税理士事務所・経理に転職して働くには?

会計職のキャリア戦略

経理はホワイト職種?未経験者が優良企業の求人を見分けるコツ

  • 経理はホワイト職種って本当?
  • ワークライフバランスを保って働ける?
  • 経理の優良求人を見分けるポイントは?

経理というと、「デスクワークで何となく楽そう」という印象をお持ちの方がひょっとしたら多いかもしれません。

その一方で、「毎日残業続きで家に帰れない…」というまったく逆の口コミ評判をみかけることもありますよね。

一体どっちが本当の経理の姿なのでしょうか?

結論から言うと、経理がホワイトな職種なのかブラックな職種なのかは、

所属する企業によって決まるので一概にはいえません(みもふたもない言い方ですが)

しかし、「ブラックな職場になりやすい企業」には求人情報の出し方に特徴があることも事実です。

つまり、「経理だからホワイト・ブラック」とざっくり考えるのではなく、

ホワイトな職場とブラックな職場を見分けるポイントを理解しておくことが重要というわけですね。

以下では、経理職への転職を目指す人向けに、

ホワイトな経理求人を見つけるためのポイントをお教えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

実務未経験者必見!ホワイトな経理求人を見分けるポイント

経理 ホワイト

(経理はホワイト職種?優良求人の見分け方を解説します)

求人情報を見れば、ホワイトな経理求人かどうかをある程度見分けることは可能です。

↓具体的には、以下のような求人は「ホワイトでない可能性」が高いので、注意が必要です。

こういう経理求人には注意!

  • 「その他〜に関する業務全般」など、仕事内容があいまいで非常に広い求人
  • 未経験者OKの求人なのに明らかに高度すぎる業務内容
  • 求人で「残業の有無についてあえて触れている」ならホワイトな可能性大

それぞれの内容について、順番にみていきましょう。

「その他〜に関する業務全般」など、仕事内容があいまいで非常に広い求人

例えば、求人条件に「その他、バックオフィスに関わる業務全般」といったような記載がある仕事は注意が必要でしょう。

こういう求人はホワイトな経理ではない可能性が高いです。

経理として採用されたはずなのに、気がついたら「何でも屋さん」のような仕事内容になってしまっているケースはよくあります。

未経験者OKの求人なのに明らかに高度すぎる業務内容

↓また、未経験者OKの求人なのに、以下のように「あきらかに未経験者向けの業務内容でない求人」も注意してください。

明らかに未経験者向けでない業務

  • 上場(IPO)準備に関する業務
  • 公認会計士による会計監査への対応
  • 決算業務全般

これらの業務は、未経験者がいきなり対応できる業務ではありません。

必然的に、「あなた以外に担当者が別にいて、その人のサポート全般」という働き方になる可能性が高いでしょう。

このように、業務範囲があいまいで、別の人の仕事の進捗に従属しがちな仕事内容の場合は、業務時間などもルーズな職場が多いのです。

求人で「残業の有無についてあえて触れている」ならホワイトな可能性大

あえて求人に残業時間のことについて触れている企業はそれを売りにしているので、ホワイトな可能性も高いです。

採用側としては、採用した後になって「求人票に記載されていた労働条件と全く違う」という状況は避けたいと考えるのが普通だからです。

「残業なし」「繁忙期(○月)を除き、残業のない職場」といったような具体的な表記がある求人は、残業の少ないホワイト職場である可能性が高いでしょう。

自分の働きやすいと思う条件が記載されているかどうか?は応募前にチェックしておくべきポイントとなります。

メーカーの経理はホワイト職種?

メーカー経理は、やや特殊な経理職と言えます。

というのも、本社勤務の他にも、工場などの「現場での経理担当者」という働き方がありえるからです。

工場経理は、原価計算や予算管理など、一般的な経理では触れないような業務も担当することになります。

デスクワークだけでなく、時には現場に足を踏み入れたり工場全体の事務を請け負うという特殊な環境にあります。

その工場の稼働時間によって事務員の稼働時間も決まるので、一概にホワイトかどうかを決めることはできません。

企業によっては、かなり暇になる工場経理もある一方で、24時間体制で稼働している工場では事務も交代で対応が必要になります。

そのため、逆にブラック職種となる可能性も大いにあります。

「オフィスで働ける経理業務をしたい」とお考えの方は、募集要項に「工場勤務」とある場合は避けたほうが良いでしょう。

経理としてのステップアップを目指すにしても、本社で管理会計や財務に携わるほうがスキルアップにつながる可能性が高いです。

外資企業の経理は意外とホワイト率が高い!

外資企業というだけで、何だか難しそうという印象を抱く人は多いです。

しかし、外資企業とはいっても現地法人は日本にあるため、労働場所などは一般的な日本企業とあまり変わりはありません。

また、外資系企業は「仕事さえきちんとこなせば有給休暇も取りやすく、残業も少ない」という風潮の会社が多いです。

仕事を自分のペースに持ち込んでしまえば、ホワイトな仕事だと言っても過言ではないでしょう。

ただし、人員の整理(リストラ)に関しては日本企業よりも積極的に行う企業が多いですから、のんびり経理をやりたいという人には向いていません。

なお、外資系企業の場合、本社への出張などが必要だったり、語学スキルが必須だったりすることもあります。

その場合は応募要項に書いてありますので、応募前にきちんと読んでおくことは必要です。

経理未経験者の平均年収や応募条件は?

経理の未経験者の平均年収や応募条件はどうなっているでしょうか。

↓実際の求人では、以下のような募集条件になっている会社が多いでしょう。

  • 平均年収:350〜400万円
  • 必須スキル:日商簿記3級程度の知識
  • 業務内容:日々の記帳や領収書ファイリング業務などからスタート

経理は年収としてはあまり高い部類ではありませんが、安定的にキャリアアップしていける職種として人気があります。

なお、簿記資格を必須条件にしている会社が多いですが、必ずしも応募時点で合格していなくても応募できるケースがほとんどです。

(「まだ合格していませんが、すでに学習は進めています。次回〜月の検定試験で簿記2級に合格する予定です」といったように伝えれば問題ありません)

また、最初は簡単な業務から始める企業がほとんどですので、仕事しながら勉強すれば経理としてのステップアップも可能です。

経理がブラック職種になりやすい理由

経理は「デスクワークで働きやすい」という印象を持たれることが多いですね。

ただし、その反面で経理は事務の中でも専門知識が必要な仕事で、「適性がない」と判断されると退職勧告を受けるようなケースもあります。

経理がブラック職種になりやすい理由としては、この他にも以下のような理由があります。

経理はコストカットの対象になりやすい

また、経理部は事務職という特性上、不況のときはどうしてもコストカットの対象となりやすい職種です。

営業職などは売上に直結する職種なので、不況のときにはむしろ採用を増やすケースもありますが、経理はこれと全く違います。

一方で、経理の業務量は景気の良し悪しによらず一定であることがほとんどです。

なので、会社に残った人には仕事のしわ寄せが行き、業務が非常に多くなり負担が大きくなるといったこともあります。

このようなかたちでブラックな環境になっていく経理の職場も実は少なくありません。

決算期は残業が出ると思ったほうが良い

また、経理はどこの会社でも決算時期は繁忙期になります。

決算は1年に1回必ず行う業務ですから、一年に一回は必ず繁忙期があることになりますね。

繁忙期にはかなりの激務になることが多く、その期間だけ見るとブラックな職種と言われることも多々あります。

また、近年は業務効率化を進める会社が多く経理部も残業はほとんど出ない一方で、決算期はどうしても残業が発生してしまいます。

これは通常業務に加え、決算特有の処理や税務申告などの負担の大きい作業をこなさなければならいためです。

スケジュールも過密になり、特に経理部の人数が少ない会社は、連日連夜の残業で決算期は疲弊しまくり…という職場も中にはありますね。

しかし、繁忙期の業務経験は、経理職としてのスキルを格段にアップさせるチャンスでもあります。

経理は実務経験が重要視される職種ですから、市場価値を高めることに繋がります。

追伸:経理に転職するなら「会計職専門の転職エージェント」を活用しよう

経理 転職エージェント

(経理に転職するなら会計職専門の転職エージェントを活用しましょう)

  • 未経験で経理に転職したい。
  • 今の職場は早く辞めたいので、3ヶ月以内に転職内定が欲しい。
  • 経理としてキャリアアップし、管理職になってもっとお給料を稼げるようになりたい。

↑経理財務分野での転職を目指すなら、会計職専門の転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントはあなたの職務経歴や、実現したい年収や働き方をもとに「おすすめの求人」だけにしぼりこんで仕事を紹介してくれますよ。

↓※転職エージェントを使う場合の転職活動の流れイメージ。

経理 転職しやすい

転職エージェントを使う場合の転職活動の流れ)

転職エージェント経由でのみ応募できる「非公開求人」とは?

また、エージェントは一般には公開されていない「非公開求人」を多く持っています。

企業の中には採用活動を行っていることを世間に公開したくないところもありますから、こうした求人についてはエージェント経由でないと応募できないケースが多いのです。

幹部候補者の採用ではこうした方法がよくとられます)

エージェントは書類選考に通るための履歴書や職歴書の添削から、企業の採用ニーズにあわせた面接対策などを無料で行ってくれます。

転職エージェントをフル活用したとしても、内定が出るまでは3ヶ月はかかります。

自力でハローワークで求人を探す場合は、半年程度は見ておく必要があるでしょう。

今の職場から少しでも早く転職したいと考えている方は、転職エージェントを使うのがベストです。

会計職専門の転職エージェントはこちらです。それぞれ特徴がありますから、2社〜3社を同時進行で使っていくのがおすすめです。

MSジャパン

経理 転職しやすい

MSジャパンは会計職専門エージェントして大手の会社です。
経理の未経験者でも応募できる求人が多く登録されていますから、「これから未経験者として経理のキャリアをスタートする」という段階の方はMSジャパンをメインで使いましょう。

ジャスネットキャリア

経理 転職しやすい

ジャスネットキャリアは、会計業務の実務経験者向けの求人を多く扱うエージェント会社です。BIG4を含む大手税理士法人や、上場企業の経理求人など、実務経験が3年以上ある人向けの求人がとても充実しています。
ただし、未経験者は応募できる求人が少ないので、MSジャパンを使うのがおすすめです。

JACリクルートメント

経理 転職しやすい

JACリクルートメントは、年収600万円〜など、高年収の求人だけを限定して紹介してくれるエージェント会社です。ハイクラス向けの求人が多数登録されています。
すでに経理の実務経験があり、高度専門職や管理職としての転職を成功させたい方はJACリクルートメントをメインで使いましょう。

Copyright© 会計職のキャリア戦略 , 2020 All Rights Reserved.