経理経験者は社会福祉法人の求人を狙え!おすすめな理由を解説

  • 社会福祉法人の経理求人ってどう?
  • 一般企業と比較して仕事内容や職場の雰囲気はどう違う?
  • 雇用は安定している?給料はどのぐらい?

社会福祉法人の経理は、一般企業の経理とは働き方がかなり違います。

メリットとデメリットの両方があると思いますが、

地元で働けて、安定した収入と福利厚生を求める方には適した労働環境といえるのではないでしょうか。

また、社会福祉法人の経理はかなりの高年収です。

(意外に感じる方も多いかもしれませんが)

>>社会福祉法人経理の平均年収ってどのぐらい?

経理として働いているけれど、今のお給料に不満がある…という方は、転職先の選択肢に入れる価値はあると思います。

私は社会福祉法人で15年間の経理担当者をやっています。

経理の実務経験がある人には、

社会福祉法人での経理の仕事はおすすめですよ。

転職経験者

この記事では、社会福祉法人経理の仕事内容や年収の実態を紹介します。

実際に求人を見るときのポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

社会福祉法人経理と一般企業経理の仕事内容の違い

社会福祉法人 経理 求人

(社会福祉法人の経理の仕事内容とは?)

 

社会福祉法人の経理と、一般企業の経理では仕事内容にどのような違いがあるでしょうか。

↓具体的な違いとしては、以下の3つのことが挙げられます。

  1. 国保連や市町村に対する請求業務
  2. 社会福祉法人独自の会計基準
  3. 勤務先での利用者向けイベントや催し事の手伝いなど

それぞれの内容について解説していきます。

転職経験者

1.国保連や市町村に対する請求業務

↓社会福祉法人には、収入として以下の2つがあります。

  1. 利用者から受け取る利用料
  2. 国保連や市町村から受け取るサービス報酬

特殊なのが後者の「国保連や市町村から受け取るサービス報酬」で、役所から受け取る収入になります。

独自の請求ソフトを使っているケースが多いので、入力作業に慣れるまでは少し時間がかかるかもしれませんね。

もっとも、それほど複雑な仕組みではありません。

経理経験がすでにある方ならそれほどハードルは高くありません。

2.社会福祉法人独自の会計基準

社会福祉法人には、その名も「社会福祉法人会計基準」という独自の会計基準があります。

社会福祉法人は非営利法人ですので、財務状況や安定性を公表することが求められます。

こちらも一般企業で使っている会計ソフト(弥生会計や勘定奉行)とは異なる独自の会計ソフトを使っているところが多いですね。

単純な入力作業として慣れていくのはそれほど難しくありませんが、

会計基準の意味まできちんと理解して運用していくには勉強が必要です。

3.勤務先での利用者向けイベントや催し事の手伝いなど

これは勤務先によって扱いが異なりますが、

自分が所属している社会福祉法人が提供しているサービス(介護など)のお手伝いを行うことがあります。

もちろん、資格がないとできないような難しい業務は行いません(それらの仕事が専門の人たちがいます)

日常的には経理の仕事をしていますので、ときどき行われるイベントや催し事の手伝いをする程度です。

私の勤務先では、介護施設利用者のために遠足の引率をしたり、夏祭りで利用者の誘導したりなど、簡単なお手伝いを行うことがあります。

>>社会福祉法人の経理って給料いいの?

社会福祉法人の経理として働くメリット

社会福祉法人 経理 求人

(社会福祉法人の経理として働くメリットとは?)

 

社会福祉法人の経理の仕事を、

↓一般企業の経理と比較すると以下のようなメリットがあります。

  1. 雇用や給与が安定している
  2. 職員を育てる研修制度が充実している
  3. 地域交流や利用者との触れ合いなどがある
  4. 利益目的で運営されていないので、のんびりした雰囲気で働ける
  5. 自分自身の老後などにも必要になる情報や知識にくわしくなれる

社会福祉法人ってのんびりした雰囲気の職場が多いです。

経理の仕事そのものは好きだけれど、企業のビジネスライクな人間関係に向いてないと感じる人にはおすすめですよ。

施設の利用者と直接やりとりができて感謝される仕事

経理ってバックオフィス系の仕事なので、

一般企業ではなかなか「お客さんと直接触れ合う機会」というのがありませんよね。

利用者との交流ができる介護施設での職場では、経理という事務職ではあっても直接感謝してもらえる場面が多いのでやりがいを感じます。

事務所にこもってパソコンと向き合っていると気分が滅入って身体が疲れますが、

そんなときに利用者の方が親しく話しかけてきてくれたりすると、気分転換やリフレッシュになります。

社会福祉法人経理の毎月の業務スケジュール

毎月の業務スケジュールについて簡単にまとめると、

以下のような感じになります。

転職経験者
  • 上旬(10日まで)
    利用料、サービス報酬等請求処理
    時間外等の計算
    前月分の入力データの確認
  • 中旬
    領収書の整理
    債権の回収
    債務の支払準備
  • 下旬
    給与の支払
    債務の支払

社会福祉法人の経理は「国保連への請求」をベースに仕事が動いています。

この業務は毎月10日までと期限が決まっているので、上旬に業務がギュッとつまる感じになります。

社会福祉法人経理の平均年収はいくらぐらい?

社会福祉法人 経理 求人

(社会福祉法人の給料は高い?安い?)

 

社会福祉法人の経理は、はっきりいって年収などの条件が非常に良いです。

特に、経理経験者は管理職や管理職候補として入社できるケースが多いので、

↓下記のようにかなり条件の良い求人がたくさんあります。

社会福祉法人 経理 求人

(社会福祉法人の経理求人例)

社会福祉法人 経理 求人

(社会福祉法人の経理求人例:企業グループ内に社会福祉法人がある場合)

 

なお、社会福祉法人会計については未経験でも応募できるケースがほとんどです。

一般企業である程度の経理実務経験を積んでいる人なら、

採用してもらうのはそれほどハードルは高くないと思いますよ。

逆にいうと、未経験者は応募できる社会福祉法人求人が少ない印象です。

これから経理としてキャリアスタートという人は、

まずは一般企業の経理求人を狙ってみるのが良いかもしれません。

転職経験者

>>社会福祉法人の経理求人で年収を見てみる

社会福祉法人の経理として働くデメリット

一般企業の経理と比較した場合、

社会福祉法人の経理のデメリットとしては以下のようなことがあります。

  1. 社会福祉法人への会計監査
  2. ひんぱんな制度改正への対応
  3. マニュアルにない職場の独自ルールが多い

社会福祉法人は会計監査が義務付けられており、監査が近づくと業務量が増えます。

上場企業では公認会計士の監査がありますが、

中小企業の経理では「監査を受ける」ということ自体が少ないでしょう。

顧問税理士さんの月次監査とかはあると思いますが、

それほど厳密なものではありませんよね。

転職経験者

また、介護保険制度など公的ルールに従って業務をやっていく必要があります。

こうした制度はほぼ毎年改正がありますので、情報のアップデートが欠かせません。

(改正に対応しなければ、収入源である利用料、サービス報酬等の請求業務が滞ります)

もう1つ、社会福祉法人は家族経営的なところが多いです。

そのため、過去の歴史の中で築かれたマニュアルにない職場の独自ルールが多かったりします。

社会福祉法人の経理に採用されるには?

社会福祉法人 経理 求人

(社会福祉法人経理の採用と求人を探す場所について)

 

社会福祉法人で経理職として採用されるには、

基本的に経理の実務経験者であることが必要です。

社会福祉法人は組織をどんどん拡大していくというケースがあまりないので、

人員については新規募集でなく、

前任者の退職にともなう採用である場合がほとんどだからです。

必然的に即戦力採用になるので、

未経験者向けの求人はあまりありません。

転職経験者

また、社会福祉法人に転職するなら、経理の実務経験があることに加えて

↓以下のようなポイントを押さえておくと採用の可能性は高くなると思いますよ。

↑※青文字クリックでジャンプできます。

それぞれの内容について、くわしく見ていきましょう。

1.一般企業での経理実務経験を具体的にアピールする

一般企業の経理として、どのような実務経験があるのかを具体的にアピールしましょう。

経理の日常業務や決算業務経験を基本として、

銀行から融資を受けるために

どういう書類を作成したことがあるかや、

事業計画作成の経験などがあるとアピール材料になります。

転職経験者

社会福祉法人は非営利組織ですが、収入がないと組織としてやっていけないのは当然です。

いくら経営が安定しているとは言っても、

組織として明確なビジョンや計画がないと事業を継続することができません。

社会福祉法人には、一般企業の経理ノウハウを必要としているところが多いのです。

また、簿記知識や給与計算・税務の知識があることを強みにできる人はアピール材料にしましょう。

これらは経理としての「共通言語」のようなものです。

知識がある人には業務の引継ぎが非常にスムーズに行えますから、採用の可能性は高くなるでしょう。

2.パソコン操作に慣れていること・会計ソフトへの習熟

企業経理と同様、社会福祉法人の経理も会計ソフトをベースに業務が動いています。

一般的な企業で利用している会計ソフト(弥生会計や勘定奉行)とは異なり、

介護報酬請求などに特化した独自ソフトを使っているケースも多いですが、

会計ソフトに慣れている人とそうでない人では仕事のスピードがかなり違います。

これまでに利用した経験のある会計ソフトの名称等は職務経歴書にきちんと書いておくようにしましょう。

他にもワードやエクセル、パワーポイントのスキルは重宝されることが多いです。

わざわざパソコンスクールで資格を取ることまではしないでいいと思いますので、日頃からパソコンを使い慣れておくようにしましょう。

3.社会福祉会計の知識(ただし、必ずしもなくてもOK)

社会福祉法人の経理では、社会福祉法人会計という独自の会計基準に基づいて業務をやっていく必要があります。

こうした知識がすでにある程度ある人は、社会福祉法人の採用では非常に有利と言えるでしょう。

もっとも、採用を行う社会福祉法人側でも

こうした知識が「マイナー知識」であることは理解しています。

↓なので、採用時点では社会福祉会計を知らなくてもOK

としているケースが多いですね。

(入社後に実務を通じて勉強していけばOK)

転職経験者
社会福祉法人 経理 求人

(社会福祉法人会計の知識はなくても応募可能な経理求人例)

 

企業経理の実務経験があれば、社会福祉法人経理として採用される可能性は十分にあります。

経理の実務経験がある方は、ぜひ転職先の選択肢に入れてみてください。

4.転職サイトは「会計職専門」を使う

近年では安定雇用志向の方が増えているせいか、

社会福祉法人の経理求人は非常に人気が高いようです。

一般的な転職サイトで探しても「求人がなかなか見つからない…」とお悩みの方もひょっとしたら多いのではないでしょうか。

そんな方は、↓以下のような会計職専門の転職サイトで求人を探してみてください。

経理や財務の求人だけを専門で扱っている転職サイトなので、

条件の良い社会福祉法人の経理求人(もちろん正社員求人)が多く登録されていますよ。

SYNCA(シンカ)

現役経理の方は優遇!経理の求人探すならここ!

SYNCA(シンカ)は経理求人専門の転職エージェント会社です。
ベンチャー企業から中堅企業・上場大手企業まで、さまざまな企業規模の経理求人を見つけることができますよ。
経理経験者で年収600万円スタートなど、高年収の求人を探している方はぜひ登録しておきましょう。

synca

(求人例:ソーシャルゲーム企業の経理職)

synca

(求人例:上場企業のCFO直下ポジション)

ブラック環境な経理としてぜったいに働きたくない人へ

ブラックで過酷な環境で働く経理になりたくない人は、

経理職専門の転職エージェントを使って情報収集しましょう。

↓こちらの転職サイトに無料登録して希望条件を入力しておくと、条件の良い経理求人の情報にアクセスできるようになります。

SYNCA(シンカ)

現役経理の方は優遇!経理の求人探すならここ!

SYNCA(シンカ)は経理求人専門の転職エージェント会社です。
ベンチャー企業から中堅企業・上場大手企業まで、さまざまな企業規模の経理求人を見つけることができますよ。
経理経験者で年収600万円スタートなど、高年収の求人を探している方はぜひ登録しておきましょう。

synca

(求人例:ソーシャルゲーム企業の経理職)

synca

(求人例:上場企業のCFO直下ポジション)

転職エージェントは実際に事務所をまわって企業の採用担当者にヒアリングし、

その企業の社風や経理部の組織体制(男女比率や年齢構成など)、給料や雇用環境がどうなっているのか?を現場でリサーチしています。

転職エージェントは、こうして集めた求人情報の中から特に条件の良い企業の経理求人を「非公開求人」として紹介してくれます。

なので、ハローワークの求人などではあり得ないような好条件の企業を選択肢にできるんです。

なお、転職エージェントにお金を払うのは採用を行う事務所側だけなので、私たち求職者側は無料で使えます。

何件求人を紹介してもらってもお金が1円もかかることはないので、安心して使うことができますよ。

転職エージェントが持っている非公開求人には、

↓以下のような特に条件の良い求人がそろっています。

管理人

  • 未経験・簿記資格なしでも年収400万円スタートの経理求人
  • 経理の実務経験者スタッフとして年収600万円稼げる求人
  • 繁忙期も残業が存在しないワークライフバランス型の経理求人
  • 会計事務所から経理へのキャリアチェンジ歓迎の経理求人
  • 誰もが名前を聞いたことがある超大手企業の経理求人
  • 最初から管理職候補として入社できる経理求人
  • SaaSやDX対応など話題の業種企業で働ける経理求人
  • IPO準備や国際会計などハイレベルな実務経験が積める経理求人

(経理の実務経験者向け求人:上場企業の将来の管理職候補)

(未経験者もOKの経理求人の例)

入社時の条件面でゆずれない条件がある人は、経理専門の転職サイトに登録して非公開求人の情報が入るようにしておくようにしましょう。

>>経理職専門の転職サイトで実際の求人を見てみる

経理に転職する人は「経理専門の転職エージェント」を使わないとダメな理由

転職エージェント会社っていろんなところがありますよね。

リクナビとかマイナビとかの方が学生時代の就活でも使ったのでなじみがある…という方も多いかもしれません。

ただ、経理として働くことを目指している人は、経理職専門の転職サイトを使った方が良いです。

リクナビ・マイナビは求人の「数」が多いのが強みですが、

求人の「質」で見ると経理専門の転職サイトの方が条件の良い求人を見つけやすいですよ。

また、経理職専門の転職エージェント会社の場合、

いざ本格的に転職活動を始める際に支援してくれるエージェントも経理職出身だったりします。

経理という職業の強みや弱みについてとてもよく理解してくれているので、志望動機や職歴書の作成から面接対策まで、良いアドバイスをしてくれますよ。

転職サイトに登録されている求人を検索しても、リクナビ・マイナビと経理職専門サイトとでは求人の質がまったく違うのに気づかれると思います。

ブラック企業で働きたくない人や、ちゃんと年収稼げる経理になりたい人は、経理職専門の転職エージェントを使うようにしましょう。

(※転職サイトに登録しておくと求人をいろいろみられるようになります。今は情報リサーチの段階の人も早めに登録しておきましょう)

>>経理職専門の転職サイトを見る

© 2021 会計職のキャリア戦略