Sponsored Links

一人経理で働くメリット・デメリット。休めない?孤独?平均年収は?

2020年3月14日

  • 一人経理って大変?
  • 仕事を休めない?孤独を感じることは?
  • 人間関係のストレスは少ない?裁量が広くて自由に働ける?
  • 年収はいくらぐらい?

中小企業では経理スタッフは職場で一人だけという会社が少なくありません。

こういったかたちで経理として働いている人を一人経理(ひとりけいり)と呼びます。

一人経理の仕事は、

人間関係のストレスが少なくて自由に働けるというメリットがある一方で、

仕事をしていて孤独を感じやすい・忙しくてもなかなか休めない…

といったデメリットがあります。

この記事を書いている私は、

従業員20名の会社で一人経理として5年働きました。

経理未経験で入社したので最初のうちは大変でしたが、

決算や税務申告は税理士さんがチェックしてくれていたので、

わりとなんとかなっていましたよ。

ちなみに私の前任者は男性でしたので、

男女関係なく一人経理の仕事はできると思います。

体験談の投稿者

私は一人経理を5年ほどやった後、

もう少し大きな規模の会社の経理事務に転職したのですが、

転職前には日常経理〜給与計算、

従業員の社保手続きなどは普通にやれるようになっていました。

その他、経営者の横で銀行さんと融資のやりとりをしたり、税務調査の対応をしたり…と、

一人経理時代は貴重な経験をいろいろさせてもらいました。

複雑な手続きについて自分一人で調べたり、まちがえたりしながら仕事を覚えていった感じですが、

その分だけ経理として早いスピードで成長できたと思っています。

もちろん、一人経理の仕事は良い面ばかりではありません。

向き不向きのある仕事ですので、

実際にご自身のキャリアとして一人経理の仕事を選ぶかどうか?

は慎重に判断してくださいね。

体験談の投稿者

この記事では、一人経理として働くことのメリット・デメリットについて解説します。ぜひ参考にしてみてください。

一人経理として働くメリット

一人経理

(一人経理として働くメリットは?)

 

一人経理として働くことの具体的なメリットとしては、

↓以下のようなことが挙げられます。

  1. 人間関係のストレスが少ない
  2. 仕事の裁量が広い
  3. 経営者と近い場所で働ける
  4. 税務や社会保険・資金繰りなども学べる
  5. 企業経理の全体像を知ることができる

それぞれの内容について、順番に見ていきましょう。

>>一人経理のデメリットはこちらをクリック

1.人間関係のストレスが少ない

これはイメージしやすいと思いますが、

一人経理は職場の人間関係に関するストレスがとても少ないです。

基本的に一人で仕事をしていますから、

気の合わない人に合わせて働く必要はありませんし、

まわりの機嫌をとったりする必要もありません。

体験談の投稿者

ただし、多くのケースで一人経理は経営者直属の部下として働くことになります。

その経営者との性格的な相性が悪い…

といった状況だと、しんどい働き方になる可能性はありますね。

2.仕事の裁量が広い

一人経理は、すべての経理業務を自分一人で処理しますので、

仕事に関して幅広い裁量を与えられます。

誰からも指示されることなく自由に働きたい!という人にはあっている仕事だと思いますよ。

もちろん、経理は税金の計算や、銀行融資の可否など、

とても重要な問題に直結する仕事ですので、

経営者自身や専門家(顧問税理士など)のチェックが入ることが多いです。

税金を正しく計算して納めないと脱税になってしまいますし、

決算書の内容が疑われて融資が降りない…

なんてことになると会社が倒産する可能性もあります。

経験豊富な一人経理の場合、こうした重要な業務についても任されることはあるでしょうが、

ほとんどのケースでは顧問税理士などの専門家が、

最終的なチェックをしてくれる業務体制になっているでしょう。

3.経営者と近い場所で働ける

一人経理

(経営者と近い場所で働けることも一人経理の魅力です)

 

上で述べたことと重なりますが、

一人経理の「直属の上司」は経営者であることが多いです。

必然的に、経営者とひざを付き合わせて仕事をする場面が多くあります。

私も、会社の長期的な経営計画を立てるための予算作成を行ったり、

税金の負担を少なくするために、

決算対策を行なったりといったことをやっていました。

体験談の投稿者

従業員たちの生活を背負って働いている経営者の仕事はレベルが高いことが多いです。

(そうでない経営者もいるかもしれませんが…)

仕事を通して貴重な経験をすることができるでしょう。

>>一人経理のデメリットはこちら

4.税務や社会保険・資金繰りなども学べる

一人経理は、経理や財務に関することをすべて一人で処理します。

そのため、税務や社会保険、さらには会社の資金繰りなど、

会社のお金に関するさまざまな業務について実務経験を積むことができます。

従業員の採用や退職があったときには、

健康保険や厚生年金・労働保険といった「社会保険の手続き」が必ず必要になります。

毎月のお給料を支払う際にも、

所得税や住民税・社会保険料の計算を必ず行わないといけません(給与計算業務)

大きな会社の経理として働いていると、

どうしても目の前の自分の担当業務だけしか触れることができません。

一人経理は、自分の仕事(経理)に関連するさまざまな業務を経験することができるのは魅力ですね。

5.企業経理の全体像を知ることができる

このように、一人経理は会社のお金」に関するほぼすべての業務にかかわることができるポジションです。

そのため、会社の経営とはどういうものなのか?

を肌で感じながら仕事をすることができるのも魅力です。

通常、経営を体験するためには独立するしかありませんが、

一人経理はひとりの従業員の立場で、

安定したお給料をもらいながら経営者の仕事を疑似体験できます。

体験談の投稿者

一人経理として、経営者の近くで会社の全体像を見て働いた経験は、

将来的にキャリアチェンジを選択する際にも貴重な経験になるでしょう。

一人経理として働くデメリット

一人経理

(一人経理として働くことのデメリットとは)

上で見たようなメリットに対して、

↓一人経理として働くことには以下のようなデメリットもあります。

体験談の投稿者
  1. 前任者からの引き継ぎが不十分だと地獄
  2. 逆に、慣れてくると仕事に飽きる
  3. 給料が頭打ちになりがち
  4. 意識していないとコミュ障になりがち
  5. 仕事を休めない・退職がしにくい

こちらも順番に見ていきましょう。

>>一人経理の平均年収はいくら?

1.前任者からの引き継ぎが不十分だと地獄

一人経理は、基本的に前任者の退職があり、その入れ替わりで採用とかたちで入社することになります。

入社してから数ヶ月間は前任者からの業務引き継ぎを受けますが、

これが不十分だと、前任者の退任後にものすごく大変な思いをすることになってしまいます。

仕事にまだなれず、

まわりとの人間関係ができていない状態で

不安を抱えながら一人で仕事をしていくのはとても大変です。

体験談の投稿者

一人経理として入社することが事前にわかっているなら、

前任者からの業務引き継ぎだけはくれぐらもしっかりと受けておくようにしましょう。

2.逆に、慣れてくると仕事に飽きる

上でお伝えしたこととは逆に、

一人経理というのはいったん仕事に慣れてしまうと

仕事で「新しい挑戦」のようなことをする機会が非常に少なくなります。

経理は基本的に毎年同じルーティン作業をやっていくのが仕事ですから、

もうこの仕事にはあきてしまった…という状態にもなりがちです。

経理には保守主義の原則がありますから、

「処理のしかたを前回と変えてはいけない」が基本です。

必然的に毎月・毎年同じ作業をしている…という仕事内容になります。

体験談の投稿者

チームで一つの目標に向けて頑張る!みたいなこともまずありません。

(もちろん「会社で一丸となって頑張る」というのはありますが、

担当している仕事が違うと、なかなか連帯感を持つのが難しいんですよね)

ただ、これは逆にいうと、

一人経理はあらかじめ決まっている期限までに、

自分の担当の仕事をきっちりこなすことができていれば、

まわりから文句を言われることがないということでもあります。

自分を管理している直属の上司がいませんから、社内でもかなり自由な立場で働けます。

これは一人経理の仕事の良いところですね。

  • 営業マンのように毎月ノルマがあるに苦しい働き方はしたくない
  • 社内の人間関係のしがらみは最低限にしたい
  • 自分で仕事のペースをコントロールしながら働きたい

↑こういったニーズのある方は、一人経理の仕事は向いていると思いますよ。

3.給料が頭打ちになりがち

一人経理に限らず、経理の仕事は

自分の業績によってボーナスが出るといったことがない仕事です。

さらにいえば、一人経理の場合には社内で役職がつくようなことも少ないでしょう。

(ある程度の規模の会社で、チームで働く経理の場合にはチームリーダーや経理課長・経理財務部長などの役職がつくことはありますが、一人経理はこういうことがありません)

経理担当者が一人しかいない会社というのは、

中小零細規模の企業であることが多いです。

なので「社内で出世して地位を上げていく」という働き方は期待できません。

必然的に給料の金額も頭打ちになりがちですね。

自分の経験と実力アップに合わせて、どんどんお給料もアップしていきたい!

という気持ちが強い人は、もっと大きな会社の経理担当者を目指す方が良いかもしれません。

逆に、給料はそこそこでいいので、自分の担当の仕事をきっちりこなす安定的な仕事をしたい

という方には一人経理はぴったりだと思います。

4.意識していないとコミュ障になりがち

一人経理は基本的に自分一人で仕事をしています。

なので、

「あれ、今日1日誰とも会話らしい会話をしていない…」

といったことも普通に起こります。

社内の別部署の人たちと会話することはありますが、

表面的な会話になりがちですね。

孤独を感じやすいタイプの方は少し注意が必要かもしれません。

体験談の投稿者

こういった環境で惰性で仕事をしていると、

知らず知らずのうちに「コミュ障」になりがちです。

一人経理にとって、社内や外部の人たちとやりとりをする機会は貴重ですので、大切にした方が良いですね。

もちろん、一人経理でも日常的にかかわる人たちはいます。

社内の他部署の人をはじめとして、経営者や顧問税理士さん、

取引先の経理担当者(電話でのやりとりが多い)、

金融機関の融資担当者などとは日常的にやりとりをします。

社会人としてのコミュニケーション能力をそこなわないために、

まわりと積極的にかかわるような働き方をしていくようにしましょう。

5.仕事を休めない・退職がしにくい

一人経理にとって仕事を休めない・退職がしにくいというのはあるあるの悩みだと思います。

経理の重要業務である年次決算や税務申告・給与計算などは、

締め切り日が法律で明確に決まっている仕事です。

一人経理は、これらを一人で責任を持って処理していきますのでプレッシャーは小さくありません。

もし期限直前に体調をくずしたりすると大変です。

私も繁忙期に体調を崩したことがあり、

自宅に仕事を持って帰って処理したこともあります。

(本当はやっちゃだめなんですが)

体験談の投稿者

また、一人経理は退職にあたって後任者の採用を行わないといけません。

その後任者が入社してくるまでは退職もしづらいですから、

人生設計に影響が出るようなこともあるかもしれませんね。

さらにいうと、経理の実務経験者というのはどこの会社でも「ひくてあまた」ですので、

一人経理を置いているような中小零細企業にはなかなか応募してきてくれません。

※逆にいうと、もしあなたが経理の実務経験者なら、

一人経理の募集に応募すれば採用される可能性が極めて高いということでもあります。

後任者の採用がようやく決まっても、

業務引き継ぎ期間中にその人が辞めてしまうこともあります。

そうなると自分の退職日がさらに先に伸びてしまう…といったことも起こり得ます。

この点は注意しておきましょう。

>>現在募集中の一人経理の求人を探すならこちら

一人経理の平均年収は?実際の求人を見てみよう

一人経理

(一人経理の平均年収は?)

 

一人経理の平均年収は、入社初年度は450万円〜500万円程度になることが多いでしょう。

↓求人では、月次決算を一人で締められる方という条件で募集されていることが多いですね。

なお、年次決算については顧問税理士や経営者と協力しながらやっていく会社が多いですよ。

一人経理

(一人経理の求人例)

ただし、一人経理を募集する企業は、

募集要項には「一人経理としての勤務です」とは書かないことが多いです。

(企業規模の小さささをアピールするようなものなので、企業側としてはこういった表現は避けたがります)

なので、ハローワークや転職サイトなどを使って、

自力で一人経理の求人を探すのはかなり難易度が高いことを知っておいてください。

【悲報】ブラック企業でいじめられてる経理多すぎ…。

(経理はブラックな職場も多いので注意やで)

まったく同じ年齢職歴スキルの経理経験者でも、

  • ホワイト企業で楽しく働いてる人と、
  • ブラック企業で搾取されている人…

↑の2種類いるのが現実です。

(あなたは心当たりがないでしょうか…?)

経理って所属する会社によって働き方がぜんぜん違う仕事です。

「なんとなくこの会社いいかも…」で勤務先を選ぶと、

ブラック企業に入社してしまうリスクがあるで注意して下さい。

どんなに年収高い経理になれても、

仕事が激務すぎてとても続けられる環境じゃない…

では意味がありません(下手したら命落とします)

ブラック企業を最初から候補に入れないことが大切です。

管理人

経理経験者として転職成功したい人は、

情報リサーチをしっかり行うようにしましょう。

経理で転職するなら、経理専門の転職サイトで求人を探すのが良いですよ。

経理の求人だけを専門で扱っているサイトなので、

↓年収や福利厚生などの条件が良いホワイト求人を

たくさん見つけることができます。

(経理経験者向けのホワイト求人例)

(経理経験者向けのホワイト求人例)

>>経理経験者むけの求人一覧(2000件以上あり)

今すぐ転職するかどうかわからない人も、

転職サイトで無料アカウントを作っておきましょう。

↓最新の求人が出るたびに情報がアップデートされるので、

ホワイト企業の経理求人を見落とすことがなくなります。

管理人

SYNCA(シンカ)

管理部門のキャリアアップ転職SYNCA【SYNCA(シンカ)】*3段階成果

経理職専門の転職サイト(経理経験者は優遇!)

SYNCA(シンカ)は経理専門の転職サイトです。
上場大手企業の経理〜ベンチャー経理まで、経理求人が充実しています。
未経験OKで年収400万円〜の求人や、
実務経験者むけ年収600万円〜のワークライフバランス求人、
管理職リーダー候補の求人など、好条件な経理求人がたくさん見つかりますよ。

(未経験者むけの経理求人例)

(経験者むけの経理求人例)

経理経験者は「経理専門の転職サイト」を使おう

(経理経験者は「経理専門の転職サイト」を使いましょう)

 

現在、ほとんどの人が転職サイトを使って求人探しをすると思います。

(さすがに今どきハローワーク使う人は少ない)

ただこの転職サイトには大きく分けて

↓以下の2種類があることを知っておいて下さい。

管理人

  1. 専門職向けの転職サイト
    経理・人事・法務など専門性の高い求人のみをあつかう転職サイト。
    求人数そのものは一般向けサイトより少ないが、
    求人の質が圧倒的に高い。
  2. 一般向けの転職サイト
    営業マンや総務など、いわば「万人向け」の転職サイト。
    求人の数は多い一方で、年収などの質では劣る。
    テレビCMとかでよく見かけるのはこちら(リクナビが代表例)

↑どちらも無料で使えるものですが、

経理の実務経験者は必ず1. 専門職向けの転職サイトを使うようにしましょう。

転職活動で一番大切なのはどうやって質の高い求人を探すか?です。

ここをまちがえてしまうと、

どんなに優秀な人でも転職失敗の可能性が高くなります。

ほとんどの人が

  • なんとなく名前を聞いたことあるから…
  • 学生時代の就活にも使ったし…

↑という感じで適当にリクナビなどで仕事を探してしまいます。

管理人

営業マン向けの求人とかならそれでもまあいいんですが、

専門職である経理はこういう探し方をしない方が良いです。

経理って、専門職向けの転職サイトで探さないと良い求人がなかなか見つかりません。

なぜかというと、求人を出す企業側もこういう専門職向けサイトを活用して

実務経験者限定の採用を行っているからです。

逆にいえば、経理専門の転職サイトをメインで使うだけで、

情報リサーチでライバルに大きな差をつけることができるわけですね。

経理専門の転職サイトでは、

↓例えば以下のような求人を見つけることができますよ。

管理人

  • 年収600万円スタートの実務経験者むけ経理求人
  • 決算前の繁忙期も残業なしなどワークライフバランス型の経理求人
  • 将来の管理職候補として入社できる経理求人
  • 誰もが名前を聞いたことがある超大手企業の経理求人
  • 会計事務所から経理へのキャリアチェンジ歓迎の経理求人
  • IPO準備業務の経験を積むことができる経理求人
  • CFO直下のポジションで働ける経理求人

(ワークライフバランス重視の経理経験者むけ求人)

(経理経験者むけの管理職候補求人)

(会計事務所から経理へキャリアチェンジ歓迎の経理求人)

(上場大手企業の経理求人例)

>>経理経験者は優遇!現在募集中の求人を見てみる

経理の求人が専門の転職サイトなので、

ホワイトな経理経験者むけ求人が大量にありますよ。

一般向けの転職サイトしか使ったことがない人は

驚かれるかもしれません。

管理人

SYNCA(シンカ)

管理部門のキャリアアップ転職SYNCA【SYNCA(シンカ)】*3段階成果

経理職専門の転職サイト(経理経験者は優遇!)

SYNCA(シンカ)は経理専門の転職サイトです。
上場大手企業の経理〜ベンチャー経理まで、経理求人が充実しています。
未経験OKで年収400万円〜の求人や、
実務経験者むけ年収600万円〜のワークライフバランス求人、
管理職リーダー候補の求人など、好条件な経理求人がたくさん見つかりますよ。

(未経験者むけの経理求人例)

(経験者むけの経理求人例)

転職サイトで無料アカウントを作るときには、

希望する年収や、企業規模・職務範囲などを

しっかり目に入力しておくのがコツです。

条件にマッチする求人が出てくるたびにメール通知してもらえます。

↑この希望条件入力をきちんとやらない人が結構多いんです。

転職で成功する人と、失敗する人で差がつくのって

こういうところなのかもしれません。

管理人

仕事のストレスや疲労が限界にまで達すると、

転職サイトに登録する気力すらなくなるものです。

あらかじめ転職サイトに希望条件をしっかり入力しておき、

日常的に最新求人をチェックするくせをつけましょう。

転職サイトを使って普段から求人リサーチをやっておくと、

どうしても今の職場がきつくなったら転職もある

という選択肢を持てて、

過労で倒れたりする前に転職という対策を打てます。

転職サイトは無料で使えていつでも利用を止めることができます。

変な電話連絡とかもないのでリスクはゼロですよ。

(今すぐは転職する気がない人も情報リサーチに使えます)

このブログを読んでくださったあなたは、

ぜひ転職を成功させて下さい。

経理職専門の転職サイトをフル活用して、

ライバルに情報戦で勝ちましょう。

管理人

最後の最後にお伝えしたいこと

転職にしても仕事にしても、

成功する人って結局はこれなんですよね。

管理人

(個人的に衝撃を受けた本です)

 

転職活動を成功させるためもっとも重要なのは情報リサーチです。

経理の仕事目指すなら経理職専門の転職サイトを活用しましょう。

転職サイトへの登録って3分でできる作業です。

無料ですしいつでも解除できるのでリスクなんて何もありません。

変な連絡が来るようなこともありませんしね。

それでも、こういうかんたんな作業ですら

↓以下の2種類の人に分かれます。

管理人

  1. とりあえず今すぐやっておく人
  2. いつまでたっても何かと理由をつけてやらない人

これは転職活動だろうが仕事だろうが同じです。

(あなたのまわりにも2. みたいな人いませんか?)

ほんのちょっとの行動の差ですが、

理想の働き方に近づける人と、

いつまでたっても職場の文句ばかり言っている人とで違いが生じるのはこういうところなんですね。

↓今から1年後に、あなたはこのどちらになっていたいでしょうか。

  • 劣悪な雇用環境で給料も安く、
    雑用ばかりさせられる職場で年齢だけを重ねていく…。
  • やりがいがあり、給料の高い仕事で人間関係も良好。
    ワークライフバランス型の職場でプライベートも充実。

↑もちろん後者を目指しましょう。

>>今すぐ行動を起こす

管理人

経理・会計事務所の経験者におすすめ!

© 2022 会計職のキャリア戦略