不動産会社の経理事務はきつい?仕事内容は難しい?辞めたいのはどんなとき?

2020年3月12日

  • 不動産会社の経理事務の仕事はきつい?
  • 他の業界の経理と何が違う?
  • 給料は高い?平均年収はどのぐらい
  • 不動産会社の経理に転職するには?未経験でも採用される?

不動産業界というと、

もうかる代わりにきびしい業界というイメージをお持ちの方も多いでしょう。

実際、営業マンの人たちはノルマに追われながら

かなりしんどい働き方をしている人も多いですね。

ただ、経理として働く分には

特別きつい業界というわけではありません。

ワークライフバランスも良い方だと思いますよ。

転職経験者

この記事では、不動産会社の経理事務として5年働いている私が

仕事のつらいところや、

やりがいを感じるところについて解説します。

これから不動産経理への転職を目指す方はぜひ参考にしてみてください。

不動産会社の経理事務で「きつい」と感じる瞬間

不動産 経理 きつい

(不動産会社の経理事務の仕事はきつい?仕事内容や転職方法を紹介します)

 

私が実際に不動産会社の経理事務として働いていて

きついと感じる部分は以下のようなところです。

なお、不動産業界の経理求人は、

↓以下のような会計職専門の転職サイトで多く見つけることができます。

希望する業界や年収額をサイト内で登録しておくと、

マッチする求人が出てくるたびに自動通知してもらえて便利ですよ。

無料で使えるサイトなので情報収集に活用してみてください。

SYNCA(シンカ)

現役経理の方は優遇!経理の求人探すならここ!

SYNCA(シンカ)は経理求人専門の転職エージェント会社です。
ベンチャー企業から中堅企業・上場大手企業まで、さまざまな企業規模の経理求人を見つけることができますよ。
経理経験者で年収600万円スタートなど、高年収の求人を探している方はぜひ登録しておきましょう。

synca

(求人例:ソーシャルゲーム企業の経理職)

synca

(求人例:上場企業のCFO直下ポジション)

1.不動産業界独特の経理処理がある

不動産会社の経理は処理方法が独特な部分があります。

過去に経理担当者としてキャリアを積んできた人でも

最初のうちは仕事内容が難しいと感じる部分があるかもしれません。

例えば、不動産会社というのは、

土地や建物といった超高額なものを商品として扱っています。

小規模な会社でも大きな金額を扱っていますので、

そこで働く経理の責任も大きなものになります。

もっとも、基本的な業務内容はよその業界の経理と同じですので、

別の業界で経理の実務経験者がある人は

不動産経理でも力を発揮できると思いますよ。

また、不動産売買はやりとりが法律のルールに従って行われているか?がとても重要です。

(ちゃんと購入者に重要事項の説明をしたか?など)

不動産会社の経理担当者に転職するなら、

宅建主任者やFP資格を持っているととても役立つと思いますよ。

2.いっしょに働く人たちが良くも悪くも「体育会系」

不動産会社の経理として働く場合、

不動産の営業マンにかこまれながら働くことになります。

この業界の営業マンの人たちは

良くも悪くも「体育会系」の人が多い印象です。

不動産の営業マンは1件の不動産売買を決めれば

数十万円〜百万円単位のボーナスがもらえます。

なのでみんなギラギラしていますし、

トップセールスマンはものすごくいい車に乗ってたりしますね。

その一方で、営業さん達はノルマが達成できないと上司に叱責されたり

これってパワハラじゃ…という場面に出くわしたりすることもあります。

経理は営業マンとはまったく別の仕事なので

関係ないと言えば関係ないのですが、

やはり同じ職場の人たちがつらい思いをしているのをみるのは悲しい部分もありますね。

>>不動産経理の求人で年収を見てみる

3.小規模な職場だと繁忙期(決算前後)はかなり忙しい

不動産会社というのは大手企業の本社勤務でもない限り、

実際に働く職場は小さな規模であることが多いです。

こじんまりとした広さの事業所に、

  • 所長1人
  • 営業マン5人ぐらい
  • 内勤の事務職2人〜3人

のような人員構成になっていることが多いですね。

少ないスタッフ数で働くので、

仕事量が多い時にはかなり負担が大きくなることもあります。

経理として仕事がしんどくなるのは、やはり決算時期ですね。

決算時期前後は物件の動きも激しく、

たくさんの仕事を同時にこなさなくてはならないので、かなり忙しくなります。

転職経験者

通常業務に加えて、1年間の見直しをしなければならないですし、それに附随する業務もあります。

通常の倍以上の仕事量なので、帰ったらぐったりということも多々ありますね。

ただ、決算を期日までにきちんと終わらせることができたときの達成感はひとしおです。

経理は仕事の期日がきっかりと決まっているので、

効率良く仕事をこなす習慣がつき、スキルアップにもつながります。

>>不動産経理の求人で年収を見てみる

不動産経理の実際の仕事内容はどんな感じ?

不動産 経理 きつい

(不動産経理の実際の仕事内容はどんな感じ?)

 

不動産経理とはいっても、

日常業務については一般的な経理事務と大きな違いはありません。

会社がお金を払ったり、受け取ったりするたびに

帳簿(会計ソフト)にその内容を記録することがメイン業務です。

その記録内容に基づいて、

1年に1回決算書を作成して、税金の金額を計算するまでが

私たちの仕事の1年間のサイクルになります。

その一方で、不動産業ならではの経理業務もいくつかあります。

↓やや特殊なのは以下のような業務内容ですね。

転職経験者
  • 所有物件の収支管理
  • 仲介手数料収入の入金管理
  • 物件売買の決済時に必要な書類の作成
  • 借入金の管理
  • 銀行提出資料の作成

不動産業は銀行から仕入物件ごとに借入をすることが多いので、

銀行に提出する資料の作成が多いです。

物件の販売状況や粗利予定金額や他行の借入状況など、

正確な数値を銀行に報告しなければならないのでとても神経を使う業務の一つです。

また、不動産業では商品の単価が大きく、億単位の金額を扱うことも多いです。

物件の仕入や販売時には仕訳が複雑になることあるので気を使いますね。

あと、不動産業では管理する書類(物件の契約書類など)の量がとても多いです。

重い書類を倉庫へ移動するときは体力が必要ですし、

暑い時期などはつらいこともあります。

経理は1日中座りっぱなしの仕事だと思われがちですが、力仕事もあるんですよ。

不動産経理として評価される仕事進め方とは?

経理は営業と違って「成果が見えにくい仕事」なので、

1つ1つの仕事をミスなくきっちりこなしていくことが大切だと考えています。

不動産経理に限らず、経理という仕事は

「自分がこれだけがんばったから会社がこれだけもうかった」

というようには成果が見えない仕事です。

なので、経理として社内で評価されるようになるには、

任されている1つ1つの仕事をきっちりとこなしていくほかありません。

経理は会社の数字を扱うので、何よりも正確性が大切な仕事です。

逆に言えば、数字に大きな間違いがあることを指摘されたりすると、

評価が下がってしまう可能性が高いでしょう。

もちろん、社内では複数人でチェック体制を作っていることがほとんどです。

同僚たちと協力しながら仕事をしていくことになります。

>>不動産業界の経理に転職するには?

会社が扱っている物件のデータをしっかりと把握しておくのが大切

不動産経理ならではの事情としては、

会社で扱っている土地や建物の物件データについて、

営業さんや社長に質問されることが多いことがあります。

営業さんは物件の情報を

できるだけ正確にお客さんに説明したいと考えていますから、

データをしっかりと管理して使いやすくしておくと喜ばれます。

転職経験者

所有物件や委任物件などの管理の委託先や借入先、

現在の粗利額などの数値や状況などを

しっかりと把握して資料にしておくことが重要ですね。

不動産業は1件あたりの単価が高くもうかるイメージが強いですが、

こうした数字のデータをしっかり管理できていないと利益を出すことはできません。

このあたりは経理が力を発揮できる部分ですね。

なお、不動産の仕事は業界独自の専門用語も多いです。

ひとつの不動産会社で経験を積んでおくと、

同業他社への転職を考えるときにも有利になると思いますよ。

宅建業法や税法など、不動産取引の知識も身につけておくと自己PRに使えます。

不動産経理のキャリアアップについて

経理という仕事は、営業さん達とは違って

個人の実績がお給料に反映される仕組みがありません。

また、会社の業績に応じてボーナスが支給されることはありますが、

会社の業績によっては、

去年に比べて1割~2割程度ボーナス額が下がることも普通にあります。

ボーナスはそのときどきの状況によるのであまり当てにはなりませんね。

経理としてお給料を上げたいなら、

固定給のアップを目指す必要があります。

具体的には、2人以上のスタッフをとりまとめる管理職を目指す必要があるでしょう。

また、自分が勤める会社の規模も重要です。

大手の不動産会社だと、やはりお給料や福利厚生の条件もとても良いです。

その分だけライバルも多くなりますから

転職活動のハードルは上がりますが、

経理の実務経験者であれば

大手企業に即戦力として採用される可能性は十分にあります。

転職経験者

経理の仕事が未経験者の方や、

不動産業界での経験がまだ浅い人は、

まずは中小規模の不動産会社に転職して経験を積むことからスタートしましょう。

そこから実務経験者として大手企業を目指すという方法もありだと思いますよ。

>>中小規模の不動産経理求人を見てみる

不動産経理の残業や休日出勤は?

私の会社では、経理が残業や休日出勤をすることはほぼありません。

定時は朝9時~18時です。

ただし、業務が立て込む月末や決算の時期には、

1日に1時間〜2時間程度の残業が発生する日はありますね。

なお、私の会社では残業は15分単位で割増賃金が支払われます。

物件の仕入や販売が立て込む時期は経理も仕事が忙しくなります。

書類の準備や仕訳の入力が複雑なため時間がかかってしまい、残業をせざるをえない日もありますね。

経理は業務の計画をしっかり立てて、

決められた期日までに終わらせるという感じの仕事です。

しっかりと1年間のスケジュールを立てて、

計画的に仕事をしていけば残業が発生することは少ないと感じています。

転職経験者

>>不動産業界の経理に転職するには?

不動産業界ってどんなところ?

不動産 経理 きつい

(不動産会社には大きく分けて3つの種類があります)

 

ひとくちに「不動産会社」といっても、いろんな会社があります。

↓大きく分けると以下の3種類があることを知っておくと良いでしょう。

  1. 仲介の不動産会社
    お客さんが土地や建物を売ったり買ったりするのをお手伝いし、取引がまとまったら手数料をいただくことをビジネスにしている不動産会社です。
    土地や建物の所有者から物件を預かり、代わりに買い手を探してきて売買を決めるのが仲介業ですね。
  2. 売買の不動産会社
    会社がお客さんから土地や建物を買い、より高い値段で売ることを仕事にしている会社です。
    不動産会社自身が物件を仕入れて売るという点で、仲介と異なります。
  3. 賃貸の不動産会社
    会社が持っている土地や建物をお客さんに貸して、家賃をもらうことをビジネスにしている会社です。
    アパートを借りるときにお世話になるのがこの賃貸不動産会社ですね。

もちろん、ひとつの会社が1つの事業だけをやっているとは限りません。

売買をメインにしながらも、

在庫として持っている不動産を賃貸してお金を稼いでいる会社なんかもあります。

売買を扱っている不動産会社では、

自社売買と仲介の両方を扱っている会社が多いですね。

なので、上の分類はあくまでも目安と考えて下さい。

ちなみに私自身は、

売買専門の不動産会社で経理事務として働いています。

従業員数は約20名で、

年商7億円〜8億円ほどの小規模な会社です。

転職経験者

いっしょに働いている人たちは20代後半〜40代の人が多いですね。

職場には営業マンの人たちと、

私のように内勤で働く経理や総務の人がいて、

内勤の人たちはほとんど全員が女性です。

営業マンの多くは男性ですが、最近では女性も増えているように思います。

>>不動産業界の経理としてキャリアスタートする方法

不動産業界の経理職としてキャリアアップしていくには?

不動産業界で働く経理職としてキャリアアップしていくなら、

管理職を狙える大手企業への転職が必要だと思います。

昇給や昇格の基準がしっかり決められている規模の大きな企業は、

生涯年収がアップする可能性があります。

ただし、規模が大きい企業だと従業員数や事業内容も多いため、業務が立て込み毎日残業の会社もあります。

一方で、私が働いているような小規模企業では、残業をしなければならないほど業務が立て込むことがありません。

経理としてプライベートを充実させながら、まったりと働きたい人は小規模企業、

バリバリ働いて年収もどんどん上げていきたい人は大手企業の経理を目指すのが良いと思いますよ。

不動産経理の給料・平均年収はどのぐらい?

不動産 経理 きつい

(不動産経理の給料は高い?)

 

私は現在の不動産会社で経理として働き始めて5年目ですが、

月給25万円・年収330万円です。

支給額が25万円なので、そこから税金や社会保険料を引かれた手取り額にすると月20万円ほどになります。

決してお給料が多い方ではないですよね。

ただ、残業も少なくプライベートと両立できるので、

今のところ大きな不満はないですね。

転職経験者

在職5年目の事務職しては平均的なお給料ではないでしょうか。

なお、もう少し規模の大きな不動産会社経理なら、

実務5年目での年収400万円〜500万円ぐらいは狙えるかもしれません。

また、経理は事務職の中でも「専門職」の扱いになりますので、

固定給が一般的な総務事務と比べても高いです。

>>未経験者もOK!不動産経理の実際の求人を見てみる

不動産経理でよくある退職理由

不動産経理での退職理由は、

キャリアアップのため退職する人が多いです。

お給料が高くても経験が長く優秀な経理事務員が欲しいという会社は多いです。

なので、1つの会社で経験を積み、転職することで給料が上がることは多いんです。

転職先の企業の売上が安定していて月給がアップしたり、

規模が大きい大手の不動産会社は福利厚生や働く環境が充実した会社も多くあります。

このようなより良い雇用環境を求めて退職する人もいますね。

不動産経理に転職するには?

不動産 経理 きつい

(不動産会社の経理事務になるための転職活動のやり方)

 

不動産経理の中途採用の求人募集には「実務経験〇年以上」など、

即戦力として働ける人材を求めている会社がとても多いです。

すでに経理実務の経験がある人は、

前職で経験した内容を具体的に説明すると良いでしょう。

ただ、私自身もそうですが未経験でも正社員採用されるケースは普通にあります。

未経験者が不動産経理に転職するには?

未経験で不動産経理の仕事に転職するには、

簿記と宅建の資格を取ることで転職しやすくなります。

業務では不動産用語や宅建業法に関わる業務が多いため、

未経験でも宅建の資格を持っているだけでアピールになります。

簿記で習う専門用語も業務で常に使用しますので、

不動産経理への転職は資格取得が一番の近道です。

ただし、求人に応募する時点で合格している必要はない

このように、簿記2級以上や宅建を持っているのが理想ですが、

必ずも求人応募時点で合格済みでなくても、採用される可能性はあると思います。

まだ勉強中の場合には、履歴書や面接の自己アピールで、

次回〇月の検定試験で合格するのを目指して勉強中です

と伝えれば問題ありません。

自主的に勉強している意欲が伝わるので高評価につながるでしょう。

また、面接や履歴書で「未経験だからこその強み」をアピールすることも大切です。

私も未経験で今の会社に転職しましたが、

「業務経験が無いからこそ、新しい知識の吸収が早く就職先の企業の特色に合わせられる」と強くアピールしました。

未経験という弱みを強みに変えられたことで採用につながったと思います。

不動産経理の求人はどこで見つかる?

不動産経理の求人を探すなら、

会計職専門の転職エージェントを使うのがおすすめです。

経理や財務などの求人を専門で扱っている人材紹介会社なので、

年収など条件の良い求人を見つけやすいです。

経理の実務経験がまだない人でも応募できる求人が多くありますから、

なお、転職エージェントは無料で使うことができますよ。

ブラック環境な経理としてぜったいに働きたくない人へ

ブラックで過酷な環境で働く経理になりたくない人は、

経理職専門の転職エージェントを使って情報収集しましょう。

↓こちらの転職サイトに無料登録して希望条件を入力しておくと、条件の良い経理求人の情報にアクセスできるようになります。

SYNCA(シンカ)

現役経理の方は優遇!経理の求人探すならここ!

SYNCA(シンカ)は経理求人専門の転職エージェント会社です。
ベンチャー企業から中堅企業・上場大手企業まで、さまざまな企業規模の経理求人を見つけることができますよ。
経理経験者で年収600万円スタートなど、高年収の求人を探している方はぜひ登録しておきましょう。

synca

(求人例:ソーシャルゲーム企業の経理職)

synca

(求人例:上場企業のCFO直下ポジション)

転職エージェントは実際に事務所をまわって企業の採用担当者にヒアリングし、

その企業の社風や経理部の組織体制(男女比率や年齢構成など)、給料や雇用環境がどうなっているのか?を現場でリサーチしています。

転職エージェントは、こうして集めた求人情報の中から特に条件の良い企業の経理求人を「非公開求人」として紹介してくれます。

なので、ハローワークの求人などではあり得ないような好条件の企業を選択肢にできるんです。

なお、転職エージェントにお金を払うのは採用を行う事務所側だけなので、私たち求職者側は無料で使えます。

何件求人を紹介してもらってもお金が1円もかかることはないので、安心して使うことができますよ。

転職エージェントが持っている非公開求人には、

↓以下のような特に条件の良い求人がそろっています。

管理人

  • 未経験・簿記資格なしでも年収400万円スタートの経理求人
  • 経理の実務経験者スタッフとして年収600万円稼げる求人
  • 繁忙期も残業が存在しないワークライフバランス型の経理求人
  • 会計事務所から経理へのキャリアチェンジ歓迎の経理求人
  • 誰もが名前を聞いたことがある超大手企業の経理求人
  • 最初から管理職候補として入社できる経理求人
  • SaaSやDX対応など話題の業種企業で働ける経理求人
  • IPO準備や国際会計などハイレベルな実務経験が積める経理求人

(経理の実務経験者向け求人:上場企業の将来の管理職候補)

(未経験者もOKの経理求人の例)

入社時の条件面でゆずれない条件がある人は、経理専門の転職サイトに登録して非公開求人の情報が入るようにしておくようにしましょう。

>>経理職専門の転職サイトで実際の求人を見てみる

経理に転職する人は「経理専門の転職エージェント」を使わないとダメな理由

転職エージェント会社っていろんなところがありますよね。

リクナビとかマイナビとかの方が学生時代の就活でも使ったのでなじみがある…という方も多いかもしれません。

ただ、経理として働くことを目指している人は、経理職専門の転職サイトを使った方が良いです。

リクナビ・マイナビは求人の「数」が多いのが強みですが、

求人の「質」で見ると経理専門の転職サイトの方が条件の良い求人を見つけやすいですよ。

また、経理職専門の転職エージェント会社の場合、

いざ本格的に転職活動を始める際に支援してくれるエージェントも経理職出身だったりします。

経理という職業の強みや弱みについてとてもよく理解してくれているので、志望動機や職歴書の作成から面接対策まで、良いアドバイスをしてくれますよ。

転職サイトに登録されている求人を検索しても、リクナビ・マイナビと経理職専門サイトとでは求人の質がまったく違うのに気づかれると思います。

ブラック企業で働きたくない人や、ちゃんと年収稼げる経理になりたい人は、経理職専門の転職エージェントを使うようにしましょう。

(※転職サイトに登録しておくと求人をいろいろみられるようになります。今は情報リサーチの段階の人も早めに登録しておきましょう)

>>経理職専門の転職サイトを見る

© 2021 会計職のキャリア戦略