会計事務所の仕事内容:1日のルーティンと年間スケジュール

2018年4月18日

  • 会計事務所の仕事内容ってどんなもの?
  • 1日のルーティンはどんな感じ?
  • 年間スケジュールはどんな感じ?

↑今回は、平均的な会計事務所職員の仕事内容について紹介します。

毎日どんな仕事をしていて、1年間でどんな流れで仕事が動いているのかを説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

会計事務所の1日の仕事内容は大きく分けて2種類

会計事務所 仕事内容 1日

(会計事務所職員の仕事は大きく分けて2種類)

 

↓会計事務所の1日の仕事内容には、以下の2種類があります。

  1. 顧問先企業に出かけ行ってやる仕事
  2. 自分の勤務先事務所内でやる仕事

なお、会計事務所のお客さんは、中小企業の経営者さんです。

それぞれの業務内容について順番に見ていきましょう。

1.お客さんの所に出かけて行ってやる仕事

お客さんのところでやる仕事というのは、いわゆる月次監査(巡回監査)です。

月次監査は1件につき2、3時間かかるので、

1日に1~2件程度お客さんの営業所を巡回して、それで夕方ぐらいまでは時間がつぶれると思います。

月次監査(巡回監査)の仕事内容については、こちらでくわしく書きましたのでよければ読んでみてください。

会計事務所 仕事内容 月次監査
会計事務所の仕事内容:月次監査(巡回監査)とは?

今回は、会計事務所の仕事内容の基本である「月次監査(巡回監査)」について説明します。月次監査をきちんとやっているかどうか?で会計事務所職員の仕事の質が決まると言っても過言ではありません。ぜひ具体的にイメージしながら読んでみてくださいね。

続きを見る

2.自分の勤務先事務所に戻ってきてやる仕事

こちらは自分が担当している法人顧客の決算作業です。

これはその日の月次監査を済ませて、

夕方ぐらいに自分の事務所に帰ってきて処理する仕事になるでしょう。

決算作業というのは普通は1日でできる量ではありません。

なので、自分で数日~数週間のスケジュールを組んで順番に進めていくことになります。

(今日はここまで、今週末までにここまで…という感じ)

決算業務の仕事内容についてはこちらの記事でくわしく説明しています。

税理士事務所,仕事内容,決算
会計事務所の仕事内容:決算業務・税務申告ではどんなことをする?

この記事では、会計事務所の仕事内容のうち「決算業務」について説明します。決算業務は会計事務所の仕事のうちもっとも重要な仕事といえます。会計事務所職員としてどの程度の実務経験があるか?については、この決算業務の経験数で測られることも多いです。最重要業務という位置付けですので、ぜひ具体的に理解しておきましょう。

続きを見る

こちらもおすすめ


↑会計事務所(税理士)の仕事がよくわかる本としてはこのあたりがおすすめ。

これから会計事務所で働きたい人や、

いま会計事務所で働いてるけど、正直に言って自分がなんの仕事をしているかよくわからない…。

という状態の人は読んでおくと仕事の理解度(成長速度)がまったく違ってくると思います。

>>Kindle Unlimited(アマゾンの電子書籍読み放題)ならスマホ・PCで今すぐ無料0円で読めますよ

管理人

会計事務所の繁忙期は激務?

以上の会計事務所の1日のスケジュールをごく簡単にまとめると、

午前中~夕方まで月次監査でお客さんのところを回って、

夕方からは自分の事務所に帰ってきて、自分が担当している法人顧客の決算をやるという感じです。

基本的に自分で仕事のスケジュールを管理するので、

上手に進めていけば定時で帰れることも多いです。

ただし、繁忙期や税務調査が入った時には上のルーティンにプラスアルファの仕事が入ってきます。

繁忙期というのは12月~翌年1月の年末調整、

2月~3月にある個人事業主顧客の確定申告のタイミングですね。

あと、税務調査などは本当に突発的に入る仕事です(ある日突然税務署から連絡が入ります)

なので、自分でお客さんと上手に予定を組みながら仕事を進めていかないと、

いつまでたっても仕事が終わらない…なんてことになりがちです。

会計事務所の仕事内容(業務内容)年間スケジュール編

税理士事務所,仕事内容,1年

(会計事務所の年間業務スケジュールを解説)

 

会計事務所職員の「1日の仕事の流れ」を理解したところで、

会計事務所の1年間の仕事内容(年間スケジュール)についても理解しておきましょう。

会計事務所という業種は、毎年基本的に同じスケジュールに従って動いています。

毎年、「この月にはこれをやって、この月にはこれをやる」ということが、

仕事内容としてほぼ決まっているということですね。

↓具体的には、以下のような年間スケジュールになっていることが多いですよ。

  • 12月~翌年1月
    年末調整業務
  • 2月~3月
    個人事業主の確定申告業務
  • 4月~5月
    三月決算法人の決算業務
  • 6月~11月
    自分が担当する法人顧客の決算業務

なお、月次監査は基本ルーティンなので上の各月で常に行います。

会計事務所の仕事内容は基本的に「月次監査+アルファ」で動いているという感じですね。

会計事務所の繁忙期は何月?

確定申告や年末調整といった「イベント」がある月には、

非常に忙しくなる(繁忙期になる)事務所が多いでしょう。

ものすごくざっくりというと、会計事務所は

毎年12月~翌年5月ぐらいまでが繁忙期で、

それ以外の時期は比較的業務が落ち着いている時期(閑散期)です。

採用活動なども、この業務が落ち着いている時期(6月~11月ぐらい)に積極的に行われることが多いですね。

なお、8月には税理士試験があります。

会計事務所で働く人の多くが税理士受験生ですから、

この時期には長期休暇などをとれる事務所も少なくありません。

入社される前にその事務所が従業員の税理士試験受験にどういうスタンスをとっているのか

(積極的に応援しているのか、そうではないのか)を見極めておくと良いでしょう。

私の働き方を変えた税理士事務所の先輩のひと言

私はかなり要領の悪い人間で、

税理士業界に入って1年目~3年目ぐらいのときには

毎日深夜まで残業…みたいなことをよくやってました。

当時は「若いうちの苦労は買ってでもしよう!」みたいに考えていて、

仕事に追われるぐらいが当然と思っていたんです。

(約10年前は今ほどブラックとかパワハラとかうるさくなかった)

↓そんなある日、仕事がすごくできる事務所の先輩に言われたんです。

君はいま、慣れてきたら楽になってくるはず、しんどいのは今だけ…

とか思ってるかもしれないけど、今の仕事のやり方のままだったら、

一生そんな感じで仕事することになるよ。

先輩は多分なにげなくアドバイスしてくれたんだと思うんですが、

私の中ではこれがちょっとした転機になったんです。

私が仕事量を減らしながら年収を上げられた理由

上の先輩の言葉を具体的に説明すると、

自分自身が自分の働き方を変えない限りは、

一生同じ働き方になってしまうということです。

1年目~3年目の新人でも、その新人の能力的なりに業務が割り振られて手一杯だし、

5年目~それ以降にも、能力に合わせて業務が割り振られるわけですからね。

(ベテランでも、新人時代とまったく同じような仕事の仕方をしている人はたくさんいる)

自分で自分の人生を主体的にコントロールしていかないと、

業務量に追われる毎日は変わりません。

会計事務所の職員が犯しがちなまちがい

会計事務所の職員って「ものすごく忙しくて、本人もものすごく頑張っているのに、なぜか年収が低い…」

っていう人がとても多いんですけど、

これって実は本人の考え方しだいだったりします。

所長が悪い・業界が悪い・担当顧問先が多すぎるのが悪い・仕事を教えてくれない先輩が悪い…

などなど、仕事をしていく上ではいろんな不満があるでしょう。

しかし、結局は自分の働き方を決めているのは自分自身なんですよね。

環境劣悪なブラック事務所で働きたくない人へ

(ブラックな会計事務所で働きたくない人へ)

 

いま働いている人もこれから働く人も、ブラックで過酷な環境の会計事務所で働きたくないなら情報収集はしっかり行うようにしてください。

具体的には税理士業界専門の転職サイトを使って、

いま世の中に出ている事務所の最新の求人情報をリサーチするようにしましょう。

管理人

↓転職サイトに無料登録すると、好条件な会計事務所求人の情報にアクセスできるようになります。

最速転職HUPRO(ヒュープロ)

未経験者もOKの税理士事務所求人探すならここ!

ヒュープロは税理士業界専門の転職エージェントです。
未経験資格なし年収400万円の求人や、試験勉強との両立がしやすい環境の求人が多数登録されていますよ。
これから税理士目指してキャリアスタート!という方はここを使いましょう。

(未経験者向けの求人例:クリックで拡大)

(未経験者向けの求人例:クリックで拡大)

↑こうした「税理士業界専門の転職サイト」では、

転職エージェントが実際に事務所をまわって所長税理士や現役職員にヒアリングした事務所のナマの情報を知ることができます。

求人を出している事務所について、

  • 社風や所長税理士の人格
  • 給料やボーナスの具体的な実績値
  • 月間・年間の残業時間数
  • 税理士試験の科目合格者がどのぐらいるのか
  • 試験勉強を応援してくれる事務所か否か
  • 職員の男女比率や年齢構成

などの情報が細かくわかります。

管理人

会計事務所の求人だけを専門で扱っているサイトなので、

ハローワークやリクナビ・マイナビといった一般向けの転職サイトとは情報の質がまったく違いますよ。

こうした求人情報の中から特に条件の良い事務所の求人を「非公開求人」として転職エージェントに紹介してもらうことも可能です。

ハローワークの求人などではあり得ないような好条件の事務所を選択肢にできるんです。

なお、転職エージェントにお金を払うのは採用を行う事務所側だけなので、私たち求職者側は無料で使えます。

お金が1円もかかることはないので、安心して使うことができますよ。

税理士業界専門サイトの非公開求人には、

↓以下のような求人がそろっています。

管理人

  • 未経験・資格なしでも年収400万円スタートの事務所求人
  • 税理士試験と両立できる環境(繁忙期も残業なしなど)の事務所求人
  • 資産税の実務経験を積むことができる事務所求人
  • 将来的に独立を目指すのもOKな事務所求人
  • 医業や社福法人など「もうかる分野」で活動している事務所求人
  • 社労士や司法書士など他分野の士業と提携している事務所求人

(転職サイトでは年収や科目合格の有無・勤務地などの条件を指定して求人検索できます)

(実際に登録されている求人例:未経験でも年収400万円〜500万円スタート)

 

まずはサイト内で無料アカウントを作り、求人検索をしていろんな事務所の情報を見てみてください。

(特に条件の良い非公開求人までチェックするにはアカウント作成が必要です)

入社時の条件面でゆずりたくない人は、情報収集を日頃からしっかりしておくようにしましょう。

>>税理士業界専門の転職サイトで実際の求人を見てみる

会計事務所に転職する人は「税理士業界専門の転職エージェント」を使おう

(会計事務所に転職するなら「税理士業界専門」のエージェント会社を使いましょう)

 

転職エージェント会社っていろんなところがありますよね。

この記事を書いている2021年現在で、なんと1万社以上あるそうです。

(コロナ禍で廃業になったところもあって、数はだいぶ減ったらしいですが)

リクナビやマイナビなどの転職エージェントの方が、

学生時代の就活でも使ったのでなじみがある…

という方も多いかもしれませんね。

管理人

ただ、税理士業界って採用側も応募側もかなり事情が特殊です。

必ずしも大手の事務所が環境良いわけではないですし、

仕事探す側も税理士受験生だったりキャリアスタートの年齢が高めの人が多かったりと、普通の求職者とは異なる事情が多いです。

こういった「特殊事情」をきちんと理解してくれているエージェントに担当してもらいたいなら、税理士業界専門のエージェント会社を使うべきです。

エージェント自身が税理士業界出身者だったりするので、面談を受けるとこの業界でのキャリアアップについていろいろアドバイスもしてくれますよ。

(なお、エージェント面談の利用は任意です)

ブラックな会計事務所で働きたくない人や、ちゃんと年収稼げる税理士になりたい人は、税理士業界専門の転職エージェントを使うようにしましょう。

転職エージェントって何よ?という方や、

いろいろ比較してみたい方は

↓これらの記事も参考にしてください。

管理人

© 2021 会計職のキャリア戦略