会計事務所(税理士事務所)の呼び方は御社?貴社?それとも御事務所?貴事務所?

2018年5月9日

よくある質問

会計事務所・設計事務所・社労士事務所…など、

●●事務所」とつく企業に書類を送ったり、面接で相手を呼んだりするときには、どのような呼び方が正しいでしょうか。

(普通の会社では「御社」「貴社」と相手を呼ぶようなケースで、どのように呼んだり書いたりすれば良いでしょうか)

今回は、この質問にお答えします。

結論からいうと、「御社」でいいと思います。

↓この場合の候補としては一応、以下のようなものが考えられますね。

管理人
  • 御社(これでOK)
  • 貴社
  • 御事務所
  • 貴事務所
  • 御所
  • 貴所

もちろん、会計事務所は「社」ではなく「事務所」ですから、

「御事務所」や「貴事務所」が正しいと考える方もいるでしょう。

しかし、実際に会計事務所で働く側としては、

「御事務所」や「貴事務所」という呼ばれ方にはとても違和感を感じます。

応募書類を送るときだけでなく、面接などでも自分の事務所を指して

  • 「御事務所では…」とか、
  • 「貴事務所では…」

という風にいわれると、なんだか「ん?」と感じてしまいます。

もちろん不快感とまではいいませんけど、

「あー、面接本とかを読んで準備してきた人なんだろうな」と思います。

書類のやり取りや面接というのは、

人間と人間のコミュニケーションです。

なので、相手に違和感を感じさせない表現を使うのがベストでしょう。

管理人

文法的に正しいことと、相手とコミュニケーションを円滑に行うこととは意味が違います。

もちろん、ビジネスですからコミュニケーションを円滑に行うことが最優先です。

相手も自分も聞き慣れている「御社」が無難というわけです。

少なくとも「御社」と書かれて目くじらを立てるような会計事務所職員はまずいません。

御社と貴社ではどっちが良い?

税理士事務所,御社

次に、御社貴社ではどっちが良いでしょうか。

ここでも私は「御社」でいいと思います。

私はこれまでに3社の会計事務所で働いた経験がありますが、

どの事務所に転職活動するときにもすべて「御社」で統一しています(そして採用されています)

貴社」というのは、ビジネスで対等の相手を指すときに使うのが自然です。

あくまでも面接などの採用試験を受ける側としては避けておくのが無難でしょう。

結論:すべて「御社」で統一してOK

結論的に、会計事務所(税理士事務所)や司法書士事務所、弁護士事務所など、

「〜事務所」と言う名称になっている企業を指して呼ぶときには、

書面・面接を問わず「御社」でOKです。

細かい違いではありますが、

ちょっとしたことで相手が持つ印象はずいぶんと変わるものですから、注意しておきましょう。

↓※ 税理士業界で働く人にはぜひ読んでおいて欲しい記事

経理 向いてない 辞めたい
「今すぐは転職できない人」もやっておくべきたった1つのこと

このサイトを見てくださる方の中には「今の状況に不満はあるけれど、今すぐには仕事をやめられないし、転職活動も始められない…」という方も多いでしょう。ただ、そんな方も必ずやっておくべきことが1つだけあります。これをやっておくのとやらないのとでは大きな差が出てしまうので注意してください。

続きを見る

税理士事務で働く
会計事務所は「未経験・資格なし」でも転職できる?

「会計事務所は未経験・資格なしでも転職できる?」この記事では、これから税理士業界に未経験で挑戦する!という方向けに、会計事務所(税理士事務所)の採用事情について解説します。結論から言うと、実務未経験で簿記や科目合格もまだ…と言う方でも、会計事務所で正社員として採用される可能性は普通にありますよ。

続きを見る

税理士事務所 給料 安い
会計事務所(税理士事務所)の給料は安い?年収が上がらない理由は?

「会計事務所の給料は安い?平均年収はどのぐらい?どういう働き方をしたら年収は上がっていくの?」この記事では、この業界で10年以上働いた私の経験から、会計事務所(税理士事務所)の平均年収の実態について解説します。ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

会計事務所 ブラック
ブラックな会計事務所の見分け方(12個の特徴)

「会計事務所(税理士事務所)にはブラック企業が多いって本当?見分けるにはどうしたらいい?」この記事では、ブラックな会計事務所の特徴を12個紹介しています。これから税理士になるべく会計事務所への転職を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

© 2021 会計職のキャリア戦略