税理士事務所・経理に転職して働くには?

会計職のキャリア戦略

経理事務は「未経験・20代後半・女性」でも転職できますか?

  • 経理は20代後半の女性でも正社員で転職できる?
  • 20代前半の女性と採用でぶつかっても勝てる?
  • 簿記資格はないとだめ?
  • 実務経験は必要?未経験社はきびしい?

この記事では、未経験から経理を目指す人が、正社員採用されるためのポイントを紹介します。

結論から先にいうと、経理は20代後半・実務未経験の女性でも採用される可能性は十分あります。

ただし、「狙う求人」をまちがえないようにだけ注意しないとダメです。

(この点を間違うと、いつまで経っても採用されないループにハマってしまいますので注意してください)

経理は「未経験・20代後半の女性」でも転職できる?

経理 未経験 20代後半

(未経験採用の場合、経理は社会人経験が長い人のほうが有利です)

結論からいうと、「未経験の20代後半女性」でも経理に採用されるケースは普通にあります。

というのも、経理という職種は、会社内部のデリケートな事務を扱う部署だからです。

(社員のお給料の金額や、会社の金庫にいくらのお金があるのか?などの情報を扱います)

経理採用の特徴

  • 経理は「デリケートな事務」を扱う部署
  • 一般的な事務職と違って、社会人としての経験がある程度ある人のほうが採用されやすい

同じ未経験者の場合、社会人経験が長い人のほうが採用される可能性は高くなるのです。

実際、私は専門学校卒で、20代後半のときに未経験で不動産会社の経理に転職しました。

↓※私の転職体験談はこちらの記事で紹介しています。

不動産 経理 きつい
不動産経理はきつい?年収や仕事内容を転職経験者に聞きました

不動産業界は「お給料が良い」というイメージもあり昔から人気の業界ですね。今回は、売買専門の不動産会社で経理事務として働いている女性に転職や仕事内容の体験談をお聞きしました。経理職を目指して転職活動している方はぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

当時は簿記資格もまだ取得していませんでしたが、普通に採用してもらうことができました。

正直、「経理は実務経験がないときびしいかな?」と思っていたのですが、

前職(営業職)での経験をいかせる、というかたちで面接でお話しし、好印象を得ることができたようでした。

20代後半でも遅くない!(むしろ有利)

女性の場合、転職に年齢を気にする人も多いと思います。

ですが、私が経理に転職した際にも、むしろ20代後半という年齢の方が有利だったと感じています。

その最大の理由は、会社の上層部・各事務所の所長・部長等いわゆる目上の人間に対しての社会人マナーをアピールできる点ですね。

経理の仕事の最終地点は社長報告です。

自分の上司、所属部の長、所属部の役員、会社の社長へと目上の人への報告が続きます。

新卒の若くてきれいな女性も魅力的ですが、それだけでは経理報告の説得力に欠けるのです。

それにまだまだ上層部は男性社会、という会社が多いので交渉事や情報収集は女性の方がしやすいと感じていることも事実です。

20代後半・未経験者OKで正社員採用されるための3つのポイント

以下では、実際に私が20代後半・未経験で経理に採用された経験を元に、

採用試験でぜひアピールしてほしいポイントをご紹介します。

↓結論から先にいうと、以下の3つをおさえておきましょう。

経理採用の3つのポイント

  1. 資格の勉強を進めていることをアピールする
  2. 前職での経験を経理の仕事に活かせることをアピールする
  3. 経理に必要な「信用・信頼・安心感」をアピールする

それぞれのポイントについて、順番に説明していきます。

↓※次の項目にジャンプしたい人はこちらをクリック(この記事の下部に飛びます)

>>未経験者OKの経理求人はどうやったら見つかる?

①資格の勉強を進めていることをアピールする

経理の仕事をする上で、経理的な知識(簿記や会計)は必要不可欠です。

基礎的な経理知識を会社に入ってから教えてもらえるということはないでしょう。
資格がある・学校もしくは独学でもある程度勉強していることが必要となります。
私の場合は専門学校税理士科卒だったこともあり、簿記1級や会計学の資格を持っていました。

簿記検定は2級以上の資格があると大変有利です。

勉強中の人はいつまでに簿記検定を取得予定だということを明確に伝えましょう。

簿記3級は参考書や問題集の自主学習で十分に取ることができます。
2級も多少時間はかかりますが、自主学習で足りない場合は通信講座や講習などの勉強で取得することが可能です。

②前職での経験を経理の仕事に活かせることをアピールする

前職やアルバイト経験も採用面接での重要なアピールポイントになります。

例えば、一日の売り上げやレジ締め、商品の発注、経費の精算、契約書・発注書・請求書・領収証等の書類の流れなど知っていると知らないとでは経理の仕事の理解度が大きく変わってきます。

実際に私が面接でアピールしたのは前職が営業職だったことです。

営業職は知らず知らずのうちに経理書類の一連の流れを仕事の中で行っています。

お客様から発注書をもらう、請求書を渡す、交通費の精算をする、一カ月の売上を計算する…これが現場に出たことのない経理にはわからないことが多いのです。
だから現場の仕事の経験は意外と経理にとって重要なスキルに一つとしてアピールできるのです。

③経理に必要な「信用・信頼・安心感」をアピールする

経理は会社のお金を管理する仕事なので、少しのミスも許されない仕事です。

だから、現場からも会社の上層部からも信用・信頼されこの人達に任せれば大丈夫という安心感を与えなければなりません。

優柔不断な態度やハッキリしない曖昧な返事ばかりでは確実にアウトです。

できない・わからないこともはっきりと伝え、でもこうできる、これならやれるという前向きな姿勢を見せましょう。

私の職場では会社の上からも下からも「お金のことは経理に聞けば解決できる」と信頼され、重宝される存在として扱われています。

未経験者OKの経理求人はどうやったら見つかる?

未経験者は「未経験OK」を全面的に出している会社の求人を狙いましょう。

未経験OKの経理求人を探すなら、経理や会計職の専門エージェントを利用するのがおすすめです。

MSジャパン

未経験者もOKの優良求人が多数!

MSジャパンは、税理士事務所や企業経理の求人をメインで扱うエージェント会社です。
特徴は「実務未経験・資格なし」の人でも応募できる優良求人が多数あることです(年収400万円〜など)
これから未経験で会計職キャリアをスタートしたいはMSジャパンをメインで使いましょう。

経理の仕事と言っても幅広く、自分のキャリアに合った求人を見つけることが採用への最大の近道です。

専門のエージェントは、どんなキャリアの人に来てもらいたいか、実際の仕事はどういうことをするのか、将来的にこうなってほしいという展望まで経理に特化した情報を掲載しています。

自分のやりたい仕事やキャリアにマッチングする可能性が他の転職サイトより高いのです。

その人にあった方法で採用までを確実にサポートしてくれますよ。

第二新卒向けの求人も視野に入れてみよう

また、あなたが第二新卒に該当するなら、第二新卒枠での経理求人を狙ってみるのも1つの選択肢です。

第二新卒専門の転職エージェントはこちら。書類審査なしで面接に進めるなど、有利な条件の求人が多いですよ。

第二新卒とは一般的に、新卒で就職したものの入社3年以内に会社を辞めた人のことを指します。

第二新卒は社会人を一度は経験しつつ、次の会社のシステムを抵抗なく取り込みやすいという利点があります。

大手企業の場合は、未経験OKの経理求人は、第二新卒限定で募集されることも多いですね。

追伸:経理に転職するなら「会計職専門の転職エージェント」を活用しよう

経理 転職エージェント

(経理に転職するなら会計職専門の転職エージェントを活用しましょう)

  • 未経験で経理に転職したい。
  • 今の職場は早く辞めたいので、3ヶ月以内に転職内定が欲しい。
  • 経理としてキャリアアップし、管理職になってもっとお給料を稼げるようになりたい。

↑経理財務分野での転職を目指すなら、会計職専門の転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントはあなたの職務経歴や、実現したい年収や働き方をもとに「おすすめの求人」だけにしぼりこんで仕事を紹介してくれますよ。

↓※転職エージェントを使う場合の転職活動の流れイメージ。

経理 転職しやすい

転職エージェントを使う場合の転職活動の流れ)

転職エージェント経由でのみ応募できる「非公開求人」とは?

また、エージェントは一般には公開されていない「非公開求人」を多く持っています。

企業の中には採用活動を行っていることを世間に公開したくないところもありますから、こうした求人についてはエージェント経由でないと応募できないケースが多いのです。

幹部候補者の採用ではこうした方法がよくとられます)

エージェントは書類選考に通るための履歴書や職歴書の添削から、企業の採用ニーズにあわせた面接対策などを無料で行ってくれます。

転職エージェントをフル活用したとしても、内定が出るまでは3ヶ月はかかります。

自力でハローワークで求人を探す場合は、半年程度は見ておく必要があるでしょう。

今の職場から少しでも早く転職したいと考えている方は、転職エージェントを使うのがベストです。

会計職専門の転職エージェントはこちらです。それぞれ特徴がありますから、2社〜3社を同時進行で使っていくのがおすすめです。

MSジャパン

経理 転職しやすい

MSジャパンは会計職専門エージェントして大手の会社です。
経理の未経験者でも応募できる求人が多く登録されていますから、「これから未経験者として経理のキャリアをスタートする」という段階の方はMSジャパンをメインで使いましょう。

ジャスネットキャリア

経理 転職しやすい

ジャスネットキャリアは、会計業務の実務経験者向けの求人を多く扱うエージェント会社です。BIG4を含む大手税理士法人や、上場企業の経理求人など、実務経験が3年以上ある人向けの求人がとても充実しています。
ただし、未経験者は応募できる求人が少ないので、MSジャパンを使うのがおすすめです。

JACリクルートメント

経理 転職しやすい

JACリクルートメントは、年収600万円〜など、高年収の求人だけを限定して紹介してくれるエージェント会社です。ハイクラス向けの求人が多数登録されています。
すでに経理の実務経験があり、高度専門職や管理職としての転職を成功させたい方はJACリクルートメントをメインで使いましょう。

Copyright© 会計職のキャリア戦略 , 2020 All Rights Reserved.