会計事務所・経理に転職して働くには?

会計職のキャリア戦略

税理士事務所の仕事内容:1日のスケジュール編

  • 税理士事務所の仕事内容ってどんなもの?
  • 毎日どんな流れで1日仕事をするの?
  • 税理士事務所の仕事と経理の仕事はどう違う?

↑今回は、こうした疑問にお答えします。

平均的な税理士事務所の職員の1日の業務スケジュールについて紹介しましょう。

税理士事務所 仕事 覚え方
税理士事務所の仕事の覚え方!入社1年目の新入社員におすすめの方法をお教えします

税理士事務所に入社したての1年目の方の中には、「先輩が仕事の覚え方を教えてくれなくて困っている」という人も少なくないでしょう。この記事では、税理士事務所の新入社員の方向けに「とっておきの仕事の覚え方」をお教えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

税理士事務所の1日の仕事内容は大きく分けて2種類

税理士事務所,仕事内容,1日

(税理士事務所職員の仕事は大きく分けて2種類)

税理士事務所の1日の仕事内容は、

お客さんの事務所などにでかけていってやる仕事」と、

自分の勤務先事務所でやる仕事」の2種類があります。

税理士事務所職員の仕事内容

  1. お客さんの所に出かけて行ってやる仕事
  2. 自分の勤務先事務所に戻ってきてやる仕事

※税理士事務所のお客さんは、中小企業の経営者さんです。

それぞれの業務内容について順番に見ていきましょう。

1.お客さんの所に出かけて行ってやる仕事

お客さんのところでやる仕事というのは、いわゆる月次監査(巡回監査)です。

月次監査は1件につき2、3時間かかるので、1日に1~2件程度お客さんの営業所を巡回して、それで夕方ぐらいまでは時間がつぶれると思います。

↓月次監査って何?という方はこちらの記事を参考にしてみてください。

税理士事務所,仕事内容,月次監査,巡回監査
税理士事務所の仕事内容:月次監査(巡回監査)とは?

今回は、税理士事務所の仕事内容の基本である「月次監査(巡回監査)」について説明します。月次監査は税理士事務所の仕事内容として日常のルーティンに属する仕事と言えます。ぜひ具体的にイメージしながら読んでみてくださいね。

続きを見る

2.自分の勤務先事務所に戻ってきてやる仕事

こちらは自分が担当している法人顧客の決算作業です。

これはその日の月次監査を済ませて、夕方ぐらいに自分の事務所に帰ってきて処理する仕事です。

決算作業というのは普通は1日でできる量ではありませんから、自分で数日~数週間のスケジュールを組んで順番に進めていくことになります(今日はここまで、今週末までにここまで…という感じ)

↓決算業務についてはこちらの記事でくわしく説明しています。

税理士事務所,仕事内容,決算
税理士事務所の仕事内容:決算業務・税務申告ではどんなことをする?

今回は、税理士事務所の仕事内容のうち「決算業務」について解説させていただきます。
決算業務とは、ごく簡単に言うと顧問先企業の1年間の会計の数字を確定し、税金額を計算して税務署に報告することを言います。
この決算業務で1つの顧問先の1年間の仕事内容ルーティンが1周することになります。
通常、税理士事務所の職員は1人で20件~30件程度の顧問先を担当しますから、年間20件~30件の決算業務を行うことになります。

続きを見る

税理士事務所の繁忙期は激務?

以上の税理士事務所の1日のスケジュールをごく簡単にまとめると、

午前中~夕方まで月次監査でお客さんのところを回って、夕方からは自分の事務所に帰ってきて自分が担当している法人顧客の決算をやるという感じです。

基本的に自分で仕事のスケジュールを管理するので、上手に進めていけば定時で帰れることも多いです。

ただし、繁忙期や税務調査が入った時には上のルーティンにプラスアルファの仕事が入ってきます。

繁忙期というのは12月~翌年1月の年末調整、2月~3月にある個人事業主顧客の確定申告のタイミングですね。

あと、税務調査などは本当に突発的に入る仕事です(ある日突然税務署から連絡が入ります)

なので、自分でお客さんと上手に予定を組みながら仕事を進めていかないといつまでたっても仕事が終わらない…なんてことになりがちです。

税理士事務所 繁忙期
税理士事務所の繁忙期はいつ?労働時間や残業代の実態は?

税理士事務所の仕事の特徴として、繁忙期(忙しい時期)と閑散期(ひまな時期)の差が大きいということがあります。
税理士試験の勉強をしながら働く人は、仕事が落ち着いている時期にどれだけしっかり勉強できるかが合否を分けるポイントになりますから、入社前に繁忙期と閑散期の違いについてよく理解しておきましょう。今回は、税理士事務所の繁忙期はいつか?残業時間の実態や残業代の支給はどうなるのか?といったことについて具体的に解説します。

続きを見る

税理士事務所の仕事内容(業務内容)年間スケジュール編

税理士事務所,仕事内容,1年

(税理士事務所の年間業務スケジュールを解説)

税理士事務所職員の「1日の仕事の流れ」を理解したところで、

税理士事務所の1年間の仕事内容(年間スケジュール)についても理解しておきましょう。

税理士事務所という業種は、毎年基本的に同じスケジュールに従って動いています。

簡単に言えば「毎年この月にはこれをやって、この月にはこれをやる」ということが仕事内容としてほぼ決まっているということですね。

具体的には以下のような年間スケジュールと仕事内容になっていることが多いです。

税理士事務所の仕事内容(年間スケジュール)

  • 12月~翌年1月 :年末調整業務
  • 2月~3月 :個人事業主の確定申告業務
  • 4月~5月 :三月決算法人の決算業務
  • 6月~11月 :自分が担当する法人顧客の決算業務

月次監査は基本ルーティンなので上の各月で常に行います。

税理士事務所の仕事内容は基本的に「月次監査+アルファ」で動いているという感じですね。

なので、確定申告や年末調整といったイベントがある月には非常に忙しくなる(繁忙期になる)事務所が多いです。

税理士事務所の繁忙期は何月?

ものすごくざっくりというと、毎年12月~翌年5月ぐらいまでが繁忙期で、それ以外の時期は比較的業務が落ち着いている時期です。

求人の採用活動なども、この業務が落ち着いている時期(6月~11月ぐらい)に積極的に行われることが多いですね。

また、8月には税理士試験があります。

税理士事務所で働く人の多くが税理士受験生ですから、この時期には長期休暇などをとれる事務所も少なくありません。

入社される前にその事務所が従業員の税理士試験受験にどういうスタンスをとっているのか(積極的に応援しているのか、そうではないのか)を見極めておくと良いでしょう。

私の働き方を変えた税理士事務所の先輩のひと言

私も業界に入って1年目~3年目ぐらいのときには仕事のコツをつかむのに本当に苦労して、深夜まで残業…みたいなことをよくやってました。

(もともとあんまりてきぱき仕事できるタイプでもないので…)

当時は「若いうちの苦労は買ってでもしよう!」みたいなことを思っていて、仕事に追われるぐらいが当然と思っていたんです(約10年前は今ほどブラックとかパワハラとかうるさくなかった)

ですが、ある日仕事がすごくできる事務所の先輩に言われたんです。

君はいま、『慣れてきたら楽になってくるはず、しんどいのは今だけ…』とか思ってるかもしれないけど、今の仕事のやり方のままだったら、一生そんな感じで仕事することになるよ

先輩は多分なにげなくアドバイスしてくれたんだと思うんですが、私の中ではこれがちょっとした転機になったんですね。

私が仕事量を減らしながら年収を上げられた理由

どういうことかというと、1年目~3年目はその年次なりに業務が割り振られて手一杯だし、5年目~それ以降にはその年次なりにまた業務が割り振られるわけですから、私自身が自分の働き方、働く事務所を変えない限りは一生同じ働き方になってしまうんです。

そして、それは今の仕事が何年目か?といったことはまったく関係ないんですよね…。

(経験年数が長い人でも、新人時代とまったく同じような仕事の仕方をしている人はたくさんいる=当然ながらお給料はそんなに高くならない)

自分で自分の人生を主体的にコントロールしていかないと、業務量に追われる毎日は終わらないし、年収も変わらないということはよく理解しておく必要があるでしょう。




Sponsored Links

Copyright© 会計職のキャリア戦略 , 2020 All Rights Reserved.