Sponsored Links

経理を辞める理由は?あるあるな退職理由5つと転職先の本音アドバイス

  1. 経理として働いているけど、仕事がどうしても楽しいと感じられない…。
  2. できるだけ職場とカドが立たないように辞めたい。どうしたらいい?
  3. 経理から転職する人におすすめの転職先や職種って何?

経理として仕事を始めてみたけれど、どうしても自分に今の仕事があっていると感じられない…。

という人はひょっとしたら多いのではないでしょうか。

経理という仕事は一種の専門職なので、どうしても向き不向きがある仕事です。

私自身は経理の仕事をずっとやっているのですが、

この人は優秀なのはまちがいないけど、経理向きではないかも。

と感じる人を少なからずみてきました。

管理人

世の中にはものすごくいろんな種類の仕事がありますから、

どうしても経理が向いていないと感じるなら、別の仕事への転職も選択肢に入れてみてください。

あなたが力を発揮できる仕事はきっとあるはずです。

この記事では、経理として働く人に多い退職理由について紹介するとともに、

経理経験者が転職先を考える場合のポイントについて解説しています。

今の仕事に限界を感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

経理を辞めたい理由は?あるあるな退職理由5つ

経理 辞める 理由

(経理を辞める理由は?あるあるな退職理由5つと対処法を解説)

 

経理として働いている人にあるあるな退職理由としては、

↓以下の5つをあげることができます。

↑興味のあるところから読んでみてください。

(青文字クリックでジャンプできます)

それぞれのケースの対処法についても解説します。

管理人

1.単純作業が多くて仕事にやりがいを感じられない

経理に最もよくある退職理由が「スキルアップにつながらない単純作業に費やす時間が多く、時間がもったいないと感じてしまう」いうものです。

具体的には、「伝票の品名や金額チェックをひたすらしている。」や「数年にわたり旅費精算ばかりを担当させられ、路線図と運賃にだけは詳しくなったけれど…」という声です。

確かに経理のキャリアを経験し、実務経験を積むことは大切ですが、同じ単純作業を長期間にわたり担当させられている場合は「成長できない」と危機感を持たないといけません。

このパターンの企業は、目の前の企業活動しか考えておらず、社員を作業者として見ていることが多いです。社員のキャリアアップや成長は難しくなってきます。

勤務する会社の条件(勤務地や福利厚生等)に満足している場合は、人事異動によるジョブローテーションを相談するのも手ですが、注意点としてこのタイプの企業が明るいと言えません。

社員の成長を企業の成長でもあると考えてくれる会社を探すのがよいでしょう。

転職を考える際は、面接等で経験できる仕事を確認し、「連結経理」「単体経理」「決算」「税務」などの言葉がでてきて、且つ主体的に業務が出来そうな企業風土であれば成長できる企業です。

>>経理にあるあるな退職理由5つに戻る

2.経理の仕事内容がそもそも向いてないと感じる

次に細かい仕事が苦手で、そもそも経理が不向きだったという理由です。

営業部門から提出された受注実績の集計などはもちろん、「稟議書」のチェックなど管理部門が資料確認すべきものは、経理が担当させられることが多いです。

まさに「経理の人は細かいところまで気が付くからチェックはお任せ!」状態です。

長く勤めて偉くなっても、数字を管理するという縛りから逃げられないどころか、数字に責任を持つという重圧がかかりますので、苦手な方は転職すべきです。

以下が経理の経験を活かしつつ仕事ができるおススメ職種です。

経営企画は数字を作る部署ではなく、数字を使う部署になります。

経理がまとめた数字を使うことも多いので経理の経験を活かしつつ、事業の立案や企画に携わることができるお仕事です!

人事は管理部門がいいけれど数字とは離れたいという方にお勧めです。

採用や人事制度の企画など会社の将来を担う若者を育てることにやりがいを見出せる人に向いています。

人事の中でも労務(給与や勤怠)の仕事は数字を扱いますが経理に比べると数字を扱う比率は少なくなります。

>>経理にあるあるな退職理由5つに戻る

3.勉強することが多すぎる

ひとことで経理と言っても、実に多くの仕事があります。

「在庫の棚卸」「固定資産」「債権・債務」「税務」...と挙げだすとキリがありません。

簿記の知識が全ての基礎となりますが、当然それだけではカバーしきれない為、経理社員は一生勉強です。

勉強が嫌いな人にとっては少し厳しいと感じるかもしれません。

決められた会計のルールをコツコツ勉強し正しい数字を算出するのが経理の仕事だからです。

それよりも、豊かな発想でダイナミックに経営企画がしたいと言う方は、経理企画職

コミュニケーション能力に自信があり営業成績で評価されたいという方は、営業職に転職するのが吉です。

>>経理にあるあるな退職理由5つに戻る

4.いまの職場の人間関係が合わない

次に仕事内容よりも上司や同僚などと馬があわないというパターンです。

大企業であれば、拠点が複数ある場合が多いので、経理の中でも人事異動を願い出ると解決することが多いです。

また、経理の幹部と合わない場合も他の事業部に異動するという選択肢も豊富です。

大企業に勤めており、なおかつ仕事のやり方に慣れている方は転職するともったいないこともあるので解決策を考えてみましょう。

しかしながら、長く同じ会社に勤めている社員は、同じ企業の文化の中で育っているため、考え方も似てきます。

中小企業など、部署を異動しても人間関係が今と大きく変わらないと感じる場合は転職すると良いでしょう。

>>経理にあるあるな退職理由5つに戻る

5.給料が安い

歩合制である営業に比べて、経理はどの企業に行っても固定給です。

よって将来の自分を想像しやすく「目の前に座っている係長が10年後、隣に座っている課長が15年後の自分の生活水準」と言う目安になります。

但し、1点だけ大切なポイントがあります。

それは事業内容や企業風土を観察し、世の中に必要とされる新しいものを創り出すことができるような企業かを着目する必要があります。

「これまで売れてきたものをずっと売り続けていて業績が右肩下がり」「新製品がない」「中小企業で社長が引退後にどうなるか不安」などの懸念がある場合は思い切って他社への転職をした方が良いです。

具体的には、システム系のベンチャー企業や、少子高齢化が進む中で必要とされるサービスを提供している企業など業績が上がり調子の企業を探すとよいでしょう。

会社の業績は基本給のベースアップや賞与に大きく影響します。

現在の会社が、勤めていても給与下げの交渉が労働組合にされるような企業であれば転職し、将来性のある企業で働く期間を大切にしましょう。

また専門性を極めて、将来、独立することで収入を増やしたい方は会計事務所の企業へのコンサル職や、税理士事務所の見習いなどを視野にいれて修行を積むのも一つの手です。

企業の経理とは視点が違った業務が経験できます。

「今すぐは転職できない人」もやっておくべきたった1つのこと

(今すぐは転職できない人も、転職エージェントへの無料登録だけは早めにやっておきましょう)

 

いろいろ事情があって今すぐには転職活動ができない人も、

転職サイトへの無料登録だけは早めにやっておきましょう(無料です)

仕事のストレスや疲れが限界になってくると、

この簡単な作業でもやる気力が起きなくなるものです。

新しい行動を起こすなら「まだ余裕があるときに」が鉄則です。

追い詰められてからだと正しい判断がしにくくなりますからね。

管理人

転職サイトに登録して、気になった求人のページを保存しておくだけでも、

今の職場がどうしてもしんどくなったら転職すればいい

という「選択肢」を持つことができます。

これの心理的なメリットはかなり大きいですよ。

サイトに年収などの希望条件を入れておけば、

採用される可能性が高い最新求人をメールで通知してもらえます。

日常的に、狙っている業界の求人をチェックしておくことで、

今の自分ならこれぐらいの年収が稼げるという客観的データも得られますよ。

今すぐは転職できないという人も、

転職サイトへの登録作業だけは今やっておきましょう。

↓おすすめの会計職専門の転職サイトはこちらです(いずれも無料サイトです)

SYNCA(シンカ)

成長期の中堅企業多数!経理の求人探すならここ!

SYNCA(シンカ)は経理求人専門の転職エージェント会社です。
特徴はAIベンチャーやSaaS業界など成長期企業の求人が多くある点ですね。
なお、成長企業といっても上場企業や上場準備レベルの企業がメインなので、給与や福利厚生もしっかりしていますよ。

synca

(求人例:ソーシャルゲーム企業の経理職)

synca

(求人例:上場企業のCFO直下ポジション)

最速転職HUPRO(ヒュープロ)

未経験から税理士事務所の求人探すならここ!

HUPRO(ヒュープロ)は税理士事務所の求人専門の転職エージェントです。
未経験資格なし年収400万円の求人や、
税理士試験との両立がしやすい環境の事務所求人が多数登録されていますよ。
これから税理士目指してキャリアスタートする方はここで求人を探しましょう。
※4000件以上の求人から自動マッチングしてくれる無料AI診断ツールが便利。

(未経験者向けの求人例:クリックで拡大)

(未経験者向けの求人例:クリックで拡大)




Sponsored Links

© 2021 会計職のキャリア戦略