経理で年収600万円は難しい?中小企業の管理職候補求人なら難易度は意外に低いですよ

2020年4月13日

  • 経理で年収600万円以上稼げる人は何が違う?
  • どういう求人を狙うべき?
  • 必要な実務スキルは?決算経験だけでは無理?
  • 資格は必要?簿記1級ぐらい持ってないと相手にされない?
経理 年収600万

(経理として年収600万円を超えるための2つの方法を解説します)

 

経理という仕事は営業マンなどとは違って「個人の成果」がなかなか見えにくい仕事ですよね。

実績をあげたらボーナスが出るといったことも少ないですから、

どうしても年収が頭打ち…となってしまいがちです。

その一方で、経理としてコツコツ働き、

30代でも年収600万円以上を稼いでいる人たちがいるのも事実です。

(中には年収1000万円プレーヤーもいます)

この記事を書いている私は、

会計事務所(税理士事務所)で働いた後に経理に転職し、

現在は企業の経理管理職として働いています。

年収は決して高い方ではないですが、

年収200万円台で働いていた頃と比較すると、

3倍以上の年収を稼ぐことができるようになりました。

管理人

経理として年収を上げるためには転職活動のやり方にコツがあります。

この記事では、経理として年収600万円以上を稼げるようになるにはどうしたらいいのか?

について具体例を挙げながら解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

↓※こちらも参照「あなたは性格的にどの経理タイプなのか?」がわかりますよ。

ジャスネットキャリア 経理職のための働き方診断
経理職のための働き方診断やったら「藍色のクジャク」だった件(ジャスネットキャリア)

転職サイトのジャスネットキャリアで無料で受けられる「経理職のための働き方診断」をやってみました。結果は「藍色のクジャク」でかなり参考になりました。5分ぐらいで無料でできる適職診断なので、会計事務所や企業経理の仕事をする方はやってみて損はないと思いますよ。

続きを見る

経理が年収600万円以上稼ぐ方法はこの2つ!

経理 年収600万

(経理が年収600万円を超えるための2つの方法を解説!)

 

結論から先に言うと、経理として年収600万円以上を稼げるようになるためには、

↓以下の2つのどちらかを狙いましょう。

  1. 大手企業(またはIPO準備企業)への転職を狙う
  2. 中小企業の「管理職求人」を狙って転職活動する

2つの方法について、実際の経理求人を見ながら順番に見ていきましょう。

リアルに募集されている求人を見てみることで、

キャリアアップのために、

今の自分には何が必要で何が必要ないのか?がわかります。

管理人

1.大手企業(またはIPO準備などの成長企業)への転職を狙う

経理 年収600万

(大手企業の経理実務経験者向け求人)

経理 年収600万

(大手企業の経理実務経験者向け求人)

経理 年収600万

(大手企業の経理実務経験者向け求人)

>>大手企業・IPO準備企業の経理求人を見てみる

大手企業や、IPO準備中などの成長企業への経理転職で必須要件となるのは、

↓以下のような実務スキルや経験です。

  • ある程度の企業規模での経理実務経験(連結その他)
  • 国際企業ではビジネスレベルの英語力(少なくとも英語へのアレルギーがないこと)
  • 日商簿記1級レベルの簿記知識:公認会計士試験の短答合格や、税理士試験の科目合格などでもOK

※念のためですが、IPO準備企業というのは証券取引所への上場の準備をしている会社のことです。

急成長中のITベンチャーなどでこういった求人が出る傾向があります。

上場企業には公認会計士の監査が入るので、

それに対応できるレベルの経理担当者が必要になるのです。

(こう書くとハードルが高そうですが、ベンチャー企業の経理って「これまでは個人事業主レベルのことしかやってこなかった…」みたいな企業も普通にあります。なので、実際にはそれほど難しくなかったりします)

↓次に、中小企業の経理管理職求人について見ていきましょう。

個人的にはこちらの方がおすすめです。

(ライバルが多い大手経理への転職よりも実現可能性が高い)

管理人

2.中小企業の「管理職求人」を狙って転職活動する

経理 年収600万

(中小企業の経理管理職求人)

経理 年収600万

(中小企業の経理管理職求人)

経理 年収600万

(中小企業の経理管理職求人)

経理 年収600万

(中小企業の経理管理職求人)

>>年収600万円超!中小企業の経理管理職求人を見てみる

中小企業の経理管理職として転職するためには、

↓以下のようなスキル・経験が必須要件になります。

  1. チームマネジメントの経験(ただし、後で見るように意外にハードルは低い)
  2. 決算業務と税務申告を、顧問の税理士などと協力しながら完結できる実務スキル
  3. 社会保険手続きや給与計算などできるとより良い
  4. 金融機関とのやりとり含む資金繰りの管理
  5. 社長の右腕になる!というやる気とバイタリティ

こうして見ると、経理として年収600万円を超えるのはかなりハードルが高い…

と感じてしまった方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、実際に転職活動してみると決してそんなことではありませんよ。

私も今でこそ経理の管理職として働いていますが、

学歴も職歴も普通で、転職時点では人脈なんてなかったです。

20代の頃はブラック企業のような環境でいちスタッフとして働いてましたし、

能力的にも特別優秀なわけではないです。

(簿記知識なんて2級レベルです。転職では決算経験があることの方が大事)

管理人

管理職求人の必須要件になっていることが多いマネジメント経験についても、

↓実際には、このぐらいの経験でも採用される可能性は普通にあります。

  • 2名〜3名程度のチームでとりまとめ役をしたことがある
  • 後輩(新入社員)の指導役になったことがある

中小企業の場合、経理部署は3人〜5人程度のチームで動いていることが多いです。

売上担当・仕入担当・経費担当といったように

担当が別れている人たちのとりまとめ役=経理管理職(経理課長などの肩書き)

という扱いになっていることも多いですね。

ハードルが高いと感じる人は「管理職候補」の求人を狙おう

また「入社時点から管理職」という扱いでの転職だとハードルが高い人は、

管理職候補の求人を狙って見るのも良いでしょう。

↓※経理管理職候補の求人例

経理 年収600万

(中小企業の経理管理職・候補求人)

 

管理職候補の場合、

「入社時点では管理職候補。入社して3年〜5年で現在の管理職とバトンタッチ」

という条件での採用を行なっている企業も多いです。

入社時点で管理職の求人よりも年収はやや下がりますが、

経理として実務経験が3年以上ある人なら、転職成功できる可能性はかなり高いですよ。

>>経理の管理職候補求人で年収を見てみる

【重要!】経理として年収アップするには転職が必須な理由

経理 年収600万

(経理として年収アップするには「転職が必須」である理由を説明します)

 

ひとつの会社でコツコツ働き続けて年収を上げる…

という方法も一応考えられますが、

サラリーマンの年収というのは入社時点でだいたい上限が決まっているものです。

特に、経理という仕事は「個人の成績で出世していく」というような職種ではありませんからなおさらですね。

今の会社で5年以上働いていて、年収がほとんど上がっていないなら、

今後も年収が上がる可能性は低いと言わざるを得ないでしょう。

(これが「頭打ち」という意味です)

管理人

一方で、転職市場全体に目を向けると

経理の実務経験者がノドから手が出るほどほしい…!

と考えている企業はたくさんあります。

これまで個人事業レベルの経理しかやってこなかったベンチャー企業で、

「もう一歩成長するために、経験豊富な経理担当者が必要」

というところとか、

「長年勤めていた経理管理職が近いうちに退職してしまうので、後任候補を探している」

という中小企業はたくさんありますよ。

こういった企業の経理管理職(候補ふくむ)求人をピンポイントで狙っていけば、

経理が年収アップの転職を成功させるのは意外に難しくありません。

今の給料や職場に不満を感じている方は、ぜひ転職を選択肢に入れてみてください。

ハードルは意外に低いですよ。

管理人

経理で年収600万円超を狙うなら「会計職専門の転職エージェント」を活用しましょう

経理 年収600万

(年収の高い経理求人は「会計職専門の転職エージェント」を使えば見つけやすいです)

\ 求む経理経験者!年収600万円〜/

経理の求人を見てみる

まとめ

経理 年収600万

(経理職として年収600万円超を達成することはそれほど難しいことではありません)

 

今回は、経理職として年収600万円を超えるにはどうしたらいいのか?について解説しました。

↓経理として年収600万のハードルを超えるには、

  • 大手企業への転職
  • 経理管理職への転職(主に中小企業)

↑このどちらかを狙いましょう。

特に後者(中小企業の経理管理職狙い)については意外なほどハードルは低いと言えますので、

経理として今の環境に不満がある方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

\ 求む経理経験者!年収600万円〜/

経理の求人を見てみる




Sponsored Links

© 2021 会計職のキャリア戦略