経理から公認会計士を目指す人へ!キャリアチェンジに成功した女性の体験談

  • 経理から公認会計士は目指せる?
  • 働きながら公認会計士試験に合格するには?
  • 実際にキャリアチェンジ成功した人はどうやった?

公認会計士は言わずと知れた

「会計分野で最高難易度の国家試験」ですが、

難易度が高い分だけ成功した場合のリターンが極めて大きいです。

(簡単にいえば、めっちゃ稼げます)

なお、公認会計士の平均年収は992万円です。

厚生労働省賃金構造基本統計調査(2017年〜2019年の平均値)

管理人

「経理から公認会計士」という道のりは険しいのはまちがいありませんが、成功している人は確実にいます。

この記事では、経理から公認会計士になるには何からはじめてどう努力したらいいのか?について、実際にキャリアチェンジ成功した女性の体験談を紹介しています。

高い目標にチャレンジする人はぜひ参考にしてみてください。

経理の実務経験者むけ求人を探している方は、

↓下記のような経理専門の転職サイト

で求人を探すと条件の良い求人が見つかりますよ。

(無料アカウントで年収や残業時間など詳細を見られます)

管理人

MSジャパン(経理専門の無料転職サイト)

経理のホワイト求人多数あり!

MSジャパンは、経理求人専門の無料転職サイトです。
経理専門の転職サイトなので、以下のような好条件求人が9000件以上あります。
未経験簿記なしOKで年収385万円の求人
経験1年以上の人なら年収550万円の求人
経理の管理職候補として入社できる求人
税理士事務所から経理へ転職歓迎の求人
(都心〜地方まで全国の求人に対応

↓MSジャパン掲載の経理求人例(画像クリックで拡大)

(未経験OKの経理求人例)

(経験者むけの経理求人例)

経理から公認会計士になるには?

私はもともと一般企業で経理をしていたのですが、

公認会計士試験に合格した後に大手監査法人に転職しました。

監査法人では会計監査・内部監査のほかに

グループ会社の人事を経験しています。

現在は税理士登録して会計士事務所を開業しています。

体験談の投稿者

経理で働いていると、キャリアアップで公認会計士を考える方もいるでしょう。

経理経験者は資格取得や実務で有利な点があり、公認会計士になるとキャリアの幅が広がります。

公認会計士試験の短期合格の鍵は勉強に集中する時間を一定時間確保することです。

大手資格スクールTACは合格者データを基に、公認会計士試験に合格するまでの勉強時間は少なくとも2500時間必要と分析しています。

周りの人も退職し資格試験の勉強に専念する人がほとんどでしたし、私は会計大学院に進学して勉強に専念することを選びました。

朝9時から夜9時まで毎日10時間、午前中に計算問題・午後から理論の勉強、日曜日のみ勉強をしないリフレッシュデーにすることで、メリハリをつけていました。

また、勉強の仕方としては私は資格スクールなどに通うことをおすすめします。

なぜなら、資格スクールの答練をおさえることで他の受験生と差がつかないようになり、一緒に勉強する仲間もできるからです。

次に勉強の進め方としては、財務諸表論と管理会計の計算問題から始めるのがおすすめです。

計算問題で得点を伸ばすことからはじめると理論問題の理解も進みました。

経理経験があると会計ソフトで自動計算されるものがどのように計算されているか理解できるようになり、財務諸表の計算問題・理論問題の理解に役立ちます。

経理経験者が監査法人で働く公認会計士に転職した場合の仕事内容

監査法人の仕事では、クライアントに必要な資料をスムーズに提出していただくことが重要です。

例えば、経理として仕事をしていると、経理の決算スケジュールや年間のスケジュールがどのように進むかわかります。

そうすると、経理が忙しい時期かどうかが経験則でわかるので、忙しい時期に入る前に資料作成の依頼をするなど前倒しで対応しやすいです。

また、経理の方にお願いした資料がなかなか出てこない場合もあります。

例えば、監査法人から財務諸表分析や販売費及び一般管理費の増減分析を求められますよね。

経理を経験していると、財務諸表分析などは決算がすべて締まってからしか作成できないことがわかるでしょう。

そのため、クライアントからまだ提出されない時期だと予測することができるので、クライアントへ不要な督促をせずにすみ、効率よく仕事を進めることができます。

監査法人で担当する会社は2社以上が当たり前?

監査法人では2社以上担当することが多く、1つのクライアントへ訪問している時に他社からメールや電話で連絡がくることもよくあります。

その場合、訪問しているクライアントで別のクライアントの仕事をすることもありますし、クライアントの終業時刻後に監査法人の事務所に戻り仕事をすることもありました。

また四半期報告制度で1社の決算が終わるともう1社の決算が始まり、1年目の時は要領を得ることができず22時以降に退社することがほとんどでした。

クライアントによっては予算ぎりぎりで受けている契約もあり、残業をつけれるかどうかはクライアント毎に異なります。

それでも、経理の時に比べて年収は100万円増えました。

監査法人では年下でも先輩

監査法人では入所した順に先輩になるため、経理経験者も1年目として接せられ、年下の先輩が多くなります。

でも経理経験者は業務内容を理解しやすく、1年目でも2〜3年目の先輩の仕事を任されて成長する機会に恵まれました。

公認会計士になるには最後に修了考査を受ける必要があり、業務内容にもよりますが経理経験は修了考査の受験資格である2年間の実務経験として認められる可能性があります。

経理経験が実務経験と認められると補習所の修業年限を短縮し、同期よりも早く修了考査を受験し公認会計士になれる可能性もあります。

【悲報】ブラック企業でいじめられてる経理多すぎ…。

(経理はブラックな職場も多いので注意やで)

まったく同じ年齢職歴スキルの経理経験者でも、

  • ホワイト企業で楽しく働いてる人と、
  • ブラック企業で搾取されている人…

↑の2種類いるのが現実です。

(あなたは心当たりがないでしょうか…?)

経理って所属する会社によって働き方がぜんぜん違う仕事です。

「なんとなくこの会社いいかも…」で勤務先を選ぶと、

ブラック企業に入社してしまうリスクがあるで注意して下さい。

どんなに年収高い経理になれても、

仕事が激務すぎてとても続けられる環境じゃない…

では意味がありません(下手したら命落とします)

ブラック企業を最初から候補に入れないことが大切です。

管理人

経理経験者として転職成功したい人は、

情報リサーチをしっかり行うようにしましょう。

経理で転職するなら、経理専門の転職サイトで求人を探すのが良いですよ。

経理の求人だけを専門で扱っているサイトなので、

↓年収や福利厚生などの条件が良いホワイト求人を

たくさん見つけることができます。

(経理経験者向けのホワイト求人例)

(経理経験者向けのホワイト求人例)

>>経理経験者むけの求人一覧(2000件以上あり)

今すぐ転職するかどうかわからない人も、

転職サイトで無料アカウントを作っておきましょう。

↓最新の求人が出るたびに情報がアップデートされるので、

ホワイト企業の経理求人を見落とすことがなくなります。

管理人

MSジャパン(経理専門の無料転職サイト)

経理のホワイト求人多数あり!

MSジャパンは、経理求人専門の無料転職サイトです。
経理専門の転職サイトなので、以下のような好条件求人が9000件以上あります。
未経験簿記なしOKで年収385万円の求人
経験1年以上の人なら年収550万円の求人
経理の管理職候補として入社できる求人
税理士事務所から経理へ転職歓迎の求人
(都心〜地方まで全国の求人に対応

↓MSジャパン掲載の経理求人例(画像クリックで拡大)

(未経験OKの経理求人例)

(経験者むけの経理求人例)

経理経験者は「経理専門の転職サイト」を使おう

(経理経験者は「経理専門の転職サイト」を使いましょう)

 

現在、ほとんどの人が転職サイトを使って求人探しをすると思います。

(さすがに今どきハローワーク使う人は少ない)

ただこの転職サイトには大きく分けて

↓以下の2種類があることを知っておいて下さい。

管理人

  1. 専門職向けの転職サイト
    経理・人事・法務など専門性の高い求人のみをあつかう転職サイト。
    求人数そのものは一般向けサイトより少ないが、
    求人の質が圧倒的に高い。
  2. 一般向けの転職サイト
    営業マンや総務など、いわば「万人向け」の転職サイト。
    求人の数は多い一方で、年収などの質では劣る。
    テレビCMとかでよく見かけるのはこちら(リクナビが代表例)

↑どちらも無料で使えるものですが、

経理の実務経験者は必ず1. 専門職向けの転職サイトを使うようにしましょう。

転職活動で一番大切なのはどうやって質の高い求人を探すか?です。

ここをまちがえてしまうと、

どんなに優秀な人でも転職失敗の可能性が高くなります。

ほとんどの人が

  • なんとなく名前を聞いたことあるから…
  • 学生時代の就活にも使ったし…

↑という感じで適当にリクナビなどで仕事を探してしまいます。

管理人

営業マン向けの求人とかならそれでもまあいいんですが、

専門職である経理はこういう探し方をしない方が良いです。

経理って、専門職向けの転職サイトで探さないと良い求人がなかなか見つかりません。

なぜかというと、求人を出す企業側もこういう専門職向けサイトを活用して

実務経験者限定の採用を行っているからです。

逆にいえば、経理専門の転職サイトをメインで使うだけで、

情報リサーチでライバルに大きな差をつけることができるわけですね。

経理専門の転職サイトでは、

↓例えば以下のような求人を見つけることができますよ。

管理人

  • 年収600万円スタートの実務経験者むけ経理求人
  • 決算前の繁忙期も残業なしなどワークライフバランス型の経理求人
  • 将来の管理職候補として入社できる経理求人
  • 誰もが名前を聞いたことがある超大手企業の経理求人
  • 会計事務所から経理へのキャリアチェンジ歓迎の経理求人
  • IPO準備業務の経験を積むことができる経理求人
  • CFO直下のポジションで働ける経理求人

(ワークライフバランス重視の経理経験者むけ求人)

(経理経験者むけの管理職候補求人)

(会計事務所から経理へキャリアチェンジ歓迎の経理求人)

(上場大手企業の経理求人例)

>>経理経験者は優遇!現在募集中の求人を見てみる

経理の求人が専門の転職サイトなので、

ホワイトな経理経験者むけ求人が大量にありますよ。

一般向けの転職サイトしか使ったことがない人は

驚かれるかもしれません。

管理人

MSジャパン(経理専門の無料転職サイト)

経理のホワイト求人多数あり!

MSジャパンは、経理求人専門の無料転職サイトです。
経理専門の転職サイトなので、以下のような好条件求人が9000件以上あります。
未経験簿記なしOKで年収385万円の求人
経験1年以上の人なら年収550万円の求人
経理の管理職候補として入社できる求人
税理士事務所から経理へ転職歓迎の求人
(都心〜地方まで全国の求人に対応

↓MSジャパン掲載の経理求人例(画像クリックで拡大)

(未経験OKの経理求人例)

(経験者むけの経理求人例)

転職サイトで無料アカウントを作るときには、

希望する年収や、企業規模・職務範囲などを

しっかり目に入力しておくのがコツです。

条件にマッチする求人が出てくるたびにメール通知してもらえます。

↑この希望条件入力をきちんとやらない人が結構多いんです。

転職で成功する人と、失敗する人で差がつくのって

こういうところなのかもしれません。

管理人

仕事のストレスや疲労が限界にまで達すると、

転職サイトに登録する気力すらなくなるものです。

あらかじめ転職サイトに希望条件をしっかり入力しておき、

日常的に最新求人をチェックするくせをつけましょう。

転職サイトを使って普段から求人リサーチをやっておくと、

どうしても今の職場がきつくなったら転職もある

という選択肢を持てて、

過労で倒れたりする前に転職という対策を打てます。

転職サイトは無料で使えていつでも利用を止めることができます。

変な電話連絡とかもないのでリスクはゼロですよ。

(今すぐは転職する気がない人も情報リサーチに使えます)

このブログを読んでくださったあなたは、

ぜひ転職を成功させて下さい。

経理職専門の転職サイトをフル活用して、

ライバルに情報戦で勝ちましょう。

管理人

税理士事務所の求人探すならここ!おすすめ転職サイトランキング【厳選5社】

この記事では、税理士業界(会計事務所)への転職を目指す人におすすめの転職エージェントを紹介しています。税理士業界はかなり特殊な業界です。年収や福利厚生が良い会計事務所求人を見つけたい人は、税理士業界(会計事務所)専門の転職エージェントを使うようにしましょう。

続きを見る

税理士事務所なんてどこもブラックばかり…という方へ。

おそらく「求人を探す場所」でミスをしている可能性が高いです。

(まちがえてもハロワとかリクナビで探さないでください)

年収などの条件が良いホワイト事務所の求人は、

税理士業界専門の転職サイトで探しましょう。

管理人

↓下記サイトは税理士事務所の求人だけを専門で扱う無料転職サイトです。

  • 在宅対応で繁忙期も残業ゼロの事務所、
  • 税理士試験と両立できる環境の事務所
  • 未経験資格なしでも年収400万円〜

↓などなど、好条件なホワイト事務所の求人が多数ありますので、

無料登録して求人検索してみてください。

(無料アカウントを作ると年収や残業時間などの詳細をチェックできます)

(ヒュープロは税理士事務所の求人専門の無料転職サイトです)

\ ホワイト事務所の求人多数あり/

無料登録して求人を見てみる

© 2022 会計職のキャリア戦略