 忙しい 時期

(経理職の繁忙期は、①決算時期と②年末調整時期の2つです)

↓経理が忙しい時期(繁忙期)とは、ずばり以下の2つの時期です。

この時期は経理は忙しい繁忙期!

  • ①年次決算を行う時期
  • ②年末調整業務を行う時期

以下では、この2つの時期に経理職員がどういう仕事をしているのか?について、具体的に見ていきましょう。

①年次決算を行う時期

日本国内のすべての企業は、1年に1回は必ず「決算」という手続きをしなくてはなりません。

決算とは、簡単にいえば「1年間でどのぐらい会社がもうかったのかを計算して、国に納める税金の金額を計算する作業」のことです。

この決算は、「決算日から2ヶ月以内に完了しないといけない」というルールが法律で決まっています。

例えば、三月末決算の会社であれば、5月31日までに決算業務をして税金を計算し、税務署に申告しなくてはならないといった具合ですね。

5月31日が決算業務の期限なので、経理では4月1日〜5月31日までの間に決算業務を行うことになります。

決算業務を行う時期は経理繁忙期

  • 決算月から2ヶ月以内に行うのがルール
  • 例えば、三月末決算の会社なら4月1日〜5月31日の間に決算業務を行う

上では三月決算の会社についてみましたが、決算をいつ行うか?はそれぞれの企業が自由に決めています。

日本でもっとも数が多いのは三月決算ですが、五月決算の会社もあれば、九月決算の会社もあるといった具合ですね。

↓決算の期日は上でもみたように「決算月から2ヶ月以内」ですから、決算月と決算業務を行う時期の関係を一覧にすると、以下のようになります。

一月決算の場合 2月1日〜3月31日が決算業務
二月決算の場合 3月1日〜4月30日が決算業務
三月決算の場合 4月1日〜5月31日が決算業務
四月決算の場合 5月1日〜6月30日が決算業務
五月決算の場合 6月1日〜7月31日が決算業務
六月決算の場合 7月1日〜8月31日が決算業務
七月決算の場合 8月1日〜9月30日が決算業務
八月決算の場合 9月1日〜10月31日が決算業務
九月決算の場合 10月1日〜11月30日が決算業務
十月決算の場合 11月1日〜12月31日が決算業務
十一月決算の場合 12月1日〜1月31日が決算業務
十二月決算の場合 1月1日〜2月28日が決算業務

↑あなたの会社の「決算月」を確認して、いつ決算業務を行うのか?を確認してみてください。

(九月決算の会社に勤めている方は、10月1日〜11月30日が決算業務を行う時期ということになります)

この決算業務は、経理として働く人にとってもっとも重要な業務で、業務量も一番多い仕事です。

必然的に、この期間中は職場内も非常に忙しくなりますから、繁忙期ということになりますね(職場によっては「激務」といえるような状態になることもあるでしょう)

決算業務というのは、具体的にどういう仕事をやるのか?については簿記試験などでも勉強すると思いますが、

期中に会計ソフトに入れた処理が正しいか?をすべてチェックして、必要な決算仕訳を追加で入れていくというのが具体的な作業内容になります。

これらは必ずしも机の上だけでの処理というわけではなく、実地棚卸のために工場を視察したり、営業部署などからヒアリングをして帳簿の内容を再度チェックしたり…といろんなことをやらないといけません。

決算処理が完了したら決算書が完成しますが、そこからさらに法人税や消費税といった税金の計算も行います。

これらは通常は顧問の税理士さんなどと相談しながらやっていくことになりますが、会計職として高いレベルの仕事をしたい人は法人税の計算方法なども勉強していくのが望ましいでしょう。

事業年度末から2ヶ月以内に決算と税務申告の業務を完了したら、経理部はちょっと落ち着いた雰囲気になります。

(雰囲気的にはお祭りの後…みたいな感じですね)

②年末調整業務を行う時期

経理の繁忙期2つ目は「年末調整業務」を行う時期です。

年末調整業務は、その名の通り年末(12月)ごろに行う業務のことをいいます。

この年末調整業務は「12月分の給料支払日まで」に完了しなくてはなりません。

↓例えば、毎月25日がお給料日の会社なら、12月25日までには年末調整業務を完了するといった具合ですね。

年末調整業務を行う時期も繁忙期

  • 年末調整業務は「12月分の給料支払日まで」に完了するのが一般的
  • 例えば、毎月25日がお給料日なら、12月25日までに年末調整を完了する

年末調整業務を行うのは、会社の決算月がいつかにかかわらず共通です。

三月決算の会社も、四月決算の会社も、八月決算の会社も、年末調整業務を行う時期は同じになります。

なお、年末調整の「法律上の期限」は1月末日ですが、普通はもう少し余裕をもって処理しますので、12月分のお給料支払日までに完了するのが一般的です。

経理が年末調整業務を行うためには、従業員さんの自宅に送られてくる必要書類などを提出してもらわないといけません。

(生命保険や地震保険の控除証明といったような書類です)

11月〜12月上旬にかけて必要書類を出してもらい、給与支払日までに処理をする、といったように業務が進んでいきます。

給与計算業務と年末調整の意味について

以下では、年末調整とはどういう業務なのか?についてもう少し詳しく見ておきましょう。

※時間がない方は次の業務内容(導入している会社とそうでない会社がある業務)にジャンプしてください

経理は、会社で働いている従業員の「給与計算」も業務として行なっています。

この給与計算業務は、従業員の「税金の計算」も含みます。例えば、

営業のAさんは月給30万円だからこれだけの税金を納める。事務職のBさんは月給25万円だからこれだけの税金を納める…

といったような具合ですね。

こうした計算作業を、経理は本人の代わりにやってあげなくてはならないのです。

毎月の給与明細を見ると、源泉所得税とか住民税特別徴収額、健康保険料や厚生年金保険料といった項目が表示されていますよね。

これらの金額を計算するのが経理の「給与計算業務」というわけです。

こうした計算は毎月お給料を支払うたびに行なっていますが、1年に1度「年末調整」という業務で「正確な金額を計算し直す」という作業があります。

毎月の源泉所得税の金額は「概算額(だいたいの金額)」となっていますから、これを正確な金額に計算して調整する必要があるのです。

なぜ「だいたいの金額」で毎月の給与計算を行うのか?というと、正確な税金の金額は「1年間トータルのお給料受取額」が決まらないと計算できないからです。

1年間トータルのお給料受取額は、当然ながら12月末にならないとわからないですよね。

そのため、毎月の給与計算処理は「だいたいの金額」で処理しておき、年末に1年間トータルのお給料受取額がわかったタイミングで、年末調整業務を行なって正確な金額に調整し直すというわけです。

税額を正確な金額に調整した結果、通常は従業員に返還するお金が発生します。

このお金は12月分の給与支払日に、給与と一緒に還付するのが一般的です。

該当する会社とそうでない会社がある業務

経理 忙しい 時期

(一部の大手企業では中間決算や四半期決算・会計士による監査への対応を行う必要があります)

↓経理の繁忙期は①決算業務を行う時期と、②年末調整を行う時期、の2つと説明しました。

すべての企業で共通の経理繁忙期

  • ①年次決算を行う時期
  • ②年末調整業務を行う時期

↑経理は、基本的にはこの2つの時期が繁忙期となります。

↓ただし、企業によっては以下のような追加業務を行うことがあり、これらの時期も繁忙期になる可能性があります。

こんな業務を行う会社もあります

  • ③中間決算・四半期決算
  • ④会計監査対応
  • ⑤税務調査対応

以下では、それぞれの業務の内容について順番に見ていきましょう。

↓※③〜⑤の業務はうちの会社は関係ないよという方は、こちらをご覧ください

>>経理が忙しい繁忙期も軽やかに乗り切る方法とは?

③中間決算・四半期決算は導入している会社とそうでない会社がありますし、④会計監査対応は上場企業以外は行いません。

また、⑤の税務調査は毎年必ず行われるという性質のものではありません。

(税務調査は、ある日いきなり税務署から「この期間中にチェックさせてもらいたい」というように連絡が来て対応する性質のものです。つまり、イレギュラーな業務です)

ごく大まかにいうと、これらの追加業務は「規模の大きい会社」で行われる経理業務です。

一般的には規模の大きい企業(大手企業)ほど経理の繁忙期は多く、激務になりやすいと言えるでしょう。

(そして、その分お給料もよくなる傾向があります)

↓※参考までにですが、大手企業の経理スタッフの年収はこちらで見れます。

>>実際の経理求人を見てみる(1643件あります)

③中間決算・四半期決算

中間決算とは、半年に一回行う決算業務のことです。

四半期決算とは、3ヶ月に一回行う決算業務です。

通常は、決算業務は1年に1回行えば問題ないのですが、上場企業では投資家に情報提供するために四半期決算と中間決算が義務付けられています。

上場企業でなくても四半期決算や中間決算を導入している企業はありますが、こちらは経営者が自主的に行なっているものです。

ある程度の規模の企業であれば、あらかじめ予算を作成して事業を行なっていますから、その予算と実績との差を把握するために決算を行うという側面があるのです。

会計期間は短ければ短いほど細かい会計情報をチェックすることができますから、四半期決算や中間決算を自主的に導入している企業は内部管理体制がしっかりしているといえます。

※ただし、当然ながらその分だけ経理は忙しくなるのですが…。

④会計監査対応

上場企業では、会計期間ごとに公認会計士(監査法人)の会計監査を受けなくてはなりません。

私自身も所属している企業が上場企業なので、年次決算業務が終わった直後のタイミングで監査法人の監査を受けています。

(期中にもミーティングをしたり、四半期でレビューをしたりといったことがあります)

公認会計士というのは会計に関してはもっともプロフェッショナルな人たちです。

うちの会社は上場企業といっても比較的小さい規模なので、だいたい3〜4人ぐらいの会計士さんが事業所にやってきて、部屋を一つ使って2、3日はこもりきりでチェック作業をされる感じになります。

基本的に経理がやることはありませんが、会計処理の内容について質問を受けた時には対応しないといけないので、基本的に外出ができない感じになりますね。

⑤税務調査対応

税務調査は、税務署が「会社が税金を正しく納めているか、脱税していないか」をチェックしにくるというものです。

税務調査は毎年必ず行われるというものではなく、突発的なイレギュラー業務ですね。

こちらも公認会計士の監査と同様に過去の帳簿や会計処理について徹底的にチェックされるのが基本です。

税務署の方から質問が出たら対応しないといけないので、経理スタッフは調査中の2日間は外出できないなどの制約がでます。

税務調査で修正の指摘が出るなどの結果になってしまうと、「経理は何をやっとるんだ…」ということになってしまいますから、経理部にとっては日頃の業務の質が問われる場と言えます。

なお、税務署の方は基本的にとても腰の低い人たちですので、やりとりでストレスを感じたことは私はあまりありません。

経理がワークライフバランスを保つには

経理 忙しい 時期

(経理がワークライフバランスを保ち、楽しく働きながら人生を充実させるにはどうしたらいいか?を解説します)

最後に、経理の仕事をする人が、こころ穏やかに楽しく働くには?という点について考えてみましょう。

↓結論から言うと、経理がワークライフバランスを保つためには、以下の2つのことを知っておくことが大切と言えます。

ワークライフバランスを保つには

  • ①閑散期に繁忙期を見越してしっかり準備をしておく
  • ②ブラック企業に絶対に入らないこと【超重要!】

それぞれの項目について、私の(なまなましい)実体験込みで解説いたします。

①閑散期に繁忙期を見越してしっかり準備をしておく

上でも見てきましたが、経理という仕事は基本的に「毎年同じスケジュール」で業務が進んでいきます。

つまり、毎年決まった時期に繁忙期がやってきて、決まった時期に閑散期がやってくるという感じですね。

そのため、経理がワークライフバランスを考える上で重要なのは、「いかに閑散期に繁忙期の準備をしっかりしておくか」という視点になります。

決算期や年末調整などの繁忙期はかなり忙しくなりますが、閑散期に繁忙期を見越して準備をしておけばかなり忙しさは緩和されます。

経理1年目の方は「いったい今は何をやっているんだ?」と職場内の雰囲気に飲まれて大変だと思いますが、2年目以降はかなり先を予測して動けるようになります。

まずは毎月の月次業務の流れを覚えて、可能な限り効率化して繁忙期に備えるようにしましょう。

②ブラック企業に絶対に入らないこと【超重要!】

ひと昔前に比べるとかなり少なくなりましたが、世の中に「ブラック企業」はいまだにたくさん存在しています。

ブラック企業というと営業職のパワハラなどをイメージしがちですが、経理職でもブラックな環境というのは確実にあります。

経理職でブラック環境になりがちなのは、年収300万円未満など「低年収のわりに異常に業務が激務」という環境のケースです。

私が経験した例では、繁忙期に日付が変わるまで仕事をしているのに、月収が20万円を切る…という状況がありました。

(時給に換算したら500円ぐらいだったと思います…)

まったく同じ仕事をしているのに、年収が激しく違うこともある(実体験)

経理 忙しい 時期

(毎日深夜まで残業しているのに、月収手取り20万円未満…なんて事態にならないために:実体験)

当時は「これが当たり前なのかな…」と思っていたのですが、仕事をし始めて2年ほど経った時に、

「さすがにこれはおかしい」と感じて別の会社で経理として働くようになりました。

↓※私がどのように転職活動したか?についてはこちらをご覧ください。

>>経理が転職活動を成功させて年収をアップさせる具体的な方法

結果的には、転職前とほぼ同じ仕事内容なのに、年収は1.5倍になるという衝撃的な経験をしました。

(転職後の待遇が特別に良いというわけではなくて、転職前の会社が完全ブラックだっただけです)

どの会社で働くか?によって私たち労働者の人生は180度変わる

この記事をお読みの方の中にも、「ひょっとしたらうちの会社ってブラックなのかも…」と心当たりのある方もいらっしゃるでしょう。

あるいは、「経理に転職したいと思っているけど、ブラック企業には転職したくない」と考えている方もいらっしゃるかもしれませんね。

そうした方々にぜひお伝えしたいのは、「どこの会社で働くか?」によって、私たち労働者の人生は大きく左右されるということです。

あなたがどれだけ優秀な人であったとしても、あなたの年収やワークライフバランスは、所属する企業によってガラッと変わります。

実際、私は以前の会社の経理の仕事を辞め、今の職場で働くようになってからは人生が大きく変わりました。

(繰り返しになりますが、仕事の内容自体は基本的にあまり変わっていないのにもかかわらず、です)

ブラック企業で働いている時に比べて、年収は大幅にアップできましたし、経済的・時間的に余裕ができたおかげで付き合っていた彼女と結婚もできました。

ブラック企業は、私たち労働者を奴隷のように酷使し、搾取することになんのためらいもありません。

あなたの貴重な人生の時間を浪費せず、将来を破壊されるような事態にならないためにも、所属する会社はしっかりと選ばなくてならないことをぜひ理解しておいてください。

ブラック企業を回避するには具体的にどうしたらいいのか?

経理 忙しい 時期

(ブラック企業にだけは絶対に入りたくない人は、経理職専門の転職エージェントを活用しましょう:無料で使えます)

現在転職活動中の方は、「少しでも早く内定が欲しい」というあせりもあるでしょう(私もそうでした)

未経験から経理職への転職を目指している方は、「経理の仕事ができるなら、多少は条件が悪くても構わない」と考えている方もひょっとしたらいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、こうした状況で闇雲に転職先を決めてしまうことは絶対に避けなくてはなりません。

ブラック企業はあなたの「あせり」という心理状態を逆手に取ろうとしてきますので注意してください。

それでは具体的に何をどうしたらいいのか?ですが、個人的には「経理職専門の転職エージェント」を活用することが解決策になりました。

(※転職エージェントにお金を払っているのは求人を出している企業側ですので、渡したち労働者は無料で使えます)

転職エージェントは私たち転職希望者の目線で求人をしぼり込んでくれますから、ブラック企業の求人は事前に排除してくれるのです。

特に、経理職専門の転職エージェントであれば、経理財務職に限定して求人を紹介してくれますので、

仕事内容は同じでもより年収の高い仕事というかたちで求人を選ぶことが可能になるんです。

↓※おすすめの転職エージェントはこちら(※無料で使えます)



>>経理財務・人事総務・法務の求人・転職なら|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】

↑こちらの転職サイトは、営業職などの求人は扱っていませんが、経理や財務企画といった「管理部門」の求人が非常に充実しています。

【※参考】募集中の経理求人の一覧(1643件あります)

これから未経験で経理職に転職したいという方や、現在も経理として働いているけど、職場環境にかなり疑問がある…という人は、ぜひ活用してみてください。

なお、転職エージェントは「まだ転職するかどうかはわからない」という段階の人でも使うことができます。

メールアドレス(ヤフーメールなどの捨てアドレスでもOK)を登録しておくだけで、最新の求人やあなた宛のスカウトなどが送られてきますから、情報収集のために活用することもできますよ。

(めんどうな営業メールや電話がくるようなことはありません)

↓経理職を目指す方は、まずはこちらからメールアドレスの登録だけでもやっておくことをおすすめします。

今すぐ転職する気がない人も、転職サイトへの登録だけはやっておいた方が良い理由

今すぐ転職する気がない人も、
転職サイトへの登録だけはやっておくべき理由

この記事を読んでいる方の中には、「いつかは転職したいと思っているけど、今すぐは転職するつもりはない」という方も多いでしょう。

転職活動なんて、はっきりいってめんどくさいですよね。

ですが、そんな人も転職サイトへの登録だけは今の段階でやっておきましょう。

なぜなら、仕事や資格試験の勉強のストレスがピークになると、

「転職サイトに登録する」という簡単な作業ですらやる気がなくなってしまうからです(これまじです。体験談)

転職サイトへの登録だけやっておけば、毎日おすすめの求人メールが届くようになります。

その情報を何気なくながめて、気になったものを情報としてストックしておくだけでも、日常的に入ってくる情報の質がまったく違ってきますよ。

重要なことは「今の職場以外」の選択肢を常に持っておくことです。

転職サイトへの登録は無料です。

↓税理士を目指す方におすすめの転職サイトについてはこちらで紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの転職サイト3選

希望する年収や残業時間などの情報を入れておくだけで、あなたにおすすめの求人やスカウトメールが来ることもあります。

「自分の経歴や職歴って、転職市場でどういう評価をされているんだろう?」と気になる方の情報収集にも使えますよ。

↓今すぐ転職する気はない、できないという方も転職サイトには必ず登録しておきましょう。

フリーメールアドレスでもOK!

経理専門の転職サイト無料登録ページ

※転職エージェントは完全無料で使えます

-税理士事務所から経理への転職

Copyright© 社会人が税理士になるには? , 2019 All Rights Reserved.