上場企業の経理はきつい?激務?大企業は中小企業と比べてつまらない?

Sponsored Links
  • 上場企業の経理はきつい?
  • ベンチャーや中小企業と比べて仕事内容はどう違う?
  • 平均年収はいくらぐらい?
  • やりがいはある?
読者様

上場企業の経理ってぶっちゃけどうですか?

口コミでは仕事内容がつまらないっていう意見もあるみたいですが…。

そうですね。上場大手企業の経理の仕事は、

ベンチャーや中小企業と比べて「仕事の全体像が見えない」という印象があるかもしれません。

一方で、より高いレベルの会計や税務・財務を経験したい人には、

上場企業の経理はおすすめですよ。

管理人

経理の仕事内容は、会社の規模によってかなり違います。

上場企業の経理は公認会計士の会計監査なども受けなくてはなりませんから、

仕事の責任はベンチャー企業の経理や、中小企業経理よりも大きくなります。

より高いステージで経理として働きたい人には、上場企業の経理を目指すのはおすすめですよ。

私は、上場企業の経理として働いています。

(厳密にいうと、海外の証券取引所に上場している会社の日本法人です)

他に中小企業経理会計事務所などでも働いた経験があるのですが、

今のところ一番やりがいを感じながら働けているのは上場企業経理ですね。

仕事内容が高度になる分、高い年収が得られるのも魅力です。

以下では、上場企業経理の仕事内容や平均年収について紹介します。

上場企業の経理に転職するには何をどうしたらいいのか?についても紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

上場企業の経理はきつい?仕事内容は中小企業とどう違う?

上場企業 経理 きつい

(上場企業の経理の仕事できついのはどんなところ?)

私が実際に上場企業の経理をやっていて、

中小企業の経理職と比較して「きつい」と感じるのは以下のような場面ですね。

管理人
  1. 求められる会計知識のレベルが高い
  2. 経理だけをやっていればいいわけではない
  3. 優秀な人材が多くて競争が激しい
  4. チームプレイが求められる
  5. 給料が高い分だけ求められる能力が高い
  6. 決算業務の負担が大きい

それぞれの内容について、順番に解説しますね。

>>上場企業経理の平均年収はいくら?

1.求められる会計知識のレベルが高い

中小企業では「税金を正しく計算して納めること」が経理のメインの仕事になりますが、

上場企業では「金融商品取引法のルールに沿っていること」が求められます。

最終的には公認会計士の会計監査を受ける必要がありますので、簿記1級レベルの知識は最低でも必要になります。

2.経理だけをやっていればいいわけではない

上場企業の経理では、決算書を作る作業のほかに、会計データを経営に生かせる情報として活用する業務があります。

高度な資金調達や、管理会計や財務戦略についての知識が求められる場面が多いです。

3.優秀な人材が多くて競争が激しい

上場企業は人材が豊富です。

優秀な人たちの中で働くことになりますので、当然ながら自分自身も優秀であることが求められます。

競争意識も少なからずありますね。

4.チームプレイが求められる

中小企業の場合は経理部全体でも数人ということもありますが、上場企業では10名以上の体制で、経理がチームとして動いていくのが特徴です。

後輩を指導したり、逆に上司の様子をみながら仕事をしたりといったことも必要です。

基本的にはずっと同じ顔ぶれで仕事をしていくことになりますから、社員間でのコミュニケーションも大切です。

5.給料が高い分だけ求められる能力が高い

上場企業経理の平均年収は、中小企業経理よりかなり高いです。

一般社員で600万円程度・課長職や部長職になると年収1000万円を超えるケースもあるでしょう。

その分だけ求められる能力は高くなります。

6.決算業務の負担が大きい

上場企業の経理では、決算は四半期ですので年に4回もあります。

中小企業なら年に1回の決算を、3ヶ月に一回やるイメージですね。

決算業務を行う月は相当な激務になります。

年次の決算では公認会計士の会計監査を受けますし、株主総会もあります。

上場企業経理の平均年収について

上場企業の経理は仕事はきついですが、給料はかなりいい方だと思います。

管理職ではないスタッフレベルの求人でも、

上場企業経理では年収500万円〜600万円スタートという求人は普通にありますよ。

管理人
上場企業 経理 きつい

(上場企業経理の求人例:この求人はMSジャパンに登録されています)

上場企業 経理 きつい

(上場企業経理の求人例:この求人はMSジャパンに登録されています)

もちろん、仕事のきつさは増えましたし、内容的にも高度になりましたが、

その分だけの見返りは得ているという満足感はありますね。

また家族手当や家賃補助などの福利厚生が充実しているのも上場企業ならではです。

経理分野でキャリアアップを目指す人は、ぜひ上場企業経理への転職に挑戦してみましょう。

↓上場企業経理の仕事は、会計職専門の転職サイトで多く見つけることができますよ。

上場企業 経理 きつい

(MSジャパンは会計職の求人を専門で扱う転職サイトです)

\ 上場企業経理!年収600万円〜/

上場企業の経理求人を見てみる!

※非公開求人を見るには無料登録が必要です

私が中小企業経理から上場企業経理に転職した理由

私が中小企業の経理職から上場企業の経理職に転職した理由は、

経理分野のスペシャリストとして、より高いレベルの専門知識を身につけたいと思ったからです。

もちろん、中小企業の経理も面白い仕事です。

会社全体を見渡すことができますし、

自分の仕事が直接的に会社の経営に影響してくるという面ではやりがいも感じていました。

しかし、より高度な経理知識を現場で使うとなると、やはり上場企業の経理ですね。

管理人

長期的なキャリアという面で考えた場合も、

上場企業の経理職として働いた経験は、

転職市場で非常に高く評価される傾向があります。

今後もずっと経理の仕事を続けていくかどうかはわかりませんが、

どんな仕事に転職するにしても、上場企業の経理で経験した仕事内容とキャリアは生かせると考えています。

上場企業経理への転職を成功させるには

すでに社会人になっている人が上場企業の経理を目指す場合、

↓以下のようなステップを踏んでいく必要があるでしょう。

管理人
  1. 未経験で経理の実務経験を積める仕事につく
  2. 経理の実務経験者として上場企業に転職する

上場企業の経理への転職を目指すためには、経理の実務経験が必要です。

大手企業経理の場合、未経験者の採用は基本的に新卒だけだからです。

すでに社会人となっているけれど、経理の実務経験がまだないという方は、

まずは会計事務所や中小企業経理で実務経験を積むところから始めましょう。

↓※未経験から経理の実務経験を積む方法についてはこちらの記事で解説しましたので、参考にしてください。

会計事務所で働く
経理の実務経験を積むには?具体的方法3つと未経験転職のポイント

経理求人の条件が「実務経験2年以上」ばかりで応募できない…。未経験者が経理の実務経験を積むにはどうしたらいいの?求人サイトなどをみると「実務経験者のみ」という応募条件になっていることが多いですね。とはいっても、未経験者は経理になれないのか?というとそんなことはまったくありません。この記事では、「経理として実務経験を積み、キャリアアップしていくための3つの方法」を紹介します。

続きを見る

上場企業経理に採用されるために自己アピールすべきことは?

上場企業の経理として採用されるためには、

経理の即戦力として働けることをアピールする必要があります。

過去に経理としてやってきた仕事について具体的にアピールするとともに、

上場企業の経理にも対応できるよう会計の勉強をしていることをアピールしましょう。

管理人

上場企業の経理職は、基本的に新卒採用か、

中途採用は実務経験者のみの募集になります。

私の場合は中途採用だったので、中小企業の経理として仕事をしてきたことをアピールしました。

中小企業経理の経験がある人は、

良くも悪くも会社のさまざまな業務を経験してきているはずです。

経営者に会計情報を通じて助言をするという役割や、資金繰りや納税など、

会社全体の視点(経営者に助言するという視点)を持って働いてきたことが伝わるようにすると良いですね。

また、上場企業経理で必要になる高度な会計知識については、

実務ではまだ経験がないことを認めた上で、勉強を進めていることも伝えましょう。

「あれもできます、これもできます…」ではかえってアピールは弱くなりがちです。

自分には何ができるか、何ができないのかをきちんと把握していることを前面に出した方が、誠実さが伝わりますよ。

簿記1級の会計知識と英語力が必要

他にも、簿記1級の合格や、英語力などがあると、

他の求職者との差別化ポイントになると思います。

管理人

上場企業経理の採用で、アピールになる資格は簿記1級と英語です。

他にも、私のように会計事務所経験者であれば、税理士試験の科目合格がある人もいるでしょう。

税理士試験の簿記論や財務諸表論は簿記1級よりも難易度が高いですから、

取得している人は当然アピール材料になりますね。

英語力でライバルとの差をつける

ただ、上場企業経理を目指す人たちになると、

簿記1級を取得済み・勉強中の人はとても多いのが実際のところです。

これだけでは差別化にはなりにくいですから、

英語に抵抗がない人は身につけておくと良いでしょう。

資格でいえばTOIEC800点、英文会計(BATICのコントローラーレベル)を目指すと良いでしょう。

管理人

海外企業とのやりとりが多い上場企業では、

IFRS(国際会計基準)に対応できる人は今後ニーズが高まっていくと思います。

おすすめはアプリを使った勉強法なら短期間でかなりレベルアップできると思いますよ。

ビジネス英語は受験勉強の英語とは違うので、

何よりも会話ベースでの訓練と毎日短時間でも継続することが大切になります。

↓こちらは1日3分で継続しやすいので私も使っています(スタサプのビジネス版です)


>>スタディサプリ(ビジネス英語版)

男性でも上場企業経理になれる?

経理というと女性というイメージを持つ人が多いかもしれませんが、

実際には経理は管理職レベルになるとほとんどが男性です。

当然、男性でも上場企業の経理として採用される可能性は十分ありますよ。

管理人

上場企業の経理では、女性はスタッフレベルの事務の仕事を行うことが多いのが実情ですね。

男女平等とは言いますが、結婚を機に退職する方が多いので、

管理職レベルまでになっている経理職は少ないのが現実だと思います。

もちろん、長期的に働いていく気持ちがあるなら女性でも出世している人は普通にいます。

上場企業は管理職への女性登用が急務になっていますから、

私の会社でも育児との両立可能な福利厚生を整えつつあります。

(このあたりは上場企業は社会の視線を気にしていますから、動きが中小企業に比べて早いです)

一方で、男性経理は、採用の時点で将来的な幹部候補として見られている可能性が高いです。

経理は会社の数字を管理しているポジションであることから、経営層ともやりとりをする仕事です。

また、ちょっとゆるい内容になりますが、「上場企業の経理」というと、合コンなどでも受けが良いです(笑)

「上場企業」「経理」ということで、堅実なイメージがあるのかもしれませんね。

上場企業の経理はおすすめ?

家族や友人から「上場企業の経理っておすすめ?」と聞かれたら、

きついけど、やりがいがあっていい仕事だよと伝えると思います。

管理人

個人的には、上場企業の経理はおすすめです。

仕事はきついですが、その分きちんとお給料として反映されますし、

大きな組織の中で出世していくことも可能なのは魅力です。

専門的な会計スキルを身につけることができるので、

仕事を頑張ることで、自分の転職市場での価値を上げていくことができます(つまり、年収アップが狙えます)

上場企業の経理経験があれば、会計分野のスペシャリストとしてキャリアアップしていけるでしょう。

以前の私のように、中小企業の経理として実務経験がある人なら、

中途採用で上場企業の経理になれる可能性は普通にあります。

上場企業経理というとハードルが高く感じるかもしれませんが、実際にはそれほどでもないですよ。

経理の実務経験がある人は、ぜひ上場企業の経理に挑戦してみて欲しいですね。

Sponsored Links



Sponsored Links

Copyright© 会計職のキャリア戦略 , 2020 All Rights Reserved.