Sponsored Links

経理が「年収600万円以上で転職」は可能?

2020年4月13日

経理 年収600万

(年収600万円以上を稼げる経理は何が違う?)

  • 経理で年収600万円って難しい?
  • 中小企業の経理は年収低い?大手じゃないと無理?
  • 転職成功の難易度を下げるコツは?
読者様

経理やってる30代男です。

社内の同年代の営業マンは課長職になっていて、

年収600万円ぐらいは普通に稼いでます。

やっぱり経理のような成績が年収に反映されない事務職だと

高年収は無理なんでしょうか?

仕事内容が違うとはいえ、

専門知識が必須な経理が、営業職に年収で負けるのは

かなりくやしい感じがしますよね。

管理人

結論から先にいうと、経理で高年収(例えば年収600万円以上)になるには、

どういう会社に入社するか?がとても重要になります。

経理は営業のように個人成績が給料(ボーナス)に反映されることがほぼないからです。

選ぶ会社をまちがえてしまうと、年数が経つにつれて仕事はどんどんきつくなるのに年収はずっと上がらない…。

というしんどい働き方になってしまいがちなんですよね。

30代経理の平均年収は511万円

経理 年収600万

(年齢30代経理職の平均年収は511万円)

 

↓転職支援会社大手のパーソルが公表している統計(公開日:2020年12月7日)によると、経理の平均年収は以下のようになっています。

  • 20代平均:388万円
  • 30代平均:511万円
  • 40代平均:600万円
  • 50代以降:684万円
  • 全体平均:509万円(男性556万円・女性440万円)

平均年収ランキング(職種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】

↑20代から30代になってグッと年収が上がっているのは、

この年代から管理職になる人が多いからだと思われます。

経理として年収を上げるヒントのひとつは、管理職を狙える職場で働くことですね。

逆にいうと、いつまで経ってもいちスタッフから抜け出せない環境で働いていると、経理の年収はアタマ打ちになりがちです。

私も経験がありますが、

管理職は外部から中途採用で人材を入れるかたちをとっていて、

20代未経験から育てたプロパー社員はずっとヒラ社員…

という会社は意外に多いです。

(こういう会社で管理職になるのは難易度がとても高い)

管理人

経理が平均年収組からアタマひとつ抜け出すには?

経理 年収600万

(経理が同年代よりも頭ひとつ抜け出して高年収になるには?)

 

このように、経理の年収は「どういう人事評価のかたちをとっている会社に入社するか」ですでに決まっているケースが多いです。

逆にいえば、経理職への給料配分の大きい会社に入社できれば、

転職直後から大幅な年収アップを実現できる可能性があるのです。

(上で紹介したケースのように、管理職の候補人材を中途採用で確保しているような企業を狙うなど)

もちろん、経理として高年収になる方法は、管理職を狙うことだけではありませんのでご安心ください。

以下では、経理の実務経験者が年収600万円以上を目指す場合に狙うべき求人のタイプをいくつかお教えしましょう。

くりかえしになりますが、

経理が年収上げたいなら「どういう会社に入社するか」が決定的に重要です。

くれぐれも注意しておいてくださいね。

管理人

経理で年収600万円以上で転職したい人が狙うべき求人3つ

経理 年収600万

(高年収を目指す経理が狙うべき求人3種類)

経理として年収600万円以上を目指すなら、

↓以下のような求人を狙っていくのがおすすめです。

管理人

1.上場大手企業の中途採用求人を狙う

経理 年収600万

(選択肢1.上場大手企業の経理求人を狙う)

 

経理で年収600万円を狙える1つ目の選択肢は、大手企業の経理スタッフとして働くことです。

大手企業の経理の場合、管理職でなくても

↓いちスタッフとして年収600万円を狙うことができますよ。

管理人

経理 年収600万円

経理 年収600万円

>>この経理求人に興味がある方はこちら(無料アカウント作成で求人ページを見られます)

特に、証券取引所に上場している企業を狙うべきです。

上場企業では、金融商品取引法に基づく会計情報開示が求められますので、

経理は公認会計士(監査法人)による監査への対応など、高度な会計知識が求められます。

また、経理だけでなく税務や社会保険関連の知識がある人は有利になります。

(税理士事務所の出身者なども重宝される傾向があります)

このように求められるスキルが高くなるほど、当然ながら年収のオファーは高くなる傾向があります。

管理職としてリーダーを目指すより、職人的に会計知識をみがいていくことを強みにしたい人は、大手企業を狙うべきですね。

なお、上場大手企業の中途採用の場合、

経理は実務経験3年以上が必要なことが多いです。

(2年でOKな場合もあります)

管理人

上場大手企業というと学生時代の就活のイメージで「難易度が高い」と感じている人が多いでしょう。

ですが、経理中途採用(実務経験者採用)の場合には意外にハードルは低いです。

経理は実務経験が何より重要視される職種ですので、学歴に自信がない方であっても大手企業を選択肢に入れることは十分に可能ですよ。

2.中小企業の管理職(候補)求人を狙う

経理 年収600万

(選択肢2.中小企業の管理職求人を狙う)

 

年収600万円以上を目指す経理経験者が狙うべき求人の2つ目は、中小企業の経理管理職求人です。

自分の仕事の範囲だけをこなすいちスタッフから、管理職として複数のスタッフをまとめる立場になれば、

↓経理の年収は一段階レベルアップできます。

経理 年収600万円

経理 年収600万円

>>この経理求人に興味がある方はこちら(無料アカウント作成で求人ページを見られます)

逆にいえば、中小企業で年収600万円以上を狙いたいなら、管理職を狙うのは必須と言えるでしょう。

中小企業のいちスタッフとしての立場で、経理が年収600万円を狙うのは難易度がかなり高いです。

経理の管理職として採用されるには、

↓以下の2つが求められるケースが多いです。

管理人
  1. 決算まで完結できる知識と経験があること
    経理の日常業務〜年次決算、年末調整や給与計算についての実務知識が必要です。
    なお、税務申告については顧問税理士などと連携しながら完結できればOKなケースが多いです。
  2. チームマネジメントの経験があること
    過去に何らかのかたちで複数スタッフのリーダーとして仕事をした経験があることが求められます。

スキルにまだ自信がない人は、経理管理職「候補」の求人がおすすめ

こうした経験が「入社時点」ですでにあることが理想ですが、

20代後半〜30代前半の人にとってかなりハードルが高いケースが多いでしょう。

↓この場合は、以下のような管理職「候補」の採用

を行っている求人を狙うのがおすすめです。

管理人

経理 年収600万円

経理 年収600万円

 

管理職候補の求人は、入社時点ではスタッフとして働き、

入社後3〜5年間経過後に管理職として昇給することが予定されている求人です。

入社時点ではスタッフとしての経理経験だけでOKとなっているケースが多いので、採用の難易度はかなり低くなります。

3.経理実務+特殊スキルが必要な求人を狙う

経理 年収600万

(選択肢3.語学など特殊スキルが必要な求人を狙う)

 

経理として年収600万円以上を実現する3つ目の方法は、経理実務+アルファのスキルが求められる求人を狙うことです。

代表的なのが英語スキルですね。

例えば、海外に関連会社(子会社や親会社)がある国際企業では、

↓日本国内の経理スタッフとして海外の現地企業とのやりとりができる人材を求めているケースが多いです。

経理 年収600万円

経理 年収600万円

>>この経理求人に興味がある方はこちら(無料アカウント作成で求人ページを見られます)

こうした企業ではビジネスレベルでの英語力が必要になりますが、

TOEIC800点レベルなら社会人になってからの学習スタートでも意外に習得できるレベルと言えますよ。

転職するたびに年収を下げてしまう経理がやりがちな失敗

経理 年収600万

(経理で転職に成功する人・失敗する人の違いは?)

 

転職によって年収アップに成功する人がいる一方で、

転職を何度もくりかえし、そのたびにどんどん年収を下げてしまう人がいるのも現実です。

転職に成功する人と、失敗する人で何が違うのか?

結論から言うとこれは求人情報をどこで探しているか?のちがいです。

転職ってぶっちゃけ「良い求人に出会えるか」

の運で決まる部分も大きいです。

そして、良い求人って「集まる場所」がかたよっているんですよ。

管理人

これは恋愛に例えるとわかりやすいです。

めっちゃ美人/イケメンでも、普段過ごしている場所が図書館…

だったりするとちやほやされるようなことはありませんよね。

逆に、若者が集まる夜のクラブにでもいけば、建物に入った瞬間からモテまくるでしょう。

つまり何が言いたいかというと、

優秀な人ほど「良い求人がごろごろあるところで求人を探すべき」ということなんです。

そもそも間違った場所で求人を探してしまうと、転職は失敗する可能性が極めて高くなってしまうので注意してください。

ブラック企業に転職してしまうと経理は悲惨…

経理 年収600万

(ブラック企業で働く経理ほど悲惨な仕事はありません)

 

で、もしまちがった場所で求人を探してしまうと、

「求人サイトに良さそうなことがたくさん書いてあったので応募したけど、実際に入社してみたら雇用環境が劣悪な超ブラック企業だった…」なんてことも少なくありません。

私も経験があるのですが、経理でブラック企業って超過酷です。

↓例えばこんな働き方になってしまいますよ。

管理人
  • 仕事は超激務なのに給料は固定で安い…。
  • 社内評価が営業マンにかたよっており、経理は「お金を生み出さない部署」という不当なあつかい。
  • 決算前後の繁忙期は毎日残業。残業代もきちんと支給されない。
  • 経理は「金にうるさい人たち」という評価で嫌われ孤立している環境。
  • 社長がプライベートのお金と会社のお金をごちゃごちゃにしていて経理業務をまじめにやっている意味がない(徒労感…)
  • レベルの低い仕事しか経験できず、いつまでたっても経理としてキャリアアップできない。

↑一度こういう企業に入ってしまうと、職歴に致命的なダメージを負うことも少なくありません。

例えば大手企業の経理職を目指している人は、職歴が汚れないようにするのはとても大切ですから注意してください。

【悲報】ブラック企業でいじめられてる経理多すぎ…。

(経理はブラックな職場も多いので注意やで)

まったく同じ年齢職歴スキルの経理経験者でも、

  • ホワイト企業で楽しく働いてる人と、
  • ブラック企業で搾取されている人…

↑の2種類いるのが現実です。

(あなたは心当たりがないでしょうか…?)

経理って所属する会社によって働き方がぜんぜん違う仕事です。

「なんとなくこの会社いいかも…」で勤務先を選ぶと、

ブラック企業に入社してしまうリスクがあるで注意して下さい。

どんなに年収高い経理になれても、

仕事が激務すぎてとても続けられる環境じゃない…

では意味がありません(下手したら命落とします)

ブラック企業を最初から候補に入れないことが大切です。

管理人

経理経験者として転職成功したい人は、

情報リサーチをしっかり行うようにしましょう。

経理で転職するなら、経理専門の転職サイトで求人を探すのが良いですよ。

経理の求人だけを専門で扱っているサイトなので、

↓年収や福利厚生などの条件が良いホワイト求人を

たくさん見つけることができます。

(経理経験者向けのホワイト求人例)

(経理経験者向けのホワイト求人例)

>>経理経験者むけの求人一覧(2000件以上あり)

今すぐ転職するかどうかわからない人も、

転職サイトで無料アカウントを作っておきましょう。

↓最新の求人が出るたびに情報がアップデートされるので、

ホワイト企業の経理求人を見落とすことがなくなります。

管理人

SYNCA(シンカ)

管理部門のキャリアアップ転職SYNCA【SYNCA(シンカ)】*3段階成果

経理職専門の転職サイト(経理経験者は優遇!)

SYNCA(シンカ)は経理専門の転職サイトです。
上場大手企業の経理〜ベンチャー経理まで、経理求人が充実しています。
未経験OKで年収400万円〜の求人や、
実務経験者むけ年収600万円〜のワークライフバランス求人、
管理職リーダー候補の求人など、好条件な経理求人がたくさん見つかりますよ。

(未経験者むけの経理求人例)

(経験者むけの経理求人例)

経理経験者は「経理専門の転職サイト」を使おう

(経理経験者は「経理専門の転職サイト」を使いましょう)

 

現在、ほとんどの人が転職サイトを使って求人探しをすると思います。

(さすがに今どきハローワーク使う人は少ない)

ただこの転職サイトには大きく分けて

↓以下の2種類があることを知っておいて下さい。

管理人

  1. 専門職向けの転職サイト
    経理・人事・法務など専門性の高い求人のみをあつかう転職サイト。
    求人数そのものは一般向けサイトより少ないが、
    求人の質が圧倒的に高い。
  2. 一般向けの転職サイト
    営業マンや総務など、いわば「万人向け」の転職サイト。
    求人の数は多い一方で、年収などの質では劣る。
    テレビCMとかでよく見かけるのはこちら(リクナビが代表例)

↑どちらも無料で使えるものですが、

経理の実務経験者は必ず1. 専門職向けの転職サイトを使うようにしましょう。

転職活動で一番大切なのはどうやって質の高い求人を探すか?です。

ここをまちがえてしまうと、

どんなに優秀な人でも転職失敗の可能性が高くなります。

ほとんどの人が

  • なんとなく名前を聞いたことあるから…
  • 学生時代の就活にも使ったし…

↑という感じで適当にリクナビなどで仕事を探してしまいます。

管理人

営業マン向けの求人とかならそれでもまあいいんですが、

専門職である経理はこういう探し方をしない方が良いです。

経理って、専門職向けの転職サイトで探さないと良い求人がなかなか見つかりません。

なぜかというと、求人を出す企業側もこういう専門職向けサイトを活用して

実務経験者限定の採用を行っているからです。

逆にいえば、経理専門の転職サイトをメインで使うだけで、

情報リサーチでライバルに大きな差をつけることができるわけですね。

経理専門の転職サイトでは、

↓例えば以下のような求人を見つけることができますよ。

管理人

  • 年収600万円スタートの実務経験者むけ経理求人
  • 決算前の繁忙期も残業なしなどワークライフバランス型の経理求人
  • 将来の管理職候補として入社できる経理求人
  • 誰もが名前を聞いたことがある超大手企業の経理求人
  • 会計事務所から経理へのキャリアチェンジ歓迎の経理求人
  • IPO準備業務の経験を積むことができる経理求人
  • CFO直下のポジションで働ける経理求人

(ワークライフバランス重視の経理経験者むけ求人)

(経理経験者むけの管理職候補求人)

(会計事務所から経理へキャリアチェンジ歓迎の経理求人)

(上場大手企業の経理求人例)

>>経理経験者は優遇!現在募集中の求人を見てみる

経理の求人が専門の転職サイトなので、

ホワイトな経理経験者むけ求人が大量にありますよ。

一般向けの転職サイトしか使ったことがない人は

驚かれるかもしれません。

管理人

SYNCA(シンカ)

管理部門のキャリアアップ転職SYNCA【SYNCA(シンカ)】*3段階成果

経理職専門の転職サイト(経理経験者は優遇!)

SYNCA(シンカ)は経理専門の転職サイトです。
上場大手企業の経理〜ベンチャー経理まで、経理求人が充実しています。
未経験OKで年収400万円〜の求人や、
実務経験者むけ年収600万円〜のワークライフバランス求人、
管理職リーダー候補の求人など、好条件な経理求人がたくさん見つかりますよ。

(未経験者むけの経理求人例)

(経験者むけの経理求人例)

転職サイトで無料アカウントを作るときには、

希望する年収や、企業規模・職務範囲などを

しっかり目に入力しておくのがコツです。

条件にマッチする求人が出てくるたびにメール通知してもらえます。

↑この希望条件入力をきちんとやらない人が結構多いんです。

転職で成功する人と、失敗する人で差がつくのって

こういうところなのかもしれません。

管理人

仕事のストレスや疲労が限界にまで達すると、

転職サイトに登録する気力すらなくなるものです。

あらかじめ転職サイトに希望条件をしっかり入力しておき、

日常的に最新求人をチェックするくせをつけましょう。

転職サイトを使って普段から求人リサーチをやっておくと、

どうしても今の職場がきつくなったら転職もある

という選択肢を持てて、

過労で倒れたりする前に転職という対策を打てます。

転職サイトは無料で使えていつでも利用を止めることができます。

変な電話連絡とかもないのでリスクはゼロですよ。

(今すぐは転職する気がない人も情報リサーチに使えます)

このブログを読んでくださったあなたは、

ぜひ転職を成功させて下さい。

経理職専門の転職サイトをフル活用して、

ライバルに情報戦で勝ちましょう。

管理人

最後の最後にお伝えしたいこと

転職にしても仕事にしても、

成功する人って結局はこれなんですよね。

管理人

(個人的に衝撃を受けた本です)

 

転職活動を成功させるためもっとも重要なのは情報リサーチです。

経理の仕事目指すなら経理職専門の転職サイトを活用しましょう。

転職サイトへの登録って3分でできる作業です。

無料ですしいつでも解除できるのでリスクなんて何もありません。

変な連絡が来るようなこともありませんしね。

それでも、こういうかんたんな作業ですら

↓以下の2種類の人に分かれます。

管理人

  1. とりあえず今すぐやっておく人
  2. いつまでたっても何かと理由をつけてやらない人

これは転職活動だろうが仕事だろうが同じです。

(あなたのまわりにも2. みたいな人いませんか?)

ほんのちょっとの行動の差ですが、

理想の働き方に近づける人と、

いつまでたっても職場の文句ばかり言っている人とで違いが生じるのはこういうところなんですね。

↓今から1年後に、あなたはこのどちらになっていたいでしょうか。

  • 劣悪な雇用環境で給料も安く、
    雑用ばかりさせられる職場で年齢だけを重ねていく…。
  • やりがいがあり、給料の高い仕事で人間関係も良好。
    ワークライフバランス型の職場でプライベートも充実。

↑もちろん後者を目指しましょう。

>>今すぐ行動を起こす

管理人

経理・会計事務所の経験者におすすめ!

© 2022 会計職のキャリア戦略