税理士事務所に転職する場合のベストの適齢期(?)は、20代です。

業界未経験者の場合にはやはり別の会社のカラーに染まっていない人が好まれる傾向がありますね。

従業員数人~10人程度の組織であることが多い税理士事務所では、ある程度安いお給料で働いてくれる若い人の方が雇用しやすいという事情もあります。

ただ、実際には新卒で税理士事務所に入るという人は少数派ですから、20代後半~30代前半ぐらいの人でも採用されるケースは普通にありますよ。

>>未経験者OKの税理士事務所求人を見てみる

実際の税理士事務所の採用年齢で多いパターン

税理士事務所,転職,年齢

これは私が過去に所属していた税理士事務所(従業員20人ぐらい)で、採用の仕事を多投した時の話です。

私が職務経歴書を見させていただいた中で、採用に至っていた人の経歴で圧倒的に多いパターンは、以下のような感じですね。

実際に税理士事務所に採用される人の経歴で多いパターン

  • 大学を卒業して数年間新卒で一般企業で勤務
  • その後税理士試験を目指して退職
  • 科目合格を1科目~3科目程度
  • 税理士事務所の実務を勉強するために税理士事務所転職を目指す

>>科目合格者だけが登録できる転職サイト

この職歴だと年齢は必然的に20代後半~30代前半ぐらいになります。

税理士事務所としては、税理士試験受験生の方は税務や会計についての基本的な勉強をしている人ということで、非常にマッチした人材(つまり採用したい人材)となります。

私が見た中では、36歳の実務未経験者でも採用されたケースがありますから、「自分は年齢的に採用されないかも…」と不安を感じていらっしゃる方も挑戦してみる価値はあると思いますよ。

>>税理士事務所への転職を未経験から成功させる方法