経理から経営企画に転職!向いてる人や志望動機・キャリアプランを解説

2020年4月2日

  • 経理から経営企画に転職するには?
  • 経理としての実務経験は評価してもらえる?
  • 経営企画の平均年収っていくら?

現在、経理の仕事をしている人の中には、

経営企画の仕事に興味がある方も少なくないでしょう。

↓経営企画は、経理と同じく会社の数字をあつかう仕事ですが、

以下のような違いがあります。

  • 経理  :決算書を作る仕事
  • 経営企画:決算書を使う仕事

経営企画は会計データを経営にどう生かすか?を考える部署です。

決算業務や税金計算よりも、

管理会計や原価計算、予算作成の仕事に興味がある方は、

経理よりも経営企画向きといえるでしょう。

管理人

経営企画の求人は、経理の実務経験があることが必須要件になっていることが多いです。

「経理から経営企画」というキャリアパスは比較的実現しやすいといえます。

この記事では、経理経験者が経営企画に転職する方法を解説します。

実際に募集されている経営企画の求人を参考に

経営企画の平均年収や求められる実務経験などの具体的な情報もお教えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

経営企画の平均年収はいくら?求められる必須要件とは

経理から経営企画

(経営企画の実際の求人で必須要件や年収を見てみましょう)

 

実際に募集されている経営企画の求人をみてみましょう。

冒頭でもお伝えしたように、

↓経営企画の採用は「経理の実務経験がある人」を対象に行われることが多いです。

経理から経営企画

(経理経験者むけの経営企画求人)

経理から経営企画

(経理経験者むけの経営企画求人)

経理から経営企画

(経理経験者むけの経営企画求人)

経理から経営企画

(経理経験者むけの経営企画求人)

経営企画は経理経験者向けに募集されることが多いですから、

必然的に中途採用になります。

入社初年度の平均年収は450万円〜500万円程度になるでしょう。

なお、経営企画は仕事内容に経営者とも直接的につながる仕事ですので、

将来の経営幹部候補として採用されるケースも少なくありません。

>>求む経理経験者!募集中の経営企画求人を見てみる

経営企画の仕事内容とは?経理との違い

経理から経営企画

(経理から経営企画になるには?仕事内容の違いとキャリアパスを解説)

 

経営企画とは、経営戦略を考える組織のことです。

具体的には、短期・中期・長期ごとの経営計画(予算)を立て、予算と実績の差異をチェックしながら経営者のサポートをするのが仕事内容になります。

また、会社がさまざまな投資を行うような場合に、

その投資案件ごとのリスクリターンを算出し、経営判断に役立つ資料を作成するのも経営企画の仕事です。

例えていうなら、「経営者の知恵袋(ふところ刀)」のような仕事内容になります。

このことを反映して、経営企画は経営者の直属と組織になっていることが少なくありません。

また、会社を全体的にみる視点が求められる仕事なので、

会社の数字に強いこと」が適性として求められるのも特徴です。

そのため、経営企画は経理の実務経験がある人が、次のステップとして配属される部署になっている会社も多いですね。

会社の代表・役員・各部署の長と直接やり取りをすることが多い仕事です。

経理と経営企画は同じ組織内が多い

上で「会社の数字に強いこと」が経営企画として働くために必要な適性というお話をしました。

↓さらに細かくいうと、経理と経営企画には次のような違いがあります。

経理と経営企画の違い

  • 経理  :会社の過去の数字を扱う仕事
  • 経営企画:会社の未来の数字を扱う仕事

会計の勉強をある程度進めている方なら、「経理は財務会計、経営企画は管理会計」といった方がイメージしやすいかもしれませんね。

経理の仕事は法律のルールに従って会計データを作成し、最終的に決算書や税務申告書を作るのが使命です。

一方で、経営企画は経理が作成した会計データを参考に、会社の未来に向けての施策を考える部署というわけです。

経理部と経営企画部は一体の部署になっていることが多い

このように、経理の仕事と経営企画の仕事は密接な関連性を持っています。

例えば、「経理が月・半期・年度ごとに会計データを作成し、それを元に経営企画が経営戦略を立てる」といった感じですね。

そのため、経理部と経営企画部は同じフロアに部署があったり、人材がお互いの部署をいったりきたりしたりしていることが少なくありません。

大手企業ではこの2つの部署は分離しているのが普通ですが、中小企業の場合には、そもそも一つの部署になっているケースもありますね。

Sponsored Links

経理から経営企画になるには

経理から経営企画

(経理から経営企画にキャリアアップするには?)

では、具体的にどうしたら経理から経営企画にステップアップできるのでしょうか。

まず、経理職も経営企画職も未経験で、いきなり経営企画に採用される可能性があるか?ですが、結論からいうとこれは厳しいです。

上でもみたように、経営企画の仕事は経営全体を見渡す能力が求められる上に、会社の非常に重要な機密に触れる仕事だからです。

↓現実的に、未経験から経営企画になるためのキャリアプランとしては以下のようなケースがもっとも可能性が高いでしょう。

経営企画へのキャリアパス

  1. まず経理としてキャリアスタート
  2. 経理として実務経験を積む
  3. 経営企画に部署を異動

また、中途採用で経営企画職を採用している企業もあります。

↓そのため、以下のようなキャリアパスも考えられるでしょう。

経営企画へのキャリアパス

  1. まず経理としてキャリアスタート
  2. 経理として実務経験を積む
  3. 経営企画職を募集している企業に中途採用で転職

すでに経理の実務経験がある場合は?

今は経理の仕事をしているけど、本当は経営企画の仕事がしてみたい」と考えている方は、

所属している会社でそうしたキャリアパスを実現した人が過去にいるか?を調べてみましょう。

もし、過去にそうした例がないのであれば、残念ながら今の会社で経営企画になることは非常に厳しいかもしれません。

人事というのは会社にとって長期的な視点でルールを作る必要があることですから、前例のないキャリアルートを自ら作るというのは相当な努力が必要になります。

いま所属している会社で「経理から経営企画」というキャリアアップの実績がないなら、

中途採用の経営企画職の求人を探してみることも選択肢に入れましょう。

会計職専門の転職エージェントなら、「経理から経営企画」というキャリアアップを狙っている方向けの求人を無料で紹介してくれますよ。

経営企画に必要なスキルは?

経営企画の仕事の流れとして、現状把握→経営分析→経営計画→経営戦略という流れがあります。

現状把握で必要なスキルは経理の知識と経験です。

経営分析は損益が会社のどこでどうやって出ているのかの謎解きが必要です。

経営計画は分析を元にこれからの業務の増減を把握する必要があります。

各事業所や部署の長とコミュニケーションを図って情報を仕入れるスキルも必要でしょう。

そして経営戦略ではこれまで集めた情報を元にどうやったら計画通りに進むかを考えます。

会社の未来を決める部分なので、会社の代表や役員、上役とのやり取りになります。

自分より目上の人と接することが多いので説得力のある説明や資料作りのスキルが必要です。

経理として経験しておくべきこととは

経理の業務として損益計算書・貸借対照表を作成します。

その過程で「今月はやけに損失が多いな」「今期前半は売り上げが好調だ」というような他期間と比べてどうだったかということを意識すると良いと思います。

それが解るようになってくると、その増減の理由が日頃現場とやりとりしている経理なら自然と目星を付けられるようになります。

そして経理のうちに会社の業務の把握と他部署との人間関係を構築しておくことをおすすめします。

経理は経営企画より現場に近い存在にあります。

業務を把握するために現地調査や棚卸に立ち会うのもよいですし、日頃から他部署の長や現場スタッフとコミュニケーションを取ることで、後々情報を収集しやすくなります。

経理の知識を持つ人や経験者が経営企画に

まず経営戦略を立てるために必要なことがあります。

一つ目は経理の知識があることです。

そもそも現状の損益が把握できないことには先の計画を立てることができません。

経理が用意した資料を読み解けなければ話にならないのです。

二つ目は会社全体の業務・契約・お金の流れを把握していることです。

どんな部署でどんな売り上げが上がるのか、どんな支払いが発生するのかわからないと戦略を立てることができません。

その為、経理経験者が経営企画にステップアップすることが多いのです。

会社によっては経理と経営企画、二足の草鞋を履くことも少なくありません。

ブラック環境な経理としてぜったいに働きたくない人へ

ブラックで過酷な環境で働く経理になりたくない人は、

経理職専門の転職エージェントを使って情報収集しましょう。

↓こちらの転職サイトに無料登録して希望条件を入力しておくと、条件の良い経理求人の情報にアクセスできるようになります。

SYNCA(シンカ)

現役経理の方は優遇!経理の求人探すならここ!

SYNCA(シンカ)は経理求人専門の転職エージェント会社です。
ベンチャー企業から中堅企業・上場大手企業まで、さまざまな企業規模の経理求人を見つけることができますよ。
経理経験者で年収600万円スタートなど、高年収の求人を探している方はぜひ登録しておきましょう。

synca

(求人例:ソーシャルゲーム企業の経理職)

synca

(求人例:上場企業のCFO直下ポジション)

転職エージェントは実際に事務所をまわって企業の採用担当者にヒアリングし、

その企業の社風や経理部の組織体制(男女比率や年齢構成など)、給料や雇用環境がどうなっているのか?を現場でリサーチしています。

転職エージェントは、こうして集めた求人情報の中から特に条件の良い企業の経理求人を「非公開求人」として紹介してくれます。

なので、ハローワークの求人などではあり得ないような好条件の企業を選択肢にできるんです。

なお、転職エージェントにお金を払うのは採用を行う事務所側だけなので、私たち求職者側は無料で使えます。

何件求人を紹介してもらってもお金が1円もかかることはないので、安心して使うことができますよ。

転職エージェントが持っている非公開求人には、

↓以下のような特に条件の良い求人がそろっています。

管理人

  • 未経験・簿記資格なしでも年収400万円スタートの経理求人
  • 経理の実務経験者スタッフとして年収600万円稼げる求人
  • 繁忙期も残業が存在しないワークライフバランス型の経理求人
  • 会計事務所から経理へのキャリアチェンジ歓迎の経理求人
  • 誰もが名前を聞いたことがある超大手企業の経理求人
  • 最初から管理職候補として入社できる経理求人
  • SaaSやDX対応など話題の業種企業で働ける経理求人
  • IPO準備や国際会計などハイレベルな実務経験が積める経理求人

(経理の実務経験者向け求人:上場企業の将来の管理職候補)

(未経験者もOKの経理求人の例)

入社時の条件面でゆずれない条件がある人は、経理専門の転職サイトに登録して非公開求人の情報が入るようにしておくようにしましょう。

>>経理職専門の転職サイトで実際の求人を見てみる

経理に転職する人は「経理専門の転職エージェント」を使わないとダメな理由

転職エージェント会社っていろんなところがありますよね。

リクナビとかマイナビとかの方が学生時代の就活でも使ったのでなじみがある…という方も多いかもしれません。

ただ、経理として働くことを目指している人は、経理職専門の転職サイトを使った方が良いです。

リクナビ・マイナビは求人の「数」が多いのが強みですが、

求人の「質」で見ると経理専門の転職サイトの方が条件の良い求人を見つけやすいですよ。

また、経理職専門の転職エージェント会社の場合、

いざ本格的に転職活動を始める際に支援してくれるエージェントも経理職出身だったりします。

経理という職業の強みや弱みについてとてもよく理解してくれているので、志望動機や職歴書の作成から面接対策まで、良いアドバイスをしてくれますよ。

転職サイトに登録されている求人を検索しても、リクナビ・マイナビと経理職専門サイトとでは求人の質がまったく違うのに気づかれると思います。

ブラック企業で働きたくない人や、ちゃんと年収稼げる経理になりたい人は、経理職専門の転職エージェントを使うようにしましょう。

(※転職サイトに登録しておくと求人をいろいろみられるようになります。今は情報リサーチの段階の人も早めに登録しておきましょう)

>>経理職専門の転職サイトを見る

© 2021 会計職のキャリア戦略