転職活動のノウハウ

税理士は働きながらは無理?勉強と仕事の両立を目指す人が知っておくべき短期合格のポイント

更新日:

税理士 働きながら 無理

(税理士は働きながらは無理?仕事をしながら合格を目指す人が知っておくべき短期合格のポイントを解説します)

結論からいうと、税理士試験に働きながら合格することは決して無理ではありません。

以下では、その理由について統計データと実際の体験談(私はトータル10年ほど税理士業界で働きました)を元に解説していきますので、参考にしてみてください。

>>未経験OKの税理士事務所求人を見てみる(193件あり)

税理士は働きながらは無理?→合格者の9割以上は26歳以上です

まず、税理士試験というのは、働きながら挑戦する人がとても多い試験です。

↓平成30年度の税理士試験の結果では、科目合格者の「9割以上」官報合格者数の「8割以上」26歳以上となっています。

科目合格者数の年齢別割合

  • 26歳以上の割合:92.41%
  • 25歳以下の割合:7.59%

官報合格者の年齢別割合

  • 26歳以上の割合:88.15%
  • 25歳以下の割合:11.85%

※「官報合格」というのは、税理士試験5科目すべてに合格することをいいます。

↓※年齢別の具体的な内訳を見ると以下の通りです(平成30年度試験)

年齢 官報合格者数 科目合格者数
人数 割合 人数 割合
41歳以上 247 36.76% 882 21.81%
36~40歳 142 21.13% 612 15.13%
31~35歳 133 19.79% 829 20.50%
26~30歳 99 14.73% 786 19.44%
26歳以上合計 621 92.41% 3,109 76.88%
25歳以下 51 7.59% 935 23.12%
合計 672 100.00% 4,044 100.00%

(参照元=国税庁ホームページ 平成30年度税理士試験結果)

税理士試験は受験資格として「日商簿記1級合格」または「大学での指定科目の履修」が求められる試験です。

そのため、必然的に大学卒業と前後して試験勉強をスタートする人が多いですから、働きながら合格を目指す人が多くなっているのです。

科目合格制度(1回合格した科目はずっと持ち越しできる制度)もありますから、働きながら合格を目指すのは決して無理ではないと言えるでしょう。

税理士試験は「働きながら合格」も無理ではない試験

上のデータを見ると、税理士試験合格者の9割近くは26歳以上の人が占めていることになります。

26歳以上の人は通常は何らかの形で(アルバイトも含めて)仕事をしているのが普通ですね。

そのため、税理士試験は「働きながら合格を目指すの人が圧倒的多数派の試験」と言えます。

(中には仕事を辞めて受験に専念する人もいると思いますが、一部の恵まれた環境の方を除いて「26歳以上で生活費を自分で稼ぐ必要がない人」というのは少数派でしょう)

↓なので、「税理士試験は働きながら合格を目指すのは無理か?」というと、「合格者のデータを見る限りでは可能」ということが言えるかと思います。

税理士は働きながらは無理?

  • 【事実】税理士試験合格者の9割近くは「26歳以上」
  • 【仮説】一部の恵まれた環境の人を除いて、26歳以上の人は何らかの形で自分で生活費を稼いでいると思われます
  • 【結論】働きながら税理士試験に合格することは可能

税理士試験の短期合格を引き寄せるためのポイント

税理士 働きながら 無理

(働きながら税理士合格を目指すべき人が、短期合格のために知っておくべき3つのポイントとは?)

働きながら勉強することを前提にした場合、税理士試験の短期合格を達成するためには、以下のようなことを押さえておく必要があります。

税理士試験短期合格のポイント

  • ①独学は非効率的なので資格スクールを使うこと
  • ②試験勉強を応援してくれる環境で働くこと
  • ③実務に直結した科目を選択すること

それぞれのポイントについて、順番に見ていきましょう。

①独学は非効率的なので資格スクールを使うこと

まだ受験未経験者の方はぜひ実際の過去問を見てみて欲しいのですが、

税理士試験では「試験時間内に全問処理するのが不可能な量」の問題が出題されます。

これは受験者の能力の問題ではなくて、「人間の能力として、物理的に処理不可能な量」という意味です。

つまり、税理士試験というのは必然的に捨て問(最初から解くことをあきらめる必要がある問題)というのがあります。

こうした受験テクニックを自分で開発することははっきりいって非効率(というか非現実的)ですので、

資格スクールで教えてもらうのが圧倒的に近道です。

税理士試験は相対評価の試験(その年の受験者の中で、点数の高い人から合格していく仕組み)です。

そのため、独学で挑戦する人は、資格スクールで受験テクニックを身につけた人と競争して勝利しないといけないことになります。

結論的に非常に無謀な挑戦になりますので、あなたがよほどの秀才(天才)でない限り、税理士試験に独学で挑戦するのは避けた方が良いでしょう。

>>次の項目「ポイント②試験勉強を応援してくれる環境で働くこと」を読む

ちなみに、資格スクールの料金は1科目につき年間10万円ぐらいです。

(税理士試験は5科目に合格する必要があります)

働きながら1年に1科目ずつ合格を目指す人であれば、年間で10万円の費用負担が難しい…という人は少なくでしょう。

↓雇用保険に加入していれば助成金や教育ローンも使えると思いますので、無謀な独学を選択することなく、資格スクールを活用して合格を目指しましょう。

※資格スクールの資料請求はこちらから無料でできます

なお、参考までにですが、私は10年間ほど税理士業界で働いて、百人以上の税理士試験合格者と付き合いがありますが、その中で「独学で合格した人」というのは1人だけでした。

しかも、その人は当時70代後半の方で、50年以上前の1960年代に税理士試験に合格した人です。

参考までにですが、資格の大原が創立されたのは1957年、資格スクールのTACが創立されたのは1980年です。

※つまり、まだ独学が当たり前だった時期に合格された人です。

②試験勉強を応援してくれる環境で働くこと

ごく当たり前のようですが、なかなか実現が難しいのがこの「②試験勉強を応援してくれる環境で働くこと」です。

一般的な企業で働く場合、お給料を受け取る以上は試験勉強は二の次にならざるを得ません。

(仕事と勉強が重なった場合は、仕事を優先させざるを得ません)

資格スクールでは講義を休まざるを得なかった場合には補講を受けられるなどの仕組みが用意されていますが、これらをきちんと活用できるだけの時間的余裕がある職場で働く必要があります。

↓それではどうしたらいいのか?ですが、個人的におすすめなのは、税理士事務所で働くことです。

>>実際の税理士事務所の求人と給与額を見てみる

税理士事務所で働いている人というのは、基本的にほとんどの人が税理士試験の受験生です。

そのため、仕事が終わった後に資格スクールに通うことを認めてくれるケースがほとんどですし、試験直前(7月)には長期休暇を取ることが認められることも少なくありません。

なお、税理士事務所は実務未経験(社会人経験なしを含む)で資格なしの人でも正社員として採用されることは普通にあります。

↓※税理士事務所の未経験採用の実情について、くわしくはこちらを参考にしてみてください(私自身の実務経験なんかも書いてますが、参考までに)

>>税理士事務所には「未経験・資格なし」でも採用されますか?

税理士事務所以外の選択肢としては、企業の経理職なども試験勉強と実務がリンクしていると言えますね。

しかし、企業経理は基本的に実務経験者が優先的に採用される職種であることは理解しておきましょう。

(つまり、税理士事務所に採用されるよりもハードルが高くなります)

↓経理職の実務経験を積む方法についてはこちらの記事で解説しています。

>>経理の実務経験を積むには?具体的な方法3つと転職活動のポイントを解説!

③実務に直結した科目を選択すること

上で述べたこととも少し重なりますが、税理士試験は「実務と試験勉強が非常にリンクしている試験」です。

そのため、実務に直結した試験科目を選択すれば、

「試験勉強は具体的なイメージを持って進められるし、実務は理論に基づいて処理できる」

という良いサイクルを回すことができます。

つまり、受験勉強のために勉強したことが、実務で役立つケースが多い(そして逆もまたしかり)というわけですね。

↓税理士事務所で働くことを前提とした場合、実務に直結した科目というのは以下のような科目です。

(簿記論・財務諸表論の会計2科目は必須なので当然選択することになりますのでここでは省きます)

実務に直結した科目を選択しよう

  • 法人税法:実務での比重が最も大きい科目です
  • 消費税法:法人税法と並んで実務での比重が大きいです
  • 所得税法:個人事業主の顧客が多い場合に役立ちます
  • 相続税法:稼げる税理士になりたい人は選択がおすすめです

法人税法と所得税法は「選択必修」の科目ですので、どちらか1科目は必ず選択しなくてはなりません。

(もちろん、2科目とも選択しても問題はありませんし、実務的にはそれが最も望ましいですが、この2科目は非常にボリュームが大きいので通常はどちらか1つを選びます)

法人税法と所得税法のどちらか1科目を選ぶとすれば、法人税法がおすすめです。

所得税法は個人事業主の税金計算で使う法律ですので、基本的に「小さい企業を顧問先とする場合」が前提になります。

税理士を目指すからには、当然ながら事業規模の大きい企業と顧問契約を結べるような税理士を目指す人が多いでしょう。

なので、実務への対応という意味では法人税法を選ぶのがおすすめです。

(その方が「稼げる税理士」になれる可能性が高まります)

消費税法は、ある程度の事業規模の企業であれば個人事業主・法人企業問わず納めないといけない税金です。

そのため、実務でも必須の知識となることが多いですね。

消費税法は勉強のボリューム的にも少なく、暗記が得意な人であれば合格しやすい科目なので選択する人が多い科目です。

相続税法は、相続税の申告を行うときに必要になる知識です。

実は、相続税申告に対応している税理士というのは「少数派」であることを知っておきましょう。

税理士にとって、相続税申告は「もうかる仕事」である一方で、実務に対応できる職員の確保が難しいのが実情です。

その分、相続税法を科目選択し、実務にも対応できるようになっておけば、あなたの市場価値も非常に高くなります。

将来的に「稼げる税理士」になりたい人は、自分の得意分野を作る意味で相続税法を選択しておくのがおすすめですよ。

※なお、税理士試験には「大学院修了で税法2科目免除してもらう」という方法もあり、実際にこの方法を選択する人は多いです。

↓税理士試験の院免除についてはこちらの記事でくわしく書きましたので参考までにどうぞ。

>>税理士に院免除になると損?税理士事務所の転職活動で不利になることはある?

実際に多いのは「税理士事務所で働きながら税理士を目指す人」

税理士 働きながら 無理

(現実に多いのは、税理士事務所で働きながら税理士合格を目指す人です。税理士事務所は未経験資格なしでも正社員採用される可能性があるのでおすすめです)

税理士試験受験生で実際に多いのは「税理士事務所で働きながら税理士試験の勉強をしている人」です。

税理士事務所というのは簡単に言えば「税理士の個人事務所」のような組織のことですね。

そして、そこで働いている人の多くは税理士試験の受験生なのです。

実際、私は10年間トータルで3社の税理士事務所で働きましたが、

正社員として働いている人の8割以上は税理士試験受験生でした。

良くも悪くも、この業界(税理士業界)は経験豊富なボス税理士と、税理士試験受験生である「見習い」が、師匠と弟子のような関係になるケースが多いのです。

なお、税理士事務所の仕事内容というのは、簡単に言えば顧問先の企業から決算や税金の申告の代行をする仕事です。

必然的に、決算業務を完結するためには簿記や財務諸表論の知識、法人税の計算をするためには法人税法の知識が必要になります。

逆にいえば、ある程度税理士試験の勉強が進んでいる人であれば、税理士事務所の仕事は非常になじんでいきやすいと言えます。

働きながら税理士試験合格を目指す人に税理士事務所への転職がおすすめなのは、このような理由もあるのです。

税理士事務所で働く人の福利厚生や給料水準は?

「師匠と弟子の関係」というと、「江戸時代の徒弟制度のように、搾取し搾取される関係なんじゃ…」と悪いイメージを持たれる方も多いでしょう。

しかし、税理士事務所の雇用環境は「ごく普通」になってきているのが実際のところです。

つまり、普通の中小企業とあまり変わらない給料水準ということですね。

↓税理士事務所の給料水準や雇用環境についてはこちらでくわしく解説しています。

>>税理士事務所の給料は安い?平均年収や残業代の実態とは?

すでに税理士として開業している税理士の下で実務を覚えながら(修行しながら)、3年〜5年かけて試験合格というのがオーソドックスな形と言えます。

働きながら税理士試験を目指すことを目指している方は、ぜひ税理士事務所を転職先の選択肢に入れることを検討してみてくださいね。

無料で使える!会計職専門の転職エージェントを活用しよう

税理士事務所 転職エージェント

(良い環境の税理士事務所に転職するなら、無料で使える転職エージェントを活用しましょう)

転職活動というのは、やることが多くてなかなか大変ですよね。

↓こういったことを、スケジュールを調整しながら順序よくやっていかなくてはいけません。

転職活動はやることが多い

  • 最新の求人情報のチェック
  • 履歴書や職歴書の作成
  • 応募先企業との面接日程の調整
  • 面接対策

学生時代の就活はエントリーシートを書いて、説明会に参加して…と企業側が積極的に動いてくれますね。

しかし、社会人の転職活動では良くも悪くも「自分で動く」ということが必要になります。

特に、現在就業中の方は、

「仕事が終わったらもうクタクタ…。なかなか時間がとれなくて転職活動が思うように進まない…」

という方も多いのではないでしょうか。

もし、あなたがなかなか思うように転職活動が進んでいないなら、

転職エージェントを使うことも検討してみてください。

転職エージェントというのは、簡単に言えば「あなたの代わりに求人応募や採用担当者との面接日程の調整などをやってくれるサービス」のことですね。

>>会計職を目指す方におすすめの転職サービスはこちら(無料)

…と、このように書くと「有料サービスのゴリ押しか…」と思われるかもしれませんが、私たち転職希望者側は、転職サービスは無料で使うことができます。

というのも、転職エージェントにお金を払っているのは企業側だからです。

↓転職エージェントを使うと、税理士事務所専門の転職のプロから、以下のようなサービスを受けることができるようになります。

エージェントがやってくれること

  • 最新の求人情報のメール配信やあなた宛のスカウトメール
  • 履歴書や職歴書の添削
  • 入社後のあなたの年収の交渉
  • 応募する企業に合わせた面接対策

ハローワークを使っているという方もいらっしゃるかもしれませんが、ハローワーク職員は基本的に求人の紹介だけしかやってくれないのが難点です。

年収交渉などはあなたが自分でやらないといけませんし、応募書類の添削や面接対策をしてくれることもまずありません。

こうしたきめ細かいサービスは民間の転職サービスならではのものですから、転職活動は転職サービスを使う人が圧倒的に多くなっていますね。

転職サービスは上で見たように無料で使うことができますから、活用しない手はありません。

↓転職サービスにお金を払っているのは採用活動を行なっている企業側ですから、遠慮なく使いましょう。

>>会計職を目指す方におすすめの転職サービスはこちら(無料)

こんな人は無理せず転職サービスを活用しよう

↓例えば、あなたはこう言う状況ではないでしょうか。

  • 転職したいけど、毎日仕事が忙しくて夜はクタクタ…。家に帰ったらパソコンを立ち上げる元気もない。
  • そのうち応募しよう、と狙っていた求人が気づいたら募集終了になっていた…。
  • 転職を検討し始めてからもう1年以上経っている。
  • あんなにやる気があったのに最近はモチベーションも低下ぎみ…。

普段の仕事だけでも大変なのに、これにプラスして転職活動もするなんて体力的にかなりきびしいですよね。

上でも見たように、社会人の転職活動は自分で動かないとまったく進んでいきませんから、あれよあれよという間に「もう1年以上転職活動している…」なんてことになりがちです。

毎日忙しくて転職活動をする元気がない…という方も、

転職サイトにメールアドレスの登録だけでもやっておけば、あなたあてのスカウトや最新の求人情報をストックしておくことができます。

↓ヤフーメールなどの「捨てアド」でも登録できるので、「まだ転職するかどうかはわからないけど、とりあえず情報収集から」という使い方もできますよ。

※おすすめの転職サイトはこちら

なお、エージェントとは基本的にすべてメールでのやりとりになります。

そのため、在職中の方も会社に転職活動をしていることがバレることはまずありません。

あなたが面談を希望する場合にも完全個室で対応してくれますから、あなたのプライベートは完全に守られます。

転職エージェントを使うと転職成功の確率が高くなる理由

税理士事務所 転職エージェント

(転職エージェントを使うと、税理士事務所への転職活動が成功しやすくなる理由)

もう1つ重要なことがあります。

それは、転職エージェントは税理士事務所の内部情報に精通していることです。

税理士事務所側は、転職エージェントに「うちではこういう人材が欲しい」ということを具体的にくわしく伝えています。

(税理士事務所側も自社にマッチした人を採用したいと考えていますから当然ですね)

↓具体的には、あなたは転職エージェントを通じて、以下のような「ナマの情報」を知ることができるようになるのです。

エージェント経由で知れる内部情報

  • 職場の人間関係の雰囲気
  • 税理士試験勉強を支援する制度(長期休暇など)の有無
  • 実際に働いている人たちの性別や年齢構成
  • 給与や残業代といった福利厚生の情報
  • 所長税理士の性格や人がら(※重要です!)
  • 採用で重視される性格や適性(応募書類の内容や面接対策に直結します)

こうした情報について、応募前に知ることができるのは非常に大きなメリットといえるでしょう。

(逆に、こうしたことを知らずに応募してしまうと、ブラック事務所に間違えて応募してしまう可能性が非常に高くなります)

採用されてから「実は激務な上に残業代すら出ないブラック事務所だった…」なんてことがわかったら最悪ですよね。

(※そういうブラック事務所は実際に少なからず存在しています。注意しましょう)

↓念には念を入れて、転職エージェントには以下のようなことを伝えておくと良いでしょう。

避けたい求人の条件を伝えておこう

  • 残業が月20時間以上ある事務所は避けたい。
  • 年収が350万円を切る事務所は避けたい。
  • 職員数10名未満の事務所は避けたい。
  • パワハラ的な所長税理士の事務所は避けたい。
  • ブラックな事務所は絶対に避けたい。
  • 若手職員が1人もいないような事務所は避けたい。

転職エージェントは、税理士試験の勉強中の方や、これから未経験で実務経験を積んでいきたいと考えている方も親身にサポートしてくれます。

今どき、自力でハローワークを使ってちまちまと転職活動している時代遅れな人たちに、圧倒的な差をつけることができますよ。

少しでも早く転職を成功させたい!という方は、転職エージェントを活用して転職活動を進めていきましょう。

税理士事務所転職におすすめの転職エージェントはこちら

↓税理士事務所への転職を目指す方におすすめの転職エージェントは、MS-Japan(エムエスジャパン)です。

税理士事務所 転職エージェント

↓募集中の求人を見てみる!

公式サイトはこちら

※フリーメールアドレスでも登録OK!

MS-Japan(エムエスジャパン)は、税理士事務所や経理財務の求人を専門で扱っている転職エージェントです。

※「専門で」というのがポイントです。

転職エージェントというと、リクナビなどの大手転職サイトをイメージされる方も多いかもしれませんね。

しかし、税理士事務所への転職では「税理士事務所専門のエージェント」を使うのがおすすめです。

というのも、税理士業界というのは非常に特殊な業界ですから、いろんな職種を雑多に扱っている大手転職サイトだと、エージェント側が税理士業界のことをあまり知らない人である可能性があるのです。

税理士事務所への転職希望者の多くは税理士試験との両立を考えていますし、転職する事務所側に求める条件も非常にさまざまです。

(試験と両立できる残業の少ない事務所で働きたい、資産税特化型の事務所で実務経験を積みたいなど)

こうした転職希望者側のニーズをよくわかっていないエージェントにあたってしまうと、思ったように転職活動がスムーズに進んで行かない可能性があるのです。

この点で、税理士事務所や財務経理の求人を専門で扱っているMS-Japanなら、エージェントも税理士業界特有の事情や、転職希望者側のニーズをよく把握しています。

↓例えば、以下のような条件を事前にサイト経由で登録しておけば、あなたに合った求人が掲載されるたびにメールで連絡してくれますよ。

希望条件を事前登録しておこう

  • 試験勉強と両立可能な、残業の少ない事務所で働きたい。
  • 未経験でも年収400万円以上スタートの事務所で働きたい。
  • 所長税理士がパワハラ的でない事務所で働きたい。
  • 税理士試験合格者を多く輩出している事務所で働きたい。
  • 相続税申告など資産税特化の事務所で働きたい。
  • 医療法人特化の事務所で働きたい(得意分野のある税理士になりたい)
  • 個人運営の事務所ではなく、税理士法人で働きたい。
  • 職員数20名以上の中規模以上の事務所で働きたい。

転職エージェントとは、二人三脚で転職活動を進めていくことになります(実際に顔を合わせる必要は必ずしもありませんが)

税理士事務所への転職を目指すなら、税理士業界について精通している転職エージェントを活用するようにしましょう。

あなたが「今すぐ」転職活動を始めるべき理由

税理士事務所 転職エージェント

(税理士事務所への転職活動では「行動の早い人」が有利)

あなたにぜひ知っておいていただきたいことは、税理士事務所への転職では年齢的に若い人の方が有利であることです(特に未経験者の場合)

同じ未経験者であれば、できる限り他社のカラーに染まっていない若い人を欲しいと思うのが、採用側の本音だからです。

あなたが現在29歳なら28歳の人に比べると不利になりますし、あなたが現在28歳8ヶ月なら、28歳7ヶ月の人に比べると不利というわけです。

税理士事務所の採用は基本的に欠員補充(=1回の採用につき1人)で行われる

また、より現実的な話をすれば、税理士事務所というのは基本的に「欠員が出るたびにその補充」という形で採用を行っていることも知っておきましょう。

1回の採用活動では1人の採用しか行われませんから、より「早い者勝ち」となる側面が強いのです。

そのため、「昨日までは応募を受け付けていたはずの優良求人が、今日見てみたらもう募集終了になっていた…」ということが起こりがちです。

何が言いたいかというと、あなたが今何歳であったとしても、税理士事務所の転職活動では「少しでも早く行動を起こした人」が圧倒的に有利ということですね。

あなたの目の前に転がっていたチャンスを、あなたよりもほんの少しだけ早く行動した別の人がかっさらっていく…ということは絶対に避けたいですよね。

(まったく同じ条件だったはずなのに、ほんのタッチの差で税理士への道が開ける人と、そうでない人が生まれるという悲劇…)

どんなに忙しい方も、転職サイトへのメールアドレスの登録だけでも今やっておくことをおすすめします(完全無料で、1分あればできる作業です)

これだけで最新の求人情報についてアンテナを常に立てることが可能となりますから、転職サイトを使ってすらいない人たちに差をつけることができますよ。

これすらやる気がない、めんどくさい…という方はさすがに税理士事務所への転職はあきらめた方が良いかもしれません。そういう怠惰な人が税理士として成功できるとも思えませんし)

転職活動なんて何をしたらいいのかさっぱりわからない…という方も、MS-Japan(エムエスジャパン)なら、税理士業界に精通した転職エージェントが親身にメールでアドバイスしてくれますから安心です。

↓MS-Japanは、こちらの公式サイトから今すぐ無料登録できますよ。

↓募集中の求人を見てみる!

公式サイトはこちら

※フリーメールアドレスでも登録OK!

-転職活動のノウハウ

Copyright© 会計職のキャリア戦略 , 2019 All Rights Reserved.