税理士事務所に転職する場合のベストの適齢期(?)は、20代です。

業界未経験者の場合にはやはり別の会社のカラーに染まっていない人が好まれる傾向がありますね。

従業員数人~10人程度の組織であることが多い税理士事務所では、ある程度安いお給料で働いてくれる若い人の方が雇用しやすいという事情もあります。

ただ、実際には新卒で税理士事務所に入るという人は少数派ですから、20代後半~30代前半ぐらいの人でも採用されるケースは普通にありますよ。

Sponsored Links

実際の税理士事務所の採用年齢で多いパターン

税理士事務所,転職,年齢

これは私が過去に所属していた税理士事務所(従業員20人ぐらい)で、採用の仕事を多投した時の話です。

私が職務経歴書を見させていただいた中で、採用に至っていた人の経歴で圧倒的に多いパターンは、以下のような感じですね。

実際に税理士事務所に採用される人の経歴で多いパターン

  • 大学を卒業して数年間新卒で一般企業で勤務
  • その後税理士試験を目指して退職
  • 科目合格を1科目~3科目程度
  • 税理士事務所の実務を勉強するために税理士事務所転職を目指す

この職歴だと年齢は必然的に20代後半~30代前半ぐらいになります。

税理士事務所としては、税理士試験受験生の方は税務や会計についての基本的な勉強をしている人ということで、非常にマッチした人材(つまり採用したい人材)となります。

私が見た中では、36歳の実務未経験者でも採用されたケースがありますから、「自分は年齢的に採用されないかも…」と不安を感じていらっしゃる方も挑戦してみる価値はあると思いますよ。

税理士事務所には中途採用で転職できますか?

税理士事務所,中途採用

税理士事務所への転職を目指す方の中には、別の業界からの中途採用で転職したいという人も少なくないでしょう。

中途採用で転職する方の場合、年齢的に20代後半~30代の人が中心でしょうから、「未経験だから若い人との競争に勝てないかも…」と不安に感じている方も多いかもしれませんね。

今回は、税理士事務所には中途採用でも採用されるのか?について解説させていただきます。

Sponsored Links

税理士事務所に中途採用で転職できる?

結論から言うと、税理士事務所に中途採用で転職成功する人はとても多いです。

というか、この業界の特徴として新卒でいきなり税理士事務所を目指す、という人はほとんどいません。

20代前半で税理士事務所に入る人は多くが第二新卒者(新卒で入社した会社を1年~2年ぐらいで退職している人)ですし、20代後半~30代から税理士事務所に中途採用される人の多くは他の業界で働いてきた人です。

なので、中途採用だから採用に不利になる…といったことは基本的にないと考えておいて問題ありませんよ。

Sponsored Links

中途採用者が多いのは税理士試験制度が理由?

業界的に中途採用や第二新卒で採用される人が多いのは、税理士試験が科目合格制度であることも影響しているかもしれませんね。

1年に1科目という形で合格していけばOKの試験ですから、仕事をしながら5年間で5科目合格を目指す…という人がとても多いんです。

実際、税理士試験5科目合格者の多くが税理士事務所で職員として働きながら勉強してきた人です。

採用を行う事務所側としても、会計や税務についての知識がすでにある程度ある税理士試験受験生は理想的な人材ですから、試験勉強中だけど中途採用で実務経験も積み始めたい…という方も税理士事務所に採用される可能性は十分あります。

Sponsored Links

中途採用で入社前に知っておくべき知識は?

未経験の方の場合、基本的には入社してから実務を通して仕事を覚えていけば問題ないと思いますが、「できれば入社前に基本的なことは理解しておきたい」という方も多いかもしれません。

会計や税金計算の基本的な部分については本屋さんにいけばその手の本がたくさんありますので、経理職員向けのテキストなどを2~3冊読み込んでおくと良いでしょう。

個人的に重要だと思うのは税理士事務所の仕事内容(お客さんはどういう人たちで、日ごろのルーティン業務どんなものか?年間スケジュールはどんな感じか?など)についてある程度理解しておくことだと思います。

税理士事務所というのは基本的に毎年同じ業務スケジュールで動いていますから、仕事の全体像を理解しながら実務経験を積んでいくと早く仕事に慣れることができますよ。

税理士事務所職員の仕事内容についてはこちらの記事で解説していますので良ければ読んでみてください。

中途採用の場合、税理士事務所の平均年収は?

気になるのは中途採用で税理士事務所に入社した場合、年収はどのぐらいになるか?ですが、20代前半の人の場合は初年度年収で300万円ぐらいが相場だと思います。

20代後半~30代の方だと年収350万円ぐらいからスタートの事務所が多いでしょう。

税理士事務所の年収というのは自分が担当している顧問先の件数とほぼ比例しますから、実務経験を積んで担当顧問件数が増えるにしたがって年収もじょじょに上がっていきます。

3年目~5年目で400万円~まで上がってくるケースが多いでしょう(なお、資産税などを扱っている事務所だと年収のアップもしやすいです)

ただ、税理士事務所に中途採用されることを目指す人の多くは将来的に独立を考えているでしょうから、勤務職員時代の年収にはあまりこだわらないという人が意外に多いですね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 税理士事務所 転職 >>「資格なし・年収の低い残念な職員…」になりたくない方へ


会計職専門の転職サイト

【転職サイトの5つのメリット】
  • 自分ではやりにくい年収交渉を代行してくれます。
  • 採用担当者とのアポ取りや日程調整を代行してくれます。
  • 書類選考をあなたの代わりに通してくれます。
  • 完全無料で使えます。
  • 2~3社登録しておいて使い分けるのが優良求人に出会うコツです。

      1. エムエスジャパン:未経験者向け転職サイト

        ranking003

        求人の件数 5.0
        専門性の高さ 4.0
        採用され易さ 5.0

        未経験者OKの求人多数あり!

        まだ税理士事務所で働いた経験がない方は、未経験OKの求人を選んで応募する必要がありますが、採用されるならどこでも!で応募してしまうとブラック求人にひっかかってしまいます(ハローワークをメインで転職活動している人は要注意:私も過去に失敗しました…)
        エムエスジャパンには「福利厚生の良い求人」だけが厳選されて登録されていますから、
        安心してゼロから実務経験をスタートできる事務所を探している方におすすめです。


      1. ジャスネットキャリア:実務経験3年以上の方向け

        ranking002

        求人の件数 3.5
        専門性の高さ 5.0
        採用され易さ 3.0

        実務経験3年以上の方におすすめ!
        実務経験が3年以上ある方向けの求人が多く登録されている転職サイトです。
        経験者向けの高年収求人が多数登録されていますから、これまでの実務経験を生かして、ステップアップしたい人におすすめです。
        中堅~大手事務所(BIG4含む)や資産税特化型の事務所へのキャリアアップを目指す方は活用しましょう。

    1. マイナビ税理士:科目合格以上の人に最適

      ranking001

      求人の件数 3.0
      専門性の高さ 5.0
      採用され易さ 4.0
      税理士・科目合格者向け求人が豊富
      税理士試験の合格者や、1科目以上の科目合格がある人向けの求人が充実しているサイトです(一部、無資格者OKの求人もあります)
      1科目以上の合格がある人は応募できる優良求人(実務未経験でも年収450万円~など)が多くありますから、すでに試験で結果を出している人は活用しましょう。