Sponsored Links

経理の転職に簿記資格はあんまり必要でない件(資格スクールのセールストークに注意)

  • 経理に転職するなら簿記2級は必須?
  • 簿記持ってないと書類選考で落とされる?
  • 簿記なしで採用されると入社後にバカにされたりしない?

経理になるなら簿記は必須!

↑これはネット口コミや、資格スクールの広告チラシなどで

よくいわれていることですね。

管理人

ただ、実際に経理の管理職として採用担当をやっている者としてお伝えすると、

経理転職に簿記資格はそれほど必要ないと思っています。

(特に未経験者の場合は)

この記事では、経理管理職として実際に人事採用をやっている立場として、経理採用の実際をお伝えします。

経理経験者として中途採用を目指す方や、未経験から経理へのキャリアチェンジを目指している方はぜひ参考にしてみてください。

経理の転職に簿記資格が必要ない理由

経理 転職 資格

(一般的なイメージとは異なり、経理の転職に簿記資格は必須ではありません)

 

まずは経理の実務経験者の採用について。

経理経験者の採用の場合、ほぼ100%が即戦力採用です。

なぜかというと、退職者が出た場合の補充採用であることが多いからですね。

なので、採用側が見ているのは「採用後、現場に出ていただくまでどれぐらいの時間が必要か?」が中心になります。

当然ながら、現場で実務を担当できるまでの時間が短ければ短いほど、評価は高くなるでしょう。

あくまでも実務スキルを中心に評価していきますので、

簿記資格を持っているかは参考情報程度になるケースが多いです。

未経験者の場合の簿記資格の評価

経理の未経験者を採用する場合、基本的にポテンシャル採用になります。

(ポテンシャル採用 = 現時点でのスキルでなく、将来性やのびしろを中心に採用を判断すること)

この点から見ると、簿記資格を持っていることはある程度の評価材料にはなります。

資格を持っていることが目的の達成力や、自主性の高さとして評価される場合もあるでしょう。

ただ、実際には「簿記資格を持っているから優秀」とまでは判断されない可能性が高いと思います(少なくとも私はそのように判断しています)

簿記2級は、資格スクールに通って集中的に勉強すれば半年程度で合格できる試験ですからね。

簿記を持っていなくても、コミュニケーション能力が高い人や、学習意欲の高い人は採用候補になれます。

簿記資格がないことがコンプレックスな方へ

簿記資格がなくて不安・なんとなくコンプレックスがあって自信が持てない…という方は、

↓履歴書や面接で聞かれたときにはこう答えておきましょう。

「いま〇級の勉強をしていて、次回〜月の検定で合格を目指しています」

これで勉強がある程度進んでいることは理解してもらえます。

また、万が一不合格だった場合にも嘘は何も言っていませんので問題になることはありません。

その上で、職務経歴書にはしっかりと「今までどういう業務を経験してきたか?」を書いておきましょう。

経験とスキルアップの意欲が伝わるので書類選考にはちゃんと通ります。

経理の採用担当者はどんなことをチェックしている?

採用側が何を求めているか?を分析して、

それに合わせた自己PRをすることが転職成功のコツです。

私は求人応募者と個人面接を行う際には、

↓以下のようなことをチェックしています。

1.経験やスキルが求める人材に合っているか

採用者は応募者の前職での業務範囲や携わった案件から、求めている人材スキルに合っているかを判断します。

例えば年次決算や月次決算、管理職の経験など、

具体的な業務範囲と前職で貢献した事例を採用側のニーズに合わせてアピールしましょう。

チームでの業務やサポートとしての経験でも、

採用者側が求めている経験であれば積極的にアピールしてOKです。

自己PRの内容から、こちらが求めているレベルの経験があるかどうか判断できない場合は書類選考で不採用とせざるを得ないケースもあります。

2.チームでの協調性やリーダーシップ

チームマネジメントの経験があると評価は高いです。

経理の業務は基本的にどこの会社でも同じなので、経理実務のスキルにプラスアルファでアピールできるものがあると評価は高まると思います。

役職がついていなくても、

「新入社員のオブザーバーとしてサポートした」

「チームの業務進捗管理を担当した」

↑といった管理的な業務経験があればぜひ自己PRに盛り込みましょう。

管理職候補に限らず、チーム内の業務や他部署との折衝を円滑に運べる人材は評価が高いです。

3.業務改善やスキルアップに対する積極性

新しい環境の改善点に気が付けるのも、中途採用者ならではの視点です。

また、間接部門である経理では、現状に満足するタイプの中途採用者は不要です。

「経費精算のキャッシュレス化を推進して小口現金精算にかかっていた業務時間を圧縮した」など、

今まで経験した改善事例や新しい機器などを導入した事例のPRがあると良いでしょう。

自社での業務改善にも積極的に取り組む人材という期待感が生まれます。

社外研修への参加や研修で得た知識を社内にフィードバックするなど、

スキルアップに対して意欲的な人は「今後の伸びしろ」を加味して採用とするケースもあります。

ブラック企業の経理にまちがえて入社したくない人へ

(ブラックな会計事務所で働きたくない人へ)

私自身も経験があるのですが、

いわゆる「ブラック企業」で働く経理はめっちゃ大変です。

冗談ぬきでボロ雑巾のように酷使され、

心と体を壊されてしまいますのでぜったいに注意してください。

ブラックで過酷な環境で働きたくない人は、

できるだけ大手の転職サイトで情報収集を行うようにしましょう。

転職サイトにはいろんなところがありますが、

まだ実務未経験の方は大手サイトを使うのがたいせつです。

大手の転職サイトって、この転職サイトにブラック企業を紹介されたという口コミ評判が立たないように、神経質なほどチェックしています。

なので、ブラック企業はそもそも求人を掲載できないようにあらかじめ排除してくれているんです。

(企業側が求人掲載するときのチェックがきびしい)

転職サイトの最大手といえば

リクルートエージェントですね。

↓基本的にここを使っておけばまず失敗することはありません。

管理人

(リクルートエージェントは最大手の転職サイトです)

\ 未経験OK!年収400万円〜/

無料登録して求人を見てみる

大手サイトの強みは、登録されている求人数が圧倒的に多いことです。

豊富な選択肢の中から選べるということは、

それだけ優良な求人に出会える可能性も高くなります。

例えば、↓以下のような条件の良い求人をたくさん見つけることができますよ。

  • 未経験・簿記資格なしから応募できる経理求人
  • ワークライフバランス型の経理求人(繁忙期も残業なしなど)
  • ゼロから実務経験を積めるホワイト企業の経理求人
  • 未経験でも年収400万円〜で働ける経理求人
  • 数年以内に上場を目指す優良ベンチャー企業の経理求人

(未経験者OKの経理求人例)

(未経験者OKの経理求人例)

(未経験者OKの経理求人例)

(未経験者OKの経理求人例)

>>未経験者OKの経理求人を探してみる

転職サイトで無料アカウントを作って、

求める年収条件などを登録しておくと、

マッチする求人が出てきたときにメール自動通知してもらえます。

転職サイトを使って日常的に情報リサーチするくせをつけておくと、

「今の会社で限界が来たら転職もある。自分には別の選択肢もある」と気づけるのが大きいです。

これは今の職場で働く上でも精神的な安定につながります。

転職サイトは無料で使えて、合わないと感じたらいつでも解除できます。

(変な連絡がくるようなこともありません)

今すぐは転職するかどうかわからない人も、

まずは無料アカウントを作っていろいろ求人検索することから始めてみましょう。

何事も情報収集からスタートするのが大切です。

\ 未経験・簿記資格なしOK!年収400万円〜/

無料登録して経理求人を見てみる

転職意思が固まってきたらエージェントとの面談も活用しよう

(転職エージェントにアドバイスを受けながら二人三脚で転職活動を進めることも可能です)

 

上で紹介したような未経験者OKの求人が豊富にある転職サイトを使って日常的に情報リサーチを行い、

転職意思がある程度かたまってきたら、

転職エージェントとの無料面談も利用してみましょう。

転職エージェントは実際に企業をまわって

人事担当者にヒアリングをしていますので、

↓以下のような応募先企業のナマの情報を教えてくれます。

管理人

  • 配属先の経理部署の男女比率・年齢構成など
  • 繁忙期の具体的な残業時間数
  • 給料やボーナスの実績値
  • 今回の求人で求めている人材像
  • 面接でどのような質問が来る可能性が高いか

↑こうした情報を「応募前」に教えてもらえるのが大きいです。

こういうのって、転職サイトの求人ページを見ているだけではまずわからないですからね。

「わざわざ面接まで進んだけど実際に会ってみたらなんか違った…」というロスを避けることが可能になりますよ。

>>転職エージェントを使ってみる(無料)

企業側との交渉は自力でやらない方がいい理由

(事務所側との年収交渉は「入社時」に行わないといけません)

少しでも高い給料で入社したいなら、

給与額について入社時に企業側と年収交渉を行うことは必須です。

こういう交渉って入社後にやるのは至難のわざですから、

必ず入社時に行わないとといけません。

ただ、緊張する人事面接の場で、

自分のお給料について自分で交渉する…

というのはなかなか難しいですよね。

管理人

ふだんから交渉ごとが得意でない人は、

転職エージェントに交渉代行を依頼しましょう(無料でやってくれます)

経験豊富なエージェントが、あなたの立場にたって強気に交渉してくれますよ。

エージェントにあらかじめ「この金額以上で入社できる企業を探してください」と最低ラインを伝えておけば、

それに合わせた求人にしぼりこんで紹介してもらうことも可能です。

希望通りの給与額に近づける可能性が高くなります。

他にも、転職エージェントは書類選考対策や面接対策、

面接アポイントの調整などもやってくれますので、活用しましょう。

>>転職エージェントを使ってみる(無料)

転職エージェントは最初から最後まで完全無料で使うことができる

(転職サイトや転職エージェントは完全無料で使うことができます)

 

転職サイトや転職エージェントは最初から最後まで完全無料で使えます。

なぜかというと、転職エージェントにお金を払ってるのは採用を行う企業側だけだからです。

私たち求職者側(仕事を探している側)は完全無料で使うことができますよ。

転職エージェントはあなたの採用が決まったときに、

企業側から紹介手数料というかたちで料金をとっています。

なので、私たち求職者側が負担するお金はゼロなんです。

管理人

最初から最後までお金が1円でもかかることはないので、安心して使うことができますよ。

まずはいろんな企業の経理求人を見てみよう

(まずはいろんな会社の経理求人を見てみることからスタートしましょう)

 

とはいえ、いきなり転職エージェントに相談するのはややハードルが高い…

と感じる方も多いと思います。

なので、まずは転職サイトを使った情報収集からスタートしましょう。

サイト内で無料アカウントを作り、

求人検索で実際の企業の情報をいろいろ見てみてください。

管理人

↓同じ経理求人でも、こんなに給料やワークライフバランスが違うのか…とびっくりされると思いますよ。

(リクルートエージェントは最大手の転職支援会社です)

\ 未経験・簿記資格なしでOK!年収400万円〜/

無料登録して求人を見てみる

※ 無料メールアドレスをまだ持っていない方は、

こちらから取得できます(Gメールyahooメール

あるあるな質問と回答

以下では、転職サイトや転職エージェントの利用について、

よくある質問と回答をまとめました。

参考にしてみてください。

(↓質問をクリックで回答を開きます)

管理人

よくある質問

▼1.転職サイトと転職エージェントは何が違うの?

転職サイトというのは、人材採用を行いたい企業が、

「こういう人がほしい」というかたちで求人を出しているサイトのことです。

(掲示板のようなものですね)

転職サイトは無料アカウントを作ることで、求人検索機能などを使うことができます。

「まだ転職するかどうかはっきり決めていない。まずは世の中にはどんな仕事があるのか知りたい」

↑という段階の人も、転職サイトを活用しましょう。

一方で、転職エージェントは「実際に応募するタイミングで、企業側とあなたの間に入っていろいろサポートしてくれる人たち」のことです。

企業側との面接アポイントの調整や、年収交渉などを代わりにやってくれますので、とても便利ですよ。

なお、転職エージェントにお金を払うのは企業側だけです。

私たち求職者側は完全無料で使うことができますよ。

▼2.非公開求人とは?(なぜわざわざ非公開にするの?)

転職サイトでは、現在募集されている最新の求人をみることができますが、

サイト内にはだれでも見られる「公開求人」と、

無料登録しないと見られない「非公開求人」があります。

条件の良い求人のほとんどは非公開求人ですので、転職サイトを使うなら無料登録をしておきましょう(なお、登録をしても応募する義務はありません)

また、転職サイトに希望の年収や福利厚生の条件を転職サイトに登録しておくと、

条件にマッチした最新の求人情報が自動配信メールで送られてきます。

こうしたメールを見て、よさそうなものをストックしておくようにしてください。

これだけで、業界の給料相場などが自然に頭に入ってくるようになります。

必然的に、優良なホワイト求人に出会える可能性も高くなりますよ。

▼3.転職エージェントって何者?

転職エージェントというのは、働きたい人と、人材を採用したい企業との間に入って、

求人紹介を行うことを仕事にしている人たちのことです。

企業側から「こういう人を探してきて欲しい」という依頼を受けて、

人材の紹介を行うのがエージェントの仕事です。

転職エージェントに対してお金を払うのは、企業側だけです。

働きたい人、仕事を探している人に対して、

エージェントがお金を請求してくるようなことはいっさいありません。

転職エージェントは転職活動のサポートをしてくれる「伴走者」のような存在ですので、

これから転職活動を始める方はぜひ活用するようにしましょう。

▼4.転職活動って何から始めたらいい?

まずは、世の中にはどんな求人があるのか?を見るところから始めると良いでしょう。

まじめな人ほど「自分を欲しがる会社なんてないよな…」なんて考えている人が多いのですが、

実際には、世の中にはありとあらゆる仕事が募集されていますよ。

具体的には、転職サイトをのぞいてみてください。

本当にありとあらゆる仕事があるので、「自分にはこういう選択肢があるんだ」と気付けるだけでも収穫があると思います。

▼5.転職サイトや転職エージェントは本当に無料?なぜ無料?

転職エージェントは、最初から最後まで完全無料で使えます。

私はこれまで10社以上の転職エージェントを使ってきましたが、

料金を1円でも請求されたことは一回もありません。

なぜかというと、転職エージェントにお金を払っているのは、

採用活動を行っている企業側だからです。

企業側にとっても、人材を探してくるというのはとても大変な作業です。

説明会を開いたり、求人チラシ広告を出したり…とめんどうなことをやらないといけません。

転職エージェントは、企業から依頼を受けてこうした作業を代わりにやっている会社です。

企業側が人材の採用まで到ることができたら、

「良い人を探してきてくれてありがとう」ということで、

企業側から転職エージェントに対して紹介手数料が支払われるというわけですね。

採用活動を行う企業→転職エージェント

というかたちですでにお金が払われていますので、

あなた(求職者)に対して料金が発生することは、最初から最後までないのです。

▼6.しつこい電話がきたりしない?

基本的に、あなたの側から連絡しない限り、

エージェントから直接連絡がくることはありません。

エージェントも仕事で求人紹介をやっていますので、

転職活動をまだ本腰を入れてスタートしていないタイミングの人に対して連絡をとっても、

時間的なロスが大きいというのがホンネです。

そのため、基本的には求職者(あなた)の側から「この求人に応募したい」というコンタクトを取らない限り、

エージェントの側から直接連絡がくることはないでしょう。

なお、転職サイトに無料登録して、希望の年収条件などを入力しておくと、

その条件に合った最新の求人情報が自動配信メールで送ってもらえるようになります。

こうした情報をストック(保管)しておくだけでも、

業界の平均年収や、福利厚生条件についての「相場感」のようなものがわかってくると思います。

実際に転職活動のアクションを起こす前に、こうした相場感を持っておくことが優良求人を見分けるコツになります。

▼7.まだ転職するか決めてなくても転職サイトは使える?

はい。転職サイトは「まだ今の仕事を辞めるかどうか迷っている」という段階の人でも使うことができます。

むしろ、そういった人ほど情報収集は大切ですから、転職サイトに登録していろんな求人を見てみることをおすすめします。

転職サイトに登録しても、いきなりエージェントから連絡が来るようなことはありませんので、

安心して使うことができますよ。

転職サイト内で「この求人がよさそう」というものが見つかったら、

エージェントに紹介依頼を出しましょう。

エージェントとの面談→面接日程の調整→企業側との面接→内定→入社

というように、転職活動のステップが進んでいきます。

▼8.転職サイトに登録すると、今の会社に知られることはない?

これはまずないです。

あったらいわゆる「顧客情報の流出」ということで新聞ニュースになってしまうやつですね。

転職エージェントがあなたの意思に反して勝手に動くことはありません。

転職活動が実際に動き出すのは、あなたがサイト内で面談希望を出した後のことです。

また、面談でもまわりから見えない個別ブースに案内されるなど、プライバシーには配慮してくれますよ。

エージェントと面談中に自分の会社の人にばったり出くわす、というようなことはまずありません。

▼9.転職エージェントとの面談って何をするの?

転職サイト内で良さそうな求人が見つかったら、サイト内で応募を行いましょう。

エージェントから連絡がきて、まずはエージェントとの面談を行う流れになります。

エージェントとの面談は、15分〜30分ぐらいで終わる簡単なものです。

希望する転職の条件(年収や職種など)や、退職時期などについてのヒアリングがあります。

その上で、「それにあった求人ならこれです」という感じで具体的な候補を出してくれます。

もちろん、面談したからといって転職しないといけないわけではないです。

良さそうなのがなければ「持ち帰って検討します」と伝えればOKですよ。

エージェント側もその辺は心得ているので、しつこく勧誘してくるようなことはないです。

なお、まだ転職するかどうか迷っている段階なら、

正直に「今の会社を辞めるかどうかで迷ってます」と伝えてもいいと思います。

この場合も、「もし転職するならこういう求人がある」ということを教えてもらえます。

「今の仕事がだめになっても、別の選択肢がある」ということがわかるだけでも収穫があると思いますよ。

▼10.情報収集のために、転職サイト内の求人をみるだけでもいい?

これは特に問題ないです。

転職サイトは業界の情報収集のために使うのにとても便利です。

「いざ転職に向けて具体的に動き出す」というタイミングがきたら、サイト内で求人応募を行いましょう。

エージェントから直接連絡がきて、面談→面接の流れになります。

転職サイト内で求人を見てるだけなら、エージェントから連絡が来ることはありません。

\ 未経験・簿記資格なしでOK!年収400万円〜/

無料登録して求人を見てみる

© 2022 会計職のキャリア戦略