経理の6つのカーストとは?大手企業経理の階層別の仕事内容と社内ルール

中小企業では経理担当者は1名〜3名ぐらいのことも多いですよね。

一方で、大企業では経理担当者だけで数十名〜100名以上のスタッフがいることもあります。

これだけたくさんの人数が協力して仕事するにあたっては、組織的なヒエラルキーが生まれるのは当然です。

(つまり、ピラミッド型の階層構造になっています)

階層によって受け取れる給与や仕事内容があまりにも違うので、

人によってはこうした組織構造を「経理カースト」と呼ぶことも少なくありません。

中小企業から大手企業に転職する場合、文化の違いにびっくりすることも多いでしょう。

この記事では、大手企業の経理カーストについて具体的な内容を紹介します。

これから経理として働き始めたい人や、

中小企業経理から大手経理への転職を目指す人は、ぜひ参考にしてみてください。

経理に存在する6つの社内カースト

経理 カースト

(大手企業の経理に存在する「6つのカースト」とは?)

 

↓結論から先に言うと、大手企業の経理には以下の6つのカーストが存在します。

  1. CFO(最高財務責任者)
  2. 経理部長(本社部門)
  3. 子会社など関連会社の経理部長
  4. 経理課長
  5. 経理係長
  6. 経理担当者(ヒラのスタッフ)

企業によって役職の名称などは微妙な違いがありますが、

実際の仕事内容的にはこのようになっていることが多いでしょう。

それぞれのカーストの仕事内容や必要スキルについて解説していきます。

1.CFO(最高財務責任者)

ひとつの企業の経理や財務についてすべて責任を負っているのがCFOです。

大企業のCFOともなれば年収は数千万円以上。

しかし、その年収の裏には当然ながら責任が伴います。

当然、手作業での単純作業はありません。

主な業務は会社業績の社外発表など経理面の説明責任が問われるお仕事です。

具体的には株主総会での株主のみなさんへの説明や、会社の経営方針を決める役員会で経理の観点から助言することなどです。

もちろん税務調査で脱税などの問題が発覚した際は社長と共に責任を取る必要があり、責任重大なお仕事です。

世界規模の経済情勢にアンテナを張り会社の経営に助言ができる人です。

会社の血液ともいわれるお金を扱うわけですから、チャレンジ精神よりも、真面目で冷静な判断ができる人がこのポジションに抜擢されることは想像に易いですね。

次に説明する「2.本社経理部長」のカーストとの決定的な違いはお金の面での最終責任はCFOにあるという点です。

2.経理部長(本社部門)

年収2000万以上も珍しくありません。経理内の人望、知識、スキル全てにおいて長けているのが本社の経理部長。

国内全拠点の数字の取りまとめ(単体経理)はもちろん、海外関連会社から提出された数字を単体経理と合わせて調整する(連結経理)ところまでの責任を負っています。

海外を含め全社の事業を深く理解しており、連結の貸借対照表,損益計算書などの財務諸表を完全に把握している。

このランクになると簿記1級合格者や、税理士・会計士の資格保有者(もしくは科目合格者)など専門性が非常に高い人物である必要があります。

次に説明する「3.関連会社の経理トップ」との違いは一つの会社ではなく、グループ全体の経理を任されている点です。

3.子会社など関連会社の経理部トップ

中国子会社など総経理という名称になっていることもあります。

経理の中で最も自由度が高く裁量の幅を感じることができるポジション。その上海外で仕事できるなんて最高。という人が多いです。

実は年収に限って言えば「2.本社経理部長」より高いです。

なぜなら海外赴任の手当等がつくからです。

海外志向の強い方は是非目指してみてください。

海外の関連会社とはいえ一つの会社を任されています。

責任重大ですが、同時に裁量も大きいです。

製造拠点であれば新規の設備投資(支出面)と出荷金額(収入面)、販売拠点であれば営業経費(支出面)と売上(収入面)を注視し資金繰りを管理する責任があります。

そして海外関連会社の業績を国内の本社へ報告する義務を負っています。

しかしながら、面白いところは「全社的な会社方針にさえ従っておけば、自身の裁量でダイナミックに数字を管理することが可能」で、経理の醍醐味を味わえると言えます。

海外関連会社の社長と非常に近いポジションである為、犯してはいけないタブーがあります。

経営に対するアドバイスを行う必要がある反面で、社長と関係を悪化させることが一番のタブーと言われています。

なぜなら、その関連会社に居場所がなくなってしまい日本に帰国させられるという人が以外にも多いからです。

相手が外国人だったらなおさら、文化の違いには注意したいところです。

一つの会社の経理を管理することに等しいため財務諸表への理解が深い。

また、海外で仕事をすることになるので、「日本と異なる税金制度を理解する」「貿易業務の知識がある。」「最低限のビジネス英会話」は必要です。

次に説明する「4.経理課長(本社や各拠点における分野ごとの責任者)」との違いはグローバルに活躍する志があるかという点が大きいでしょう。

関連会社の経理部トップと、経理課長の境に非常に大きなハードルがありますが、

主要な海外関連会社を経験した人は将来、上のランクに出世する有力候補と言えます。

4.経理課長

経理のカーストで誰でも狙うことができる現実的なランク。学歴は高卒や高専卒でも問題ありません。

パターンは2種類あり、①分野ごと(税務、財務、単体経理、連結経理、管理会計など)に課が設けられたり、②拠点ごとに課が設けられたりします。

コツコツ努力をして経験を積めば誰でも昇格可能で、年収は大企業で800〜1000万程度。

①、②に共通して、各分野や各拠点でまとめられた数字に責任を持ちます。

①分野ごとの課長を例に出すと、[税務課長]は税金の法律に理解があり、経歴も税務の仕事をメインで経験してきているはずです。

各拠点からの税金に関する相談を一手に担ったり国税局の税務調査対応などを行います。

後に出てくる「5.経理係長」や「6.経理部員」の上司になります。

課長ランク以上は管理職とされることが多く、組織をマネジメントできる能力が必要です。

また、簿記2級レベルの知識は前提として保有しているでしょう。

そして特定の分野に長けている必要があります。

例えば税理士資格保有者(もしくは科目合格者)であれば税務課の課長に容易に昇進できますし、システムに強いエンジニア出身の方であれば、経理関連のシステム構築や運用を担当するシステム課などの課長に昇進できます。

次に説明する「5.経理係長」ランクとの大きな違いは組織をマネジメントする能力が必要な点です。

周りに信用されている人がこのランクに昇進するということです。

逆に、先ほど説明した「3.関連会社の経理部トップ」への昇格は、海外転勤という大きなハードルがあります。

5.経理係長

30代~40代の経理部社員が多くを占める階層。

30歳前後でこのランクに昇格できる社員は将来、「3.関連会社の経理トップ」~「1.CFO」の候補かも。?

逆に40代後半になってもこのランクであれば残念ながらその企業で大きな昇進は見込めないでしょう。

とは言え、大企業であれば年収600万円~800万円の年収帯です。

家族を不自由なく養うのに十分な階層と言えます。

係長ランクは、一般の経理部員の取りまとめと毎日の処理が正しく行われているかをチェックする人です。

イメージしやすい例を挙げると、一般の経理部員が犯しがちなミスである「貸借(左右)が逆になっている仕訳」や「エクセルファイルの数式間違い」、「システムのオペレーションミス」などを発見してリカバリーするのもこのランクの役割です。

他には一般の経理部員の指導や、新入社員の教育係もお仕事になることが多いです。

簿記2級レベルの知識と5年~10年程度の経験があれば昇格可能。

仕事内容からも分かるように基本的な経理の仕組みを理解し、係のメンバーのミスを発見できる能力が必要です。

4.経理課長ランクを目指すには、部下との人間関係を大切にしましょう。

稀に簿記1級の取得に乗り出す方もおられますが、案外、昇進には重要視されません。

なぜなら簿記1級レベルになるとマニアックな分析が出題範囲の大半を占めるからです。

次に説明する「6.経理部員」との違いですが、単なる処理屋さんで満足せず、目の前の仕訳の意味が説明できる人が抜擢されます。

イレギュラーな処理が発生しても対処できる人を目指しましょう。

6.経理担当者(ヒラのスタッフ)

経理部に属する社員のうち7割以上を占めるのがこの階層。

新入社員から年配の社員まで年齢層も幅広く、雇用形態も正社員の場合も派遣社員の場合もあります。

年収は若手であれば300万円程度から、勤続年数の長い社員であれば600万円程度が平均的と言えるでしょう。

毎日決まった処理を地道に行います。

朝から、前日に営業が受注した実績を処理したり、前日に製造工程に投入された材料費の集計をしたりと、締め時間までに正確に処理を終わらせることが使命です。

昼食時間が終われば、出張旅費の精算や、資材の発注など、再びルーティンをこなします。

決算業務の対応を任される場合もありますが、課長や係長の指示やチェックがある為、気負いすることはありません。

一部、総務経理と言って「経理部ではあるものの来客対応や、従業員の勤怠管理など総務的な仕事をさせられる場合」があります。

その職場に満足していればそれに越したことはありませんが、スキル向上やキャリアアップを考えている方にとっては残念ながら時間の無駄と言えます。

現状、そのように感じている方は迷わず転職を考えましょう。

逆に、転職をした先で自分には少し役不足かと感じる決算処理対応など高難度な職務を与えられた場合は昇進を見込まれている証拠です。

そこからでも遅くはありませんので簿記の学習に取り組むとキャリアアップが早くなります。

無資格~簿記3級レベルの方がほとんどです。

上長からの指示に基づき決められた仕事を正確にこなす必要があります。

基本的なパソコンの操作や、Microsoftのオフィス機能(エクセル等)を使用できるように先輩から教育を受け、操作できれば問題ありません。

既に簿記2級レベルの知識があって、能力が高いにも関わらず、昇進の話が来ない場合は自身の価値よりも低い相場で仕事をしている可能性があります。

転職を視野に入れるか、上長に相談しキャリアアップを目指していることを伝えてみてください。

ブラック環境な経理としてぜったいに働きたくない人へ

ブラックで過酷な環境で働く経理になりたくない人は、

経理職専門の転職エージェントを使って情報収集しましょう。

↓こちらの転職サイトに無料登録して希望条件を入力しておくと、条件の良い経理求人の情報にアクセスできるようになります。

SYNCA(シンカ)

現役経理の方は優遇!経理の求人探すならここ!

SYNCA(シンカ)は経理求人専門の転職エージェント会社です。
ベンチャー企業から中堅企業・上場大手企業まで、さまざまな企業規模の経理求人を見つけることができますよ。
経理経験者で年収600万円スタートなど、高年収の求人を探している方はぜひ登録しておきましょう。

synca

(求人例:ソーシャルゲーム企業の経理職)

synca

(求人例:上場企業のCFO直下ポジション)

転職エージェントは実際に事務所をまわって企業の採用担当者にヒアリングし、

その企業の社風や経理部の組織体制(男女比率や年齢構成など)、給料や雇用環境がどうなっているのか?を現場でリサーチしています。

転職エージェントは、こうして集めた求人情報の中から特に条件の良い企業の経理求人を「非公開求人」として紹介してくれます。

なので、ハローワークの求人などではあり得ないような好条件の企業を選択肢にできるんです。

なお、転職エージェントにお金を払うのは採用を行う事務所側だけなので、私たち求職者側は無料で使えます。

何件求人を紹介してもらってもお金が1円もかかることはないので、安心して使うことができますよ。

転職エージェントが持っている非公開求人には、

↓以下のような特に条件の良い求人がそろっています。

管理人

  • 未経験・簿記資格なしでも年収400万円スタートの経理求人
  • 経理の実務経験者スタッフとして年収600万円稼げる求人
  • 繁忙期も残業が存在しないワークライフバランス型の経理求人
  • 会計事務所から経理へのキャリアチェンジ歓迎の経理求人
  • 誰もが名前を聞いたことがある超大手企業の経理求人
  • 最初から管理職候補として入社できる経理求人
  • SaaSやDX対応など話題の業種企業で働ける経理求人
  • IPO準備や国際会計などハイレベルな実務経験が積める経理求人

(経理の実務経験者向け求人:上場企業の将来の管理職候補)

(未経験者もOKの経理求人の例)

入社時の条件面でゆずれない条件がある人は、経理専門の転職サイトに登録して非公開求人の情報が入るようにしておくようにしましょう。

>>経理職専門の転職サイトで実際の求人を見てみる

経理に転職する人は「経理専門の転職エージェント」を使わないとダメな理由

転職エージェント会社っていろんなところがありますよね。

リクナビとかマイナビとかの方が学生時代の就活でも使ったのでなじみがある…という方も多いかもしれません。

ただ、経理として働くことを目指している人は、経理職専門の転職サイトを使った方が良いです。

リクナビ・マイナビは求人の「数」が多いのが強みですが、

求人の「質」で見ると経理専門の転職サイトの方が条件の良い求人を見つけやすいですよ。

また、経理職専門の転職エージェント会社の場合、

いざ本格的に転職活動を始める際に支援してくれるエージェントも経理職出身だったりします。

経理という職業の強みや弱みについてとてもよく理解してくれているので、志望動機や職歴書の作成から面接対策まで、良いアドバイスをしてくれますよ。

転職サイトに登録されている求人を検索しても、リクナビ・マイナビと経理職専門サイトとでは求人の質がまったく違うのに気づかれると思います。

ブラック企業で働きたくない人や、ちゃんと年収稼げる経理になりたい人は、経理職専門の転職エージェントを使うようにしましょう。

(※転職サイトに登録しておくと求人をいろいろみられるようになります。今は情報リサーチの段階の人も早めに登録しておきましょう)

>>経理職専門の転職サイトを見る

© 2021 会計職のキャリア戦略