会計事務所から監査法人へ転職できる?税理士から会計士へのキャリアチェンジ方法

2021年8月25日

  • 会計事務所から監査法人に転職できる?
  • 税理士補助としての実務経験はどう評価される?
  • 税理士科目合格でも監査法人に採用してもらえる?
  • BIG4大手監査法人に採用される人の特徴は?

会計事務所(税理士事務所)で働いている人の中には、

税理士業界から会計士業界へのキャリアチェンジを検討している人もおられるでしょう。

いざ転職してから「こんなはずでは…」

なんてことにならないよう、

働き方の具体的なイメージを持っておくことが大切です。

管理人

この記事では、会計事務所から監査法人への転職活動のやり方を解説します。

税理士業界から会計士業界へのキャリアチェンジ成功を目指す人は、ぜひ参考にしてみてください。

会計事務所から監査法人へ転職できる?

会計事務所から監査法人

(会計事務所から監査法人に転職するには?)

 

結論から言うと、会計事務所の経験者が監査法人に転職することは可能です(よくあるキャリアパスです)

私は会計職専門の転職エージェントを使って情報収集をすることが多いですが、

担当のエージェントさんに聞いたところによると

会計事務所経験者のおよそ半数ぐらいは

無事に内定を取るということでした。

(転職活動期間は早ければ1ヶ月〜2ヶ月程度)

管理人

そもそも会計事務所(税理士事務所)で働く人の中には、

もともと監査法人勤務の会計士を目指しているという人は多いですね。

会計事務所で経験を積んだ後、さらなるステップアップとして大手監査法人などへ転職していく人は少なくありません。

また、勤務先の会計事務所所長がもともと公認会計士出身だった場合、

会計事務所でも大手企業の会計監査業務を請け負っていることがあります。

もともとは税理士として独立希望だったけれど、

仕事を通じて会計士の仕事に興味を持って監査法人へキャリアチェンジというケースもあります。

監査法人に転職するには会計士資格は必要?

読者様

監査法人に転職するために、

会計士資格やUSCPA資格は必須でしょうか?

大手監査法人(BIG4)の監査部門求人では必須です。

逆に、小規模〜中堅の監査法人では必須ではありません。

また、大手監査法人の場合は

どの職種に応募するのか?

によっても必要資格が違いますよ。

管理人

↓大手監査法人とは、一般的に「BIg4」と呼ばれる以下の4法人を指します。

  • あずさ監査法人
  • 監査法人トーマツ
  • EY新日本監査法人
  • PwCあらた監査法人

これら大手監査法人の監査部門採用では、

公認会計士有資格者(論文合格者)か、USCPA(米国公認会計士)の有資格者が対象となります。

会計事務所から監査法人

(大手監査法人の監査部門求人)

 

純粋に会計士として大手監査法人で監査業務をやりたい人は、

公認会計士資格を取得してから就活を始めるのが良いでしょう。

>>監査法人の実際の求人を見てみる

ただし、大手監査法人でも公認会計士資格なしで採用されるケースはある

もっとも、大手監査法人でも募集職種によっては必ずしも会計士有資格者でなくても採用されるケースがあります。

具体的には、会計アドバイザリー業務などをメインとする職種で募集されているケースですね。

↓例えばこちらはBIG4の大手監査法人求人ですが、

税理士科目合格以上でも採用候補となっています。

管理人
会計事務所から監査法人
会計事務所から監査法人

(大手監査法人のアドバイザリー部門求人)

 

将来的には会計士として監査業務で働きたい人も、

こうした職種を狙えば大手監査法人に転職することができます。

こうした職種の場合、会計事務所での税理士補助としての実務経験も自己PRに使えますので、採用される可能性は非常に高くなるでしょう。

まずはこうした職種を狙って転職活動は完了してしまい、

働きながら公認会計士資格の合格を目指すのもありだと思います。

例えば、EY新日本有限責任監査法人では「トレーニー」という制度を導入しており、入社後に働きながら資格取得を目指せるようになっています。

実際に会計士の仕事内容を横で見ながら勉強できるのはモチベーションにつながります。

大手監査法人は税理士事務所よりも給与や福利厚生がはるかに良いのも魅力ですね。

>>大手監査法人の税理士事務所経験者向け求人を見てみる

小規模〜中堅監査法人の場合、公認会計士資格は必須でない

監査法人というと「大手監査法人で上場企業の会計監査をやる」というイメージが強いですが、

比較的小さな規模で活動している監査法人も多くあります。

(全国で約250ほどの監査法人があります)

BIG4の従業員数は3000人以上ですが、

準大手監査法人で数百名程度、小規模な監査法人なら従業員10名以内ということもありますね。

↓なお、準大手監査法人というのは、

以下の5社をいいます(公認会計士・監査審査会という組織が決めている基準による分類)

  • 太陽有限責任監査法人
  • 仰星監査法人
  • 東陽監査法人
  • 三優監査法人
  • PwC京都監査法人

こうした小規模〜中堅監査法人への転職にあたっては、

監査部門の採用であっても、公認会計士資格は必須要件ではありません。

税理士資格や税理士科目合格でも

↓採用される可能性は普通にありますよ。

管理人
会計事務所から監査法人

(中堅規模の監査法人の求人例1)

会計事務所から監査法人

(中堅規模の監査法人の求人例2)

 

会計事務所から監査法人への転職を目指すなら、まずはこうした中堅規模の監査法人を狙ってみるのも一つの選択肢です。

中堅監査法人で働きながら会計資格を取得し、

さらに大手監査法人(BIG4)への転職を狙うというキャリアプランも現実的と言えます。

税理士から公認会計士へのキャリアチェンジ

いま会計事務所で働いている人が、

↓公認会計士への転職を目指すなら以下のようなキャリアプランが現実的です。

  1. まずは公認会計士試験の短答式に合格する
    1年に2回チャンスがあります(5月と12月)
    また、税理士試験の簿財と試験内容が共通していますから、働きながらでも短期合格を目指せます。
  2. 監査法人に転職する
    会計事務所での実務経験と、短答式合格を武器にすればハードルは高くないはずです。
  3. 働きながら論文式合格を目指す
    公認会計士試験は短答式よりも、論文式の方が難易度が低いです(もちろん簡単ではありませんが)

監査法人に転職するためには、

↓少なくとも公認会計士試験の短答式合格が必須になります。

(これは税理士事務所とはちょっと異なる点ですね)

会計事務所から転職

(監査法人の求人例)

会計事務所から転職

(監査法人の求人例)

>>監査法人の求人を見てみる

公認会計士試験は

  • 1次試験(短答:センター試験みたいなもの)と
  • 2次試験(論文)に分かれているわけですが、

↓それぞれの直近試験の合格率は以下のようになっています。

  • 1次試験(短答)
    直近の合格率:20%前後
  • 2次試験(論文)
    直近の合格率:40%前後
  • 短期合格者の平均勉強時間
    2500時間〜3500時間

※資格スクールTACが公表している数字を参考にしています

社会人として公認会計士試験合格を目指す場合、

2年〜3年程度の受験プランを立てておく必要がありますね。

管理人

もっとも、税理士試験の簿財科目合格レベルまで勉強が進んでいる人なら、

1年程度で短答式合格レベルになれるかもしれません。

短答式試験でもっとも比重が大きいのが財務会計ですが、

これは税理士試験の簿記論・財務諸表論と内容的な共通部分が多いです。

なお、働きながら試験合格を目指すなら、

受験勉強と両立しやすい環境で働くことも大切です。

職員の試験勉強を応援してくれる会計事務所への転職も選択肢に入れましょう。

短期合格者の勉強時間は2500時間〜3500時間(公認会計士試験)

短答式試験は1年に2回受験チャンスがあります(例年5月と12月)

↓受験科目は以下の4つです。

  1. 財務会計論
  2. 管理会計論
  3. 監査論
  4. 企業法

税理士試験の税法科目のような「理論丸暗記」がないので、

人によってはとっつきやすい内容かもしれません。

(管理会計なんかは勉強内容そのものとしてかなり面白いです)

すでに税理士試験の科目合格レベルの学力がある人なら、比較的短期間での合格は可能でしょう。

もちろん、公認会計士試験は日本最難関といわれる国家試験です。

合格までの道のりは簡単ではありません。

管理人

論文式試験は合格率が比較的高い(40%前後)ようですが、

この数字は分母が「短答式に合格した人たち」であることにも注意しておきましょう。

(優秀な人たちの中で、頭ひとつ抜け出す必要があります)

労働環境が劣悪なブラック事務所でぜったいに働きたくない人へ

(ブラックな会計事務所で働きたくない人へ)

いま働いている人も、これから働く人も、

ブラックで過酷な環境で働きたくないなら、

働く事務所をまちがえないことがたいせつです。

(求人探しの段階でブラック事務所を候補にいれないこと)

そのためには、転職活動の準備段階で

情報リサーチをしっかり行うようにしてください。

具体的には税理士業界専門の転職サイトを使って、

いま世の中に出ている最新の事務所求人をチェックするようにしましょう。

↓以下のような転職サイトを使うと、

会計事務所の求人情報にアクセスできるようになります。

無料アカウントを作っとくと、

いろいろ条件指定して求人検索できるようになるので便利ですよ。

管理人

ヒュープロ(税理士業界専門の無料転職サイト)

ホワイト事務所の求人多数あり!

ヒュープロは、税理士業界専門の無料転職サイトです。
↓以下のようなホワイト事務所求人がたくさん見つかりますよ。
未経験資格なしOK年収400万円の求人
経験2年以上で年収600万円の求人
BIG4など大手税理士法人の求人
税理士試験と両立しやすい残業なし求人

↓ヒュープロ掲載の事務所求人の例(画像クリックで拡大)

(実務経験者むけの求人)

(未経験者OKの求人)

マイナビ税理士

科目合格3科目以上の人へ!有資格者ための転職サイト

マイナビ税理士は、転職大手マイナビが運営する税理士専門転職サイトです。
BIG4税理士法人国内大手税理士法人など大手事務所の求人が豊富にあるのが特徴ですね。
ただし、登録時に科目合格をチェックされ3科目以上合格の人が目安となるので注意しておきましょう。

マイナビ税理士 評判

(BIG4税理士法人の求人)

マイナビ税理士 評判

(国内大手税理士法人の求人)

いろんな転職サイトを比較してみたい人は

↓こちらの記事で選び方を解説してますのでどうぞ。

管理人

↑これらのサイトのように、

税理士事務所の求人だけ

専門であつかう転職サイトを使うのが、

この業界での転職成功のコツです。

税理士業界専門のサイトなら、

ハローワークや、一般向けの転職サイト(リクナビなど)よりも

登録されている求人の質が高いんです。

管理人

正直、税理士業界に転職するなら

ハローワークは使わない方が良いと私は思ってます。

(実際、私が1社目に入社したブラック事務所はハローワーク経由で応募しました)

情報リサーチには税理士業界専門の転職サイトを使うようにしましょう。

税理士業界専門サイトなら、

↓例えば以下のような求人を見つけることができますよ。

  • 未経験・資格なしでも年収400万円スタートの事務所求人
  • リモート勤務OKな税理士事務所求人
  • 税理士試験と両立できるワークライフバランス重視の求人
  • 一般企業の経理で会計事務所経験者を積極採用している求人
  • 相続税申告の実務経験を積むことができる事務所求人
  • 将来的に独立を目指すのもOKな事務所求人
  • 医業や社福法人など「もうかる分野」で活動している事務所求人
  • 社労士や司法書士など他分野の士業と提携している事務所求人

(在宅ワークOKな会計事務所求人)

(実務経験者向けの資産税事務所求人)

(未経験・資格なしでも年収400万円〜の求人)

(科目合格者は待遇面で優遇してもらえる事務所求人)

>>現在募集中!税理士事務所求人を見てみる

(ライバルに負ける?)今すぐは転職しない人も転職サイトへの無料登録はやっとくべき理由

(今すぐは転職する気はない人も、転職サイトへの無料登録だけは早めにやっときましょう)

今すぐは転職する気はないけど、

今の環境にはなんとなく不満と不安がある…。

(なのでいろいろ調べてる)

↑私のブログを読んでくださっている方の多くは、

おそらくこういう段階だと思います。

転職活動って正直ハードルが高いですよね。

転職なんて、

人生でそう何度もあることではありませんから。

管理人

ただ、こういう段階の人も、

転職サイトへの無料登録だけは早めにやっておいた方が良いです。

(転職サイトは完全匿名で使えます)

転職って運もあって、

たまたま良いタイミングで、良い求人に出会えるか?

で決まっちゃうことも多いんです。

なので、転職サイトに登録だけはやっておいて、

常に最新の求人情報がスマホに入ってくるようにしておくのが重要ですよ。

転職サイトで無料アカウントを作って、

自分が求める年収条件などを登録しておきましょう。

これだけやっておくと、

条件にマッチする求人が出るたびに自動通知してもらえて便利です。

好条件な求人を見逃すリスクがなくなりますよ。

>>「なんで無料?電話勧誘がしつこい?」など、
転職サイトについてのよくある質問はこちら

現状への不満とストレスが限界を迎えると、行動する気力がなくなる

(いまの環境への不満とストレスが限界を迎える前に手を打っておきましょう)

 

いま現在の環境への不満とストレスが蓄積されると、

転職サイトに登録する気力すらなくなるものです。

(そうなると、さらに現状への依存度が高まって

抜けられなくなる…という無限ループにはまりがち)

転職サイトで気になった求人をブックマークしておくだけでも、

今の場所で精神的に限界が来たら転職もある。

自分には別の選択肢もある。

↑と気づけます。

ストレスでどうしようもなくなる前に転職という手を打つことができますよ。

これって、今の職場で働く上でも

精神的な安定につながります。

いい意味での逃げ道を常に準備しておくのが大事ですね。

(英語では「プランBを持っておく」的な言い方をします)

管理人

転職サイトは無料で使えて、

合わないと感じたらいつでも解除できます。

(変な連絡がくるようなこともありません)

今すぐは転職できない人も、

無料アカウント登録だけはやっておきましょう。

優良求人が集まっている

↓おすすめの転職サイトはこちらです。

(完全無料・完全匿名で使えるサイトです)

\ 未経験・資格なしOK!年収400万円〜/

無料登録して求人を見る

>>「なんで無料?電話勧誘がしつこい?」など、
転職サイトについてのよくある質問はこちら

なぜ「最大手のリクナビ」をおすすめしないのか?

(会計事務所に転職するなら「税理士業界専門」のエージェント会社を使いましょう)

 

転職サイトっていろんなところがありますよね。

この記事を書いている2022年現在で、

なんと1万社以上あるそうです。

最大手のリクナビの方が、

学生時代の就活でも使ったのでなじみがある…

という方も多いかもしれませんね。

管理人

ただ、税理士業界って採用側も応募側もかなり事情が特殊です。

必ずしも大手の事務所が環境良いわけではないですし、

仕事探す側も税理士受験生だったり、

キャリアスタートの年齢が高めの人が多かったりと、

普通の求職者とは異なる事情が多いんです。

こういった「特殊事情」をふまえて転職活動していくなら、

税理士業界専門の転職サイトを使うべきです。

見られる求人の質がまったく違いますし、

担当してくれるエージェントも

会計事務所経験者だったりするので、

税理士業界の裏事情にものすごく詳しいんですね。

  • ブラックな会計事務所で絶対に働きたくない人
  • 将来は独立を見すえ、ちゃんと年収を稼げる税理士になりたい人
  • 税理士試験との両立ができる事務所で働きたい人
  • 会計事務所での経験を生かして経理に転職したい人

↑これらに該当する人は、

税理士業界専門の転職サイトを活用しましょう。

転職サイト・転職エージェントについてのよくある質問(と回答)

転職サイトや転職エージェントについての

↓よくある質問と回答はこちらでまとめています。

管理人

税理士事務所の求人探すならここ!おすすめ転職サイトランキング【厳選5社】

この記事では、税理士業界(会計事務所)への転職を目指す人におすすめの転職エージェントを紹介しています。税理士業界はかなり特殊な業界です。年収や福利厚生が良い会計事務所求人を見つけたい人は、税理士業界(会計事務所)専門の転職エージェントを使うようにしましょう。

続きを見る

税理士事務所なんてどこもブラックばかり…という方へ。

おそらく「求人を探す場所」でミスをしている可能性が高いです。

(まちがえてもハロワとかリクナビで探さないでください)

年収などの条件が良いホワイト事務所の求人は、

税理士業界専門の転職サイトで探しましょう。

管理人

↓下記サイトは税理士事務所の求人だけを専門で扱う無料転職サイトです。

  • 在宅対応で繁忙期も残業ゼロの事務所、
  • 税理士試験と両立できる環境の事務所
  • 未経験資格なしでも年収400万円〜

↓などなど、好条件なホワイト事務所の求人が多数ありますので、

無料登録して求人検索してみてください。

(無料アカウントを作ると年収や残業時間などの詳細をチェックできます)

(ヒュープロは税理士事務所の求人専門の無料転職サイトです)

\ ホワイト事務所の求人多数あり/

無料登録して求人を見てみる

© 2022 会計職のキャリア戦略