経理は「未経験・20代後半」でも転職できる!簿記資格やスキルなしで就職成功する方法を解説

  • 未経験の20代後半でも経理に正社員として転職できる?
  • 経理は女性の仕事だから男性は採用されないって本当?
  • 少しでも高い年収で採用されるには?
読者様

経理は「実務経験者でないと採用されない」という話をよく聞きます。

年齢も20代後半だと、

未経験から経理になるのは難しいでしょうか?

簿記資格もまだ持っていません。

結論から言うと可能だと思います。

経理の採用を実務経験者に限定しているのは、

主に中堅以上の規模の会社です。

中小企業やベンチャー企業など、

↓比較的小規模な会社では未経験者OKの求人が多く出ていますよ。

管理人
経理 未経験 20代後半

(未経験OKの経理求人の例)

>>転職サイトで未経験OKの経理求人を見てみる

20代後半の年齢の方なら、

未経験・簿記資格なしでも経理として転職成功することは十分に可能ですよ。

ネット上の情報はデマも多いので注意してくださいね。

管理人

未経験者が経理として転職成功するために重要なことは、

採用の「入口」をまちがえないことです。

転職活動はやり方を間違えると「門前払い」を食らうこともありますので注意してください。

この記事では、企業の経理管理職として人事採用も担当している管理人が、

未経験から経理としてキャリアをスタートする方法を解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

20代後半の未経験者が経理に転職する方法

経理 未経験 20代後半

(20代後半の人が未経験で経理転職に成功するには?)

まず、経理の求人は実務経験者向けの求人未経験者OKの求人とで、

しっかりと入口が分けられていることに注意しておきましょう。

経理という仕事は一種の「専門職」ですので、

退職者の欠員補充で採用を行うようなケースでは、入社してすぐ戦力として働ける人(実務経験者)が求められます。

こうした実務経験者向けの求人に、

未経験の方が応募してもまず採用されることはないので注意しておきましょう。

なお、経理で「実務経験があるかどうか」は、

決算業務の経験がどのぐらいあるかで判断されることが多いです。

管理人

↓※実務経験者向けの求人の例

経理 未経験 20代後半

(実務経験者向けの経理求人の例)

経理未経験者はこういう求人を狙おう!

経理 未経験 20代後半

(経理未経験者が狙うべき求人は?)

 

一方で、急激な成長途上で人手不足になっている企業や、

長期目線で「組織の若返り」を目指す老舗企業では、

未経験者OKのかたちで経理求人が出されることが多いです。

↓※未経験OKの経理求人の例

経理 未経験 20代後半

(未経験OKの経理求人の例)

経理 未経験 20代後半

(未経験OKの経理求人の例)

>>転職サイトで未経験者OKの経理求人を見てみる

こういった未経験OKの経理求人の場合、

20代後半の人は年齢的にもベストマッチといえます。

社会人になってから数年が経っていて、

ビジネスマナーや基本的なコミュニケーションスキルを身につけている人は、

未経験者の採用を行う企業側にとっても「ドンピシャの人材像」だからです。

未経験OKの経理求人をピンポイントで狙っていけば、

20代後半の人が経理として採用されるのはそれほど難しくありません。

簿記資格なし(勉強中の人)でも採用される可能性は十分にありますよ。

管理人

ただし、年収がとても低い経理求人もあるので注意

20代後半までの人なら、未経験でも経理として採用される可能性は十分にあります。

ただし、未経験OKの経理求人の中には、

年収や福利厚生の条件がとても悪い求人も多いので注意してください。

↓※年収条件の良くない経理求人の例

経理 未経験 20代後半

(年収条件の良くない経理求人の例)

 

年収264万円となると、毎月の手取り月収だと20万円を切ってしまいます。

20代独身なら最低限の生活費でいいかもしれませんが、

30代以降もこれではちょっと厳しいでしょう。

同じ働くなら、少しでも給料は高い方がいいに決まっていますよね。

年収が100万円違ったら、

毎月の給料手取りは6万円〜8万円程度も違ってきます。

管理人

特に、ハローワークに登録されている求人には要注意です。

企業側にとって、ハローワークに求人を出すのには広告費がかかりません。

なので「少しでも安い賃金で働いてくれる人を、条件はあまりこだわらないから手っ取り早く集めたい」という採用ニーズで利用する場合が多いのです。

(必然的に、私たち求職者から見た場合には年収条件が悪くなります)

求人をどこで探すか?で、入社後の年収や福利厚生がほぼ決まるといっても過言ではありません。

年収条件の良い経理求人は、

会計職専門の転職サイトで多く見つけることができますよ。

未経験者でも応募できる経理求人が多く登録されていますので、活用してみてください。

MSジャパン

未経験OKの優良求人が多数!

MSジャパンは、会計事務所や経理の求人をメインで扱っています。
特徴は「未経験・資格なし」の人でも応募できる優良求人が多数あることですね(年収400万円〜など)
これから未経験で会計職キャリアをスタートしたい人におすすめです。

転職するなら「ぜったいに今よりも条件の良い会社」で働きたい方へ

経理 未経験 20代後半

(今よりも年収や福利厚生の良い会社で働きたい人へ)

 

未経験者の経理転職についてよくある質問と回答

経理 未経験 20代後半

(経理転職に関するよくある質問と回答)

以下では、経理未経験の方からよくある質問と回答をまとめています。

参考にしてみてください。

管理人

1.経理は男性でも転職できるの?

経理 未経験 20代後半

経理という仕事について、「女性がメインの仕事」というイメージを持っている人は少なくないようです。

↓Yahoo知恵袋などを見ても、「男でも経理に転職できるんでしょうか…?」という質問を見つけることが多いですね。

経理 未経験 20代後半
経理 未経験 20代後半

確かに、スタッフレベルの経理職員というのは女性が多いです。

(派遣スタッフさんにも女性スタッフが多い)

一方で、管理職以上(課長級以上)になると、圧倒的に経理という仕事は男性が多くなります。

↓※Yahoo知恵袋内での回答例(実際に経理として働いている人からの回答)

経理 未経験 20代後半
経理 未経験 20代後半
経理 未経験 20代後半

私自身も男性で、経理の管理職として働いています。

私の会社でも、過去に課長以上の役職になった女性というのは1人しか例がありません。

管理人

男性であっても未経験から経理に正社員採用されるケースは普通にあります。

この点はあまり気にする必要はないと思いますよ。

2.経理に転職するために簿記資格は必要?

経理 未経験 20代後半

経理の求人では「簿記2級程度の知識のある人」や、

簿記3級以上必須」という応募条件になっているケースが多いですね。

しかし、これはあくまでも「タテマエ上の条件」に過ぎないケースが多いでしょう。

例えば、実際に面接をしてみて「この人よさそうだな」と思った人がいて、

その人が簿記資格を持っていないという理由だけで不採用にするか?というと、

そんなもったいないことは普通しないというわけです。

管理人

あまりにも無条件で求人を出してしまうと、

やる気のある人もない人もごっちゃになって応募してきてしまうので、

ある程度のしぼりをかける意味で「簿記知識のある人」を求人条件にすることが多いんです。

実際には、「現時点で簿記は持っていなくても、やる気のある人なら入社後に勉強してもらえばOK」と考えている採用担当者がほとんどだと思いますよ。

そのぐらいのスタンスで求人を出さないと、企業側も良い人材なんて確保できないですからね。

心配な人は早めに取得してしまおう

とはいえ、「経理なのに簿記を持っていないのではかっこがつかない…

と感じている人もいらっしゃるでしょう。

経理として配属された場合、職場でも簿記資格を持っている人がほとんどでしょうから、

簿記2級までは早めに取得しておいて損はありません。

(なお、くりかえしになりますが、入社してから取得でもOKのケースが多いです)

簿記2級は独学でも合格することは難しくありませんが、

より短期間で確実に合格したい人は資格スクールを活用しましょう。

管理人

WEB授業形式の簿記スクールなら、自宅で好きな時に授業を受けられるので、

働きながら合格を目指す人にもおすすめですよ。

↓最近では、資格スクールの費用もずいぶん安くなっていますしね。

経理 未経験 20代後半

WEBスクール大手のクレアール:簿記検定の短期合格に実績があります)

経理 未経験 20代後半

(合格点をとるために必要な部分を重点的に学習するので、短期間で合格レベルに到達できます)

\ 非常識合格法とは?/

無料で資料請求する

※リンク先ページで資料請求できます

3.未経験で入社した場合の経理の仕事内容ってどんなの?

読者様

経理に未経験で入社した場合、どういう仕事からスタートするんでしょうか?

前任者からの業務の引き継ぎというかたちで仕事がスタートするケースが多いでしょう。

経理は「欠員補充(退職する人の補充)」として採用されることが多いからです。

管理人

↓経理の日常業務というのは、以下のようなものが基本になります。

経理の「日常業務」

  • 会計ソフトへの仕訳入力作業
  • 証ひょう書類のファイリング
  • 取引先とのお金のやりとり(銀行振込・入金)
  • 従業員の給与計算
  • 会社の各部署への取引内容のヒアリングなど

↑これらの「日常業務」にプラスして、一定期間ごとに「これまでに作成した会計データをまとめる作業」を行います。

これを決算業務と呼びます。

↓決算業務は、以下のようなタイミングで行います。

決算業務とは?

  • 月次決算
    毎月行う決算業務。1カ月間の会計データを実際の取引内容と照合し、まちがいがないかチェックします。
    また、1カ月分の試算表を作成し、経営者に対して最新業績の報告を行うのも経理の重要な業務です。
  • 四半期決算
    上場企業など、大手企業で導入している決算業務。月次決算3カ月分をひとまとめにして業績を把握します。
  • 年次決算
    1年に1回行う決算業務で、経理職員にとって一番重要な業務です。
    1年間の企業業績を集計して決算書を作成し、役所に納める税金の計算を行います。

↑この中で、「年次決算」は経理にとってもっとも重要な業務です。

年次決算は、企業の1年間の利益を計算し、納める税金の金額を計算する目的で行われます。

経理の日常業務や月次決算は、この年次決算を正しく行うためにやっているといっても過言ではありません。

管理人

日常業務においても、「この処理は決算にどう影響するだろう?」とイメージしながら処理を進めていくことがとても大切です。

4.未経験者が経理の書類選考に通るためのポイント

経理 未経験 20代後半

経理への転職を成功させるためには、まずは書類選考を突破しなくてはなりません。

↓志望動機や自己PRを書くときには、以下のような点がポイントになります。

書類審査のポイント

  • 「なぜ、経理という職業に魅力を感じているのか?」を書くこと
  • 「いろいろなエピソードを書く」ではなく「たったひとつのエピソードを可能な限り掘り下げて書く」を意識すること
  • 「他の会社ではなく、御社だからこそ応募しました」という熱意が伝わるようにすること

経理に「未経験・資格なし」で転職する場合の志望動機の書き方については、こちらの記事で例文つきで解説しています。

経理 志望動機 資格なし
経理の志望動機「資格なし・未経験」で転職!書き方のポイントと例文

経理職は簿記などの保有資格が重視されることの多い仕事ですが、資格なしの人であっても採用される可能性はあります。今回は、簿記資格にまだ合格していない人が未経験で経理に転職する場合の志望動機の書き方を紹介します。例文も掲載していますので、これから未経験資格なしで経理職への転職を目指す方は参考にしてみてください。

続きを見る

5.未経験者の面接対策のポイント

経理 未経験 20代後半

書類審査に通過したら、いよいよ面接です。

経理の面接は、「一次面接・二次面接・三次面接」という3段階になっているケースが多いですね。

管理人

それぞれの面接の役割は以下の通りです(企業によって微妙に扱いが異なることはあります)

経理面接の種類

  • 一次面接
    企業の人事部スタッフが行う面接です。
    書類審査に通過した人の中から、さらに適正のありそうな人をピックアップする目的で行います。
  • 二次面接
    現場の部門長(入社後にあなたの上司になる人:経理課長などの肩書き)が面接を行うケースが多いです。
    自社の既存スタッフと人間関係をしっかりやっていけるかどうか?をチェックするケースが多いです。
    二次面接の通過は「現場の責任者がゴーサインを出した」ということを意味しますので、ここを突破した時点で「ほぼ内定」という扱いになります。
  • 三次面接
    役員による面接が行われます。
    二次面接通過の時点で「能力的には問題なし」という判断が出ていますので、役員面接では「自社のカラーに合いそうな人か?」をチェックすることが多いです。
    面接内容も雑談のようなかたちが多く、人間性をみるような質問が多いでしょう。

面接対策については、転職エージェントからアドバイスをもらうのもおすすめです(転職エージェントは無料で使えます)

会計職専門の転職エージェントなら、

エージェント自身が会計職の実務経験者であることが多いです。

経理の仕事にもとてもくわしい人が多いので、

有益なアドバイスをしてもらえますよ。

管理人

なお、転職エージェントは企業側との年収交渉も代行してくれます。

少しでも高い給料で転職したい方はぜひ活用しましょう。

まとめ

今回は、実務未経験者が経理として採用されるためのポイントを解説いたしました。

20代後半の年齢なら、未経験職種への転職はそれほど難しいことではありません。

逆にいえば、年齢が30代を超えてしまうと、

企業側もある程度の実務経験を求めてきます。

30代以降のキャリアチェンジはとてもハードルが高いので注意が必要です。

管理人

今まで経験してこなかった職種への転職を目指すなら、

行動を起こすのは少しでも早い方が有利であることを知っておいてください。




Sponsored Links

© 2021 会計職のキャリア戦略