経理管理職(候補)に必要なスキルとは?転職で評価される実務能力とは

  • 経理の管理職として転職成功するにはどんなスキルが必要?
  • 自己PRとして伝えるべきなのはどんなこと?
  • マネジメント経験って具体的にどんな経験?

経理職として高年収を目指すなら、経理の管理職として働くことは必須です。

(経理課長・経理部長クラスで働くことが必須)

大手企業ならスタッフクラスの経理でも

高年収になれるケースはありますが、

中小企業で働くなら管理職にならないことには

年収ってなかなか上がりませんからね。

管理人

ただ、経理の管理職(あるいは管理職候補)として転職を成功させるためには、自己PRのしかたにコツがあります。

スタッフとして優秀であることと、管理職として優秀であることは別物ですから、別のスキルが求められるわけですね。

この記事では、経理の管理職(あるいは管理職候補)として転職成功するためのポイントについて解説します。

経理経験者としてスキルアップ・キャリアアップを目指す人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

こちらの記事もおすすめ

転職エージェント ランキング ステマ
ネットにあふれる「転職エージェントランキング」ステマにふりまわされないためのコツ

「転職エージェントのランキング多過ぎ…。これってステマじゃないの?」この記事では、ネットの口コミ評判(デマやステマ含む)にだまされないためのポイントを紹介します。参考にしてみてください。

続きを見る

経理職専門の転職エージェントおすすめランキング(口コミ評判)

この記事では経理職として働く人におすすめの転職エージェント会社をランキング形式で紹介しています。経理は一種の専門職なので、どの転職エージェント会社を使うか?は転職活動の成功/失敗が決まってしまうぐらい重要なポイントになります。ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

転職エージェント 使わない
転職エージェントなんて使わない方がいい?メリットとデメリットの両方があるよ

転職エージェントって「絶対に使った方がいい!」という人と「そんなもん使わないでもOK」という人でくっきり分かれますよね。この記事では、転職エージェントを使うべき人とそうでない人の違いをまとめてみました。転職エージェントを使うメリット・デメリットについても解説していますので、参考にしてみてください。

続きを見る

転職エージェント 賢い使い方
転職エージェントの賢い使い方(上手につき合う3つのコツ)

「転職エージェントの賢い使い方は?」この記事では、転職エージェントとの上手な付き合い方(使うコツ)を解説します。転職エージェントは自分に合ったところを使い分けるのが大切です。ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

経理管理職に求められる3つの実務スキル

経理管理職(あるいは管理職候補)に求められる実務スキルとしては、

↓以下の3つが重要です。

  1. 年次決算まで完結できる会計知識と実務経験
  2. チームマネジメントの経験とセンス
  3. 経営と現場の「橋渡し」的な役割

会計や税務についての実務がこなせること(あるいはその素質があること)は最低条件ですが、経理管理職には実務プラスアルファとして求められるスキルがあります。

(上の2.と3.です)

それぞれのスキルの具体的な内容について、順番にみていきましょう。

1.年次決算まで完結できる会計知識と実務経験

経理管理職として働くためには、何よりも会計や税務についての実務を主導できるスキルがなくてはなりません。

管理職候補として採用されることを目指す場合には、少なくともこうした業務を「近い将来に任せることができる」と判断してもらう必要があります。

年次決算業務の経験は特に重要

特に、経理業務の核となる年次決算は、会社の今後を決めるうえで重要な位置を占めます。

それは、決算内容が次期の経営計画や資金繰りを行う指標となるためです。

まさに大仕事と言える難しい業務ですが、それだけに正しい処理ができる経理職は必要とされます。

  • 売上高の確定
  • 棚卸計算や原価差額計算
  • 仮勘定の整理
  • 期間配賦や科目の妥当性確認
  • 減価償却計算
  • 引当金の計算
  • 納税額の計算
  • 計算書類の作成

年次決算の大まかな流れとして、これらのチェックを通ります。

納税額の計算については、決算データを税理士に渡して依頼することになりますが、自身でも税務知識をつける必要があります。

それは、実際に算出されてくる税額が間違っていることがあるためです。

税理士の方もプロとはいえ人間です。確認のための準備は不可欠と言えるでしょう。

こうした決算業務の一連の流れは、早めに理解しておくに越したことはありません。

とはいえ、経理一般職のうちにすべての決算業務を経験することはあまりないでしょう。

一部業務を担当し、少しずつ学習しておくことが肝要です。

2.チームマネジメントの経験とセンス

私自身の経験から言えることとしては、この2つ目が最も大切です。

管理職として働く場合、「自分一人ではとても処理しきれない量」の仕事が与えられます。

(これは当然のことです。管理職の仕事の範囲は部署単位で割り振られますから)

これらをチームで処理していくわけですが、そのチームがきちんと起動するか?は管理職のマネジメント能力しだいだからです。

どんなに会計知識が豊富でも、マネジメントが下手な管理職だと、チーム全体のパフォーマンスはとても低いものになってしまいます。

スペシャリストとしてのスキルだけではなく、

ゼネラリストとしてのスキルが求められるというわけですね。

管理人

なぜならば、部署の雰囲気がそのまま仕事の成果につながるためです。

経理職は分業することが多いため、自分の業務を終わらせてもそれで終わりではありません。

他の経理部員が業務に詰まっていたり不在が続いていれば、完了しないこともままあります。

そのまま期限を過ぎてしまえば、目も当てられません。

そうした状況を防ぐためには、普段から経理部員に目を向けてコミュニケーションをとることが効果的です。

休暇にしていたことや最近している楽しいことなど、なんでもいいので業務の合間に発信すると全体の雰囲気が良くなります。

部署をなごませる役目を積極的に担い、部下から相談されやすいポジションを作ると問題点を素早く把握できるでしょう。

問題が大きくなる前に解決に導くことができれば、部署の流れを滞りなく進めることができ、業務の完遂につながります。

このチーム管理ができる人材は重宝されること間違いありません。

3.経営と現場の「橋渡し」的な役割

経理の管理職というのは、経営者層とのやりとりが頻繁に発生します。

その理由はかんたんで、経理の仕事は「お金に関すること」だからです。

会社の銀行口座にいくらのお金があるか、本当に会社が儲かっているのか…といった情報は、会社によっては従業員には秘密になっていることもあるでしょう。

こうした情報を管理するのがまさに経理管理職の仕事です。

経理管理職には現場と経営層との橋渡しとしての役割があるわけですね。

経理職として、経営陣とのやり取りは役職が上がるごとに多くなっていきます。

そうした際には、経理職の役割をきちんと理解しているかどうかが評価につながります。

キャッシュフローの管理明示化、財務分析、コスト削減の提案など。

会社として利益を上げるために貢献するという点に注力できる管理職に、信頼は当然寄せられます。

上役との日常のやりとりのなか、「そういえば、あれはどうなっているかな?」の問いかけにレスポンス良く答えられる。

それは経理管理職の理想的な状態と言えます。

そうした状態を目指すにあたって、経理・財務の知識を常に更新していく必要があるのはいうまでもありません。

こちらの記事もおすすめ

経理職専門の転職エージェントおすすめランキング(口コミ評判)

この記事では経理職として働く人におすすめの転職エージェント会社をランキング形式で紹介しています。経理は一種の専門職なので、どの転職エージェント会社を使うか?は転職活動の成功/失敗が決まってしまうぐらい重要なポイントになります。ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

転職エージェント ランキング ステマ
ネットにあふれる「転職エージェントランキング」ステマにふりまわされないためのコツ

「転職エージェントのランキング多過ぎ…。これってステマじゃないの?」この記事では、ネットの口コミ評判(デマやステマ含む)にだまされないためのポイントを紹介します。参考にしてみてください。

続きを見る

転職エージェント 使わない
転職エージェントなんて使わない方がいい?メリットとデメリットの両方があるよ

転職エージェントって「絶対に使った方がいい!」という人と「そんなもん使わないでもOK」という人でくっきり分かれますよね。この記事では、転職エージェントを使うべき人とそうでない人の違いをまとめてみました。転職エージェントを使うメリット・デメリットについても解説していますので、参考にしてみてください。

続きを見る

転職エージェント 賢い使い方
転職エージェントの賢い使い方(上手につき合う3つのコツ)

「転職エージェントの賢い使い方は?」この記事では、転職エージェントとの上手な付き合い方(使うコツ)を解説します。転職エージェントは自分に合ったところを使い分けるのが大切です。ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

© 2021 会計職のキャリア戦略