【新卒で経理は辛い】配属先の職場で失敗して後悔…な人の対処法

2022年3月16日

  • 新卒入社で経理に配属されたけど仕事が辛い…。
  • 職場の人間関係が苦痛で逃げたい。
  • 仕事がまったく楽しくない…。

↑新卒で経理に配属された人の中には、

こんな悩み持ちながら働いている人も多いでしょう。

ある程度の大きさの企業の場合、

新卒で経理などの事務職に配属されるのは少数派です。

特に男性の場合は、

8割以上の人が営業マンとして

キャリアスタートするのが普通ですね。

管理人

新卒で経理に配属される人は圧倒的に少数派なんですね。

なので、新卒で経理部に配属されたあなたは、

同期の中で優秀と評価されている可能性もあります。

ただ、そうはいっても毎日の仕事が辛すぎる…という人も多いかと。

そこでこの記事では、経理の仕事が辛い人がやってみるべき対処法をいくつかお教えします。参考にしてみてください。

↓経理未経験者がホワイト求人探すならこちら(無料登録OK)

ヒュープロ(経理専門の転職サイト)

経理のホワイト求人探すならここ!

ヒュープロは経理専門の転職サイトです。
未経験OKで年収400万円〜の経理求人、
経験2年で年収550万円〜の実務経験者向け求人、
管理職候補として入社の求人などなど、ホワイト求人がたくさん見つかりますよ。

新卒入社で経理に配属されたけど辛い場合の対処法

新卒 経理 辛い

(新卒で経理部に配属で仕事が辛い…という人へ)

 

新卒で経理になったけど仕事が辛い…という人は、

↓以下のような仕事のコツを知っておいてください。

1. 不安なことは必ず上司に確認する

新卒で経理に配属されて、

右も左も分からない状態で仕事をするのってすごく不安ですよね。

会計ソフト・仕訳・税金など、

仕事をどう進めていけばいいのか全然分からない。

でも忙しそうな上司に質問するのも気が引ける…。

↑こう思いながら仕事をしている新卒経理スタッフはきっと多いでしょう。

私自身も過去にたくさん失敗をしてきました。

  • 会計ソフトへの仕訳入力で金額や科目を間違えた
  • 大事な書類を勝手に捨ててしまった
  • 社員の立替精算で証ひょうが無いまま承認してしまった
  • 間違った金額で取引先に銀行振り込みしてしまった

↑こんなミスもたくさんしましたね。

このようなミスは、自分で判断せず上司や先輩に確認すればほぼ100%防げます。

仕事を進めていく上で、少しでも不安なことや判断に迷うことがあれば必ず確認を取るようにしましょう。

そうすることがあなたの身を守ることにもつながります。

(職場での評価を下げなくてすみます)

上司が忙しそう、イライラしていて質問しづらいこともありますよね。

ただ、後々大変なことにならないためにも、

少ししつこいぐらいに確認をするのが良いです。

経理はスピードより正確さが求められる仕事ですからね。

2. 他部署とのつながりを作る

他部署の人と関係を築くことも1つの対処法です。

なぜ他部署の人との関係性が大事かというと「自分の仕事のやりやすさに直結するから」です。

経理はデスクワークの業務がメインの職種ですよね。

お客様に請求書を依頼したり、

逆に受け取ったりはしていても直接関わることはほぼありません。

そのため、書面における文章や金額での表面的な情報は得られても、

取引の詳細な情報が十分得られていないないというのはよくあることです。

そうなると、取引内容が正確に反映できておらず監査や税務調査で指摘されてしまうケースが考えられます。

そこで、他部署とのコミュニケーションを密に取り、

自分から積極的に情報を集めることが重要になるのです。

他部署の人との会話の中で「この案件はこういう流れで進んでいるんだ」ということを表面的なものではなく背景まで理解できれば、

処理をする際の判断材料となるので自身の業務がスムーズに進みます。

取引(商流)と経理の仕事(金流)を結び付けるというイメージができるとより良いです。

3. 業務に関する知識の習得

新卒のうちはできることが限られているため、

↓どうしても下記のような雑用が多くなりがちです。

  • 現金出納帳の管理
  • 日計表作成
  • 証ひょうや仕訳伝票のファイリング作業

必要な仕事とはいえ、雑用ばかりだとモチベーションも下がってしまいますよね。

しかし、いずれは決算や監査対応もする時が来るはずです。

そうなった時に力を発揮するためにも今のうちに業務に関する知識を増やすことが必要不可欠です。

↓具体的には以下のような知識をつけておくとよいです。

  • 簿記(できれば日商簿記2級以上)
  • 法人税や消費税の計算方法
  • 社会保険料の計算方法(給与計算)
  • エクセルの知識

特に簿記は全経理パーソン必須の知識と言っても過言ではないほど重要ですし、

簿記がわかると実務においても必ず役に立ちます。

できれば日商簿記2級の取得が望ましいですが、3級でも問題ありません。

今すぐに専門的な知識が求められることは少ないですが、

思わぬタイミングで勉強したことが役立つなんてこともあります。

勉強する価値は十分にありますね。

ぜひ、平日の仕事終わりや土日などの空いている時間で勉強してみてはいかがでしょうか?

どうしても今の職場で経理の仕事が辛いなら?

最後に、そうはいってもやっぱり経理の仕事が辛いと思う方へ。

経理という仕事は向き不向きがあります。

また、経理の仕事そのものは好きでも、

職場の人間関係がどうしても辛い人もいるでしょう。

これから先、仕事は約40年近くやっていくものであり、

自分に合っていないという仕事を選んでしまうと悲惨です。

今の職場ではやっていけそうにないと感じるなら、

転職して別の会社でキャリアをやり直すのも1つの手です。

もし新卒入社してまだ3年以内なら「第二新卒」として就活のやり直しも可能です。

逆に、4年目以降になるとスキルや実務経験を求められるため、

転職のハードルは一気に上がってしまいます。

今は転職してキャリアアップしていくのは当たり前の時代になっています。

今の仕事や職場がどうしても辛いなら、

自分の将来のために転職も検討しましょう。

行動するなら少しでも年齢は若いうちが有利ですよ。

管理人

【危険】未経験で経理に転職するならブラック企業に気をつけろ…!

(経理に未経験で転職するなら「ブラック企業」にまちがえて応募しないよう注意)

これから未経験で経理への転職を目指す人は、

就活で応募先候補にする企業をまちがえないように注意してください。

経理って所属する会社によって働き方がぜんぜん違う仕事です。

入社する会社をまちがえてしまうと、

ブラックで激務な働き方になってしまう可能性があるんです。

特に未経験者は搾取されやすいので注意して下さい。

ブラック企業の求人を、

最初から応募先の候補に入れないことがたいせつですよ。

管理人

ブラック企業にまちがえて応募しないようにするには、

どこで経理の求人を見つけるか?

の情報リサーチがとても大切になります。

(まちがえてもハローワークとかは使わないようにしましょう)

人間関係がよく給料も高いホワイト企業に就職したい人は、

↓以下のような経理専門の転職サイトで求人を探すのが安全です。

経理の求人だけを専門であつかうサイトなので、

条件の良いホワイト企業の経理求人が大量に見つかりますよ。

ヒュープロ(経理専門の転職サイト)

経理のホワイト求人探すならここ!

ヒュープロは経理専門の転職サイトです。
未経験OKで年収400万円〜の経理求人、
経験2年で年収550万円〜の実務経験者向け求人、
管理職候補として入社の求人などなど、ホワイト求人がたくさん見つかりますよ。

↑まずは無料アカウントを作って

いろんな経理求人を見てみることからスタートしましょう。

なにごともしっかり情報収集することから始めるのが大切です。

※↓メールアドレスはこちらで無料取得できます。

グーグルのGmailまたはYahooメール

今すぐ転職する気がない人も、

転職サイトへの無料登録は早めにやっといた方が良いです。

ストレスや疲労が限界になると、

転職サイトに登録する気力すらなくなります。

管理人

転職サイトで年収や勤務地などの条件を入力しておくと、

マッチする求人が出るたびに自動でメール通知してもらえます。

気になる求人を見つけたら情報としてストックしておきましょう。

これをやっておくと、

どうしても今の状態がつらくなったら転職もあるという選択肢を持てます。

過労やストレスで倒れる前に早めの手を打つことができるんですね。

転職サイトは完全無料で使えます。

いつでも利用やめられますし、

変な電話連絡もないのでリスクはゼロですよ。

情報リサーチに活用しましょう。

管理人

>>経理専門の転職サイトで未経験OKの求人を見てみる

経理求人は「経理専門の転職サイト」で探すべき理由

(転職サイトは「未経験の経理求人に強いサイト」を使わないといけません)

 

転職サイトっていろんなところがありますが、

どのサイトを使って仕事探すか?はとても重要です。

経理や人事など、企業の管理部門求人って、

専門転職サイトの方が条件の良い求人を見つけやすいんです。

管理人

経理の仕事を探すなら、

必ず経理専門の転職サイトを使いましょう。

リクナビなどの一般的な転職サイトより

年収などの条件が良い求人がたくさん登録されています。

↓例えば、以下のようなホワイト経理求人を見つけることができますよ。

  • 誰もが名前を知る業界トップ企業の経理未経験者むけ求人
  • 初年度から年収400万円〜のホワイト企業求人
  • 在宅リモートワークOKのワークライフバランス求人
  • 東証一部上場大手企業の経理求人(未経験むけ)
  • ベンチャー企業の経理求人(年収420万円〜)

(未経験者むけ経理求人の例)

(未経験者むけ経理求人の例)

(未経験者むけ経理求人の例)

(未経験者むけ経理求人の例)

>>未経験OK!現在募集中の経理求人を見てみる

転職サイトでホワイトな求人を見つけるコツ

(転職サイトでホワイトな経理求人を見つけるのにはコツがあります)

転職サイトでホワイトな経理求人を見つけるコツは、

無料アカウント開設時に希望条件の入力をしっかりやっておくことです。

(年収や勤務地、企業規模や業種業界など)

これをやっておくと、

自分の条件にマッチする求人だけにしぼりこんで通知してもらえるんですね。

ライバルと差がつくのってこういうところだったりします。

未経験OKのホワイト経理求人って人気ですからライバルもいます。

情報収集では絶対に負けないようにしておきましょう。

経理求人専門の転職サイトを使って、

リサーチ力でライバルに差をつけてください。

管理人

最後の最後にお伝えしたいこと

転職にしても仕事にしても、

成功する人って結局はこれなんですよね。

管理人

(個人的に衝撃を受けた本です)

 

転職活動を成功させるためもっとも重要なのは情報リサーチです。

経理の仕事目指すなら経理職専門の転職サイトを活用しましょう。

転職サイトへの登録って3分でできる作業です。

無料ですしいつでも解除できるのでリスクなんて何もありません。

変な連絡が来るようなこともありませんしね。

それでも、こういうかんたんな作業ですら

↓以下の2種類の人に分かれます。

管理人

  1. とりあえず今すぐやっておく人
  2. いつまでたっても何かと理由をつけてやらない人

これは転職活動だろうが仕事だろうが同じです。

(あなたのまわりにも2. みたいな人いませんか?)

ほんのちょっとの行動の差ですが、

理想の働き方に近づける人と、

いつまでたっても職場の文句ばかり言っている人とで違いが生じるのはこういうところなんですね。

↓今から1年後に、あなたはこのどちらになっていたいでしょうか。

  • 劣悪な雇用環境で給料も安く、
    雑用ばかりさせられる職場で年齢だけを重ねていく…。
  • やりがいがあり、給料の高い仕事で人間関係も良好。
    ワークライフバランス型の職場でプライベートも充実。

↑もちろん後者を目指しましょう。

>>今すぐ行動を起こす

管理人

© 2022 会計職のキャリア戦略