中小企業の経理担当で大変と感じる場面5つ!大企業とはここが違う

2021年4月25日

  • 中小企業の経理って大変?
  • 大企業の経理担当者とはどう違う?
  • 繁忙期は仕事が激務?
  • 仕事を辞めたくなっても退職できないって本当?
中小企業 経理 大変

(中小企業の経理は大変?実際の仕事内容を経験者が解説!)

 

中小企業の経理担当者というと、

「いつもお金についてきびしくチェックしているうるさい人」

というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

実際その通りの部分もあるんですが、

中小企業の経理担当者はよくいえば

「社長の右腕」「会社の金庫番」

のような役割になることも多いですね。

転職経験者

この記事では、実際に中小企業で経理担当者として働いた経験のある私が、

仕事をしていて大変・つらいと感じる部分を紹介します。

これから中小企業の経理に転職することを検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※↓ 経理として働く人にはぜひ読んでおいて欲しい記事

会計事務所 ついていけない
「今すぐは転職できない人」もやっておくべきたった1つのこと

このサイトを見てくださる方の中には「今の状況に不満はあるけれど、今すぐには仕事をやめられないし、転職活動も始められない…」という方も多いでしょう。ただ、そんな方も必ずやっておくべきことが1つだけあります。これをやっておくのとやらないのとでは大きな差が出てしまうので注意してください。

続きを見る

経理 実務経験 積むには
経理の実務経験を積むには?未経験者に最適な転職方法3つを解説

「未経験者が経理の実務経験を積むにはどうしたらいい?」この記事では、経理未経験の方が経理に転職してキャリアスタートするのに最適な方法を3つ紹介しています。簿記なし・未経験からでも経理に就職することは可能です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

続きを見る

経理 未経験 20代後半
経理は未経験20代後半でも転職可能。簿記資格・スキルなしで就職成功する方法

「経理に興味があるけど、今は実務未経験で資格もなし。年齢も20代後半になってしまった…。こんな自分でも経理に転職することはできる?」この記事では、未経験・簿記資格なしで経理への転職を目指す方向けに、転職活動のポイントを解説いたします。

続きを見る

経理事務 未経験 難しい
経理事務は未経験者には難しい?転職成功の5つのポイントを解説!

「経理事務の仕事に未経験で転職するのは難しい?」この記事では、まだ実務経験がない方が経理事務に転職する方法を解説しています。未経験から経理としてキャリアをスタートしていくことは可能です。転職活動の具体的な進め方を解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

続きを見る

中小企業の経理が大変な理由5つ(大企業との比較)

実際に中小企業の経理担当者をやっていて大変と感じる場面としては、

↓以下のようなことがあります。

なお、経理の年収や具体的な仕事内容を見てみたい人は、

会計職専門の転職サイトでチェックできますよ。

SYNCA(シンカ)

現役経理の方は優遇!経理の求人探すならここ!

SYNCA(シンカ)は経理求人専門の転職エージェント会社です。
特徴はAIベンチャーやSaaSなど伸びている業界の中堅企業求人が多い点ですね。
なお、中堅企業といっても上場企業や上場準備中の企業がメインなので、給与や福利厚生もしっかりしていますよ。

synca

(求人例:ソーシャルゲーム企業の経理職)

synca

(求人例:上場企業のCFO直下ポジション)

最速転職HUPRO(ヒュープロ)

未経験者が税理士事務所や経理の求人探すならここ!

ヒュープロは税理士事務所や企業経理の求人が専門の転職エージェントです。
未経験資格なし年収400万円の求人や、
試験勉強との両立がしやすい環境の求人が多数登録されていますよ。
これから会計職としてキャリアスタート!という方はここを使いましょう。
※4000件以上の求人から自動マッチングしてくれる無料AI診断ツールが便利。

(未経験者向けの求人例:クリックで拡大)

(未経験者向けの求人例:クリックで拡大)

1.あらゆる業務を少人数で行うから大変

中小企業は当たり前ですが、従業員数が少ないです。

私が勤めていた会社は最大年商5億、従業員数40人満たない建築業の会社でした。

経理部の人数は私を含め3人。

部長を除けば2人で経理・総務・庶務全般をこなしていました。

私は小口現金管理と出張管理、資材発注などがメインでした。

時にはハローワークに足を運んだり、納品された資材を現場に納品したり…

と、経理以外の仕事をすることも多かったです。

細かい会計ソフト入力や領収書の整理など、

そんなに難しくはないけど、作業としてなかなか大変で手間のかかるものが多くあります。

ただ、特別なスキルが入社時点でなくても働けるのはメリットということはできますね。

2.繁忙期(決算業務)は一気に激務になりがちで大変

中小企業経理の繁忙期(決算前後)はそれなりに忙しいです。

ただ、残業をすることもあるものの休日出勤まではすることはないですね。

これも人数が少ないからだと思いますが、

もう1人の経理担当の人の通常業務などを繁忙期は手伝ったりしていました。

中小企業経理にはチームプレイが必要になる場面はけっこう多いと思いますね。

取引先などに必要書類などをお願いしたり、

取引銀行などに書類を取りに行ったりも私の繁忙期の仕事です。

通常よりも抱える仕事量が増えてしまい、そのために激務となってしまいます。

大企業のように激務とまではいえませんが、中小企業の経理も大変なのです。

>>「大変なところ5つ」一覧に戻る

3.昔ながらの中小企業だとIT化が進んでいなくて大変

勤務先の会社がパソコンを活用できていないと物凄く大変です。

(今時そんな会社あるの?という感じかもしれませんが、中小企業ってそんなもんです)

現在、ほとんどの会社では会計ソフトを使って経理業務をやっていますが、

私の勤めていた会社は、一部手書きで作業している部分ありました。

会計ソフトが導入されていれば、計算なども電卓を使います。

仕分けも自分で確認して仕分けを行います。

間違えた場合は訂正印を押して修正し、全体の変更をせざるを得なくなったりも日常的になります。

慣れてしまえば逆に楽、そう言われていましたが、なかなな慣れませんでした。

4.辞め時(退職時期)の見きわめが難しくて大変

人が少ないと辞め時は本当に悩んでしまいます。

私の場合は会社の倒産での解雇でしたが、私が入社した際、前任者が辞め時が分からなくて困ったと言っていました。

確かに人が少ない中で辞めますというのは、なんとなく言いづらいものです。

言いづらくなってしまう理由として、なかなか次の採用が来ないということがあります。

中小企業の場合、人が少なく、未経験より実務経験のある人を求めたくなりますが、実務経験のある人の応募は少ないです。

実務経験があれば、それだけで歓迎されてしまうムードすらあります。

私が実際そうでしたが、簿記の資格があるよりも帳簿などを記載したことがある、それがあれば良いと私は思っています。

>>「大変なところ5つ」一覧に戻る

5.社内の人間関係が複雑で大変

自分以外の経理担当が経営者の奥さんという場合もある

先程まで話していた会社の前に働いていた会社は、従業員10人未満の小さな会社でした。

そこでは経理担当の女性と社長の奥さんが経理を担当していました。

私自身は違う営業所にいて、ここでも小口現金管理のようなことをしていました。

直接の関わりは少なかったですが、些細なことで奥さんと経理担当の女性は衝突していました。

常に子供が職場内を駆け回り、アットホームと言えばアットホームでしたが、ビジネスライクに働きたい人向きではありませんでした。

>>「大変なところ5つ」一覧に戻る

※↓ 経理として働く人にはぜひ読んでおいて欲しい記事

会計事務所 ついていけない
「今すぐは転職できない人」もやっておくべきたった1つのこと

このサイトを見てくださる方の中には「今の状況に不満はあるけれど、今すぐには仕事をやめられないし、転職活動も始められない…」という方も多いでしょう。ただ、そんな方も必ずやっておくべきことが1つだけあります。これをやっておくのとやらないのとでは大きな差が出てしまうので注意してください。

続きを見る

経理 実務経験 積むには
経理の実務経験を積むには?未経験者に最適な転職方法3つを解説

「未経験者が経理の実務経験を積むにはどうしたらいい?」この記事では、経理未経験の方が経理に転職してキャリアスタートするのに最適な方法を3つ紹介しています。簿記なし・未経験からでも経理に就職することは可能です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

続きを見る

経理 未経験 20代後半
経理は未経験20代後半でも転職可能。簿記資格・スキルなしで就職成功する方法

「経理に興味があるけど、今は実務未経験で資格もなし。年齢も20代後半になってしまった…。こんな自分でも経理に転職することはできる?」この記事では、未経験・簿記資格なしで経理への転職を目指す方向けに、転職活動のポイントを解説いたします。

続きを見る

経理事務 未経験 難しい
経理事務は未経験者には難しい?転職成功の5つのポイントを解説!

「経理事務の仕事に未経験で転職するのは難しい?」この記事では、まだ実務経験がない方が経理事務に転職する方法を解説しています。未経験から経理としてキャリアをスタートしていくことは可能です。転職活動の具体的な進め方を解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

続きを見る

© 2021 会計職のキャリア戦略